スポンサーリンク

箱根駅伝2021【関東学生連合】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も

97回箱根駅伝2021のエントリーが発表されました。

29日(火)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に最大6名入れ替えて(片道4名)本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

最後になりますね!
過去最速スピードランナーが揃い、久々に上位校殴り込み順位整う

関東学生連合

そのほかの大学

箱根駅伝2021【中央大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【城西大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【創価大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【専修大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【国士舘大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【山梨学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【拓殖大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【國學院大學】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東洋大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【明治大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【神奈川大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【法政大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東海大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【青山学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【駒澤大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【早稲田大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【帝京大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【順天堂大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【日本体育大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東京国際大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も

箱根駅伝2021|【最新情報】

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【関東学生連合】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

 まずは、チームが組まれたことに感謝ですね。コロナ禍の影響で、他の駅伝では選抜チームを結成しないところも非常に多かったです。対策を取って、連合を今年も組んでくれることに感謝。

 また、監督は基本的に次点校のチームの監督が努めますが、次点だった筑波大からは選出がありませんでした。その中で引き受けてくださった弘山勉監督にも感謝です。

 過去最高の高速化の中であったこともあり、箱根駅伝落選校の選手でも、相当記録を持っている選手が多いように思います。まずはメンバーの紹介です。

戦力分析

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
村上航太②28分38秒47・上武大学20:予14位、19:予148位≫…箱根予選前に1万m28分38秒を記録しているチーム内屈指の走力を持つ。予選でも14位と力を発揮。それ以来試合出場はない

難波 天④29分10秒41・麗澤大学20:予11位、19:予107位≫…3年時から予選登場ながら、麗澤大屈指のスピードエースランナーに。予選61分台の激走を見せた。その後12月記録会5千m13分44秒で福井県記録を更新している

4点:主要区間で区間上位でいける選手
小島慎也②28分42秒41・中央学院大学20:全2区15位、予67位、19:出2区5位≫…中学大期待の若手ランナー。前年度出雲2区5位の好走経験を持つ。前回箱根は6区山下りの準備をしていたが故障で出番がなかった

河村 悠③28分56秒56・亜細亜大学20:予38位、19:予182位、18:予151位≫…ロードで毎年積み上げてきて今年は予選62分台好走。その後トラック1万mでも28分56秒好記録をマーク。5区山登りを希望?

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
中山凛斗①28分50秒52・立教大学20:予90位、19:高校4区16位、IH3障11位≫…立教大今季一番伸びた1年生のランナー。予選チーム内12番手も、11月記録会で1万m28分50秒チーム2番目のタイムを残した。

町田康誠②28分58秒94・駿河台大学20:予59位、19:予80位≫…1年時から長距離ロードに対応していた選手。連続で二けた順位を残している。その後、1万m28分58秒の記録を出している。

大川歩希②29分15秒36・東京経済大学20:予78位、19:予205位≫…東京経済大期待の成長株。予選で好走しただけでなく、トラックでも5千1万大幅自己ベストをマーク。大きなストライドが特徴。

高槻芳照①29分53秒70・東京農業大学20:予34位、19:高校4区20位≫…箱根予選で62分前半のタイムを出して注目ルーキーの一人に。学連記録会では29分53秒の結果だった。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
小坂友我③28分55秒36・日本大学20:全1区14位、予81位≫…予選前に1万m28分55秒の大幅ベストを出した選手。予選チーム内10番手、その後に全日本駅伝など主要大会で経験を積んでいる。

松川雅虎②29分19秒69・芝浦工業大学20:予70位、19:予323位≫…予選で大幅にベストを更新して台頭してきた選手。10㎞以降かなり順位を上げた。その後、トラックで29分19秒ベストをマークしている。

厚浦大地③29分21秒09・関東学院大学20:予89位、19:予297位、18:予185位≫…予選チーム内11番手の選手。その後の記録会で1万mのベストを連続更新するなど出走メンバー入りへ向けて猛アピール中。

杉浦 慧③29分22秒26・慶應義塾大学20:予55位、19:予175位、18:予192位≫…3年生ながらこのチームの主将を務める選手。予選チーム内5番手で走り切っている。記録会では1万m29分32秒とまずまず。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
菊地駿介①30分05秒73・大東文化大学20:予120位、19:高校4区4位≫…高校時代の実績があるルーキーランナー。11月記録挑戦会で1万m30分06秒を記録。

新田 楓②30分20秒29・育英大学20:予92位、19:予339位≫…昨年から大幅に成長した選手。予選後に故障がありながらも、11月記録挑戦会で1万m30分20秒自己ベスト。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
前山晃太郎④29分02秒62・桜美林大学20:予100位、18:予208位、17:予239位≫…3度の箱根予選でまずまず結果を残している。最後の予選で100位好走した。1万m29分02秒は昨年のベスト。

梶山拓郎④29分44秒47・流通経済大学20:予123位、19:予174位≫…日本インカレ1500mに出場するスピードランナー。予選16番手でチーム内に滑り込んだ4年生。

上位10名合計:34点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
96回19位相当
95回21位相当
94回21位相当

参考:直近の大会

10/24平国大記録会
12組
大川歩希②14分09秒09★ 東京経済大

10/31国士大記録会
3組
町田康誠②28分58秒94★ 駿河台大学

11/14日体大記録会
8組
河村 悠③28分56秒56★ 亜細亜大
9組
中山凛斗①28分50秒52★ 立教大

11/21平国大記録会
12組
厚浦大地③29分39秒18★ 関東学院大
町田康誠②30分20秒87 駿河台大学
11組
大川歩希②29分15秒36★ 東京経済大
杉浦 慧③29分32秒30 慶應義塾大
6組
梶山拓郎④30分19秒57 流通経済大

11/23記録挑戦会
2組
1位新田 楓②30分20秒29★ 育英大
7組
菊地駿介①30分06秒75 大東文化大
8組
高槻芳照①29分53秒70 東京農業大
9組
前山晃太郎④30分39秒61 桜美林大
10組
厚浦大地③30分08秒82 関東学院大

11/29東海大記録会
20組
4位難波 天④13分44秒71★ 麗澤大

12/5日体大記録会
4組
松川雅虎②29分19秒69★ 芝浦工業大
5組
厚浦大地③29分21秒09★ 関東学院大
前山晃太郎④29分46秒53 桜美林大

戦力分析

 1校1人・箱根駅伝未出場の選手に限るという条件になってから、苦しい編成が多い関東学生連合、特に往路序盤の人材不足で、序盤からレースに置いて行かれることが多かったです。

 それが今年はいつになく楽しみなのですよね。まずこのチームの2大エースといっていい上武大村上、麗澤大難波選手が非常に楽しみ。箱根予選で高速化の中激走していますね。特にスピードランナーの難波選手、総合力が高い村上選手が万全なら課題の往路序盤をしのげます。

 また、こちらも後手に回ることが多い山対策も今年は人材がいます。特に山下りは、中央学院大の主力小島選手が控えています。元々走力が高いうえに前回の箱根も山下り候補。試合出場がないですが万全なら58分台前半のストロング区間に。

 山登りも、ロードにたけている亜大河村選手が希望。そのうえで1万m28分56秒と大幅ベスト。登りに適性があるならここも十分各大学のエースランナーとも戦えます。

 そのほかも色んなランナーがいて面白いですよね。3年生で主将を務める慶大杉浦選手、ロードが得意な駿河台町田選手に関学大厚浦選手や、スピード抜群の東経大大川選手、急成長ルーキーの農大高槻・立大中山選手、前年から大幅成長の日大小坂・芝工大松川選手ら激しいレギュラー争いに。

 予選の成績はチーム11番手以下ながら、大幅に記録を伸ばしているランナーもいます。もしかすると実力での入れ替わりもあるかもしれませんね。各ランナーがそれぞれ力を発揮できる区間を探して、上位校へ殴り込みをかけられるようにしてみます。

箱根駅伝2021【東京国際大学】区間オーダー予想~一部メンバー入れ替えも

 迷ったのが、農大高槻・日大小坂選手の予選チーム内10位以内も、その後記録会であまり目立っていない選手。そして予選チーム内11番12番ながらその後の記録会で爆発的にベストを更新た関学大厚浦・立大中山選手。

 最終的に学年のバランスも考えて一人入れ替えています。

1区(21.3km)難波 天④29分10秒41・麗澤大学
2区(23.1km)村上航太②28分38秒47・上武大学
3区(21.4km)大川歩希②29分15秒36・東京経済大学
4区(20.9km)町田康誠②28分58秒94・駿河台大学
5区(20.7㎞)河村 悠③28分56秒56・亜細亜大学※山登り

6区(20.8㎞)小島慎也②28分42秒41・中央学院大学※山下り
7区(21.3㎞)小坂友我③28分55秒36・日本大学
8区(21.4㎞)中山凛斗①28分50秒52・立教大学
9区(23.1㎞)松川雅虎②29分19秒69・芝浦工業大学
10区(23.0㎞)杉浦 慧③29分22秒26・慶應義塾大学

1区難波選手…予選チーム内トップ61分47秒のタイムを叩き出し、5000mチーム内トップ13分44秒と抜群にスピードのある難波選手1区起用。ロードの育成にたけているイメージの麗澤大としては珍しいですが、今後の予選突破には必要と思われる人材。

 出し惜しみせず彼が1区でよいのではと思っています。最初から高速か、途中でペースが上がる展開かは読みにくいですが、この走力ならどちらでも対応可能です。ひときわ目立つ緑と赤のユニフォームが最後まで第一集団に残るかどうか。

2区村上選手…上武大に誕生した待望の大エース、2年村上選手がおそらく華の2区ではないかと思われます。1万m28分38秒を箱根予選前に出していて、かなりの走力があります。箱根予選後は試合に出ずにじっくり調整中でしょうか。68分切りあたりは充分に狙っていけるはずです。

3区大川選手…非常に迷ったのですが、予選チーム内9番手の東京経済大大川選手を抜擢します。予選後、5千m14分09秒1万m29分15秒とベストを出したスピードランナー。そして、走り方を見ると下り基調の3区が適任と思いますが…。各チームのスピードエースに比べればタイムは見劣りしますが、持ち味を発揮できれば。

4区町田選手…駿河台大の次のエース町田選手を4区に起用予想します。ロードで大きく+αが出てくる選手。ここにきて1万mも28分台のタイムを出して総合力もアップ。小刻みなアップダウンと最後は上りがあるタフな4区で持ち味を発揮できるのではと思います。

5区河村選手…頼もしそうな選手が立候補してくれてますね。亜細亜大のエース河村選手を5区投入します。元々1万m以上の長い距離で適性が高かった選手。今年は一気にハーフ62分台&1万m28分台を達成。著しい成長を見せる3年生に難しい山登りを託すでしょう。

6区小島選手…ここ最近6区山下りがうまくいっている学生連合。今年はある意味一番楽しみな区間かもしれません。走力が高く、前回チーム出場時も6区山下り候補だった中央学院大小島選手になりそう。先日次年度の主将になることが決まったばかりの2年生の彼に、思い切って下ってもらえれば。チーム記録の58分25秒は充分狙っていけます。

7区小坂選手…箱根予選で日本大唯一の収穫だった3年小坂選手を7区に投入。チームの調子はさすがにあがってきていますね。関東インカレ1万mがもう少しだったのが気がかりですが、しっかりと力を出していってくれれば。

8区中山選手…心苦しいですが1年生同士でメンバーを入れ替えています。予選後にチーム2番手となる1万m28分50秒を叩き出した立教大ルーキー中山選手をどこかに起用したかった。長い距離は箱根予選で一度しっかり走っていますし、遊行寺坂のある8区でも大丈夫とみます。

9区松川選手…箱根予選で急成長しているところを見せた芝浦工業大松川選手を復路エース区間9区予想です。出走できれば、同大2人目の箱根ランナーに。10㎞地点180位からゴールの70位のスーパージャンプアップが話題になりましたが、長丁場の9区で力を発揮できればと思います。

10区杉浦選手…3年生主将を務める慶應大杉浦選手をアンカー予想します。3年生が中心のチームなので自然に立候補したとか。目立つ区間希望ということなのでここかなぁ。彼も箱根予選で後半相当あげてきているのですよね。10区があっているかなと思っています。

箱根駅伝2021【関東学生連合】まとめ

・12月11日の時点で出走区間は選手に伝達済み
・万全なら往路序盤&山区間が例年以上
・選手層も厚く、例年の最下位争いからは脱出か

 コーチを務めるのに、大ベテランの中央学院大川崎監督がいるのですよね。珍しいと思いきや、選抜チームが初結成されたのが79回大会の2003年。この時から中央学院大は連続出場を続けていたので、選抜で中央学院大勢が名を連ねるのは初めてなのですよね。

 「コースのことを知り尽くしていないと戦えない」と緻密な川崎監督らしい発言も。エントリー段階である程度出走区間は固まっている模様。どんな区間エントリーになるか。

 最も、往路序盤と山区間はおそらくあの選手というのはファンの間でも予想があります。課題だった往路序盤や山をこなす人材が例年以上に揃っていますし、他の区間もいかようにオーダーが組めそうです。

 例年は下位争いに終始していますが、今年度は久々に中位校以上の単独チームに殴り込みをかけるチャンスです。是非、いい成績で母校に経験を持ち帰ることができればと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. なかじ より:

    管理人さん、20チーム区間予想お疲れ様でした。例年に比べ、データが少ない中の予想流石です。特に復路は難しかったと思います。

    関東学生連合には、いい意味で箱根駅伝を掻き回してほしい。力のある選手が多いので、存在感を発揮してくれることを期待します。