スポンサーリンク

箱根駅伝2021【明治大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

第97回箱根駅伝2021のエントリーが発表されました。

29日(火)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に最大6名入れ替えて(片道4名)本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(火)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

続いて、
膨大な総合力&堅実な継走で評価急上昇中!一気に72年ぶり総合優勝も視野に

明 治 大 学

箱根駅伝 間もなく号砲レポート!

動画:明治大学体育会競走部公式チャンネル 様

そのほかの大学

箱根駅伝2021【中央大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【城西大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【創価大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【専修大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【国士舘大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【山梨学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【拓殖大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【國學院大學】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東洋大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

箱根駅伝2021|【最新情報】

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【明治大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

 一気に楽しみになってきましたね。前回の箱根駅伝は、堅実な継走で総合5位。以前強豪校だった時期は、トラックは強いが駅伝がやや不得手だったのだが、随分と改善。さらに課題だった故障者もかなり減ってきた印象だった。

 元々スカウトは良く素質高い選手が多い明治大。この流れだと、今年は一気に強豪校に迫っていくのでは…と思われましたが、予想以上でしたね。全日本大学駅伝は序盤からずっと上位争いをした中で、3強の一角を崩し3位へ。

 山本監督の「箱根は優勝を」とはっきりした宣言で、さらにチーム全体の調子が上向き、11月のトラックでは多くの選手が1万m28分台前半~中盤をマーク、ものすごい選手層になってきた。大エース不在ですが、エース級を10区間揃えられるという膨大な戦力だ。

 山の経験者が11月の時点で不調だったのがやや気がかりですが、ここ最近の明治大の駅伝力&調整力を考えると、やはり優勝候補の一角だ。レベルの高い争いを勝ち抜いた16名を紹介します。

エントリー選手紹介~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
鈴木聖人③28分36秒1620:全8区5位、箱5区5位、19:全7区5位、予54位、箱1区13位、18:全1区14位、予49位≫…全日本駅伝でアンカーを務めるなど明治大の中心選手。前回の箱根では5区山登りで好走し、順位を押し上げている。11月の時点で少し足を痛めていた模様

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
手嶋杏丞③28分17秒5820:全3区7位、箱3区7位、19:全2区16位、予9位≫…昨年度の箱根予選で一気に台頭!以降、ロードを中心に手堅い走りをする。11月記録会で28分17秒58はチームトップの記録!

加藤大誠②29分08秒0520:全7区8位、箱2区10位≫…前回の箱根では、明大ファンも予想できなかったエース区間2区を担当し乗り切った選手。今季はやや足踏みが続いている印象。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
櫛田佳希②28分19秒7720:全4区6位、箱8区8位、19:予36位≫…1年時から期待が高かった選手ですが、今年度急成長!1万m28分19秒で一気にエース格の選手となった。駅伝は後半型の走りがここまでは多い

児玉真輝①28分22秒2720:全1区5位、都5区9位、19:高1区9位、国体5千5位、IH5千12位≫…高校時代からエース区間で区間10位以内と世代を代表する選手でしたが、勢いは加速。全日本1区5位で陰の功労者となると、1万m28分22秒自己新。

小袖英人④28分29秒8820:全2区4位、箱1区10位、19:全1区5位、予117位、箱7区18位、18:全4区9位、予46位、17:予223位≫…明大のスピードエース。安定感に課題があったが、徐々に解消されつつある。ここ最近は序盤の区間を任されることが多い

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
富田峻平②28分35秒4119:全6区15位≫…全日本駅伝では補欠だったが、直後の記録会で5千13分42秒を出して駅伝ファンを驚かせた。1万m記録をだしてレギュラーに近づいた。

長倉奨美④28分36秒5419:予122位≫…出番はまだないが、記録会で堅実に積み重ねてきていた選手。最初で最後の箱根を狙う

小澤大輝②28分38秒6319:予47位≫…未完の大器。前回の箱根前に故障したが、勢いを取り戻してきている選手

村上純大④28分40秒6120:箱9区11位、19:全5区13位、予146位、箱9区10位、18:全5区6位、予118位≫…2年連続箱根9区でいぶし銀の走りを見せている選手。チームの高速化の流れにも徐々に対応しつつある

大保海士④28分40秒9220:全6区2位、19:予305位、17:全5区13位、予117位≫…今年の全日本駅伝で3年ぶりの駅伝出場、チームの順位を押し上げ、明大ファンの話題に

金橋佳佑③28分56秒7020:全5区7位、箱4区13位、19:予79位≫…ロードで非常に安定感があり、「困ったところに金橋」と監督の評価が高い

前田舜平④29分03秒3520:箱6区7位、19:全4区15位、予62位、箱6区8位、17:予210位≫…2年連続山下りで区間一桁の成績を残している選手。秋口は好調も、11月の時点では下降気味だった

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
漆畑瑠人②28分53秒09…全日本駅伝補欠ながら、5千13分40秒台を出していた選手。1万mも28分台。
樋口大介④28分53秒3317:予199位≫…1年時に箱根予選を経験している。最終学年になり、再び上昇気流に乗りつつある
丸山幸輝③28分58秒13…11月早大記録会で28分台。その組で明大勢トップで16人目に滑り込んだ

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:40点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
96回6位(予選4位通過)
95回17位(予選5位通過)
94回不出場(予選13位)

戦力分析

 久々に優勝候補の一角まで名前が上がるようになりましたね。本当にエース級のランナーが何人もいます。全日本大学駅伝でアンカーを務め、前回山登りで活躍した鈴木選手がひとまずエースですが、他にも数多くの主力ランナーがいます。

 前回1区小袖選手は最終学年になりさらにスピードに磨きをかけてきました。前回3区の3年手嶋選手は、1万m28分17秒を記録しチームトップの記録に。これに2年櫛田選手と1年児玉選手が急成長を遂げていて、一気に往路を走れるランナーにまで成長しました。

 前回2区エース区間を走った加藤選手はやや足踏みだが、全日本駅伝7区でトップ争いから後退した悔しさを晴らす準備へ向けて、また気持ちを入れ直しているところと思われます。

 そして主力以外の選手、中堅・新戦力候補選手と差がなくなってきています。前回の箱根で健闘している金橋・前田・村上選手、さらに全日本6区で明大ファンを沸かせた大保選手がボーダー争い。1万m28分40秒付近はちょっと考えられないレベル。

 全日本駅伝直後のベストで沸かせた富田・漆原選手、さらに復活してきた小澤選手らの2年生に、最初で最後の大学駅伝を狙う長倉・樋口選手らもいい状態に仕上がっています。走らせたいと思う選手が、あっという間に10名以上を超えています。復路はだれがどの区間に入っても区間賞候補に挙がってくるのでは…。

箱根駅伝2021【明治大学】区間オーダー予想~よりより適材適所を求めて

 経験者は多くいますが、区間は固定する必要はなく、競争は激しい。最近の調子も見ながらオーダーを組みなおしてみました。

1区(21.3km)児玉真輝①28分22秒27
2区(23.1km)手嶋杏丞③28分17秒58
3区(21.4km)小袖英人④28分29秒88
4区(20.9km)櫛田佳希②28分19秒77
5区(20.7㎞)鈴木聖人③28分36秒16※山登り

6区(20.8㎞)金橋佳佑③28分56秒70※山下り
7区(21.3㎞)小澤大輝②28分38秒63
8区(21.4㎞)長倉奨美④28分36秒54
9区(23.1㎞)加藤大誠②29分08秒05
10区(23.0㎞)富田峻平②28分35秒41

1区児玉選手…全日本大学駅伝で1区好走した児玉選手をそのまま1区に予想します。最近の全日本駅伝1区は箱根駅伝の1区とリンクはしませんが、1万m28分22秒まで走力が上がったなら、話は別。十分箱根1区でもいい位置でのリレーが見込まれます。彼が1区なら、力のある上級生を他の区間に配置できます。

2区手嶋選手…悩みに悩んで替えました。優勝を考えると、今回の2区もある程度攻めることが必要になってくると思います。前回経験者の加藤選手が、ここまでは足踏み気味です。攻めるのはリスクが高いと思い、替えました。

適性は3区というのは間違いなくそうなのですが、一番走力が高くなって、勢いがついてきた手嶋選手にエース区間2区を乗り切る力があるとみました。

3区小袖選手…とはいえ、他の有力校と少し差はつくと思います。4年生スピードエースの小袖選手を3区で起用し、もう一度流れを作り直す役割と担ってもらえればと思います。全日本2区もしっかりと流れを作りました。箱根3区もぜひ。

4区櫛田選手…一気に主力に急上昇してきた櫛田選手に4区を託す予想をします。ロードは昨年からしっかり走れていますね。ここまでは後半型のスタイルの駅伝ですが、1万m28分19秒は前半からも行ける自信になるのでは。乗っていければ、かなり好記録が出るはずです。

5区鈴木選手…迷いに迷いました。前回5区5位の好走で走力がさらにあがってきた鈴木選手ですが…。全日本駅伝アンカー後、少し足を痛めた時期があったみたいです。11月記録会を1周で棄権している判断がいい方向に出るとみて、連続起用と予想します。前回並み71分台で走れるところまであがっていればと思っています。

6区金橋選手…そして山下り2年連続出走している前田選手を替えて予想します。山の準備をしていると思うので、必ずしも11月記録会でタイムが必要というわけではないのですが…過去2年はある程度ベストに近いタイムでまとめていました。それがちょっと29分台後半と遅れてしまっている状態でした。

 非常に選手層が分厚くなっていますから、必ずしもこだわる必要はないと思います。ユートリティープレイヤー金橋選手でも乗り切れるのかなと思います。いずれにせよ58分台はターゲットになるはずです。

7区小澤選手…さて、勢いがある新戦力で復路一気に切り込んでいきます。昨年も直前の故障さえなければ箱根デビューを飾るはずだった小澤選手。ロードも走れているので元々評価が高い選手。1万m28分30秒台まで走力を上げています。7区でいい走りができると思います。

8区長倉選手…復路に4年生は入れたいですね。村上・大保・樋口選手と非常に迷った中、1万m28分36秒を出した長倉選手に遊行寺坂がある難しい8区を担ってほしいと思いました。ロードで結果を出すなど着々と走力を高めてきています。この区間で光る可能性を感じました。

9区加藤選手…前回2区を走った加藤選手を、復路エース区間9区に回す予想をします。今年の明治大のスピード化を見ると、ロード力は確かなものがあるとはいえ、往路を担うのはもう少しかなぁと思います。とはいえ、9区なら強力なストロング区間になるレベルにあるはず。一気に総合優勝を手繰り寄せる走りができればと。

10区富田選手…最後の最後まで総合優勝を争う、劣勢でも諦めないというのを考えたときに、やはり富田選手かなぁと。5千m13分42秒のスピードがあり、ハーフも62分台の自己ベストを持っている彼なら10区は適正区間ではないでしょうか。まだ主要大会での実績が少ないのは、他校にとっては不気味なはず。ぜひ秘密兵器に…。

 勿論昨年のように組めるのが一番いいのですけどね。1区児玉2区加藤3区手嶋選手にしたら、7区に小袖選手を回せて、復路破壊力高いオーダーが組めます。山本監督も結構策士なので非常に読みづらいです。

箱根駅伝2021【明治大学】まとめ

・16名の総合力は全大学ナンバーワン!激しいレギュラー争い
・適材適所と選手の調子の見極め
・前回5区鈴木6区前田選手がそのまま出走できるかどうか

 もう総合力の高さは語りつくしていますよね。前回の往路好走メンバーの小袖・鈴木・手嶋・加藤選手のほか、櫛田・児玉選手と往路候補が出てきています。山要員のほか、復路は手堅い金橋・村上選手以外に、続々新戦力が台頭してきていて、誰が10名の中に割って入るか、明大ファンでも予想がしにくい状況ではないでしょうか?

 そうでなくても、前回の箱根駅伝2区加藤4区金橋選手など読めない区間配置で結果を残している山本監督。外野のファンにとっては驚きの起用があって、そして好走してもおかしくはありません。

 大エース不在とはいえ、往路4区間をしっかり凌いで、復路で圧力をかけられるオーダーを最後の最後まで追及されることと思います。

 問題は経験者がいて有利なはずの山になってくるのですかね。ストロングポイントとなるはずですが、11月の段階ではちょっと調子が良くないというところ。代わりの選手はいるでしょうが、鈴木・前田選手が万全で入れれば一番しっくりくる、チームとして戦いやすいオーダーが組めるはずです。

 72年ぶり総合優勝を狙う明治大の戦略には当日変更まで大いに注目です。

スポンサーリンク

コメント

  1. なかじ より:

    管理人さん、予想10校目お疲れ様です。

    明治大は戦力が充実しています。監督の名前が入ったユウキイズムなど、指導者と選手の信頼関係も良いなど戦う集団になってます。

    1区小袖、2区加藤、3区手嶋、5区鈴木と前回経験を活かすのか。管理人さんのコメントのように1区児玉から28分台前半のスピードランナーを配置し、攻めの姿勢を見せるのか。明治大の区間配置に注目しています。

    優勝を目指すなら、キーマンは7区。前回の阿部選手が区間新記録を打ち立てた区間に、誰を配置するのか注目です。小澤が全集中で、もてる能力を最大限発揮してくれたら面白いですね。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      本当に明治大は予期戦う集団になってきたなと感じます。駅伝での安定感がこれまでの明治大とは違うなぁと思っています。
      明治大のオーダーは読みにくいところですが、選手層からして7区はかなりアドバンテージが取れる区間だと思います。全集中で思い切って区間賞以上の走りをしてほしいですよね。

      • なかじ より:

        全集中でのレスありがとうございます。
        箱根駅伝が待ち遠しいです。

  2. はるぴー より:

    管理人さん、予想お疲れ様です。戦力分析はいつも参考になります。
    エントリーメンバー全員のレベルが高い明治大学は台風の目となりそうですね。
    区間配置ですが、小袖、手嶋、児玉の3人で1区3区7区、加藤、櫛田、鈴木の3人から2区5区、8,9区は4年生を起用すると山本監督が発言しているのでこちらを参考にするのもよいかと思います。

    • hakonankit より:

      >はるぴーさん
      明治大はおっしゃる通り台風の目ですよね。監督の発言で、8区9区は4年生というのは知らなかったですね。村上・大保・長倉・樋口選手ら多くの選手が競っていると思いますが、誰になるのか注目です。

  3. かず より:

    28分台14人で残りの二人も山下りの前田と前回2区67分台の加藤という恐ろしい選手層の明治。
    僕は1区正攻法に小袖でいくかな安定感高いので確実に上位につけてくれるはず。
    2区は今年は勢い的に手嶋で行くはず。3区は怖いもの知らずの児玉君でいき4区は28分19秒というこの区間ならトップクラスの彼に託してうまくいけば3位くらいで山は入れれば信頼の2人が待っているし、ここからは28分台14人の好調な選手を使っていけばいいと思います。4年生の箱根にかける思いか下級生の勢いにかけるかも楽しみです。
    僕も9区に加藤を置いて区間新で優勝のダメ押しをするところが見たいです。

    • hakonankit より:

      >かずさん
      走力的には実質エントリーメンバー全員が28分台16名揃えているのは、本当に次元が変わってきているなぁと感じます。僕も加藤選手かだれか一人は9区あたりに主力を残しておくのも面白いのかもと思ったりします。往路からつぎ込むのが近年の高速駅伝の特徴ですが、明治大の選手層なら可能です。

  4. モカちゃん より:

    児玉ー加藤ー手嶋ー櫛田ー鈴木
    前田ー小袖ー大保ー長倉ー富田(小澤)
    往路は3年生以下、復路は4年生中心の構成になりそう
    往路でトップ争いすることは想像しずらくトップと2分差以内で往路を終えられれば復路に望みがつながる
    それでも優勝は難しく全日本と同じ3位が精一杯ではないかな

    • hakonankit より:

      >モカちゃん
      そうですね。小袖選手は7区に残しておいて、3年生以下の勢いを往路で買うのも一つの方法かもしれません。総合優勝争いの意地は、4年生残しておくか。