スポンサーリンク

箱根駅伝2021【神奈川大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

第97回箱根駅伝2021のエントリーが発表されました。

29日(火)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に最大6名入れ替えて(片道4名)本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(火)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

続いて、
育成型チームが…1年生大量エントリーは現状打破の大きなチャンスか!?
神奈川大学

そのほかの大学

箱根駅伝2021【中央大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【城西大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【創価大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【専修大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【国士舘大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【山梨学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【拓殖大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【國學院大學】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東洋大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【明治大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

箱根駅伝2021|【最新情報】

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【神奈川大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

 箱根予選では安定するも、駅伝ではうまくいかない…。その流れが続いている神奈川大。とはいえ、予選の安定感は連続出場にはやはり力になる。

 超高速化した今年の箱根予選も、見事に対応して4位通過。主力が失速するも、新戦力選手がチームトップ。ルーキーが3名チーム中位を占めるという見事な戦いぶりでした。

 さて、本戦へ。下馬評では決して目立っているわけではないが、例年とは違うエントリーは話題になりました。育成型のチームなので、毎年4年生がエントリーの中心になるのですが、

 今年は予選で好走した3人のルーキー以外にも、3人のルーキーがエントリー。6人の名前が記載されています。その6名を含めた16名のエントリーをまずは紹介します。

エントリー選手紹介~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
井手孝一④29分25秒8320:予26位、箱5区6位、19:予30位、箱3区9位、18:全7区9位、予43位≫…神大のエース選手。前回は山登りに挑戦し区間一桁の走り。箱根予選も高速化に対応して見せた。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
西方大珠③28分48秒2820:予94位、箱1区12位≫…前回の箱根は高速1区で粘りの走りを見せていた。箱根予選は、日本インカレ3障を直前に出場しながらの離れ業をこなした

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
川口 慧③28分48秒3320:予112位、20:箱7区8位、18:予102位≫…前回の箱根7区で区間一桁の好走。1万m28分48秒33はチーム2番手のスピードがある

北﨑拓矢④28分57秒3020:箱2区20位、19:予37位、箱9区4位、18:全4区16位、予98位≫…長距離ロードを中心に台頭してきた選手。前々回の箱根9区で好走。箱根予選は故障欠場も、エントリーに間に合わせてきた

宇津野篤①29分00秒44≪20:予54位、全国5区4位、19:高校4区6位≫…高校時代から全国的な駅伝で区間一桁の活躍。箱根予選でも好走している

呑村大樹③29分02秒5820:予17位≫…2年時まで主要ロードレースの出場がなかったが、初の箱根予選で全体17位の驚きの好走。一気に主力核の選手になった。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
高橋銀河①29分21秒4520:予50位、全国5区29位、19:高校3区15位、IH5千17位≫高校時代からトラックとロードをそつなくこなしていた選手。箱根予選でも全体50位としっかり走っている
安田 響③29分23秒6820:予133位、箱8区12位、19:予111位、箱8区15位≫…2年連続箱根駅伝8区を走っている選手。
佐々木亮輔①29分28秒4020:予68位、全国5区13位、19:高校4区4位≫…高校時代から全国的な駅伝で活躍している。箱根予選でもルーキートリオとして活躍している

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
落合葵斗③29分04秒85…トラックを中心に結果を残しつつある選手。秋に1万m29分04秒と主力並みの結果を出した
横澤清己③29分12秒9520:予113位≫…箱根予選で出走している。11月記録会で大幅に自己ベストを出した。
鈴木玲央②29分45秒2520:予103位≫…昨年上尾ハーフ63分台で長距離ロードで結果を出したことがある選手

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
小林政澄①29分17秒3319:高校3区34位≫…箱根予選での出走はなかったが、その後期の記録会で1万m29分17秒とタイムを伸ばした。
巻田理空①29分37秒8319:高校1区48位≫…11月記録会で29分37秒を記録し、エントリーに滑り込んだ
菊池夏規④29分49秒02…10月・11月の記録会で1万m記録会で結果を残してエントリーに滑りこんだ
小林篤貴①29分50秒5719:高校2区19位≫…記録会で1万m29分50秒を出している

上位10名合計:28点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
96回16位(予選2位通過)
95回16位(予選3位通過)
94回13位

(参考)直近の記録会

10/24平国大記録会
5組
小林政澄①29分57秒20★
國本大生①30分06秒56★
4組
菊池夏規④30分00秒73★
平塚翔太④30分48秒73★
3組
巻田理空①29分37秒83★

11/14日体大
7組
宇津野篤①29分00秒44★
横澤清己③29分12秒95★

11/21平国大記録会
11組
小林政澄①29分17秒33★

11/23記録挑戦会
5組
1位巻田理空①29分52秒97
小林篤貴①29分58秒32
國本大生①30分47秒60
7組
菊池夏規④29分50秒29
原塚友貴④30分53秒51
8組
3位高橋銀河①29分21秒45★
10組
1位島崎昇汰②29分01秒15★
3位落合葵斗③29分04秒85★
佐々木亮輔①29分28秒40★
安田 響③29分42秒50

12/5日体大
6組
呑村大樹③29分15秒30★
鈴木玲央②29分45秒25★
8組
西方大珠③28分48秒28★

戦力分析

 頼りになる選手は、一番は4年井手選手。過去3度の駅伝はすべて区間一桁順位。スピード区間の3区だったり、5区山登りだったり、駅伝でしっかり調整できる選手。山登りをまたするとは限りませんが、往路どの区間でも対応が出来そう。5区かもしれませんし、前回のようにあまりにも下位でのタスキリレーになりそうなら、もっと前半でしょう。

 区間配置は3年生トリオや予選好走のルーキートリオ次第でしょうか。3年生トリオは西方・呑村・川口選手の3選手。西方選手は前回1区で粘りの走り、川口選手は箱根7区で好走しています。ともに箱根予選は失敗したが、1万m28分台の記録。状態が良ければ往路のはずだ。

 呑村選手が異彩を放っていて、これまでロードの実績がほとんどなかった中で、箱根予選62分台前半のタイムでいきなりチームトップ。コロナ禍で一人での練習が多かった中、伸びてきた選手。往路のどこなら一番活きるでしょうか。

 ルーキーは高橋・宇津野・佐々木選手が予選全体の50位台60位台でゴール。高校時代からそれぞれ駅伝の実績がある選手もいるので、往路や重要区間でのいきなり抜擢される可能性もありそう。他にも1万m29分17秒まで伸ばした小林政選手などもいて、今後が楽しみだ。

 
 復路は、2年連続8区を務めている3年安田響、前々回9区で好走している4年北崎選手や、長い距離で結果を出している2年鈴木選手あたりがまず候補になってきますが、新戦力も出てきています。

 11月中旬の記録会で1万m29分12秒を出した3年横澤選手、11月下旬で29分04秒を出している同じく3年落合選手、安定している4年菊地選手らも候補に挙がってきます。堅実さの中に爆発力もある。ひそかに面白いチームになっています。

箱根駅伝2021【神奈川大学】区間オーダー予想~往路流れにのせるには

 神奈川大の場合、どうも往路終了時に早くもシード圏外に去ってしまうことが多い。4区までに圏外に去っていたり、もしくは5区山登り対策が間に合わなかったり…。

 どうオーダーを組めばよいか、例年よりも情報量が少ない中、井手選手は山登りの手前4区という情報も…皆さんはどう考えましたか?

1区(21.3km)呑村大樹③29分02秒58
2区(23.1km)西方大珠③28分48秒28
3区(21.4km)高橋銀河①29分21秒45
4区(20.9km)井手孝一④29分25秒83
5区(20.7㎞)宇津野篤①29分00秒44※山登り

6区(20.8㎞)佐々木亮輔①29分28秒40※山下り
7区(21.3㎞)川口 慧③28分48秒33
8区(21.4㎞)横澤清己③29分12秒95
9区(23.1㎞)北﨑拓矢④28分57秒30
10区(23.0㎞)鈴木玲央②29分45秒25

1区呑村選手…駅伝ファン驚いた新戦力候補は1区起用されると予想します。1万mは28分台に届かないも複数回29分序盤の成績を残していますし、何より箱根予選ハーフ62分台前半の好成績。まずは出遅れないことを先決しての起用予想です。

2区西方選手…ルーキーの抜擢も考えた華のエース区間2区。前回1区好走の西方選手をスライドして2区へ。箱根予選は、インカレ3障直後ということもありうまくいきませんでしたが、1万m28分48秒はチームトップの成績。満を持して2区に挑んでもらえれば。他校に比べると実績は低いですが、前が見える範囲で粘れれば。

3区高橋選手…箱根予選でチーム3番手に入ったルーキー高橋選手を惜しげもなく起用予想します。高校時代から5千m14分05秒のスピードがあり、IH決勝も走っています。その髙橋選手をスピード区間の3区へ、適性を感じています。

4区井手選手…ここまでシード権を狙うにはギリギリの差になっているのでは…と感じています。駅伝無類の安定感がある井手選手に一気に流れを変えてもらえればと思っています。3区も5区もしっかり走れています。アップダウンのある4区こそ適正区間かもしれません。大学で競技を辞めるそうですが、それが惜しいと思うくらいの快走を。

5区宇津野選手…有力ルーキー2人目宇津野選手を5区山登り予想します。陸マガ増刊号で8区希望の3年横澤選手を一緒の日の記録会に出場し、先にゴールしているから…。というなんとも根拠の低い予想ですが、全国都道府県駅伝で5区4位などロードで+αがあるのは確かに見えます。将来期待の彼に5区山登りは面白いのではないかと。

6区佐々木選手…有力ルーキー3人目佐々木選手山下り予想。山はどちらもルーキーですが、あまり気にしないでおきます。高校駅伝下り区間の4区で区間4位は持ちタイム以上でした。ハーフマラソンの距離にも対応してきていますので、適正区間かなと思いますがどうでしょうか。

7区川口選手…1万m28分台の川口選手を前回と同じ7区に残します。箱根予選は腹痛での失速だったそうですね。その後記録会には出場していないが気になりますが、前回区間8位だった同区間でさらにパワーアップして戻ってくれれば。復路の流れを作ってほしい。

8区横澤選手…2年連続8区の安田響選手が控えているでしょうが、3年横澤選手を抜擢します。箱根予選を経験してからぐっと走力が上がってきていると感じています。陸マガ増刊号でも8区希望。8区も全体的にタイムが上がってきていますし、食らいついてくれれば。

9区北崎選手…4年生の柱の一人を残しておきます。もともとロードに定評のある選手。夏に故障して箱根予選はエントリーなりませんでしたが、本戦のエントリーにはひとまず間に合いました。

 前々回9区で区間4位好走、前回は2区挑戦も区間最下位と悔しい成績に…。最後の箱根はもう一度9区で意地を見ることができれば、万全なら十分シード権に対してアドバンテージを取れる区間です。

10区鈴木選手…1年時上尾ハーフで63分台を残して、箱根予選でも安定した成績を残していた鈴木選手をアンカー予想。トラックも1万m29分台と少しずつ走力が上がってきています。持ち前のロードの力を発揮できれば…。

箱根駅伝2021【神奈川大学】まとめ

・毎度往路終了時にはシード権獲得が厳しくなっている
・井手選手以外の往路選手がどれだけまとめられるか。
・復路は流れれば区間一桁区間が出る可能性充分

 神奈川大としては、毎年往路が鬼門になっていますよね。先ほども記しましたが、往路終了時でシード権獲得には苦しい位置に。復路は一斉集団スタートでの中で、うまく流れを掴むことがありますが。中々大きく順位を浮上させることはできません。

 駅伝で大きく光る4年井手選手が最終学年ですし、何とか今年こそ往路で流れを掴みたい。候補はいて3年西方・川口・呑村選手やルーキーの高橋・宇津野選手らがおそらく候補。実績からするともう少しという印象ですが、どう繋いでいくか。

 復路は、北崎・安田選手ら経験者に復路なら通用するかもという新戦力横澤・鈴木・落合選手ら新戦力候補がいます。ここは6区スタートが決まれば十分うまく流れてくれると思いっています。往路序盤でどれだけ食らいつけるかが大事になってきます。

スポンサーリンク

コメント

  1. ジョーマ より:

    神大ファンです!去年はシードに期待していましたが二区でおおこけしてしまったのが大きかったですよね…テレビで見ていても北崎選手の走りが重そうだった…最近の神大は必ず1つの区間でおおこけしてしまってシード権外になってしまっているので最低でも区間15位でまとめてほしいなと思います。去年まで毎年のように区間最下位だった五区で、久々に快走してくれた井手選手に今年も期待していたのですが、四区希望ということなのでどうなるのでしょうね…私的には井手選手に五区を走ってほしかったところですが…五区に用意している選手に自信があるということなのでしょうかね?確かに一年生から山で快走してくれたらこれ以上のことはないですからね!それに期待したいと思います。
    私の区間予想です
    一区 西方 去年同様粘りの走りを!
    二区 呑村 なんとか区間15位以内で!
    三区 川口 スピードをいかして区間一桁!
    四区 井手 OBである西山さんのような走りで区間五位!
    五区 宇津野 なんとか区間15位以内で希望をいうなら去年の井手選手のような走りを!
    六区 佐々木 期待を込めて区間一桁!
    七区 高橋  私の予想ではこの区間が鍵になると思います!頑張れ!
    八区 安田 年々区間順位は上がってきているので区間一桁で!
    九区 北崎 シードを手繰り寄せるような走りを!
    十区 鈴木 シード圏内で笑顔でfinishを!

    • hakonankit より:

      >ジョーマさん
      そうですね。前回は北崎選手がスピードに乗って行けず…終戦してしまいましたからね…。区間15位とかもしくは69分前半までに悪くてもまとめなくては、ならなくなってきましたね。なお、その北崎選手ここにきて5区山登りの情報も出てきているようですが…

      往路の出遅れを避けるためにも、おそらく井手選手平地なのかなと思っています。神大を支えたエースのラストランにも注目です。

  2. なかじ より:

    下級生のエントリーが多い神大。大後監督は、全区間を区間10番以内で行きたいとシード権獲得に向けて、したたかに戦略を練っています。5、6区をどう乗り切るかという見方なので、シードは厳しいかもしれません。来年度6〜8位を目指していることから、復路終盤までシード争いをしてほしいと思います。

    前回5区好走の井手の区間配置に注目しています。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      若手スピードランナーが育ってきていますので、戦略の立て甲斐というものがありそうですね。とにかく昨年のような往路序盤で圏外というのは避けたいです。