スポンサーリンク

箱根駅伝2021【山梨学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

第97回箱根駅伝2021のエントリーが発表されました。

29日(火)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に最大6名入れ替えて(片道4名)本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(火)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

続いて、
2年ぶり復帰!新生プルシアンブルーの襷が、令和の上位校へ一歩踏み出す

山梨学院大学

第97回箱根駅伝 山梨学院大学激励動画

動画:山梨学院大学 様

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【山梨学院大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

ここ数年低迷が続き、昨年は”ついに”予選落ち、連続出場が途切れた山梨学院大学。しかもボーダー10位に遠く及ばない17位という順位にはチーム関係者でなくてもショックだったに違いない。

 とはいえ、飯島新監督当時1年目、そこからの立ち直りは早かった。冬のロード大会、そして夏前のトラックシーズンで主力選手や新戦力候補選手が続々と自己ベストを出して、にわかに山梨学院大の復調の気配が見られるようになった。

 そして迎えた箱根駅伝予選会当日、昨年出走した留学生の選手や連合に選ばれた選手は未エントリー、さらに日本人エース選手も故障明けだった中、見事に7位通過。走行中、自身の判断で設定タイムから上げた選手もいて、チームとしても大きな成長がありました。

 その後、書類選考で通過を決めていた全日本大学駅伝ではやや上位校と力をの差を見せつけられる格好で13位だったものの、エース格の選手に収穫もあった。2年ぶりに箱根駅伝を疾走する山梨学院大の選手を紹介します。

エントリー選手紹介~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
森山真伍④28分28秒3020:全8区8位、予74位、19:予212位、19:箱9区20位、18:予164位≫…年々成長し、今年7月1万m28分28秒を記録し待望の日本人エースに。箱根予選前に故障したが、再度状態は上がってきている

ポール オニエゴ③28分30秒0020:全7区3位、予19位≫…入学時はチーム内でも目立たなかった存在だが、一学年下に走力ある留学生が入り覚醒。今季初主要大会エースとしてしっかりこなしている。

5点:エース区間で区間中位以上いける選手

4点:主要区間で区間上位でいける選手

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
松倉唯斗③29分10秒4420:全2区12位、予35位≫…トラックで台頭した選手だが、初ハーフとなった箱根予選で好走。往路候補の一人。

瀬戸祐希④29分17秒4120:全1区8位、予45位≫…中距離専門だったが、3年秋に長距離に転向。箱根予選もしっかり走り、全日本1区も好走していた。

新本 駿①29分17秒5920:全4区10位、予138位≫…入学してから走るごとにベストを更新し話題になったルーキー。将来のエース候補。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
遠藤悠紀④28分58秒0120:予170位≫…箱根予選は失敗したものの、スタミナには自信があるランナー。11月に1万m28分台を記録し、力のある所を見せた。
渡辺晶紀③29分37秒8520:箱9区12位相当、19:予90位≫…前回の学生連合で復路のエース区間9区で健闘した選手。故障していたが、箱根エントリーに間に合わせた

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
坪井海門③29分12秒0220:全5区14位、予80位、19:予181位≫…全日本予選などトラックでは前年から活躍。苦手なロードでも少しずつ走れるようになってきた
日影優哉④29分24秒2420:予96位、19:予140位≫…長い距離には自信を持っているランナー。2年連続箱根予選で好走している。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
伊東大輝②29分35秒93…11月に1万m29分35秒と大幅ベスト。逆転でメンバー入りした。
木山達哉②29分37秒0219:予227位≫…前回の箱根予選出走者。今年11月に1万m30分台で上昇傾向。
篠原 楓②29分47秒47…昨年度に1万m29分台をマーク。今季11月記録会で30分25秒。
島津裕太①29分47秒70≪20:全国4区19位、19:国体5千21位≫…高校時代に全国経験のあるルーキー。11月に記録会復帰している。
星野一平②29分48秒83…今季はあまり試合に出場していない中でエントリーに入ってきた
矢島洸一③29分58秒55…高校時代の実力者。4月学内記録会で5千m14分台で走って以降試合には出ていなかった
荒井祐人④30分00秒0719:予229位≫…2年時上尾ハーフで65分台をマーク。長い距離は一定の評価がある。

上位10名合計:27点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
96回不出場(予選17位)
95回21位(予選10位)
94回18位(予選4位)

(参考)直近の大会

11/14日体大記録会
7組
遠藤悠紀④28分58秒01★
日影優哉④29分24秒24★

11/22 平国大記録会
伊東大輝②29分35秒93★

11/23 1万m記録挑戦会
3組
小野寺陣②30分27秒75
荒井祐人④31分01秒26
島津裕太①31分06秒22
4組
木山達哉②30分41秒93
6組
篠原 楓②30分25秒23
7組
新本 駿①29分52秒49
田矢聖弥④29分54秒84
坪井海門③30分43秒94

戦力分析

 やはりまずは全日本大学駅伝長距離区間7区8区を担当し、好結果を残した3年オニエゴ・4年森山選手が注目ランナーだ。オニエゴ選手は、走力的には2番手の留学生だったのですが、1番手の選手が故障したこともあり、箱根予選から初めて主要ロードレースに出場。

 その中で、エースにまで定着したランナーだ。全日本駅伝でも下位で襷をもらうも区間3位の好走で結果を出している。元々チーム内でも目立たないくらいだっただけに、中々感慨深いものがある。

 日本人のエースは森山選手。2大会前の箱根9区に抜擢されてから、じわじわと成長。そして今年一気に開花、5千13分46秒・1万28分28秒と他校のエースと記録上肩を並べた。故障からの回復途上だった箱根予選はやや失敗も、全日本駅伝はアンカーで区間8位。さらに戻してくるだろう箱根本番が楽しみだ。

 3番手以降がやや差があるが、おそらく往路を担うと思われる選手が、4年瀬戸3年松倉選手だ。この2選手は、箱根予選でもチーム上位。レースの流れを見て自らペースを上げて通過に貢献しているのもポイントだ。瀬戸選手は中距離から距離を伸ばしてここまできたのだから見事。往路をどう戦い抜くか。

 これに割って入ってくるほど勢いがあるのがルーキー新本選手。4月学内記録会から自己ベストを続出し、山学大ファン以外にも話題になった選手。箱根予選・全日本駅伝でもロードで堅実な走りを見せていて、将来楽しみなランナーだ。

 さらに、箱根予選から+αになりそうなのが4年遠藤3年渡辺選手。遠藤選手は元々スタミナに自信のある選手。箱根予選は高速に乗り遅れたが、その後の記録会で1万m28分58秒を記録。持ち味を発揮できるだろう復路で待機。また、前回連合に選ばれ9区出走の渡辺選手は、何とか故障回復間に合いエントリー。彼が起用できれば、一気にオーダー編成が楽になるはずだ。

 あとは、2年連続箱根予選で好走している4年日影選手、トラックのスピードはチーム内上位の3年坪井選手あたりが比較的実績があるでしょうか。4年荒井選手も長い距離は比較的チーム内でいけるほうだ。

 その他エントリーされた選手は実績は少ないですが、伊東選手ら伸び盛りの2年生の選手が入ってきた。一部箱根予選活躍した選手とも入れ替わって逆転エントリーだ。そして高校時代の実力者矢島選手が入ったが果たして出走はあるのか??色んなランナーがいる中、さてどうオーダーを組めば、久々のシード権へ近づけるでしょうか。

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【山梨学院大学】区間オーダー予想~オニエゴ・森山選手の流れを繋いで

 やはり2本柱の森山・オニエゴ選手をどう置けば一番威力を発揮できるのか。そして準備が遅れているという山は誰が配置されるのかという点が予想オーダーの悩みどころでした。

1区(21.3km)瀬戸祐希④29分17秒41
2区(23.1km)森山真伍④28分28秒30
3区(21.4km)ポール オニエゴ③28分30秒00
4区(20.9km)松倉唯斗③29分10秒44
5区(20.7㎞)新本 駿①29分17秒59※山登り

6区(20.8㎞)星野一平②29分48秒83※山下り
7区(21.3㎞)渡辺晶紀③29分37秒85
8区(21.4㎞)日影優哉④29分24秒24
9区(23.1㎞)遠藤悠紀④28分58秒01
10区(23.0㎞)伊東大輝②29分35秒93

1区瀬戸選手…全日本駅伝で1区区間一桁で走り切っている瀬戸選手がおそらくそのまま1区に入るのではないでしょうか。元々中距離でも結果を出していただけに終盤のスパートまで付く事が出来れば、ある程度の位置でまとめられそうですかね。まずは前の見える位置へ。

2区森山選手…エース区間2区は森山選手を選びました。全日本駅伝アンカーで他校もエースが走っている中区間8位。終盤の上りももしっかりまとめていました。これも故障からの回復途上ということで、調子がさらに上向いていれば十分2区でも通用するとみます。

3区オニエゴ選手…この順番にしました。3区も本当にレベルが上がってきていて、スピードエース区間化してきています。全日本平坦な7区で結果を出しているオニエゴ選手を3区にします。こちらのほうがバランスがとれるのではないでしょうか。しっかりと上昇気流に乗せる事ができれば。

4区松倉選手…今年になって一気に伸びてきた松倉選手を準エース区間4区へ。元々トラックから伸びてきたのですが、今年になってロードに対応。次年度は自分が引っ張るという意気込みもあります。細かなアップダウンが続く難しい区間を担当できればと思います。

5区新本選手…かつて職人のイメージがあった山登りも高速化してきています。本当に走力も高い上に上りもいけるということでないと、元々差がつきやすい区間名なだけにあっという間においていかれるイメージに代わってきています。

 そこでルーキーの新本選手の出番です。ここまで順調に成長してきて、何より僅かですがアップダウンのある全日本4区でしっかり走り切っています。区間10位ですが、かなり後方で襷をもらったことを考えれば十分です。将来期待の彼に、山登りどうでしょうか。

6区星野選手…本当に分からない区間ですね。陸マガ増刊号ではロードが得意な日影選手が一応希望していますが…。山学大は積み上げの4年生に任せる事もありますかね。とはいえ、平地で持行けるランナー。あと一人秋以降試合出場なしの選手でエントリーに入った2年星野選手で予想します。60分台でもいいので繋げる選手がいればなぁ。

7区渡辺選手…さて、やや不確定要素がある山の次の区間が大事。前年度のエース選手だった渡辺選手の復調を期待して7区予想です。昨年度の連合9区では自分一人でしっかり前を追い上げる事ができていました。その時の走りができればチームを流れに乗せられるはずです。

8区日影選手…ロードで崩れないイメージのある日影選手を8区予想。2年連続で箱根予選好走しているのですよね。そして1万mの持ちタイムもあげてきています。箱根本戦でも目途が立っています。前年の予選酷暑の予選会でもチーム内数少ない好走者だったこともポイントです。

9区遠藤選手…復路エース区間9区に区間一桁も可能かもしれないという選手を残します。1万m28分台と絶好調の遠藤選手に9区を託します。長い距離の対応はもともとチーム内でも非常に良いほうでした。持ち味を発揮できれば十分攻めの区間にできるはずです。

10区伊東選手…最後の区間は調子の上がってきている選手にします。エントリー前ぐっと自己ベストを出している2年生伊東選手に、次の山梨学院大を託したいと感じました。



 実は箱根予選から少しメンバーが入れ替わっているのですよね。その中で箱根予選62分台で走り切った2年橘田選手や、二けた順位だった4年斎藤選手が外れています。また11月記録会で1万m29分台と復調傾向のあった田矢選手もいなかったり…

 個人的に思っていたオーダーが、少しずつ違ってきた中での予想です。皆さん如何ですか?

山梨学院大学【箱根駅伝2021】まとめ

・オニエゴ&森山選手はどう配置すれば活かせるか
・遅れているという山の人選はどうなるか
・復路を担える上級生はいる、それまでの位置が大事

 残っているメンバーを最大限生かすのにはやはりポイントは、オニエゴ・森山選手の配置の仕方、自分は2区森山3区オニエゴ選手としていますが、他往路を担うだろう瀬戸・松倉・新本選手らの調子次第では順番も変わってきそう。

 山の準備がやや遅れているというだけに前半の配置も慎重にしたいところ。その山も区間15位あたりは最低限で凌ぐことができるか。

 さすれば、遠藤・渡辺選手ら復路で活きそうな選手は出てきていますので、混戦の中シード権を狙っていくことはできます。こうみると往路型・復路型の選手は複数人はいるのですよね。

 時間はそれほどないのですが、その往路型・復路型の選手の総合力アップがもう少しずつできれば、本当の山梨学院大の復活の第一歩が記せるはずです。

スポンサーリンク

コメント

  1. なかじ より:

    2区森山、3区オニエゴ終了時で上位につけ、往路をシード圏内。復路も粘ってシードを狙う形が最適でしょうか。厳しい戦いですが。キーマンは1、6区のスターター。

    駅伝の常套句1区次第(6区次第)が当てはまるチーム。流れに乗りたい。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      おそらく1区を担うだろう瀬戸選手が非常にカギになってきそうですよね。2区森山3区オニエゴ選手は充分上位校に対抗できると思うので、スターターがハマればいい流れに乗れるはずです。