スポンサーリンク

箱根駅伝2021【中央大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

第97回箱根駅伝2021のエントリーが発表されました。

29日(火)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に最大6名入れ替えて(片道4名)本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

まずは伝統校であり注目校から開始!

スーパールーキーだけじゃない、総合力の高さで9年ぶりシード権のその先へ!
中央大学です。

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【中央大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

 4大会前、連続出場が「88」で途切れたのは懐かしい。その直後に入学した世代が4年生、つまり藤原監督直接スカウトの世代が揃ったというところ。

 さらにスーパールーキーも加入し大いに話題に!2012年の88回大会から遠ざかるシード権獲得よりさらに上を目指せる士気がチームには整っています。

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
吉居大和①28分08秒6120:日本5千3位、予10位、日本IC5千1位、全国1区1位、19:高校3区8位、国体5千14位、IH5千3位≫…中大入学直後から話題になり続けるルーキー。5000mでU-20記録を出すと、日本選手権でも3位に。予選でハーフも61分台を記録している

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
森 凪也③28分22秒2820:予20位、箱7区12位、19:予15位≫…昨年度から1万m以上の距離で高レベルで安定している選手。今年はさらに走力アップ!前年のリベンジをしたい

4点:主要区間で区間上位でいける選手
千守倫央②28分15秒4020:箱1区16位、19:予224位≫…前回の箱根やや驚きの1区を担当。その後ハーフ62分台など一気に成長した。予選は怪我で欠場したが、直近1万28分15秒大幅ベスト。間に合った

三浦拓朗③28分20秒1320:予25位、箱3区12位、19:予35位、18:予53位≫…中央大が送り出すスピード魅力の主力選手。長いロードにも徐々に対応。直近、1万m28分20秒と総合力がついてきた。

畝 拓夢④29分18秒2320:予40位、箱5区9位、19:予25位、18:箱5区10位、17:予33位≫…高浩二時代からロードが得意なランナー。過去2度5区山登りを任され、区間中位で走り切っている

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
三須健乃介④28分36秒6520:予29位、19:箱3区16位、18:予110位≫…中央大主力の一人。トラックのスピードが目立っていたが、箱根予選で見事にロード対応してみせていた
川崎新太郎④29分08秒56≪20:箱2区17位、19:予124位、箱10区6位、17:予126位≫…過去2度箱根駅伝を走っている主力ランナー。秋口は調子が悪くても箱根に必ず合わす
若林陽大②29分26秒74≪20:箱6区10位≫…前回山下りで区間10位とまずまず。直近1万mのベストを更新している

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
中澤雄大②29分00秒40≪20:予58位≫…箱根予選で秘密兵器となったランナー。学内10マイルで好走を繰り返していた

池田勘汰④29分06秒19≪20:予73位、箱4区11位、19:予51位、箱4区9位、18:予35位、箱9区18位、17:予74位≫…1年時から3年連続で箱根を出走している主力の一人。箱根予選のあと姿を見せていない

加井虎造④29分08秒09≪20:予62位、18:予253位≫…下級生のころからトラックで目立っていたランナー。ロードは苦手だったがが、最終学年でついに克服した

手島 駿③29分08秒91≪20:予51位≫…毎年確実に成長してきたランナー。箱根予選で一気に台頭し、直近でも1万m29分08秒ベスト

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
井上大輝③28分47秒62≪19:予287位≫…高校時代から力のあるランナー。2年頃から少しずつ軌道に乗ってきて、直近1万m28分台ベスト

助川拓海②28分49秒58…1年秋主力候補に挙がっていた。しばらく足踏みしたが、直近1万m28分台

伊東大翔①28分59秒59≪20:全国5区16位、19:高校4区13位≫…高校時代から駅伝主要区間の経験を積んでいる。直近1万mベストを28分台に乗せた。

園木大斗①29分06秒35≪20:予131位、全国5区7位、19:高校1区14位≫…高校時代エース区間で区間10番前後と実績あるランナー。大学でも箱根予選出場以降調子を上げてきた

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:36点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
96回12位(予選10位通過)
95回11位(予選8位通過)
94回15位(予選3位通過)

(参考)直近大会など

11/14日体大記録会
吉居大和①28分08秒61★ U-20日本人歴代3位)
森 凪也③28分22秒28★

11/21八王子
三浦拓朗③28分20秒13★
三須健乃介④28分39秒50

11/21 平国大記録会
12組
中澤雄大②29分00秒40★
畝 拓夢④29分18秒23★
若林陽大②29分26秒78★
川崎新太郎④29分49秒77
11組
手島 駿③29分08秒91★
矢野郁人④29分26秒16★

11/23 中大記録会
川崎新太郎④14分14秒13★

11/25 1万m記録挑戦会
園木大斗①29分06秒35★
加井虎造④30分08秒66

12/4日本選手権
3位吉居大和①13分25秒87★ U-20日本記録

12/5日体大記録会
7組
井上大輝③28分47秒62★
助川拓海②28分49秒58★
伊東大翔①28分59秒59★
居田優太①29分13秒25★
大澤健人①29分14秒67★
9組
千守倫央②28分15秒40★

  話題としてはルーキー吉居選手の驚異的な快走に目が活きますよね。5000mU-20日本記録となる13分25秒、1万m・ハーフでも好走。レース後の発言では「調子が悪かった」「ペースが遅く感じた」など、今までの常識とは違う感覚を持っているランナーでもありますまずはかれの配置区間に注目です。

 とはいえ、中央大は今年は彼だけではない、非常に総合力が厚くなっているのですよね。3年生エースに森・三浦選手がいます。長距離安定の森選手とスピード豊かな三浦選手と違うタイプの選手が競り合って走力を高めています。

 そして藤原監督スカウト初年度世代の4年生。山登りで堅実さが光る畝選手に、往路を担った経験のある三須・池田・川崎選手が今回もエントリー。記録会では三須選手が非常に好調でした。

 このほかでも箱根予選でチームトップ10内に入った3年手島・2年中澤選手が台頭。ここでもう10人以上なのですよね。そして、前回1区を務めた2年千森選手が直前の記録会で28分15秒と大快走!役者が揃ってきました。

 あとは主要大会の実績は少ないですが、3年井上・2年助川・1年伊東選手が直前の記録会で28分台、もう一人箱根予選出走した園木選手もエントリー。16人のボーダー争いは非常に高いスピードのレベルだったと思います。

 藤原監督体制になって5年目、間違いなく過去最高の戦力です。当サイト独自の指標でも、8年間とれていないシード権は勿論、上位崩しも視野に入るほどです。いろいろと考えながら予想していきます。

箱根駅伝2021【中央大学】~往路も攻めて復路も攻めて

  一つだけ考えなくてはならないのが、4年大森選手のエントリー漏れ。前回9区で粘りの走りを見せて以降、急成長。箱根予選でもチーム6番手で走っていた選手。個人的に4区とも思っていたのですが…

 彼の穴埋めで少しオーダーを考え直しました。

1区(21.3km)吉居大和①28分08秒61
2区(23.1km)森 凪也③28分22秒28
3区(21.4km)千守倫央②28分15秒40
4区(20.9km)三浦拓朗③28分20秒13
5区(20.7㎞)畝 拓夢④29分18秒23※山登り

6区(20.8㎞)若林陽大②29分26秒74※山下り
7区(21.3㎞)手島 駿③29分08秒91
8区(21.4㎞)川崎新太郎④29分08秒56
9区(23.1㎞)三須健乃介④28分36秒65
10区(23.0㎞)中澤雄大②29分00秒40

1区吉居選手…序盤区間は、箱根予選ツートップの2選手で流れを作りに行くのではと思っています。5000m13分25秒、10000m28分08秒のスピード、そして日本インカレで見せた驚異的なラストスパートを活かせるのは1区でしょう。

 今後トラックで世界を目指すとのことですし、ヨーイドンの1区。そのうえで途中引っ張ったり仕掛けたりもしながら区間賞を狙わせるかなと思います。展開次第では、区間記録付近の記録もありえると思います。

2区森選手…2区は走れば2年越しとなる森選手。前回の予選チーム内トップで満を持して…と思われましたが、直前のアクシデントで何とか7区出走という悔しい経験もあります。

 今季は箱根予選で終盤まで上位争いに食らいつき、1万mの持ちタイムも28分20秒までアップ。満を持して、他校のエース選手と対決ができそうです。

3区千守選手…ここからオーダー悩みましたが、3区に復調してきた千守選手を配置してみました。前回出走の三浦選手で流れを継ぐのも一つ手なのですが、1万mのスピードが28分15秒とぐんと上向きました。アップダウン少な目の区間で、その走りを見たい。

4区三浦選手…前回3区の三浦選手をこちらへ。適性は1区か3区と思いますが、今シーズンは各記録会安定しています。そして5千m・1万m・ハーフ全てで自己ベスト。アップダウンのある4区でも主力としての役割を果たせるのではないでしょうか。

5区畝選手…ここは余程ことがない限りは変わらないでしょう。過去2度5区山登りをしている畝選手が、最終学年で3度目を務めると思われます。過去2回は区間10位と9位で安定していました。

 とはいえ、平地のロードもぐっと短縮しています。今年は一つストロングポイントといきたいところです。前回は72分49秒、71分台までいければ…。

スポンサーリンク

6区若林選手…前回時ルーキーながら59分半ばで走り切った若林選手。秋口こそ姿を見せませんでしたが、秋が深まってから1万m29分24秒のベスト。昨年の経験もありますし、59分切りまでいければ、復路に向けていいスタートが切れます。

7区手島選手…復路は長い距離で手堅そうな選手を並べていきます。箱根予選で好走した3年手島選手を7区へ。記録会で確実に走力アップが見られていました。復路での秘密兵器になると思います。

8区川崎選手…ここも実は2年連続出走していた選手がエントリーから外れてしまったのですよね。4年生の選手でした。同じ4年生の川崎選手で予想します。

 川崎選手は箱根予選の時期は毎年上がっていないのですが、箱根本戦に確実に合わせて渋い走りを見せています。状態が上がっていればこの区間でいぶし銀の走りを見せてくれるはず。

9区三須選手…シード権そしてさらに上位へ、流れを決定づけるために、スピードランナーを復路のエース区間9区に残すと予想します。

 箱根予選でチーム4番手、1万mも28分中盤を今年2度出している三須選手を9区へ。スピードを発揮できれば69分切りも可能ではないでしょうか。順位を決定づけたい。

10区中澤選手…ここは最初は4年生を考えました。過去3年箱根を走っている池田選手、今年になってロードでもうまく走れるようになった加井選手…ですが、箱根予選で彼らを上回った2年生のランナーがいるのですよね。

 中澤選手は秋までは大学での実績はあまりありませんでした。ですが、インスタグラムで西湖10マイル学内TTで度々上位登場。箱根予選で62分台をマーク。1万mも29分00秒と本番でも走力アップした姿を見ました。次の主力に、上位でのゴールテープ切りを…と思います。

 さて、他にあり得るとすれば、固定と思われている1区吉居選手を敢えて動かしてみるのも、他校を混乱させるのにいいかもしれませんね。

 千守選手が回復してきましたので、2年連続1区にして、2区森3区三浦選手、そしてまさかの4区あたりで出走というのもいいのかもしれまん。これはこれで流れはできるかな?

箱根駅伝2021【中央大学】まとめ

・吉居&森選手ら往路を任せるランナーは揃っている
・山で前回区間中位の畝&若林選手が上積みなるか
・復路は4年生と新戦力の若手選手で争い激化!

 役者は揃ってきていますよね。スピードあふれるル^キー吉居選手に、3年生エース格の森・三浦選手に、返ってきた千守選手は1万m28分前半のタイムを持っていて、発揮すれば十分上位校にも食らいつける存在。他にも三須選手ら往路経験者はいます。

 山に関しても、前回区間中位でまとめている畝・若林選手が元気なのは、他校にはなかなかないアドバンテージ。どちらも区間一桁でいければ、ぐっと順位が浮上するはず。

 復路はメンバー争い激しいのではないでしょうか。4年生川崎・池田選手に走ってほしい気持ちもありつつも、箱根予選良かった手島・中澤選手にも走ってほしい気持ちもあります。

 また、井上選手らエントリー直前の記録会で1万m28分台を出してメンバーに滑り込んだランナーに秘密兵器がいるかもしれません。

 過去2回はシード権に惜しくも届かない11位と12位。2大会前は序盤2区間に柱をつぎ込むも後が続かなかった。前回はバランス型オーダーも序盤2区間で遅れて取り戻せなかった…。

 今回は序盤2区間に柱をつぎ込んでも、流れを繋いでいける総合力がついているように感じます。伝統校中大の、本当の復活元年の年になるか!?

スポンサーリンク

コメント

  1. wataru-6519 より:

    三浦―森ー吉居ー千守ーつた
    若林ー手島ー中澤ー池田ー三須
    往路勝負所の3区に吉居で一気に攻勢をかけるのも一つの案ですが。
    あと、7区以降のオーダーは当日の調整次第ですかね

    • hakonankit より:

      >wataru-6519さん
      3区吉居選手にガンガン走らせてみるのも面白いかもしれませんね。序盤からどんどん攻めていくレースもさせたいですよね。復路のレギュラー争いも見どころの一つです。

  2. なかじ より:

    管理人さん、皆さん今年もよろしくお願いします。

    中大は吉居の加入で、注目度が高まってます。目標順位は3位ですが、シード権確保が現実路線。

    順大の三浦とバチバチの勝負をする吉居の1区をみたいです。吉居を世界で勝負するランナーに育てる考えをもつ藤原監督なら、同じ立番の三浦と勝負の1区に配置すると思います。1時間0分台の争いをみたいです。往路は、管理人さんと同じ吉居ー森ー千守ー三浦ー畝のオーダー。
    吉居がいい流れでタスキを繋げば、2区の森以降も走りやすいと思います。

    キーマンは、3区の千守。中大の攻めのオーダーが機能するためには、3区がポイント。前々回大会、中山、堀尾で上位でタスキを繋ぐものの三須(雪辱を晴らしてほしい)が失速。前回の三浦も苦戦した鬼門となってます。

    wataruさんの予想のように、1区三浦、2区森でしのぎ、3区吉居で上位を狙う方が現実的かもしれません。ただし、3区吉居は向かい風の場合、彼のスピードが活きないので、天候判断になるかと。

    中大の区間配置が気になります。シード権をとってほしいです。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      こちらこそよろしくお願いします。

      シード権獲得がまず最優先ながら、表彰台くらい目指していくくらい絞り出していかないとそう簡単に奪えるものではないものも感じているのかなと思います。

      ファン目線だと、1区で吉居&順大三浦選手と再度の対決というのは見てみたいですよね。これはチームどうのこうのというより純粋に楽しみです。
      千守選手がどのくらい長距離ロードを走れるかどうかは本当に大事ですね。

  3. ほのかのパパ より:

    吉居ー森凪ー三浦ー千守ー畝
    若林ー三須ー中澤ー手嶋ー川崎

    往路は四本柱と畝で芦ノ湖は5、6番目
    復路は三須、中澤の爆走期待

    • hakonankit より:

      >ほのかのパパさん
      しっかりとエースが機能すれば、往路の一桁ターンも十分可能ですよね。三須選手あたりを袋に残しておけるのは非常に大きいです。

  4. コバ より:

    吉居くんは1.3のどちらかなあと思ってます。追い風予想なら3区とかにすると最大限伸びるかなあただ確実に1区なら上位で来るはずなのでどちらが総合的に良くなるかの見極めでしょうね。
    森くんは2年越しの2区にチャレンジしてほしい!三浦くんは1.3.4あたりどこでも行きそう。千守か三須が往路に入るか入らない方が7区あたりか復路にも4区経験者の池田や昨年2区の川崎がいるのでかなり強いはずです。復活期待してます

    • hakonankit より:

      >コバさん
      追い風・向かい風で吉居選手が左右されるのは確かかもしれませんね。であれば、1区と3区は当て馬を置いて隠しておくことも考えられません。他シード校以上を狙うチームにとっては非常にいやでしょう。
      多くの選手が往路・復路どの区間でもオールマイティーにやれる力がありますので、最大6枚替えまで視野に入れそうな気がしています。