スポンサーリンク

箱根駅伝2021【早稲田大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

第97回箱根駅伝2021のエントリーが発表されました。

29日(火)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に最大6名入れ替えて(片道4名)本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

続いて、
エース級のスピードランナー続々台頭!平地8区間なら本気で優勝も!?

早稲田大学

そのほかの大学

箱根駅伝2021【中央大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【城西大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【創価大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【専修大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【国士舘大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【山梨学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【拓殖大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【國學院大學】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東洋大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【明治大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【神奈川大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【法政大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東海大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【青山学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【駒澤大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

箱根駅伝2021|【最新情報】

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【早稲田大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

 ここ2か月で一気に評価が急上昇してくるチームも珍しいでしょう。全日本大学駅伝は、他有力校に比べ、前半に主力を注ぎ込んだとはいえ、3区序盤で先頭に立つと、6区終盤まで単独トップをキープ。苦しいとみられた7区以降も粘って総合5位の結果は前を向けるものではあった。

 その後、トラック1万mを中心に好記録を出す選手が続出、さらに12月頭に日本選手権に出場した選手が3名。その大舞台で27分台を出したランナーが2人も誕生した。全日本駅伝に出場していなかった4年生もここにきてあがってきた。、

 平地8区間であれば、本気で優勝候補なのではという盛況ぶり。ここにきて”5強”と優勝候補の一角にも名前が上るまでになった。

 集中練習で故障者もなく、チームは順調。あくまで総合3位以内が目標ですが、その先も狙えそうな早大16名のチームエントリーを慎重に戦力分析してみたい。

エントリー選手紹介~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
中谷雄飛③27分54秒0620:全3区1位、箱1区6位、19:全3区6位、箱1区4位、18:全3区2位、出3区4位≫…早大のエース選手の一人。トラックで世界を目指していて、今年は日本選手権1万m出場とその大会で27分台達成で一気に成長している。駅伝での高い安定感も魅力の一つ、全日本駅伝では念願の区間賞を獲得し、チームを単独トップに引き上げている。

太田直希③27分55秒5920:全4区2位、箱8区4位、19:全5区5位、予118位、箱8区10位、18:全4区10位、出5区7位≫…早大のエース選手の一人。早大が出場した大学駅伝ですべて出走していて、徐々に成績を上げていっている。単独走もできるが競り合いで+αが出ている感じ。日本選手権1万mでは、実業団ランナーに食らいついて27分台を達成している。

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
山口賢助③28分20秒4020:全8区6位、19:予115位≫…一般入試組。長い距離を中心にコツコツと積み上げて、全日本駅伝でアンカーで駅伝デビュー。しっかり順位をキープした。その後、1万m28分20秒を記録し、さらに自信をつけたか。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
井川龍人②28分12秒1320:全2区5位、箱3区14位、19:全1区16位、予44位≫…早大の未完の大器。1年時はやや不安定だったが、今年度は大きく成長。全日本2区でしっかり流れを作ると、1万m28分12秒と一気にエース選手と同等のタイムを残した。

宍倉健治④28分16秒9520:箱10区8位、19:予254位、18:全2区13位、17:全5区20位≫…前回箱根路初登場し、アンカーを務めている選手。今季前半戦は怪我していたが、秋に一気に上昇気流に。1万m28分16秒と大幅ベストを叩き出し、一気に主力選手となった。

鈴木創士②28分40秒2420:全7区9位、箱7区2位、19:全6区6位、予60位≫…前回の箱根路で7区区間2位の好走でチームを救った選手。ロードで+αが出る早大のエース候補の選手。今季前半戦で怪我をして全日本は本調子でなかったが、上り調子になっている。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
千明龍之佑③29分00秒5720:箱4区7位、19:全4区3位、予63位、箱3区10位、18:全1区12位≫…早大エース候補の選手の一人。夏前好調で5千mベストを出していた。その後疲労骨折で全日本駅伝は走れなかった。その後、徐々にスピードが戻ってきている模様。

辻 文哉①29分08秒1120:全1区6位≫…全日本駅伝でいきなり1区を担当したルーキー。1年生らしからぬ安定感がある。高校時代ずっと1区だっただけに、1区には自信がある。

吉田 匠④29分58秒9020:箱5区15位、19:全8区9位、予103位、17:全7区15位≫…主将。3障と長い距離を得意とする。山登りに自信を持っていたが、前回は区間15位と力を発揮できなかった。

諸冨 湧①5千14分07秒2020:全6区8位、19:高校3区10位、IH3障7位≫…全日本駅伝6区で混戦の中、長くトップを保った。一定のペースで走るのと上りに自信がある。学内TTでハーフ62分台をマークしている。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
小指卓也②29分42秒82…11月頭に5千m13分41秒の大幅ベストを出して日本選手権にも出場している。今後が楽しみなスピードランナー。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
菖蒲敦司①28分58秒1020:全5区9位、全国1区14位、19:高校1区36位、国体5千9位、IH1500m7位・3障4位≫…高校時代1500m~10000mと3障とそれぞれ違う種目をそつなくこなしていた選手。全日本駅伝5区で出走したが、やや苦しい走りになった。
北村 光①29分00秒5120:全国1区24位、19:IH3障3位≫…高校時代インターハイ3障で表彰台、日本インカレでも早くも表彰台に立った。全日本駅伝はわずかに出走ならなかったが、1万m29分00秒べすとをマーク。
室伏祐悟③29分04秒18…長い距離を中心に徐々に結果を残しつつある。11月頭に29分04秒自己ベスト。
半澤黎斗③29分04秒2420:箱6区19位、18:全5区14位、出1区19位≫…1500mを中心に活躍するスピードランナーの一人。前回は山下りだったもののここは苦しい走りに。11月頭に5千m13分54秒のベスト。
向井悠介③29分25秒3419:予223位≫…下級生のころから長い距離にある程度対応していた選手。11月頭に29分25秒のベスト。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:41点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
96回7位(予選9位通過)
95回12位
94回3位

参考:直近の大会
11/4 早大記録会
5000m
1組
1位宍倉健浩④14分01秒43★
佐藤航希①14分09秒32
吉田 匠④14分18秒96
2組
1位小指卓也②13分41秒01★
8位半澤黎斗③13分54秒57★
10000m
1位北村 光①29分00秒51★
3位室伏祐悟③29分04秒18★
向井悠介③29分25秒34★

11/21 早大記録会
2組
半澤黎斗③29分04秒24★
3組
1位井川龍人②28分12秒13★
2位宍倉健浩④28分16秒95★
5位山口賢助③28分20秒40★
鈴木創士②28分40秒24★
菖蒲敦司①29分07秒07
北村 光①30分03秒16

12/4 日本選手権
5000m
17位小指卓也②13分58秒30
10000m
中谷雄飛③27分54秒06★
太田直希③27分55秒59★

戦力分析

 この2本柱は過去にないですよね。1万m27分台のランナーが複数大学駅伝チームに在籍するのは初めてではないでしょうか。3年中谷・太田選手が、大学長距離界の顔になってきています。特に駅伝では、最初から突っ込んで走れる中谷選手の評価が高かったですが走力本当に高かったです。

 太田選手は他のランナーと競り合いながらぐっとタイムを短縮できる選手ですが、このあたりは兄貴と重なりますかね。とはいえ、27分台を出せるのは、本当に走力がついていないとできないこと。過去2度の箱根は8区ですが、満を持して往路に登場しそうです。

 そして早大はここのところ好記録続出しているのですよね。トラック型の選手もロード型の選手も走力がぐっと上がってきています。11月記録会では2年井川選手が往路主要区間起用の目途が立つ28分13秒を叩き出すと、全日本駅伝に出場していない4年宍倉選手が28分16秒大幅ベストは箱根に向けて大きな戦力アップだ。

 さらに全日本駅伝アンカーでしぶい走りを見せた山口選手が自信をつける28分20秒。往路でも十分活躍が見込まれる。さらに怪我で出遅れていた鈴木選手も28分台まで回した。これに、疲労骨折していた千明選手が間に合えば、さらなる戦力アップとなる。平地8区間は本当に強力になってくる。

 山区間が前回区間15位・19位に沈んでしまったのがネック。その吉田主将・半澤選手は勿論準備を進めていますが、1年生など他のランナーも名乗りを上げていて競争区間となっている。前回のようにはならないはずだ。

 その1年生、日本インカレでの活躍もありましたが、箱根も楽しみになってきています。全日本1区で登場した辻選手がやはり信頼が高い。11月に一時足を痛めたそうですが、高い安定感でどこでも起用はありそう。また長い距離が得意な諸角選手も面白い存在だ。北村選手もチャンスがあるか。

 このほか、選手層は一気に薄くなりますが、スピードのある小指・菖蒲選手が長距離に対応できるか、3年室伏・向井選手も復路であればいけるかもしれません。ある程度万全ということであれば、いいオーダーが組めるはずです。

箱根駅伝2021【早稲田大学】区間オーダー予想~平地8区間をどう並べるか

 山に関しての競争もありますが、これだけスピードある選手が集まり、それぞれ特徴があります。どう並べるのが一番早大が上位に行けるのか、それぞれ考え甲斐があると思います。

1区(21.3km)辻 文哉①29分08秒11
2区(23.1km)太田直希③27分55秒59
3区(21.4km)井川龍人②28分12秒13
4区(20.9km)中谷雄飛③27分54秒06
5区(20.7㎞)吉田 匠④29分58秒90※山登り

6区(20.8㎞)北村 光①29分00秒51※山下り
7区(21.3㎞)千明龍之佑③29分00秒57
8区(21.4㎞)鈴木創士②28分40秒24
9区(23.1㎞)山口賢助③28分20秒40
10区(23.0㎞)宍倉健治④28分16秒95

1区辻選手…1万m28分台前半の主力選手をつぎ込む予想が多いと思いますが、敢えて全日本駅伝1区出走の辻選手で予想します。総合優勝狙いなら1区からスピードランナーをつぎ込みますが、総合3位以内狙いなら思い切った起用もいいのかなと思っています。

 辻選手本人も、高校時代を含めて1区が一番経験があるということで、一番慣れている区間です。最初から高速1区になった時の怖さはありますが、辻選手のまとめる力にかけますし、今の早大なら2区以降追っていけます。

2区太田選手…27分台の柱1人目を投入します。日本選手権からの連戦という怖さはありますが、全日本4区と比較的短い区間なので、何とか対応できないかなぁと…。それに強い選手と競り合っての+αが出るという強みを一番活かせるのはエース区間の2区だと思います。しっかりとチームを上位の流れに載せていければと思います。

3区井川選手…未完の大器ですが、徐々に開花しつつありますね。集団で走るうまさとラストの切れもありますので、辻選手じゃなかったら彼が1区と思います。とはいえ3区はスピードエース区間。上位の流れに乗りながら持っている走力を存分に発揮してくれれば。そして昨年のリベンジを…

4区中谷選手…ついに2年連続務めた箱根1区から卒業するでしょう。まとめられる安定感はズバ抜けていますが、自分のペースで走るほうがいい彼だと利用されてしまう。当時はチーム事情で仕方なかったですが、単独走が活きる区間がいいです。

となると4区でしょうかね。このあたりに来ると少しバラけてきますし、1区から3区につぎ込む大学が増えているので4区が手薄の場合があります。ここで序盤から突っ込んでそのまま粘れる中谷選手が活きるはず。アップダウンも高校時代得意でした。ここあたりで単独トップに立つ見せ場を作りたい。

5区吉田選手…さて問題の山です。優勝候補の一角以上の評価にならないのは山が上り下り両方とも前回失速しているから。山登りはひとまず2年連続での吉田主将と予想します。単独走はしっかりやれる選手で3障の脚力もあります。前回は実は足を痛めている中での出走だったそう。万全でどうなるか…競技人生ラストランの彼にかけたい。

6区北村選手…山下りは変更すると予想します。希望しているルーキー北村選手に託したいと思います。彼も3障で日本インカレ表彰台に立てるだけの脚力があるのですよね。長い距離も1万m29分01秒まできています。適性があるなら59分切りまでは充分目指せるはずです。

7区千明選手…3年生が非常に目立っている中、一人悔しい思いをしているでしょうね。過去往路3区4区出走している千明選手の回復が間に合うか。夏前まで順調でしたが足を痛め、それが疲労骨折と判明するまでちょっと時間がかかってしまったようで…。

 11月末時点で7割ほどということ。どこまで本戦までにあげてこられるでしょうか。往路希望ですが、アップダウンがある7区。やや未知数の6区のあと、もう一度流れを作り直すためこの区間に登場すると予想します。

8区鈴木選手…往路起用予想するかギリギリまで悩んだのですが、閃きました。この区間で区間記録を狙わすのはどうでしょうか?駅伝で+αが出る選手で、夏に暑さと上り坂には自信をつけたということで、ならば遊行寺坂と気温上昇がある8区ではないかなと。この区間で今年の早大の良さを他校に見せつけたい。

9区山口選手…全日本駅伝で一気に台頭してきた一般入試組。この時は序盤を抑えての走りでしたが、1万m28分20秒を出して自信もつけています。長丁場の復路9区も序盤からある程度いかないとタイムが出ない印象です。思い切っていけば、今の走力なら68分台射程圏内です。

10区宍倉選手…これは嫌ですよ他校は。1万m28分16秒のスピードランナーを最後の最後まで取っておく。しかも昨年走っていてコースは知っているし、最後競り合っていたランナー突き放した実績もあります。どんな展開になっているかは正直全くわかりませんが、目標の総合3位以内、その先へ…任せます。

箱根駅伝2021【早稲田大学】まとめ

・爆発力を活かす区間配置は?誰を往路で誰が復路か
・前回不発の山登り山下りのまとめは
・最後は全日本駅伝不出場の4年生がカギ

 まずは1万m27分台の太田・中谷選手を2区と4区に配置できるかが大事ですかね。ここは適材適所になるはずです。そのほかの主力選手をどのように配置するかは非常に意見が分かれそうです。どういう配置が適材適所なのか、総合3位以内を達成するにはどうすればいいか。

 スピード豊富な井川・千明・宍倉選手に、ロードで実績が高い山口・鈴木選手、これに楽しみなルーキー辻・北村・諸角選手、前回山担当の吉田・半澤選手をそのまま起用するか否か、いい意味で充実してきて、非常にオーダーに悩む形になっていると思います。

 選手層は5強といわれているチームの中では、一番薄いのはチーム事情で仕方ありません。主力選手が万全で迎えることは勿論のこと、全日本駅伝では登場しなかった4年生が最後の最後大事になってくるのではないでしょうか。

 万全なら往路のアンカー5区に吉田選手、復路のアンカー10区に宍倉選手です。彼らのまとめが最後早大の浮沈を握ることになります。他強豪校も一気に気になる存在になってきた伝統校から目が離せません。

コメント

  1. より:

    設楽兄弟がいたころの東洋大は27分台が2人という状況だったそうですよ

  2. コバ より:

    多分設楽ツインズ依頼ですね。
    僕も1区辻賛成派です。理由は過去2年は中谷が引っ張ってて早い展開になったので他強豪は引っ張っていないので辻で耐えられると大きいかなあと思います。城西3本柱や創価の福田とかが来るとハイペースになるかもですがそこまでハイペースにならないかなあと見てます。
    そこからは7.8が逆と思ってる以外はほぼ管理人さんと同じ予想です。鈴木は昨年好走してますしここで区間記録近いのを狙わせるのもありかと。それかあるなら3区中谷4区鈴木7区井川とかもチラッと考えましたが井川も往路かなあと思うので3区で昨年のリベンジを去年は鈴木塁人のハイペースに惑わされたのでそうなったはず。中谷が4区をどれくらいのタイムで走破するかは確かに気になります。

    • hakonankit より:

      >コバさん
      そうなんですよね。他強豪校がある程度力のある選手を投入するとしても、最初から引っ張っていく利点があまり思いつかないのですよね。区間記録ペースとなったのは中谷選手のおかげですし…

  3. wood より:

    お邪魔します。初投稿です。最近早稲田の記事へのコメントが少ないのでつい。。
    辻君に1区を任せられるかがまず重要だと思います。全日本後に一時怪我があったようですが、万全なら先頭が見える位置で2区に渡せるかと。2区は太田君or井川君でしょうか。日本選手権が無く30kmを踏んできた井川君は昨年とは別人だと思います。
    今回はチャンス。コロナの影響か新入生のリクに大苦戦した模様なので、ぜひ今回狙ってほしいところです。

    • hakonankit より:

      >woodさん
      辻選手はスタミナ面がどうしても心配ですが、引っ張る必要はないので、彼で上位が見える位置に付ければと思います。
      井川選手2区は、日本選手権出場者を2区回避させるということではぎりぎりまで考えました。集団もアップダウンも本来はいけるでしょうから、見てみたいです。

  4. とおるアカクロ より:

    はじめて投稿します。40年以上早稲田を応援しています。
    さて、わたしは一区がスローになるとは思えません。管理人さんの各校の予想ですと、順大の三浦くん、中央の吉居くん、東海の塩澤くん、青学の吉田くんなどが挙げられています。わたしもかなり妥当ではないかと思います。すごいメンバーです。三浦くん吉居くんの二人は勝つだけでなく、学校からは貯金も期待されているぐらいの選手です。スローになるとは考えにくいです。わたしは井川くんが適任と思います。井川くん太田くん中谷くん鈴木くんの順あたりかなと予想しますが・・・1区で好位につけ、2人のエースでトップに立ち、鈴木くんで差を広げられれば、と考えるのは期待しすぎでしょうか。とにもかくにも早稲田の好走を心から願っています。

    • hakonankit より:

      >とおるアカクロさん
      初コメントありがとうございます。以前あった掲示板で何度か投稿名を見ていますが、こちらにも足を運んでいただきありがとうございます。
      1区辻選手予想は、優勝を狙ってのギャンブルではあると思います。ただ、区間記録ペースで押していく可能性があるのは東海大塩澤選手くらいではと思っています。あとはラストでしっかり前へ…というチームが多いのかなとは個人的には思いました。
      勿論井川選手が一番安心ですしその形もいいでしょうかね。鈴木選手はどこでも起用できると思いますし、彼もポイントかもしれません。

  5. なかじ より:

    戦力アップの早稲田。中谷は往路予想が妥当ですが、管理人さんと同じ4区に置けたら面白い。8〜9区は10000mのタイムだけ見ると脅威です。この場合、キーマンは1区の辻。
    辻-太田-井川-中谷-吉田
    北村-鈴木-穴倉-山口-千明

    10000m28分16秒を持つ穴倉の区間配置が気になります。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      中谷選手4区は最後までこだわりたいですね。彼の突っ込んで粘る走りのスタイルが一番活かされると思っています。
      そして今回は復路も強大な戦力ですね。宍倉選手は3区とかも私は考えたのですが、どうでしょうか。ロードでどこまでいかされるか。