スポンサーリンク

箱根駅伝2021【法政大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

第97回箱根駅伝2021のエントリーが発表されました。

29日(火)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に最大6名入れ替えて(片道4名)本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(火)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

続いて、
逆転でこぎつけた連続出場、スピード強化で予選とは見違える姿に!?
法政大学

そのほかの大学

箱根駅伝2021【中央大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【城西大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【創価大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【専修大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【国士舘大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【山梨学院大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【拓殖大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【國學院大學】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【東洋大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【明治大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!
箱根駅伝2021【神奈川大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

箱根駅伝2021|【最新情報】

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【法政大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

 箱根予選は冷や汗の通過だった。10㎞までに15位以内に法政大の名前がなく、高速化に乗り遅れたかと思われた。15㎞で12位、18㎞で11位と浮上すると、

 最終的に8位通過。”無いところから懸命に絞り出した”という選手の声もありましたが、執念での突破でした。

 だが、すぐにこのままでは箱根駅伝2021は出場するだけに終わる。そう危機感を抱いた坪田監督は、例年は出場を控える11月にトラックの記録会に出場へ。

 決して条件が良くなかった中、自己ベストが続出、また予選ではエントリーが少なかった4年生も懸命に調子を上げてきました。予選とは違う姿を見せるだろう法政大16人のエントリーメンバーを紹介します。

エントリー選手紹介~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
鎌田航生③28分33秒2520:予15位、箱2区18位、19:全2区8位、出1区14位、箱8区7位、18:全2区15位≫…法政大のエース選手。特にロードで+αが出せる選手。箱根予選15位好走し、11月記録会でも28分33秒。他校のエースとも戦える選手。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
河田太一平②29分06秒7620:予124位、箱4区8位、19:全7区13位、出6区8位≫…昨年度は三大駅伝長距離主要区間で出場。アップダウンがありタフなコースが合う。今季はやや足踏みしている

清家 陸③29分34秒0920:予33位、箱9区7位、19:全5区12位、出5区10位≫…昨年度ぐっと台頭してきた選手。前回は箱根9区復路エース区間をしっかり走り切った。今回は山登りを希望している模様?

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
松本康汰②28分56秒3520:予79位≫…今季一番の成長株。予選チーム3番手に入ると、5千13分台1万m28分台自己ベストを出している

川上有生②29分06秒9720:予109位≫…箱根予選で台頭してきた選手の一人。11月記録会で大幅自己ベスト29分06秒。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
田辺佑典④29分21秒8119:全4区12位、出2区10位≫…3障がもともと専門の選手。昨年度三大駅伝にも出場している。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
宗像直輝①29分32秒3819:高校6区5位≫…高校時代実績がある選手。箱根予選は走らなかったが、平国大記録会で29分32秒ベスト。
糟谷勇輝④29分48秒51…長い距離で少しずつ頭角を現していた選手。11月記録会で自己ベスト。
久納 碧③29分53秒4620:箱1区19位、18:全1区13位≫…1500mのスピードがある。シンスプリントの怪我で予選は回避、復路での貢献を狙う
中園慎太郎②29分56秒9620:予158位、箱8区18位≫…前回の箱根8区担当。箱根予選も出走している

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
奥山智広④29分39秒5320:予223位≫…箱根予選で唯一エントリーされた4年生。出走もしている。その後1万m大幅ベストを出した
須藤拓海④29分49秒40…ここまで実績は少ない中、エントリーに入ってきた
中光 捷③30分38秒81…11月対抗戦で5千m14分23秒の自己ベストを出している
古海 航④30分40秒12…試合出場が少ない中、エントリーに入った4年生
稲毛祟斗①30分56秒0720:予139位≫…箱根駅伝予選会でチーム8番手で走り切った
徳永裕樹②5千14分31秒8020:予157位≫…箱根駅伝予選会でチーム9番手で走り切っている

上位10名合計:25点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
96回15位
95回6位
94回6位

参考:直近の大会

11/7 法政大関西大対抗
5000m
中光 捷③14分23秒01★
鎌田航生③14分28秒68
松本康汰②14分44秒34

11/15 日体大記録会
14組
河田太一平②14分26秒87★
15組
奥山智広④14分26秒32★
16組
山本恭澄②14分22秒81★
18組
松本康汰②13分46秒62★
鎌田航生③13分47秒57★

11/21 平国大記録会
10000m
12組
3位鎌田航生③28分37秒15★
4位松本康汰②28分56秒35★
河田太一平②29分35秒91
11組
川上有生②29分06秒97★
10組
田辺佑典④29分21秒81★
宗像直輝①29分32秒38★
奥山智広④29分39秒53★
河野祥哉③29分46秒40★
糟谷勇輝④29分48秒51★
細迫海気①29分51秒52★

戦力分析

 前回の箱根2区4区9区を務めた鎌田・河田・清家選手の3本柱がまずはしっかりとエントリー。特に鎌田選手の成長が目覚ましく、予選ではしっかり62分前半。序盤からいっていれば61分台は出せたのではという走り。本戦でのさらなるパワーアップが楽しみ。

 清家選手は一段と長距離ロードでたくましくなっていて、今回は5区山登りを希望しているとのこと。河田選手はやや足踏み気味ですが、やはり往路の主要区間を担うか。タフな区間の方が持ち味を発揮できる選手です。

 この3選手と他の選手と差があり、往路が苦しいのではと思われましたが、急速に埋まりつつあります。2年生の世代が上がってきて、”伸びる要素しかない”という松本選手が5千13分台1万m28分台達成し往路でも目途が立った。また川上選手も1万m29分一桁、何とか往路が埋まりそうだ。

 そのあとは横一線ですが、4年生は駅伝経験のある田辺選手が復調、糟谷選手も長距離ロードの方がいい選手だ。3年はスピードランナーの久納選手が復調しエントリー、前回1区でしたが今回は復路を狙っています。

 2年は前回8区の中園選手がエントリー。1年は予選健闘の稲毛選手以外に、高校時代実績のある宗像選手エントリーは朗報。走力がある選手なだけに楽しみだ。

 このほか、須藤・古海選手ら実績が少ない中、エントリーに入った選手もおり、山の候補かもしれません。現状苦しいといわれているシード権獲得を狙ったオーダーを考えてみたい。

スポンサーリンク

箱根駅伝2021【法政大学】区間オーダー予想~3本柱を活かせるか

 往路に関してはある程度は固まっている感じかなぁ?走力が上がってきている選手を並べる形。復路は現状レギュラー争いが激しいし、予想屋としては読みづらい印象です。皆さんはどうですか?

1区(21.3km)松本康汰②28分56秒35
2区(23.1km)鎌田航生③28分33秒25
3区(21.4km)川上有生②29分06秒97
4区(20.9km)河田太一平②29分06秒76
5区(20.7㎞)清家 陸③29分34秒09※山登り

6区(20.8㎞)須藤拓海④29分49秒40※山下り
7区(21.3㎞)田辺佑典④29分21秒81
8区(21.4㎞)宗像直輝①29分32秒38
9区(23.1㎞)奥山智広④29分39秒53
10区(23.0㎞)久納 碧③29分53秒46

1区松本選手…このところ急成長中の松本選手。5千13分46秒を出しあと臨んだ1万mも集団を引っ張ったりしながらの28分台達成。この内容なら往路でもしっかりと走ってくれそう。1区の展開が読みにくいですが、今回はしっかり上位が見える位置で繋げるかな?

2区鎌田選手…大エースに成長しつつある鎌田選手。1万m28分33秒まで伸びてきて、2区のような区間でも序盤からある程度突っ込んでいけそうです。しっかりと流れに付くために67分台は最低限のノルマとなってきそうです。

3区川上選手…もう一人ぐっと走力を上げてきた2年生川上選手を3区予想します。箱根予選でもチーム上位でしたが、もう少し突っ込んで走れるかな?ここは凌ぐ区間か。

4区河田選手…2年連続で河田選手が走ると予想します。前回は最下位から走り始めての区間8位でファンを驚かせました。今年はまだ目立っていませんが、活躍に向けて着々と準備を進めていると思います。

5区清家選手…ロードで走るごとにたくましくなってきている印象のある清家選手。卒業生の穴が大きいといわれている5区山登りを希望。72分切りする走りまでいければ、シード権争いにしっかりと加わっているでしょうか。

6区須藤選手…全然読めない区間なんですよね。そして結構実績が少ない中エントリーに入った選手は法大多い。その中で陸マガ増刊号で6区希望している須藤選手に託すのではないかと思います。まずは60分切りをすることができれば。

7区田辺選手…調子の上がっている選手を並べましょう。1万m29分21秒と自己ベストを出した4年田辺選手の初出走予想します。3障もしていましたし、小刻みなアップダウンのある7区に対応できればと思います。

8区宗像選手…ルーキーで高校時代から力のある宗像選手を出走予想します。この8区、最近は法政大の出世区間です。近年の主力の土井・青木・鎌田選手はルーキー時代8区を走っています。8区で準備ができていればと思っています。

9区奥山選手…悩みましたね。奥山選手は箱根予選出走もチーム12番手。他下級生でトップ10に入った選手もいますし、ハーフの記録を持つ糟谷選手もいるのですよね。

 その中で、11月記録会5千・1万mとも自己ベストを出して、波に乗っていると感じるのは奥山選手。最初で最後の大学駅伝…といえば3大会前の磯田選手を思いだいます。その9区の舞台を楽しむことができれば。

10区久納選手…彼が復路で準備をしているそうですよね。どこが一番活かせるかなぁと思いましたが、平坦な10区が一番スピードを生かせるかなと。練習で単独走にも自信がついたそう。シード権争いなど競り合っていたら強みも出せそうかな。

箱根駅伝2021【法政大学】まとめ

・個人タイムが楽しみな2区鎌田5区清家選手
・往路を終えてシード権争いに絡んでいるか
・復路は4年生の意地か、下級生の勢いか

 何事もなければ、おそらくエース区間2区の鎌田選手、山登りの5区清家選手はそのまま。走力も高い彼ら、流れに乗っていればその個人タイムは相当楽しみ。試合登場も少ないですし、また”意外性の法政大”と駅伝ファン湧かせることもできそうです。

 シード権獲得を考えると、やはり柱を投入すると思われる往路でしっかりと一桁順位で終えられるか。楽しみな新戦力の松本選手や、ロード手堅い河田選手らがどれだけまとめられるかによるでしょうかね。

 昨年は1区と3区がかなり苦しい結果になったことを考えると、もっといけるはずですがどうでしょうか??

 復路は現状メンバーが読めないのですよね。レギュラー争いの視点でみると、田辺・奥山選手ら4年生の意地と、宗像・稲毛選手ら下級生の伸びとどちらが勝るか。準備をしているという久納選手の起用区間も気になります。

 メンバーも入れ替わり、スピードもジワリと伸びてきている法政大。予選ギリギリ通過から、伸びしろは充分にあるはずです。

スポンサーリンク

コメント

  1. なかじ より:

    例年、山が強い法大。坪田監督は今回も準備していると思います。2区鎌田も前回リベンジに燃えているでしょう。

    法大も鬼門の1区次第。スピードランナーの松本に期待します。六郷橋辺りまで粘って上位でタスキを繋いでほしいです。プレッシャーもあると思いますが、ガンバってほしい。

    そろそろオレンジエクスプレスが見たいです。しかし、1区の結果で運行か、運休かがわかります。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      おそらく1区松本2区鎌田選手と思っています。1区で遅れるとどこも厳しい戦いになると思っています。しっかりと前が見える位置で繋いでほしいですね。