スポンサーリンク

全日本大学駅伝2020【明治大・早稲田大】戦力分析&区間エントリー予想!

新型コロナウイルスの影響で、出雲駅伝2020が中止、

ほとんどの大学駅伝チームにとって、全日本大学駅伝2020が今季最初の駅伝です。

チームによっては最後の大学駅伝、箱根駅伝予選会があったチームは中2週間で迎えます。

様々な想いが交錯する11月1日(日)となりそうです。

当ブログでは、関東地区15校と一部の有力校のエントリー選手の紹介と区間オーダー分析をしていきたいと思っています。

次は、10月の対抗戦で素晴らしいスピードを見せた明治大・早稲田大の2チームになります。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2020【明治大学】戦力分析&区間エントリー予想!

 一気に面白いチームになってきましたね。今年の箱根駅伝でエース区間2区に、事前に主力とは言われていなかった1年生(当時)を起用するなど、予想外のオーダーで総合6位と躍進した明治大。

 卒業生はそこから2人、往路メンバーからいないチームは、その時の主力だけでなく、若手の台頭や4年生で復活した選手なども含めて、一気に総合力が上昇してきています。

 多摩川5大学・TOKOROZAWAinトラックら出雲駅伝代替試合でもことごとく好成績を収めていて、総合力の高さを示しています。全日本大学駅伝でも台風の目になるかもしれません。

スポンサーリンク

エントリー選手紹介と戦力分析

至近の大会
箱根駅伝2020予選会⇒5位通過
全日本大学駅伝2019⇒15位
箱根駅伝2020⇒6位

エントリー紹介

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

小袖英人④28分34秒33≪20:箱1区10位、19:全1区5位、予117位、箱7区18位、18:全4区9位、予46位、17:予223位≫
鈴木聖人③28分36秒16≪20:箱5区5位、19:全7区5位、予54位、箱1区13位、18:全1区14位、予49位≫
手嶋杏丞③28分40秒72≪20:箱3区7位、19:全2区16位、予9位≫
村上純大④28分58秒16≪20:箱9区11位、19:全5区13位、予146位、箱9区10位、18:全5区6位、予118位≫
前田舜平④29分03秒35≪20:箱6区7位、19:全4区15位、予62位、箱6区8位、17:予210位≫
加藤大誠②29分08秒05≪20:箱2区10位≫
櫛田佳希②29分11秒48≪20:箱8区8位、19:予36位≫
長倉奨美④29分12秒11≪19:予122位≫
金橋佳佑③29分13秒20≪20:箱4区13位、19:予79位≫
大保海士④29分19秒32≪17:全5区13位、予117位≫
児玉真輝①29分24秒62≪20:全国5区9位、19:高校1区9位、国体5千5位、IH5千12位≫
樋口大介④29分36秒79≪17:予199位≫
漆畑瑠人②29分39秒04
富田峻平②29分42秒00≪19:全6区15位≫
安部柚作①29分48秒92≪20:全国1区38位、19:高校1区28位≫
丸山幸輝③29分55秒29

 まずは主力が順調ですよね。スピードのある4年小袖、3年鈴木手嶋選手は順調に5千13分台&1万28分台をコンスタントにマーク。主要区間に備えている。箱根2区を走った2年加藤選手は1万m29分08秒まで伸ばしてきています。おそらく得意のロードで+αが出るか。

 他にも、前回箱根出走者4年村上・前田選手、3年金橋選手もおおむね順調で非常に良い状態に仕上がっています。これにメキメキ成長中の2年櫛田・富田選手、4年目で駅伝メンバーに入れるか長倉・大保・樋口選手も出走可能性充分。1年時に一時メンバーに入った選手の4年目の成長はうれしい。

 これに高校時代から総合力の高いルーキー児玉選手もメンバーに入ってきています。選手層の面は、もう強豪校に匹敵するのではないかと思います。駅伝で快走する明治大を見ることができるでしょうか。

区間オーダー予想&まとめ

1区(9.5㎞)児玉真輝①29分24秒62
2区(11.1㎞)小袖英人④28分34秒33
3区(11.9㎞)手嶋杏丞③28分40秒72
4区(11.8㎞)櫛田佳希②29分11秒48
5区(12.4㎞)富田峻平②29分42秒00
6区(12.8㎞)金橋佳佑③29分13秒20
7区(17.6㎞)鈴木聖人③28分36秒16
8区(19.7㎞)加藤大誠②29分08秒05

 小袖・手嶋・鈴木・加藤選手は、順調ならおそらく出走すると思います。それぞれ適正区間へ。勢いのある櫛田選手も起用間違いなしか。6番手以降の選手の争いが非常に激しい。記録会・対抗戦でもかなりの好タイムが出ていました。皆さんは誰が出走すると予想しますか。

1区児玉選手…有力ルーキーをまずは1区に予想しました。1万mは高校時代のベストを更新し、5000mも14分一桁をマーク。明治大に入っても徐々に頭角を現しています。しっかりと上位集団にとりつきたい。

2区小袖選手…前回1区で好走した小袖選手を再度1区とも思いましたが2区へ。1万mの持ちタイムはチームトップです。スピード区間2区で流れを作るほうがいいのかなと思いました。成長した姿が見れるか。

3区手嶋選手…前半エース区間の3区には手嶋選手。前回の箱根予選で台頭、直後の昨年の全日本は2区で苦汁をなめましたが、今は他校の主力選手とも戦える選手に。とてもいい力試しになるはずです。

4区櫛田選手…成長途上の2年櫛田選手を4区へ。まだまだスピードランナーが登場するだろうこの区間、5000m13分台の櫛田選手でしっかりと上位戦線の中に入っていくことができれば。

5区富田選手…ここから非常に悩んだのですが、2年富田選手が面白いのではないでしょうか。前回6区出走後、丸亀ハーフでびっくりの62分台!先日トラックでも5千13分台で走力は非常に高い。比較的繋ぎ区間になってくる5区でなら秘密兵器になるのではないでしょうか。

6区金橋選手…最後の1人悩みましたが、今年往路4区を走っている金橋選手に。他にも起用してみたい選手もいますが、表彰台へ向けてベストメンバーになるかな。ロードは強いですし、スピードもつきつつあります。うまく走れれば。

7区鈴木選手…この区間は2年連続鈴木選手。前回チームが苦しむ中、区間5位と一矢報いる活躍。ここから鈴木選手の逞しさが増したような気がしますね。先日記録会で1万m28分36秒とスピードの向上を確認。一気に前を追っていけるか。

8区加藤選手…箱根2区出走の加藤選手はなんだかんだ最長距離のアンカーかなと。高速化の流れでも67分台はびっくりでした。トラックでは先日うまくいかず悔しがっていました。それが全日本駅伝での爆発につながればです。

 明治大はスーパーエースがいないので、昨年のように前半遅れるとやや苦労するかもですが、しっかり強豪校についていければ、一気に表彰台まで到達することは十分可能です。今年度は、新生明治大として強豪校に割って入りそうな雰囲気が漂っています。

全日本大学駅伝2020【早稲田大学】戦力分析&区間エントリー予想!

 トラックの自己ベストということでは早稲田大は大いに盛り上がりましたね。夏の記録会~日本インカレでは期待のルーキーたちが大活躍。1500mや3000m障害など得意種目でそれぞれ結果を出してきました。

 それでも10月の対抗戦では、大活躍したのは3年生ら中心選手でした。中谷・太田2選手が28分19秒の記録を出したのはびっくり。エースが強力になったのは大いに注目です。

 前年度は、全日本・箱根駅伝ともにシード権復活となりました。その流れをさらに加速させたいところ、選手層はどうしても薄いほうなので、うまくオーダーを組んでいきたい。

エントリー選手紹介と戦力分析

至近大会
箱根駅伝2020予選会⇒9位通過
全日本大学駅伝2019⇒6位
箱根駅伝2020⇒7位

エントリー紹介

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

中谷雄飛③28分19秒27≪20:箱1区6位、19:全3区6位、箱1区4位、18:全3区2位、出3区4位≫
太田直希③28分19秒76≪20:箱8区4位、19:全5区5位、予118位、箱8区10位、18:全4区10位、出5区7位≫
鈴木創士②28分48秒26≪20:箱7区2位、19:全6区6位、予60位≫
菖蒲敦司①28分58秒10≪20:全国1区14位、19:高校1区36位、国体5千9位、IH1500m7位・3障4位≫
千明龍之佑③29分00秒57≪20:箱4区7位、19:全4区3位、予63位、箱3区10位、18:全1区12位≫
井川龍人②29分01秒31≪20:箱3区14位、19:全1区16位、予44位≫
辻 文哉①29分08秒11
山口賢助③29分19秒01≪19:予115位≫
半澤黎斗③29分25秒05≪20:箱6区19位、18:全5区14位、出1区19位≫
北村 光①29分28秒73≪20:全国1区24位、19:IH3障3位≫
向井悠介③29分32秒41≪19:予223位≫
室伏祐悟③29分39秒83
住吉宙樹④30分20秒17
安田博登②30分34秒22
諸冨 湧①5千14分07秒20≪19:高校3区10位、IH3障7位≫
桝本匡哉①5千14分12秒41≪19:高校2区7位、国体5千11位、IH1500m2位≫

 楽しみと不安が交錯しているのが現状の早稲田大です。ルーキー時から駅伝で大活躍していた中谷選手が逞しくなっています。太田選手は走るごとに成長していって頼もしくなっています。この2人が早大を引っ張ります。

 ただその次の選手が現状ちょっとわからないのですよね。過去全日本駅伝出走者の4年生の選手がエントリーから外れ、続くだろう千明・鈴木選手の状態がよくわからないのですよね…。他2年井川選手は少し安定感にかける状態ですが合わせてくるか。

 ルーキーたちはここにきて辻選手が急浮上してきましたね。1万m29分08秒を記録しておそらく出走か。他の選手は5千m対抗戦に出場し、この時は諸冨選手がチームトップでしたが、そこからの調子はどうでしょうか。菖蒲選手の状態が上がれば非常に面白いはず。

 あとは山口・室伏・住吉選手ら長い距離を地道に鍛えている選手がエントリー。彼らでオーダーを組んでいきたい。

区間オーダー予想&まとめ

1区(9.5㎞)井川龍人②29分01秒31
2区(11.1㎞)辻 文哉①29分08秒11
3区(11.9㎞)中谷雄飛③28分19秒27
4区(11.8㎞)諸冨 湧①5千14分07秒20
5区(12.4㎞)千明龍之佑③29分00秒57
6区(12.8㎞)鈴木創士②28分48秒26
7区(17.6㎞)太田直希③28分19秒76
8区(19.7㎞)山口賢助③29分19秒01

 んー、どうしたらいいか。千明選手は10月の記録会は出場なし、鈴木選手は1万m30分超え、井川選手は足に肉刺ができるアクシデントもあり1万m29分半ば。彼らが上がると一気にオーダーが組みやすくなるのですが、どうすればいいか。

1区井川選手…大事なスタートは、2年連続で井川選手。昨年は箱根予選の直後でスピードが戻り切っていない状態で区間二けた。今年は調子自体はずっと上のはず。やや不安定な面もありますが、しっかりスタートを切ってくれるはず。

2区辻選手…千明選手か太田選手かどちらかが入れればいいかなと思いましたが、全体のバランスを考えて、辻選手をこちらへ。スピードエースたちの厳しい区間になりますが、うまく凌げればと思います。

3区中谷選手…さて、一気に攻めに転じる区間。駅伝で非常に強い中谷選手で追い上げにかかります。昨年は故障上がりだったとはいえ、区間記録を出した選手にあっという間に先を越されて悔しがっていたのが印象的。迫る記録を出せるか。

4区諸冨選手…もう1人1年生を起用予想。日本インカレ3障で結果を出し、対抗戦でも5000m14分07秒を出していた諸冨選手デビューの予想です。高校駅伝3区でも好走しています。僅かですがのぼり区間で粘りの走りが出来れば。

5区千明選手…このへんに調子が分からない主力選手を並べます。千明選手は細かな故障が多いので、記録会など欠場することも結構多いのですよね。昨年は4区3位の成長の走りを見せていました。後半区間へ向けリスタートできれば。

6区鈴木選手…最長距離区間もあるかなと思っていた鈴木選手ですが、一時状態が落ちているようですね。何とか試合に出られるところまで戻ってきました。昨年も走っているこの区間で復調のきっかけになれば。

7区太田選手…走るごとにどんどん成長していっている太田選手を、満を持して主要区間に。対抗戦28分19秒は驚きましたね。そのダメージは少し心配ですが、平坦でスピードを生かせる区間で、他校の主力と勝負!

8区山口選手…ちょっと変化球で3年山口選手予想。長い距離は1年時からまずまず対応していました。今年秋になって再度上昇気流へ。実は昨年も8区エントリーしてましたが、当日変更でデビューならなかったのですよね。満を持して走るのではないでしょうか。

 んー、早大は区間エントリーをみてみないと何とも読めないですね。主力2選手と1年生がここまで目立っている中ですが、駅伝のオーダーがやや組みにくいです。3年生以下が主体の中、どのくらい攻めることができるでしょうか。

コメント

  1. モカちゃん より:

    小袖、鈴木、手嶋、加藤、櫛田までは決まり、難しい残り3人についても金橋、富田、児玉と管理人さんとまったく同じ8人の出走予想です。
    1区は児玉でいきたいところですが不安が残ります。櫛田ではないでしょうか。
    櫛田ー手嶋ー小袖ー鈴木と並べればトップも伺えそうですが、長距離区間が薄くなり鈴木を前半に置くことはできないでしょう。そうすると
    櫛田ー手嶋ー小袖ー金橋
    児玉ー富田ー鈴木ー加藤
    こんな感じになるのかなと予想します

    • hakonankit より:

      >モカちゃん
      コメントありがとうございます。
      私も1区櫛田選手はギリギリまで考えたのですよ。おっしゃる通り終盤区間に鈴木選手を残したいです。4区も中々考えるのが難しいです。