スポンサーリンク

全日本大学駅伝2020【山梨学大・日体大】戦力分析&区間エントリー予想!

新型コロナウイルスの影響で、出雲駅伝2020が中止、

ほとんどの大学駅伝チームにとって、全日本大学駅伝2020が今季最初の駅伝です。

チームによっては最後の大学駅伝、箱根駅伝予選会があったチームは中2週間で迎えます。

様々な想いが交錯する11月1日(日)となりそうです。

当ブログでは、関東地区15校と一部の有力校のエントリー選手の紹介と区間オーダー分析をしていきたいと思っています。

次は、リスタートができそうな気配が漂う山梨学大・日本体育大の2校になります。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2020【山梨学院大学】戦力分析&区間エントリー予想!

 良かった!平成時代に一時代を築いた山梨学院大が、令和になってから初めて大学駅伝を迎える事になりました。全日本予選は書類選考ながら、昨年末の自己ベストラッシュが功を奏し、久々に出場へ。

 夏前にもさらに自己ベストラッシュに沸き、通過の期待が高まった箱根予選。エントリー段階で2人主力選手を欠き、当日はエース選手がやや失速してしまった。そんな中でも一時は3位まで浮上し、最終的に総合7位。2年ぶりに箱根本戦復帰が決まりました。

 箱根予選からの調整がどうなるかはわかりませんが、全体的にはスピードランナーが多い現在の山梨学院大。久々の大学駅伝、まずは思い切って突っ走りたい。

スポンサーリンク

エントリー選手紹介と戦力分析

至近大会
箱根駅伝2020予選会17位予選落ち
全日本大学駅伝2020予選5位通過
箱根駅伝2021予選会7位通過

エントリー紹介

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

ボニフェス ムルア②28分08秒10≪19:予10位≫
森山真伍④28分28秒30≪20:予74位、19:予212位、19:箱9区20位、18:予164位≫
松倉唯斗③29分10秒44≪20:予35位≫
坪井海門③29分12秒02≪20:予80位、19:予181位≫
瀬戸祐希④29分17秒41≪20:予45位≫
新本 駿①29分17秒59≪20:予138位≫
橘田大河②29分18秒22≪20:予46位、19:予236位≫
遠藤悠紀④29分34秒31≪20:予170位≫
斎藤有栄④29分37秒85≪20:予95位≫
篠原 楓②29分47秒47
星野一平②29分48秒83
大迫太雅④30分03秒56≪20:予167位≫
小野寺陣②30分05秒06
日影優哉④30分43秒73≪20:予96位、19:予140位≫
北村惇生①5千14分22秒50
ポール オニエゴ③28分30秒00≪20:予19位≫

 山梨学院大は現在留学生が2人いるのですよね。2年ムルア選手と3年オニエゴ選手。基本的にムルア選手の方が持ちタイムが良く、今年夏には28分08秒を好タイムをマーク、箱根予選で期待が高まっていたのですよね。

 ところがエントリーにはムルア選手の名前がなく、オニエゴ選手のみ。オニエゴ選手は元々チーム内でもあまり目立たなかった選手、ここにきて1万m28分30秒までベストを伸ばしていましたが、箱根予選どうなるかというところでした。

 結果、個人19位のチームトップの成績でしっかりと走ってきました。台頭に苦労した時期が長っただけに感慨深かったです。この全日本駅伝は両者ともエントリー。どちらを起用してくるか、2人とも実力があるだけに気になるところ。

 日本人選手では、トラックで1万m28分28秒を4年森山選手がマークしていてエース選手。またエントリー内で唯一の大学駅伝経験者です。箱根予選は、結果的にオーバーペースとなってしまい失速しましたが、ポテンシャルはもっと高い選手です。

 他にも上級生が多いですね。トラックで1万m29分10秒台を持っている3年松倉・坪井選手が長距離ロードも走れるようになり戦力に。中距離専門から距離を伸ばしてきた4年瀬戸選手が箱根予選までにしっかり距離対応、

 4年は頭数が多く、箱根予選二けた順位齋藤選手、トラックよりロードの遠藤・大迫・日影選手もいます。このあたり選手層がぐっと厚くなってきていますよね。

 また下級生では、2年生橘田選手が台頭。2年連続箱根予選を走り昨年の246位から今年は46位と大幅に記録を短縮した成長株の選手。また春から連続自己ベストで、山学大ファンを沸かせてきたルーキー新本選手もおそらくデビューか。

 他、予選メンバーの調子によっては、2年篠原・小野寺選手ら、若手で1万m29分台に乗せてきたメンバーの出場もあるでしょうか。まずは、久々の大学駅伝をどうとらえていくか。飯島監督の初陣でもあります。

区間オーダー予想&まとめ

 区間オーダー予想するにあたって非常に悩むのが、どちらの留学生を起用するかというところ。特にムルア選手の調子が読めないのが難しい。確か日本インカレも欠場していたので、一時期状態が落ちていたと思います。

 もってるスピードはチーム1なので全日本駅伝では欠かせない選手。さてどうするのがいいのか。ムルア選手なら3区、オニエゴ選手なら8区と思いますが、どうなるのやら…。

1区(9.5㎞)松倉唯斗③29分10秒44
2区(11.1㎞)森山真伍④28分28秒30
3区(11.9㎞)ボニフェス ムルア②28分08秒10
4区(11.8㎞)橘田大河②29分18秒22
5区(12.4㎞)瀬戸祐希④29分17秒41
6区(12.8㎞)新本 駿①29分17秒59
7区(17.6㎞)斎藤有栄④29分37秒85
8区(19.7㎞)坪井海門③29分12秒02

 結局エントリーしたからにはということで、ムルア選手を3区で予想します。

1区松倉選手…そうであればできるだけロケットスタートを狙っていきたい。トラックで台頭してきた松倉選手を1区でしっかりとライバル校に食いつく作戦。まずしっかりスタートを。

2区森山選手…さて日本人エース森山選手で一気に流れを掴みにかかります。箱根予選はもう少しという走りでしたが、スピードはある選手ですので、全日本2区は非常に向いているのではないかと思います。他校の主力と対抗できるか。

3区ムルア選手…そしてムルア選手で大きな見せ場を作れれば。今年になって能力が一気に開花しつつあります。状態が戻っていれば、初駅伝でもしっかり活躍できるはず。久しぶりにプルシアンブルーの襷が輝けば。

4区橘田選手…4区には若手でここまで一番成長度が高い橘田選手で。他校もまだまだ主力選手でくると思いますが、思い切って勝負出来れば、多くの収穫があるはずです。

5区瀬戸選手…平坦な区間に、昨年まで中距離が主戦場だった瀬戸選手に、初の大学駅伝の舞台を踏ませることができれば。ここはしっかりと繋ぐことができればと思います。

6区新本選手…ルーキー新本選手を主要区間も考えましたが、連戦にもなりますので、今回の全日本駅伝は繋ぎ区間の6区へ。とはいえ、終盤の長距離区間へ流れを作る大事な区間です。いいデビューを飾れれば。

7区斎藤選手…前半につぎ込みましたが、箱根予選二けた順位で乗り切った斎藤選手を長距離区間の7区へ。彼もスピードがあるタイプです。7区はエース区間ですが、うまく繋ぐことが出来れば。

8区坪井選手…アンカーは、昨年の全日本予選で他校の主力選手と戦っている坪井選手に託したいです。今年になって長距離ロードに対応できるようになったところ、往路起用を見据えてこの区間へ。

あとはオニエゴ選手アンカーの場合

橘田②-坪井③-森山④-新本①-斎藤④-瀬戸④-松倉③-オニエゴ③

後半勝負を見据えるほうがしっくりくるでしょうかね?オニエゴ選手の箱根予選の走りを見ているだけに余計そう感じるかもしれません。ぐっと上昇気流に乗ってきているところ、臆せず他校と勝負出来れば。

全日本大学駅伝2020【日本体育大学】戦力分析&区間エントリー予想!

 ここ数年指揮官が整わない中、懸命に戦い続けてきた日本体育大。駅伝の成績は芳しくなかったものの、予選会は確実に突破し続けてきた。全日本予選の書類選考も通過。箱根予選も上位通過とはいかなかったものの、安定した推移で6位で連続出場を繋ぎました。

 高速化の波に揉まれながらも、しっかりと2つ大学駅伝出場の資格をえているのはさすがといったところ。もちろん、順位低下はこれ以上はしたくないところ。

 7月から玉城監督が就任、ようやく長期政権を獲れる体制になってきたところ、しっかりと1つ目の駅伝を戦い抜きたい。

エントリー選手紹介と戦力分析

至近大会
箱根駅伝2020本戦17位
全日本大学駅伝2020予選会6位通過
箱根駅伝2021予選会6位通過

エントリー紹介

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

池田耀平④28分47秒05≪20:予7位、箱1区3位、19:全1区8位、予23位、箱1区12位、18:全1区13位、出1区14位≫
野上翔太④29分08秒96≪20:予87位、箱9区16位、19:全5区16位≫
大内宏樹③29分15秒57≪20:予85位、19:全6区12位、予123位≫
岩室天輝④29分20秒58≪20:予63位、19:箱3区17位、18:全6区3位、出5区5位≫
嶋野太海④29分24秒73≪20:予232位、箱8区17位、19:予138位≫
福住賢翔④29分28秒00≪20:予82位≫
岡嶋 翼③29分33秒43≪20:予142位≫
森下滉太④29分40秒19≪20:予149位≫
名村樹哉②29分46秒28≪19:予133位≫
盛本聖也②29分54秒86≪20:予280位、19:予66位≫
佐藤慎巴③29分56秒03≪19:予166位≫
藤本珠輝②30分14秒18≪20:予22位、箱5区16位、19:予16位≫
漆畑徳輝①30分17秒62≪20:全国5区25位、19:高校1区39位≫
菅沼隆佑④30分22秒32≪20:予72位≫
村越凌太②31分43秒16≪20:予134位≫
水金大亮①5千14分36秒37

 箱根予選は事前から言われていた4年池田2年藤本選手の2大エースが大活躍しましたね。特に池田選手はさすが。今年の箱根1区、丸亀ハーフと長距離ロードは外れ無。ハイペースで61分台をマークしています。

 また2年藤本選手は、箱根前の脚の不調からは脱出、62分前半のタイムでまとめて、しっかりとチームに貢献しています。なお、昨年全日本駅伝に出場していないので、初出場が楽しみな選手。

 その他は大きく目立った選手は少なかったものの4年生がうまく二けた順位にまとめましたね。復活してきた岩室選手に、前回の箱根で悔しい思いを下野上選手、さらに箱根予選が初の大舞台となった福住・菅沼選手がよく高速化についていきました。これはナイスランでしたね。

 3年生以下では、大内選手がパワーアップ。前年の123位から85位へ。全日本駅伝は昨年も出場し6区12位。まとめる力はあるので上位への挑戦だ。またスピードのある佐藤選手がエントリーしたの全日本に向けてプラス。

 2年は今年はまだ目立ってないが盛本・名本選手が復調できれば。ルーキーは出遅れていますが、箱根予選で0だったところから漆畑・水金選手がエントリー。選手層は厚いだけに、しっかり調子を見極めていけば、いいオーダーが組めるはずだ。

区間オーダー予想&まとめ

1区(9.5㎞)佐藤慎巴③29分56秒03
2区(11.1㎞)岩室天輝④29分20秒58
3区(11.9㎞)藤本珠輝②30分14秒18
4区(11.8㎞)大内宏樹③29分15秒57
5区(12.4㎞)福住賢翔④29分28秒00
6区(12.8㎞)菅沼隆佑④30分22秒32
7区(17.6㎞)池田耀平④28分47秒05
8区(19.7㎞)野上翔太④29分08秒96

 日体大は中堅どころにスタミナ型ランナーが多い、2番手と3番手にやや差があるのが現状です。配置の仕方に結構悩みました。王道は勿論2大エースを7区8区の長距離に区間に残すものですが、そうなると1区から6区誰にすればいいのか??

 結局、3区と7区に2大エースを置く予想にしました。

1区佐藤選手…チーム有数のスピードランナーの佐藤選手を1区で予想します。箱根予選のエントリーから外れて、全日本駅伝でエントリーされたからには走るのかなぁと思いました。ここに合わせていれば、非常に戦いが楽になります。

2区岩室選手…非常に迷った区間です。最終的に、箱根予選でチーム上位で走っていて、一昨年に駅伝好走経験のある岩室選手に託しました。彼が復活したのは本当に日体大にとって大きいです。うまく繋げればと。

3区藤本選手…1人目のエース藤本選手を、この3区に投入。流れを作りに行きます。大学駅伝は箱根の山登り5区一度だけなので、平地のスピード区間は初体験です。どう他校の主力選手と戦っていくか非常に見物です。

4区大内選手…前回の全日本駅伝経験者でパワーアップしている大内選手を4区へ。前回の6区より前半で厳しい区間ですが、ここまで大きなレースで外しはない印象。他校の主力と戦いながら、うまく繋げるか。

5区福住選手…繋ぎの2区間は、箱根予選で好走した中で、まだ大学駅伝未経験の選手を起用すると予想します。まずは、箱根予選前に1万m29分20秒のベストを出していた福住選手。堅実な走りに期待。

6区菅沼選手…続いて、菅沼選手。1万mベストはまだ30分台なのですが、初めての箱根予選は72位!これは箱根駅伝を見据えると復路出走に期待が高まります。得意のロードでその力を見せてほしい。

7区池田選手…そして7区に大エース池田選手。駅伝ファンはご存じの通り、過去5度の大学駅伝全て1区で、レースのたびに区間順位が良くなった選手です。一度は全く違う区間を走ってもらうのはどうでしょうか。

 正直なところ、おそらくこの時点でシード権のラインよりは後ろにいると思っています。前に行くランナーを捉えるレースを、最後の箱根駅伝の前に経験ができれば、箱根の前に幅が広がるかなと思いました。ここでどこまでいくか。

8区野上選手…前回の箱根駅伝、眼前の繰り上げ以降、何かと取り上げられる選手。長い距離の安定感は、チームの中でも長けているものがあります。自信を持って走れれば、他校の主力にも食い下がれるはずです。

 箱根予選などがなくチームが万全なら7区藤本8区池田選手にしたいのはやまやまですが、状態がどうなるか分からないのでこんな感じです。新戦力を試したいのもありますしね。

 個人的には盛本・名村選手ら2年生の調子が上がってくると、オーダーの組み方に幅が出てくるかなと思いますが、どうでしょうか。うまく上昇に転じるきっかけの駅伝になればと思います。