スポンサーリンク

出雲駅伝2019【法大・順大・拓大・その他】区間エントリー予想&展望~どこまで食い下がる

出雲駅伝2019のエントリーメンバー10名が発表されましたね。

関東地区の大学+αの大学チームの区間オーダー予想をどんどんしていきたいと思います。

時間が無くなってきたので、残りの関東地区3チームと注目地方のチームの一部を一気に!どこまで食らいつけるか、法政大学・順天堂大学・拓殖大学・立命館大・皇學館大・北海道学連選抜です。

他の大学の予想はこちら

 

スポンサーリンク

出雲駅伝2019【法政大学】区間エントリー予想&展望

スポンサーリンク

エントリーメンバー紹介&戦力分析

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2019前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

青木涼真④13分59秒30≪19:箱5区3位、18:全1区5位、箱5区1位、17:全4区11位、出3区4位、箱8区9位≫関東IC3障2位
鎌田航生②14分08秒08≪19:箱8区7位、18:全2区15位≫
増田蒼馬④14分10秒61≪18:出6区15位≫
坪井 慧④14分12秒82≪19:箱6区4位、18:出5区4位≫
人見昂誠②14分15秒40関東IC3障5位
田辺佑典③14分21秒42関東IC3障4位
中村雅史③14分21秒55
中園慎太郎①14分32秒49≪18:高校4区7位、IH3障5位≫
河田太一平①14分36秒35≪18:高校4区9位≫
清家 陸②14分38秒21
主な欠場者:佐藤敏也④、岡原仁志④

5千上位6名平均14分11秒2
5千10名平均14分19秒6

順調にきている2本の柱
 春の関東インカレ2019で1部長距離5千1万ともに日本人トップだった4年佐藤選手がエントリーから外れる衝撃、さらに岡原選手もいない。法大は例年秋口はちょっと選手が揃わないかも?

 その中で順調な調整ができているのが4年青木・2年鎌田選手。トラックは3障が専門の青木選手は9月記録会で久々1万m。とはいえ29分きりのペースメーカーで調子は上々だ。

 それを記録会で常に上回っていた鎌田選手が非常に楽しみ。自ら仕掛けて28分台。一気に法大のエース格に成長、他校の主力との戦いが楽しみです。

台頭してきた新戦力・駅伝経験者
 あとは調子の上がっている選手を起用するのが基本になるかなぁ。記録会では2年生以下の選手に吉報。2年清家・1年河田と中園選手が29分台。特に河田選手が29分06秒と急成長で楽しみ。

 また2人エントリーした3年田辺・中村選手では。田辺選手が好走。3障の選手だが、1万mまで対応してきました。3障で言えば2年人見選手もエントリー。短い距離で力を発揮するか。

 それから駅伝経験者の4年坪井・増田選手もエントリー。坪井選手は主力の一角。記録会に出ていませんが力を蓄えているか。増田選手は前回出雲で初駅伝も失速、リベンジを狙います。充実の主力で食らいつきたい。

区間エントリー予想&まとめ

主が思う、法政大学の出雲駅伝2019の区間エントリーです。

 区間エントリー予想

1区(8.0㎞)鎌田航生②
2区(5.8㎞)田辺佑典③
3区(8.5㎞)青木涼真④
4区(6.2㎞)河田太一平①
5区(6.4㎞)増田蒼馬④
6区(10.2㎞)清家 陸②

主力の鎌田・青木選手は1区と3区予想。ぐっと上がってきた鎌田選手を1区で揉まれてもらう形。現時点では箱根駅伝2020で1区2区候補ですので。青木選手は2年前に4位と好走している3区でチームの順位をあげてもらえれば。

 繋ぎは記録会で上位選手を選出しました。短い距離が得意だろう田辺選手を最短区間2区に。好調河田選手は4区でいいデビューを飾らせたい。アンカーは坪井選手がいければ彼ですが、2年清家選手を抜擢しました。

 また5区に4年増田選手を。箱根駅伝でも戦力になるかもしれない彼ですが、前年出雲の失速。一つ好走経験をさせてあげれればと思っています。

 育成中心とはいえ、非常に楽しみなランナーも多く、しっかり上位校に食らいついていける感じです。

出雲駅伝2019【順天堂大学】区間エントリー予想&展望

エントリーメンバー紹介&戦力分析

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2019前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ
野口雄大③13分48秒83≪18:全1区14位、予18位≫
清水颯大③13分51秒15≪19:箱6区15位、18:箱7区18位、17:全3区7位、出1区15位≫
藤曲寛人④13分56秒31≪19:箱7区9位、18:全2区11位、予56位≫
小島優作②13分57秒15≪18:全6区19位≫
橋本龍一④14分00秒29≪19:箱3区12位、18:全3区15位、予74位、箱3区7位、17:全1区23位、出6区4位、箱6区10位≫
伊豫田達弥①14分06秒98
野村優作①14分07秒84≪19:全国5区10位、18:高校1区20位≫
澤藤 響③14分09秒84≪19:箱1区19位、18:全5区9位、予70位≫
矢野直幹③14分14秒69
西澤侑真①14分24秒58
主な欠場者:難波皓平④、野田一輝④

5千上位6名平均13分56秒7
5千10名平均14分03秒7

多くの主力選手が順調
 前評判は決して高くなかった順大ですが、記録会では多くの主力が順調な仕上がりを見せていました。

 スピードランナーの3年野口選手が5千13分48秒、エース4年藤曲選手も初めて13分台を記録、4年橋本・2年澤藤選手もまずまずの仕上がりでした。

 エントリーに入っていなかった4年難波・野田・小畠選手も、全日本駅伝からは戦力になりそうな予感があります。3年清水選手が記録会失速しましたが、貴重なスピードランナーだけに復調が待たれます。

2年1年に好走選手続出
 びっくりだったのが、2年小島選手の13分台。確かにトラック型でしたが、一気に自己ベスト更新するまで上がってきました。昨年全日本駅伝苦いデビューでしたが、また起用できそう。

 1年生は野村選手が自己ベストの14分07秒。伊豫田選手もそれに近いタイムを記録。西澤選手もベストを出しています。1人以上は起用されそう。

 他、長距離タイプの3年矢野選手もぐっとトラックのタイムを短縮。エントリーされている選手の多くは好調といった形。意外な好成績もありえそうです。

区間エントリー予想&まとめ

主が思う、順天堂大学の出雲駅伝2019の区間エントリーです。

区間エントリー予想
1区(8.0㎞)野口雄大③
2区(5.8㎞)藤曲寛人④
3区(8.5㎞)橋本龍一④
4区(6.2㎞)小島優作②
5区(6.4㎞)野村優作①
6区(10.2㎞)澤藤 響③

ちょっと他とは違うところが一部あるかなぁ。チームでずば抜けたスピードを持つ野口選手を1区に。ただ、駅伝経験が少ないのでどうなるか分からない。

ということで最短距離ですが2区にエースの藤曲選手、さらに3区橋本選手に流れを作ってもらう作戦。これで上位校ともしっかり戦えるかなと。

 4区5区には記録会で好走していた小島・野村選手。自信をもっていければ。6区は安定している澤藤選手。いい経験になればと思ってます。

うまく流れれば有力視されている中堅校にも勝てるかもしれない戦力があります。

出雲駅伝2019【拓殖大学】区間エントリー予想&展望

エントリーメンバー紹介&戦力分析

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ
ラジニ レメティキ①13分40秒16
赤﨑 暁④14分11秒62≪19:箱1区18位、18:出6区9位、箱3区10位、17:予19位、箱10区12位、16:全5区11位、予72位≫
竹蓋草太②14分26秒85
佐藤広夢②14分27秒90
江口清洋①14分36秒97≪18:高校2区30位≫
清水崚汰③14分39秒26≪19:箱9区14位、17:予184位≫
佐々木虎太郎①14分39秒56
高橋達彦②14分39秒96
中井槙吾④14分42秒12≪18:箱9区7位、17:予64位≫
吉原遼太郎③14分56秒11
主な欠場者:石川佳樹③、楠本幸太郎④、松岡涼真③

5千上位6名平均14分20秒4
5千10名平均14分30秒0

エース選手が急成長
 9月の日体大記録会ではびっくりしましたね。今年から新たに留学したレメティキ選手が全体のトップとなる27分51秒の大記録!

 春は関東インカレで入賞ラインに到達するのがやっとだったのですが夏に何がった??確かに入学前5000mベスト13分40秒でしたが…、超強力なエースの誕生です。

さらに日本人では赤崎選手が大幅ベストとなる28分27秒。このタイムが主要大会で安定して出せるようになると、頼もしります。

 他石川選手ら欠場していますが、箱根駅伝2019出走者では9区を走った清水選手がまずまずの状態です。

復調した選手、新戦力続々
 また、2大会前の箱根駅伝9区で好走した中井選手が夏前に復調。久々にエントリーに入ってきました。トラック1万mは30分台でしたが、ロード型なので楽しみ。

 また他にも若手がいいですね。2年佐藤・高橋選手が29分台をマーク、1年佐々木選手も29分台、1年江口選手もまずまず。ロード型2年竹蓋選手も初1万m無事走り切っています。

 記録会の勢いそのまま持ち込むことができれば、今年も拓大が上位をにぎわす瞬間はありそうです。

区間エントリー予想&まとめ

 区間エントリー予想

1区(8.0㎞)赤﨑 暁④
2区(5.8㎞)清水崚汰③
3区(8.5㎞)ラジニ レメティキ①
4区(6.2㎞)高橋達彦②
5区(6.4㎞)佐藤広夢②
6区(10.2㎞)竹蓋草太②

 赤崎・レメティキ選手のどちらを1区3区に入れるか非常に悩みましたが、レメティキ選手に”駅伝”を経験してもらうために敢えて3区に。襷をもらって、前後にランナーがいる独特の状態で自分の力をだして、次のランナーに繋ぐ。

 これがしっかりできれば全日本・箱根の起用の幅が広がりますからね。赤崎選手は箱根1区のリベンジも兼ねています。しっかりついていければ。

 間の2区は主力選手の1人清水選手。比較的トラックのスピードもありますので、彼が適任かと。昨年4位進出にキーになった区間。

4区以降は台頭してきた2年生。29分台を出したばかりの高橋・佐藤選手が4区5区。少しでも食らいつければ

 アンカーは迷いましたが、関東インカレハーフで検討していた竹蓋選手。怪我から上がってきた中井選手は全日本以降に温存できれば…と思っています。

 2区まで中位で繋いで、3区レメティキ選手でうまくジャンプアップできれば昨年に近い展開にできるかもしれません。

スポンサーリンク

出雲駅伝2019【地方の大学】区間エントリー予想&展望

個人的に地方のチームで注目の大学もいくつかオーダー予想します。

今回は、立命館大・皇學館大・北海道学連選抜です。

立命館大学:エントリーと区間オーダー予想

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

高畑祐樹④14分03秒45≪18:全2区16位、出2区4位、17:全7区17位≫
前川紘導③14分03秒99≪18:全5区16位≫
岡田浩平③14分04秒19≪18:全6区16位≫
山田真生①14分04秒63≪19:都1区32位、18:高3区17位≫
今井崇人④14分04秒99≪19:日本IC1万4位、18:全8区12位、出3区6位、17:出5区8位≫
吉岡遼人③14分17秒43≪18:全4区13位、出6区5位、17:全4区18位≫
高畑凌太②14分24秒18
中井拓実④14分24秒62≪17:全3区16位、16:全3区14位≫
藤田孝介④14分32秒82≪18:出5区12位、16:全6区19位≫
永田一輝②14分34秒85

主な欠場者:林 海斗②14分31秒54

5千上位6名平均:14分06秒4
5千10名平均:14分15秒5

 昨年5位まであと少しの7位と大躍進した立命館大。5000mの平均タイム見ていると今回も非常に面白そうです。

 4年今井選手は2年連続日本IC1万m入賞の実力者。しかも初の28分台でした。また、4年高畑選手も5000mで12位の健闘、今井選手のみのチームではなくなりました。

 また前回未出場の前川・岡田選手が14分一桁へ。さらに期待のルーキー山田選手も14分04秒の好成績。他にも高畑・中井選手が14分24秒のベスト。選手層厚くなってきました。

 あとはロード型の吉岡選手が何とか間に合うかどうか。今回も大いに沸かせてくれそうです。

区間エントリー予想
1区(8.0㎞)高畑祐樹④
2区(5.8㎞)岡田浩平③
3区(8.5㎞)今井崇人④
4区(6.2㎞)山田真生①
5区(6.4㎞)高畑凌太②
6区(10.2㎞)前川紘導③

 前回は今井選手を3区にして成功していますので、今回もそのオーダーにできればと思っています。

 1区が卒業しましたが、日本インカレで健闘した4年高畑選手に務まるか。記録上はほぼ並んだ岡田選手2区。これで今井選手につなげる作戦。

 そして4区以降層が厚い。1年山田選手をここに。ここまで5000mベスト14分一桁で並べています。5区以降は吉岡選手の状態次第かな?

 2年高畑選手の駅伝デビューをさせられれば。前川選手アンカーですが、1万も29分03秒を持っています。もう一度ピークを合わせられれば。

 昨年以上のガチンコ勝負ができるか。

皇學館大學:エントリーと区間オーダー予想

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

川瀬翔矢③13分54秒32≪18:出1区13位、17:全1区9位≫
上村直也③14分26秒62≪18:全4区14位、出2区16位、17:全3区18位≫
桑山楓矢③14分28秒18≪18:全3区20位、出4区13位≫
平山寛人③14分32秒10≪18:全6区18位、出3区14位、17:全6区18位≫
平野恵大④14分32秒40≪18:全8区19位、17:全8区22位≫
山下慧士④14分35秒83≪18:出5区12位≫
鈴木翔也②14分44秒07
市川駿希②14分53秒35
加藤元紀②15分01秒55
宮城 響③15分09秒26

主な欠場者:新美 健④、原田 翼②

5千上位6名平均:14分24秒9
5千10名平均:14分37秒7

 昨年は初出場ながら、東海地区枠を獲得した皇學館大。駅伝でも徐々に名前をあげてきていますよね。

 エース3年川瀬選手は、今年は全日本予選でしっかり走るなど昨年よりいい状態。前回の区間13位からどこまで上がるか。

 そしてこの川瀬選手世代が中心。上村・平山・桑山選手も順調に成長しています。さらに4年生長距離得意な平野選手らもいます。昨年アンカーの新美選手が外れましたが、十分にカバーできるかな?

 2年生以下はまだ選手層が薄いですが、上級生の姿を見て食らいついていってくれれば。

区間エントリー予想
1区(8.0㎞)川瀬翔矢③
2区(5.8㎞)上村直也③
3区(8.5㎞)平山寛人③
4区(6.2㎞)桑山楓矢③
5区(6.4㎞)山下慧士④
6区(10.2㎞)平野恵大④

 実は1区から5区まで昨年と全く同じオーダーです。秋以降に記録会出場がないので、ほぼ経験となります。

昨年は1区から13位16位14位13位12位でしたが、さて今年はどうなりますかね?

 アンカーは昨年走っていない平野選手。全日本予選では30分24秒の好記録をマーク。しっかりと勝負することができる実力があります。今回も出場枠は十分に狙えます。

北海道学連選抜:エントリーと区間オーダー予想

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

ローレンス グレ②13分30秒57 札幌学院大≪18:全2区18位、出1区10位≫
酒井洋明④14分16秒47 北海道大≪17:全1区21位、出2区13位、16:出2区15位≫
松舘悠斗④14分19秒62 星槎道都大≪18:全7区23位、17:出3区16位、16:出6区20位≫
宇野 翔③14分33秒23 札幌学院大≪18:全4区24位、出4区16位≫
下館真樹②14分35秒52 星槎道都大
ケセテ ハブテシオン③14分40秒88 星槎道都大
内生優斗①14分47秒19 札幌国際大
野村隼斗③14分48秒13 札幌学院大≪18:全8区25位、出6区18位≫
田中佑典③14分48秒36 札幌学院大≪18:全1区24位、出3区18位≫
佐々木祐介④14分49秒60 札幌学院大≪18:全3区24位、出2区15位≫

6人平均14分19秒3
10人平均14分30秒9

 2大会前に選抜チームで見事に初の北海道枠を確保した北海道学連選抜。今年もとても面白いチーム構成です。

 まず強力なエース。札幌学院大の2年グレ選手が急成長。持ちタイムなら主要区間で区間賞もあり得ます。同じ札学では3年宇野・野村選手らも頑張ってます。

 さらに2度の出雲2区出走していて区間15位以内で走り切っている北海道大酒井選手が健在。少数精鋭の星槎道都大から松舘・下館選手選手も。

 前回単独で出場した札幌国際大はルーキー内生選手がやってきました。今回も面白いチームができそうです。2大会前の12位以内は十分狙えます。

区間エントリー予想
1区(8.0㎞)ローレンス グレ②
2区(5.8㎞)酒井洋明④
3区(8.5㎞)松舘悠斗④
4区(6.2㎞)内生優斗①
5区(6.4㎞)下館真樹②
6区(10.2㎞)宇野 翔③

 10月5日に出走メンバー決める選考レースがあったらしいですが、結果はさすがに分からないですね。

 グレ選手でスタートして、先日1万m30分10秒台出した宇野選手でフィニッシュするのが理想ですかね。グレ選手でもうかき回して縦長にして流れに乗る作戦です。

 酒井選手は3度目の2区、松舘選手は2連続の3区で有終の美を。2年前の13位と16位を上回りたい。

 また内生・下館選手と若いランナーも4区5区に。彼らも力あるはず。宇野選手は地方の中ではかなり走力付いたはずで、出場枠確保の走りに期待です。


 最後は駆け足でしたが、いかがでしたでしょうか。区間エントリーは13日(日)の夕方に行われます。

それぞれ万全オーダーで挑んでほしいですね。

コメント

  1. 法政太郎 より:

    法政の佐藤君が出雲に続いてエントリー漏れ。
    故障だとは思いますが、佐藤君の現況をご存知であれば教えて頂けたら有り難いです。
    箱根には間に合うのか法政OBとして心配ですね。
    青木君、坪井君、鎌田君を中心に何とかシード権を死守してくれることを願っています。