スポンサーリンク

出雲駅伝2019【駒澤大学】区間エントリー予想&展望~ロードの強さにスピードも

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

追記:出雲駅伝2019区間オーダーが発表されました!!

出雲駅伝2019のエントリーメンバー10名が発表されましたね。

関東地区の大学+αの大学チームの区間オーダー予想をどんどんしていきたいと思います。

ここでは、日体大記録会5000mで記録ラッシュ!ロードの強さにスピードもつけた駒澤大学の区間オーダー予想となります。

他の大学の予想はこちら

スポンサーリンク

出雲駅伝2019:駒澤大学・エントリーメンバー紹介&戦力分析

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2019前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ
田澤 廉①13分41秒82≪19:全国5区6位、18:高校1区15位、国体5千6位、IH5千7位≫
山下一貴④13分55秒33≪19:箱2区9位、18:全8区2位、予13位、箱2区13位、17:全8区7位≫
中村大聖④13分55秒79≪19:箱3区5位、18:全6区4位、予17位、17:全7区5位≫
中村大成④13分57秒16≪19:箱6区6位、18:全4区8位、予22位≫
伊東颯太③13分57秒20≪19:箱5区5位、18:全5区5位、予21位≫
神戸駿介③13分58秒02≪18:予29位≫関東ICハーフ5位
加藤 淳③13分59秒03≪19:箱4区11位、18:全1区8位、予19位、17:全5区7位、出1区13位≫
小林 歩③14分02秒21
酒井亮太①14分03秒52≪19:全国4区14位、18:高校3区24位≫関東IC3障3位
石川拓慎②14分05秒25
主なエントリー漏れ:小島海斗③ 小原拓未③

上位6名平均13分54秒2
上位10名平均13分57秒5

ロードで光る4年生Wエース
 箱根駅伝2019では2年ぶりシード権を4位で飾りました。主要区間の2区3区で大きく貢献した山下・中村大聖選手の4年生2名が、まずは大学駅伝引っ張っていく存在です。

 山下選手は2年連続箱根駅伝エース区間2区を任されているエース格の選手です。全日本8区も2年連続ですね。どちらも確実に区間順位をあげてきていて、しっかり成長をしているランナー。初参戦となる出雲駅伝でも確実に働いてくれるでしょう。

 中村大聖選手は、2年終わりころからロードで急激に伸びてきたランナー。箱根駅伝は3区でびっくりの62分台。夏にユニバーハーフで銀メダルを獲得しています。トラックでも1万28分台半ばとスピードアップ!主要区間候補の選手で鍵となると思います。

カギになるスピードランナー2人!
 9月に行われた日体大記録会5000mで最終組に登場した1年田澤・4年中村大成選手です。

 大きく話題になったのは田澤選手。実業団に所属する留学生の選手と真っ向勝負!そして最後まで競り合ったうえで、13分41秒の好タイムをマーク!

これはU-20日本人歴代10位に相当する記録です。高校時代から有名な選手ですがトラックは本当に得意!出雲から期待のルーキーです。

 そして忘れてはいけないのは4年中村大成選手。箱根駅伝2019では山下りの6区を走っている選手。日体大記録会も13分台はマークしていますね。培ったスピードを見せるときです。

復活のスピードある3年生
 9月の日体大記録会はキーポイントとなっていて、多くのニュースがありました。嬉しいニュースとして、3年伊東・加藤選手の復活があります。箱根駅伝2019では4区加藤5区伊東選手で襷リレーがありました。

 伊東選手は積極的なレースが持ち味のランナー。箱根駅伝は急遽の5区山登りながら、区間賞取った選手に食らいつく走りでした。春はやや勢いが影を潜めていましたが、夏を超えてぐっと状態が良くなってきたようで13分台ベスト。出雲からガンガン攻めれそう。

 加藤選手は、2年前の出雲駅伝、当時1年生で1区を任されたのですね。残り1㎞までいい走りも、中継所直前で脱水症状に陥る苦汁を舐めました。上がり下がりありながら、秋になってほぼ復調。2年越しのリベンジを狙います。

新戦力候補
 あとは走れば大学駅伝初出走の選手になりますね。その中で3年神戸選手は出雲駅伝でデビューするかもしれません。ロードで実績を積み重ねて、昨年の箱根駅伝予選会で好走。駅伝デビューは近いかと思われましたが、全日本・箱根共に僅かに届かず。

 その後ハーフマラソンで安定して63分台の成績。長丁場のレースに強みを持ちます。距離が短い出雲駅伝はどうかと思われましたが、5千m13分台の大幅自己ベスト!ついに秘密兵器が登場となるか。

 また、日体大記録会では14分一桁に3選手。3年小林・2年石川・1年酒井選手も入りました。石川選手は昨年からトラックで目立っていて、酒井選手は関東インカレ3障で決勝進出していましたが、小林選手がびっくりの大幅ベストでした。

 5000m10番手が14分05秒ということで、誰が走ってもそん色のない、総合力の高いチームに仕上がってきています!満を持して6年ぶりの総合優勝を狙ってきます。

出雲駅伝2019:駒澤大学・区間エントリー予想

主が思う、駒澤大学の出雲駅伝2019の区間エントリーです。

区間エントリー予想
1区(8.0㎞)田澤 廉①
2区(5.8㎞)中村大成④
3区(8.5㎞)中村大聖④
4区(6.2㎞)伊東颯太③
5区(6.4㎞)神戸駿介③
6区(10.2㎞)山下一貴④

主が推す理由

1区田澤選手…5000mでチームでとびぬけた成績を持つルーキー田澤選手をいきなり抜擢します。高校時代の成績を見る限り、駅伝よりトラックの方が成績がいいのがちょっと気がかりですが…

 それでも絶好調の今、他校のエースと勝負させたいという思いが強かったです。高校時代のこととは切り離して、自信をもって戦ってくれれば。

2区中村大成選手…この2区は迷いますね。比較的長距離ロードタイプが駒大は多いので、最短ですが重要な2区を誰にするか。田澤選手も考えたくらいです。

 自分は中村大成選手を推します。日体大記録会で、ほとんどの主力選手が最終組手前の組でしたが、田澤選手とこの中村大成選手だけが最終組だったのですよね。スピードに対しての素質が高いとみられます。ロードでさらに成績を上げてほしいです。

3区中村大聖選手…ロードのエース格の選手のカードをまずここで切ります。長い距離だけでなくスピードもぐっとつけてきた中村大聖選手は、駒大内では一番3区適任かなと思います。最初で最後の出雲での快走なるか。

4区伊東選手…復活してきた3年生のうち、13分台自己ベストの伊東選手をここで起用。かなり走力の高いランナーを繋ぎ区間に起用できる駒大の選手層は凄い。積極性を比較的平坦なこの区間で活かせれば。

5区神戸選手…多くの大学駅伝ファンが彼の大学駅伝デビューを心待ちにしているのではないでしょうか。昨年からロードで安定している神戸選手の起用を予想します。イメージの少なかったトラックで13分台なら、抜擢されるかな?アンカーへいい流れを作ってくれそうな気がします。

6区山下選手…駒大が出場している大学駅伝で4連続最長距離区間を任されている選手。ここは迷いなく山下選手投入と踏みます。距離が長くなるほど味が出る選手ですが、トラックの力もついてきています。出雲駅伝でもいい走りができるのではないでしょうか。

他のオーダー予想
 あとは中村大聖選手を1区にして、1区と6区に4年生2人の配置。関東インカレ1万mでも良かった中村大聖選手1区でも面白いですね。2区田澤選手にして、ここでトップを奪うのもいい。3区がいなくなりますが、直近の成績では伊東選手になるかな?

 それから、2年前1区を走っている加藤選手1区に推す声もあるかもしれません。ある程度はまとめてくるはず。また1区田澤選手のあと、2区は伊東・加藤選手を推す声もあるかなぁ。このくらいですかね。

出雲駅伝2019:駒澤大学・戦力分析まとめ

・主力の成長は勿論、前半戦不調の選手の復調

・5000m13分台連発で出雲駅伝から戦えるチームに

・4年山下、W中村選手、ルーキー田澤選手の結果がカギ

 駒大が2年ぶりの三大駅伝、新たなチーム構成で挑みます。ロードで確実に結果を残している4年生の選手に、面白いルーキーがいます。選手層もぐっと厚くなり、どの区間も区間3位以内では争っていけるのではないか、そんな感じがします。新生・駒大がいきなり出雲駅伝を獲るのでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 山本シイタ より:

    実は自分は出雲は駒澤が取るんじゃないかな?なんて思ってます。どの区間も質が高い選手が置けそう。
    予想ですが少し捻りました。
    田澤→大成→大聖→神戸→伊東→山下
    2区に大成選手を予想した理由ですが駒澤の2区は其田選手などスピード型とは言い切れない選手の事が多い気がします。その為に大成選手はここかなと。
    4区は神戸選手は5区との兼ね合いで。5区に駒澤は西山選手など主力選手が回るケースが多いことを考えると伊東選手よりは神戸選手が4区に回ってきそう。

    中村たいせい同士のタスキリレーが是非見たい!

  2. たけぽっぽ より:

    出雲については、駒澤が優勝する可能性はかなり高いと捉えています。ライバルチームの主力選手の欠場があるとはいえ、ここで優勝すれば、全日本、箱根といい形で繋ぐことができると確信しています。

    オーダーは1区からひたすら首位を走ることを前提に、中村大聖ー山下ー田澤ー加藤ー中村大成ー伊東と考えます。ポイントとして田澤選手に首位で走ってもらうためには、1区中村大聖で限りなく首位に近い位置で、2区にあえて山下選手を起用して確実に首位に立つ戦法。4、5区の加藤、中村大成選手も好調なのでここは区間上位で頑張ってもらい、アンカーの伊東選手にはエースへの階段を上がってもらいたいです。

    結論としては山下選手の2区はほぼ100パーセントないと自分でも考えていますが、優勝候補の大学と比較して後半での逆転は簡単ではないと思うので、田澤選手に1区の大役を任せるよりも1、2区に強力な4年生を並べたほうが田澤選手のポテンシャルをより引き出せるかなと。あえていえば青山学院が出雲で初優勝した時のルーキー久保田選手のような爆走を期待します。

  3. パトレーゼ より:

    出雲に限って言えば今年の駒大は結構予想が絞られますよね。
    主要区間の1・3・6区は田澤・大聖・山下で山下の6区は確実。残り3人は大成・伊東に神戸or加藤でまず間違いなさそう。自分のオーダー予想は管理人さんと全く同じでした。
    田澤と大聖の1・3区は迷いましたが学生ハーフやユニバ見る限り大聖はラストに自信が無さそうなので3区に。田澤君も都大路で1区に良いイメージないかもですが、あの記録会の走り見せられてはラスト勝負も期待してしまいます。ここ最近駒大に欠けてたスターターのポジションにハマって欲しいという願望もあります。
    とはいえ三大駅伝で区間賞経験者が一人もいないというのが実情ですので、大八木監督の常套句、3位を狙ってあわよくば頂点という感じで応援します。

    管理人様ご多忙のところ恐縮ですが、出雲駅伝の記事の酒井君の5000mのタイムを最新の物に訂正頂けると幸いです。折角大幅更新したので。