スポンサーリンク

出雲駅伝2019【國學院大学】区間エントリー予想&展望~エース選手複数育ち、要注意校

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

出雲駅伝2019のエントリーメンバー10名が発表されましたね。

関東地区の大学+αの大学チームの区間オーダー予想をどんどんしていきたいと思います。

ここでは、今シーズンの駅伝では台風の目の呼び声高い國學院大學の区間エントリー予想をします。

他の大学はこちら↓↓

スポンサーリンク

出雲駅伝2019:國學院大学・エントリーメンバー紹介&戦力分析

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2019前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

浦野雄平④13分45秒94≪19:箱5区1位、18:全2区3位、予7位、箱1区2位、17:全1区8位、予30位、箱6区17位、16:予114位≫日本IC5千m5位
中西大翔①13分54秒36≪19:全国1区15位、18:IH5000m14位≫
青木祐人④13分54秒49≪19:箱3区6位、18:全3区11位、予132位、箱3区5位、16:全3区10位≫日本IC5千16位
藤木宏太②14分06秒66≪19:箱1区10位、18:全4区6位≫日本IC1万m4位
土方英和④14分07秒25≪19:箱2区7位、18:全7区6位、予27位、箱4区3位、17:全4区12位、予31位、箱3区18位、16:全5区4位、予79位≫日本IC1万m3位
茂原大悟④14分14秒49≪19:箱4区14位、18:全6区8位、予65位≫
河東寛大③14分19秒11
中西唯翔①14分27秒06≪19:全国5区20位≫
川崎康生①14分28秒49
森 秀翔③14分31秒33

主な欠場者:島崎慎愛②

5千上位6名平均14分00秒5
5千10名平均14分10秒9

総合エース選手
 頼りになる4年生浦野選手ですね。2年時あたりから一気に台頭し、チームのエースに成長。3年生になってからは強豪校の主力選手とも張り合える実力付けました。

 ”総合”と付けましたが、本当にオールラウンダーです。トラックでは5千1万とも留学生と張り合うくらい強いですし、駅伝でも1区や2区のようなスピードが必要な区間・箱根5区のような険しいコースでも区間トップ争い、何やらしても強いのですよね。

 出雲駅伝は4年生にして初めてですが、1か月前の日本IC5千mでも5位入賞し既に臨戦態勢。浦野選手が國學院大を強豪校のラインへ引き上げる事でしょう。


ロード型エース選手
 4年生双璧のエースといってもいいのが土方選手です。台頭は彼の方が早く1年時に箱根予選・全日本駅伝しっかりと好走し、ロードに非凡なセンスを見せていました。一時怪我しますが、2年時の箱根で強くなって帰ってきていました。

 今年の箱根駅伝2019でエース区間2区を快走してからさらに覚醒。関東IC2部ハーフで総合優勝、日本ICでは苦手なイメージのあったトラック1万mで日本人トップの3位!

 ラストのスパートもなかなかのものがあるのかも?じわじわと総合で強くなっています。その中で得意の長丁場で待ち構えている時の安心感はかなりのものがあります。

スピードある主力選手
 國學院大は、基本的に育成で積み上げていく、スタミナ型のランナーが多いのですが、今はスピードエースもいるのですよね。2年藤木選手&4年青木選手になります。

 藤木選手は、当時ルーキーの昨年末にぐっと伸びてきた選手。いきなり箱根1区を任されてびっくりしましたが、上位とさほど差が無い区間10位。競り合いやラストスパートで+αが出る選手かもですね。日本ICで1万4位、タイムも28分台とまた一つ成長したようです。主要区間頭かも?

 なお、2年はもう一人島崎選手も面白い存在なのですが、残念ながら欠場。復帰を待ちたい。

 4年青木選手は高校時代の成績から、当時の國學院大では即戦力レベルと言われた選手。やや結果の浮き沈みがあったものの、冬にめっぽう強い”箱根男”、3区で2年連続好成績を残しています。なお、今年は9月日本IC5千mでも健闘していて、出雲からいけそう?ポイント区間で面白い存在になるかもしれません。


楽しみなルーキー3選手
 これだけ主力選手が充実する中で、中西大・中西唯・川崎選手のルーキーが3人エントリーしています。出走の可能性が高いのが中西大選手。

 元々高校時代5千m14分05秒で、國學院大史上最速のルーキーだったのですが、9月日体大記録会5000m最終組で13分54秒のベスト!このスピードは距離の短い出雲駅伝で欠かせない存在になるでしょう。

 また中西唯選手も大幅な成長を遂げていて、9月1万mで29分31秒。長い距離の対応に自信がついていることでしょう。また、ノーマークだった川崎選手も5千m大幅自己ベスト。出雲10人メンバーに滑り込んできました。彼らの勢いもチームにいい効果をもたらしていることでしょう。

コツコツ積み上げてきた選手
 ルーキーも楽しみですが、國學院大伝統のスタミナロード型の選手の登場もあるかもしれません。一番可能性があるのが、4年茂原選手。昨年から伸びてきた選手ですが、2度の駅伝も安定した走り。最終学年さらに磨きがかかっているか。

 もう2人、3年河東・森選手。両者ともトラックで少しずつ伸びてきている印象のある選手。3年生の世代が出てくると選手層がぐっと厚くなりますがどうでしょうか。直前の記録会では1万m30分少しかかってしまいましたが、半月で整えてくることでしょう。

 全体的には補欠の選手には少し不安がありますが、万全のオーダーを組める状態なら、優勝戦線を大いに沸かす可能性のあるチームです。


出雲駅伝2019:國學院大學・区間エントリー予想

主が思う、國學院大學の出雲駅伝2019の区間エントリーです。

区間エントリー予想
1区(8.0㎞)藤木宏太②
2区(5.8㎞)中西大翔①
3区(8.5㎞)浦野雄平④
4区(6.2㎞)青木祐人④
5区(6.4㎞)茂原大悟④
6区(10.2㎞)土方英和④

主が推す理由

1区藤木選手…4年生エースを持ってくるかどうか迷いましたが、思い切って大役任せてみてもいいのではないでしょうか。箱根駅伝2019での1区の実績はありますし、9月日本ICでは競り合いの強さも見せていました。ある程度激しい流れになると思いますが、いい位置でもってこれるかもしれません。


2区中西大選手…8年ぶりの出雲駅伝、しかも上位校候補に名前が上がる中、下級生を続けるのはとても勇気がいりますが、一番総合順位が狙えるオーダーは、こう考えます。

 ルーキーの中西大選手をここで起用予想します。非常に流れをつかむのに大事な区間になりますが、全日本以降も見据えて(7区8区に浦野・土方選手を置くとか)一つ試してみてもいいかもしれません。ここでトップ争いからそれほど離れていなければ面白い、それ以降は力を付けた4年生4区間連続です。


3区浦野選手…大砲と言ってもいい存在の浦野選手を真ん中のエース区間へ。主要大会で留学生と張り合う浦野選手なら、スピードである程度突っ込んで追っていくことができると思います。個人としては区間賞が目標、チームとしても一気に流れを手繰り寄せる区間になるはず。あわよくばトップ付近…どうでしょうか?

4区青木選手…流れを掴んだところでスピードのある4年生青木選手で勝負。本来なら2区なのですが、この区間が一番平坦で青木選手の持ち味を最大限発揮できるのではないかと思っています。区間トップ争いで溜めを張れる潜在能力はあると踏みます

5区茂原選手…駅伝で安定している茂原選手を、アンカー前の大事な5区へ。スタミナ型の選手ですが、5000mのタイムは14分14秒に短縮。流れに乗っていれば、ギリギリ戦える走力はついてきていると感じます。強豪校のスピードランナーにどこまで食い下がれるか。

6区土方選手…ロードの長丁場といえば、4年土方選手。最長区間のアンカーは、アップダウンもあり、風の向きも変わる区間です。箱根駅伝で2区や4区どちらも結果を残している土方選手が一つ適任かなと思います。接戦であっても、意外とスパートも強い感じもするので、色んな状況に対応できるかなと思っています。


他のオーダー
 浦野選手は1区にしたり6区にしてみたり色々動かしてみましたよ。1区で中盤からろんぐすぱーとをかけさせて、思いっきり縦長の展開にしてレースを荒らすのもいいですね。

 國學院大からすると、6区最長区間に浦野選手にするのが一番いいオーダーですかね。ここは他の5選手の状態が非常に良ければありえますかね。トップが見える位置で踏みとどまって入れば、逆転可能です。これも面白いですね。

出雲駅伝2019:國學院大学・戦力分析まとめ

  • エース力が強い、ハマると一気に表彰台以上の争いも
  • スピードある選手も複数、うまく適材適所へ

  • 選手層は今回それ程厚くない

 國學院大は、出雲駅伝は過去最高10位、大学駅伝全体でも7位が最高成績。中堅校がこれまでの立ち位置でしたが、今年度は三大駅伝共に台風の目の候補になりえます。


浦野・土方選手は他校の主力と戦えますし、藤木選手ら活きのある若手も育ってきています。彼らが万全の状態で主要区間入れば、これまでになかった上位の位置で争う事は確実です。

 半面、長い距離で味のある選手が多い反面、距離の短い出雲駅伝は選手層的にはギリギリではあります。國學院大としては不慣れな日程ですが、不調者を出さず、うまく調整できるかどうか。國學院大の新たな歴史が刻まれるはずです。


なお、ラジオに出させもらうことになりました。もしご興味あればどうぞ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 山本シイタ より:

    優勝候補の中で1番読みづらいのが経験の少ないチーム。ただ今回はそれほど予想しづらくはないかな?
    予想ですが
    藤木→青木→浦野→中西→茂原→土方
    2区と4区は迷いましたが。それ以外はオーソドックスに組める印象。個人的にはエントリー前5区予想してた殿地選手が入らなかったのが疑問です。