スポンサーリンク

第30回出雲駅伝2018区間エントリー予想&戦力分析【早稲田大・帝京大】~ルーキー期待!

シェアする

参照サイト:http://www.izumo-ekiden.jp/index.html

出雲駅伝のエントリーが発表されて、いよいよ大学駅伝モードになってきましたね!

第30回出雲駅伝2018【要綱・日程・テレビ放送・コース・出場校・エントリー等!】

関東地区のチームの区間エントリー予想ををどんどんしていって思います。

今回は早稲田大帝京大です。

なお、3強言われている、青学大東洋大東海大はすでに行っています。

スポンサーリンク

前年度三大駅伝成績:出雲9位、全日本7位、箱根3位

早 稲 田 大 学

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、予:箱根予選、
都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

小澤直人④14分08秒52
清水歓太④14分08秒97≪18:箱9区1位、17:箱10区9位≫
西田 稜④14分19秒55

新迫志希③13分47秒97≪17:全3区9位、出4区10位、16:全5区2位、出2区12位≫
太田智樹③14分00秒23≪17:箱2区6位、全1区3位、出1区7位、箱8区14位、16:全7区3位≫

吉田 匠②14分10秒30≪17:全7区15位≫日本IC3障5位

中谷雄飛①13分47秒22≪18:全国5区1位、17:高1区1位、国体5千2位、IH5千4位≫アジアジュニア代表など
半澤黎斗①13分58秒08≪18:全国1区3位、17:高1区20位、国体5千6位、IH1500m1位≫アジアジュニア代表など
千明龍之佑①14分03秒03≪18:全国5区6位、17:高1区18位、国体5千8位、IH5千8位≫
太田直希①14分09秒43≪18:全国5区14位、17:高1区7位≫

早大が出雲から攻めに転じてきた。元々、全日本から合わせている節がありましたが、それでもここのところの8位9位は低すぎる…ということで、記録会に出場し状態を確認するなど、例年以上に力を入れてきた印象だ。

エントリーは、エースの太田智、スピードを取り戻しつつある新迫選手を除いて、かなりフレッシュなメンバーとなった。強力世代と当初から言われていた1年生が4人。スピードがあり復調傾向の中谷・半澤選手に、春から結果がでていた千明・太田直選手。何人が区間エントリーに入ってくるだろうか。また、3障で活躍が目立つ2年吉田選手も大きな成長を見せている。

それから4年生が面白い。大学に入ってから鳴りを潜めていた小澤選手が復活!高校時代のベストをついに更新して見せた。箱根区間賞の清水選手と、春先好調だった西田選手もエントリーに名を挙げてきた。一部スピードのある主要選手が外れてしまったものの、なんだか使ってみたくなる選手が多く出てきた印象だ。

区間エントリー予想
8.0km-5.8km-8.5km-6.2km-6.4km-10.2km
太田智樹③-中谷雄飛①-千明龍之佑①-半澤黎斗①-小澤直人④-清水歓太④

ただ、オーダーに関しては色々悩んでしまいますね。9月末の記録会には、太田智・千明選手が出場しなかった。様々な憶測が飛んでいますが、増刊号では9月の合宿でしっかり走っているようなので、普通に起用するとします。そして比較的重要区間なのではないかと。

まず太田智選手は、2年連続の1区で予想。夏の頭に怪我していますが、状態が上がっていれば大丈夫なはず。上位選手にも食らいつける能力があるので、しっかり前の方の順位で繋げるはず。そして千明選手は3区に。日本IC5000mで入賞し、春よりぐっと力が増しています。やや負担が大きいですが、今度はロードで他校のエースと戦ってほしい。

その間の2区に満を持して中谷選手を起用。大学入学直後からの連戦で疲れがたまり、状態が落ちていましたが、ついに5000m13分台で走れるまで復活!思えば、憧れのOB大迫選手も、1年出雲は故障明けでこの区間に回って来た。是非とも持ち前のスピードを出してほしい。

4区5区は非常に迷った。記録会では14分一けた~20秒以内にまとめてくるランナーが大勢いた。タイプとか今後の事等いろいろ考えないといけないですかね。14分一けたのうち、太田直・吉田選手はもっと長いロードで見てみたい選手。また、3年新迫選手は過去2度出雲は走っている。そこで4区半澤選手に。駅伝に力を注ぎたい気持ちは強い選手ですが、元来1500mのスピードランナー。まず比較的そのスピードを生かしやすい4区で力を発揮できれば。1年生3人並びましたが、話題性ということでいいでしょう。

そして5区に4年小澤選手を置きました。記録会その組で早大最上位だったということ、それからもしかすると箱根6区山下りの可能性もあるので、一度大学駅伝の雰囲気を味わった方が良いのではと思ったので、自分なら起用したい。6区は基本的には清水主将の路線なのかなと思っています。トラックよりロードの方がいい印象です。新戦力が来るとすれば吉田選手あたりかな?

色々理由付けながら並べましたが、全然違う可能性もありますかね??一部調子が読めないところ、予想が難航しています。ただ、分かるのはかなりフレッシュなメンバーでなおかつ順位も例年以上に狙ってくるだろうというところ。まずは区間オーダーの発表から非常に楽しみなチームだ。

前年度三大駅伝成績:箱根予選1位、全日本8位、箱根9位

帝 京 大 学

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、予:箱根予選、
都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ
横井裕仁④14分00秒18≪18:箱6区4位、17:全7区6位、予53位、箱6区9位≫

岩佐壱誠③14分02秒92≪18:箱1区16位、17:全1区13位、予12位、箱7区8位、16:全3区13位、出2区8位≫
島貫温太③14分06秒19≪18:箱10区15位、17:全6区7位、予87位≫
平田幸四郎③14分16秒13≪18:箱5区8位、17:予95位、箱9区8位、16:全8区14位≫
田村丈哉③14分33秒41≪18:箱8区11位、17:予46位≫

谷村龍生②14分08秒08
星  岳②14分09秒56≪17:予188位≫
小野寺悠②14分12秒47

遠藤大地①13分59秒85
細谷翔馬①14分27秒01

エントリー発表直前の記録会から沸かせてきましたね。春から沸かせてきたルーキー遠藤選手が、一気に13分台を叩き出し、もうエース級といっていい存在に。エントリー発表では4年生が横井選手以外が外れてしまうという驚きがありましたが、それでも出雲に関しては面白そうなメンバーが揃っています。

先の横井選手も大きく成長していますが、3年岩佐・島貫選手がしっかり結果を残し、スピードに磨きがかかっています。岩佐選手はスタミナがある選手ですがちょっとびっくりの結果でした。これに2年生も食らいつきましたね。まだ大学駅伝未経験の2年。元々当初から小野寺・星選手がレギュラー争いをどちらが奪取するかと注目されていましたが、するすると伸びてきた谷村選手が5000mベスト上では上回っています。14分08秒とレベルが高いタイム。他、駅伝経験がある平田・田村選手など選手層も上々ですね。出雲が苦手なチームですが、今年は面白そうです。

区間エントリー予想
8.0km-5.8km-8.5km-6.2km-6.4km-10.2km
遠藤大地①-島貫温太③-横井裕仁④-谷村龍生②-星  岳②-岩佐壱誠③

さて、1区からもう遠藤選手を置いて見ましょうよ。春のうちに、関東ICと全日本予選で主要大会はすでに経験。物怖じせずに走れていますから、気負わずに思い切って食らいついていってほしいです。食らいつき過ぎでの失敗がちょっと怖いですが、勢いがないと乗り切れないのが出雲1区でもあると思っています。

2区3区6区には現在の帝京大の主力選手を配置。元々トラックのスピード面から台頭してきた島貫選手を2区に。全日本予選最終組に抜擢された選手を2区は少々贅沢なのですが、他の大学は5000m13分台の選手や1500mのランナーを容赦なく入れてくる区間だ。関東インカレ5000mで過去粘りの走りをしている島貫選手が適任かなと。

3区は徐々に縦長になっていく中でしっかりと後半に向けて流れをキープする中盤の主要区間。この難しい区間は、困ったときの横井選手。チームによってはここにエースを持ってくるチームもあるだろう。そこでしっかりと食らいついていける選手ということでだ。

マラソンやれる程スタミナがある岩佐選手を最長距離のアンカーに。あれだけ長距離走れるのは驚きましたね。あの走りを見たところで、自分の中では出雲と全日本のアンカーと箱根9区は岩佐選手が理想と思い続けています。それまでどういった展開に唸るか。主要区間や出入りの激しい区間でしっかり攻めていける選手を置けるのが、これまでの帝京大と違うところだと思います。

残っている4区と5区は14分一桁を出したばかりの2年生置きたいですね。4区予想谷村選手はこれまで主要大会のエントリーに入ったことは無いのですが、春からぐんぐん伸びてきましたね!思い切ってデビューしてもらいましょう。そして5区予想星選手は、1年目から頭角を現して”ついに”走れるところにきました。大学駅伝デビュー戦が楽しみな選手です。

帝京大は出雲駅伝の過去最高順位は初出場した2000年大会の7位。以降はそれ以下の順位でのゴールとなっていたのですよね。育成で20㎞に対応させるチームカラーでは、どうしても出雲駅伝はスピード負けしてしまう(特に1区とか)のですが、今年は5000の持ちタイムが高い選手も増え、面白そうです。しっかり出雲から順位を取りに行きたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    太田智樹選手はエントリーはしてみたものの…という感じがするんですよね。走らせる予定なら世田谷でDNFでもいいから調整させるはずなんですが、そうではなかったというところからエントリー後に状態が上がってないのではと推測します。起用できてつなぎ区間ぐらいではないかなと。
    それよりも調子が上がってる新戦力を試していきたいでしょう。2年前の出雲で鈴木選手が大ブレイクしたのも記憶に新しいので調子のいい選手を起用して欲しいですね。

    帝京は遠藤選手の1区は外せないと思います。失敗しても大丈夫なように岩佐選手を経験のある2区に配置するのもいいのではと思います。全日本予選の並びですね。前半出遅れると取り返しがつかないので横井選手を3区に入れて苦しい場面を経験している上級生2人で戦うのもアリだとは思います。流れに乗れれば強いが…

  2. たけぽっぽ より:

    帝京は畔上選手がいたら1区に置いて上位戦線で戦える可能性も十分あっただけに、非常に残念です。
    その上で横井ー島貫ー遠藤ー岩佐ー星ー平田を希望込みで。遠藤選手を起用したいのとまだ駅伝を経験していない2年生から星選手を起用する上で、4区に岩佐選手を置きました。昨年優勝した東海大学も4区に鬼塚選手を起用しているだけに、地味かもしれませんが意外にポイント区間になりそう?

    早稲田は永山選手がエントリーから外れるなどかなりバランスが偏っていますが、正攻法で戦うのが現在の戦力ではベストかなと思います。その上で太田兄ー半澤ー中谷ー新迫ー太田弟ー清水。ポイントは新迫選手で、そろそろ上級生としてチームを牽引する役割を期待します。でも1年生は起用したい選手が多いのは今後が楽しみです。

  3. シセン より:

    走る6人は世田谷記録会のタイム上位6人でしょう。帝京の区間エントリー予想の大きなポイントは遠藤選手を1区起用するかどうかですね。持ち味のスピードを活かすなら前半区間、更に言えば1区か2区しかないはず。安全策なを取るなら1区から横井ー遠藤ー島貫、遠藤選手に期待するなら遠藤ー島貫ー横井です。個人的に1区遠藤選手が見たいなぁ。

    エントリーを見たときに太田智選手が1区を走らないような気がしてならない。というより3区タイプが見当たらないような…。自分の勘を信じるなら中谷ー千明ー太田智ー?ー?ー清水でしょうか。清水選手の6区は鉄板かな。?にも1人以上は1年生が入ると思います。

  4. デルピッポ より:

    遠藤は確かに期待の1年生ですが、それはあくまでこれまでの帝京で考えればって話ですよね。去年の東洋西山のようなスーパー1年には遠く及んでません。
    1区では強豪チームのエース格に無理に付いて行って潰れる可能性もありますし、1年の間は比較的楽に走れる区間をやらせた方がいいと思います。
    横井-遠藤-島貫-谷村-星-岩佐と予想。
    1区は競り合いに強くラストの粘りが信条の横井に任せて何とか上位に食らい付いてって感じです。