スポンサーリンク

出雲駅伝2018【青山学院大学】区間エントリー予想&展望~優勝候補本命!?2年ぶり3冠へ向け、最初の関門!

シェアする

青山学院大が出雲駅伝メンバーを公開し、かつ今年は世田谷記録会に出ないようなので、先がけてオーダー予想しようと思います。(昨年のように、部内記録会をして大まかに結果を公開するかもですが…)

まずは駅伝ファン皆さんで楽しんでいければと思います。

スポンサーリンク

青 山 学 院 大 学

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ
橋詰太慧④13分37秒75
≪17:出6区6位≫…昨年ブレイクも、出雲以降に故障。今年復活しインカレ入賞、5千大幅ベスト!スピードエースとして2度目の駅伝に挑む
森田歩希④13分54秒18≪18:箱2区1位、17:全4区3位、箱4区2位、16:全6区1位≫…2年時に全日本6区区間賞でデビューしてより、一度も駅伝で外しがない。箱根で2区区間賞と強さも身についてきている。
梶谷瑠哉④13分55秒09≪18:箱4区9位、17:全3区4位、出1区8位、箱1区4位≫…昨年3大駅伝すべて出走も消化不良に。一転、学生ハーフ優勝の実績を作った。春に故障したがエントリーに名を連ねた。

鈴木塁人③13分53秒20≪18:箱1区5位、17:全8区4位、16:出1区5位≫…1区で上位につけるし、アンカーで単独走もできる頼れる選手。積極性と粘りがあるエースクラスの選手
生方敦也③13分59秒61関東IC2部1500m優勝者、トラック5000mも13分台を出し波に乗っている
竹石尚人③14分05秒40≪18:箱5区5位、17:全6区4位≫…昨年駅伝デビュー、箱根山登りで痙攣しながらも前を追い上げた。原監督の言う”山の神候補”?

吉田圭太②13分50秒67高校時代に5000m13分50秒を出したスピードの持ち主、日本IC表彰台でついに大学でも台頭してきた
神林勇太②13分59秒14≪17:出5区3位≫…昨年の出雲出走メンバーに選ばれたが、その後の駅伝は走れず悔しさを味わっている。今期は5000m14分一桁で安定している

湯原慶吾①14分05秒78≪18:都1区5位、17:IH5千16位、千五9位≫…日本IC1500m予選で積極的に走り3分50秒を切った。5000mも春にベストしスピードを中心に伸びている
飯田貴之①14分07秒55≪18:都1区13位≫…今期6月頭に5000mベスト、部内の今季5000mランクは13番目も、夏に成長した隠し玉的存在?

4年生に主力が多い今季、原監督は2年ぶりの3冠を狙うと早くから公言してきた。そして、やはり現時点では本命という立ち位置にいる気がする。箱根エース区間区間賞の森田選手、駅伝粘り強い鈴木選手、爆発力のある橋詰選手、駅伝経験豊富な梶谷選手と頼れる選手がしっかりエントリー。

他にも、スピードのある生方・吉田圭・湯原選手、ロードに強い竹石選手に、昨年悔しさを味わっている神林選手、2人ほど主力が外れたが大きな問題に感じないほど戦力が充実している。充分に優勝を狙っていく状態にありそうだ。

オーダー予想
1区8.0㎞-2区5.8㎞-3区8.5㎞-4区6.2㎞-5区6.4㎞-6区10.2㎞ 赤:主要区間
鈴木塁人③-吉田圭太②-橋詰太慧④-梶谷瑠哉④-湯原慶吾①-森田歩希④

考えるのは出雲駅伝特有の難しさだ。どの駅伝も序盤の出遅れは禁物ではあるが、その序盤の遅れが特に響くのが出雲駅伝だ。距離が短く立て直すのが他の駅伝より難しいからだ。

昨年は、戦前から「出雲は厳しい」と言いつつ、直前に「もしかすると」と翻した。しかし、1区で38秒出遅れてしまい、一度は追いついたものの届かなかった。1区から決めることが大事かなと思います。

スポンサーリンク

ここは過去2回大学駅伝で1区を走っていて、ともに区間5位にまとめている鈴木選手がいいかなぁと。他校のメンバーもまだあまり判明していない、序盤から早くなるのか、途中までスローになるかは分からない。ならば経験がある走力上位の選手がいいと思います。トップ、もしくはトップに限りなく近い位置で渡せるかと。

そして2区3区で橋詰・梶谷・森田選手ら主力選手で畳みかけようかどうか悩みましたが、うち梶谷選手が故障もあってレースから遠ざかっている…ので、4区に回します。んで、橋詰・森田選手にするとアンカー誰よとなる。そこで3区は橋詰選手、手6区森田選と予想します。橋詰選手が3区でスピード生かし、6区森田選手はスタミナを生かし他校エースに勝てればと。

間の2区は、日本IC5000m3位表彰台の吉田圭選手に任せたい。高校時代13分50秒を出していた選手、記録会に出るも青学の分厚い選手層の中で中々頭角を現せられなかったが、ついに結果を残しました!深まった自信を確実なものにできればと。

4区は先述の梶谷選手。一般的には繋ぎ区間だが、昨年優勝した東海大はここでほぼ決定打を打った。走力的に近いことができるはずだ。5区は調子の上がっている選手となりますが、日本IC1500mでいい走りをした1年湯原選手を自分は推します。駅伝も高校時代にはまずまず走っているので、この半年での伸びに期待。もし不安なら、竹石・神林選手らでもかなりいい走りが期待できるはずだ。


全体としては自分の予想は結構バランス型でしょうか?1区3区6区に主力選手を置いて、間の区間はスピードに長けているかなと思う選手を入れる感じになりました。実際がどうなるか楽しみですね。また、皆さんの予想を聞かせてもらえればと思います。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ポテトメロン より:

    橋詰ー吉田圭ー鈴木ー生方ー湯原ー森田
    基本的な考え方は同じです。1区は橋詰選手のほうが区間賞の公算が高そうだし鈴木選手を3区に置くことで今後を見据えて1区と違う前後に他大学がいる状況での並走、逃げ、追いかけといったことをここで経験させたほうが良いかなと。生方選手は出雲プロジェクトの一員だろうからここにしっかり合わせてきて出走すると予想します。

    • hakonankit より:

      >ポテトメロンさん
      1区橋詰選手で先手必勝を取っていくほうが確実かもしれませんね。駅伝経験豊富な鈴木・森田選手を中盤以降に残しておくほうがいい方向にいくかな?生方選手も1500mが専門に近い選手ですから、走るとしたらこの大会なので合わせてる可能性はありますね。

  2. りっく より:

    1区のメンバーを考えた際爆発的に飛ばすランナーが今年はいないと思います。気象条件によって変わるとは思いますがラストスパート対決になるのではないかと予想しておきます。そうなった際に相澤・坂東ら大柄なランナーが爆発的なスパートを持っているので青学としては同等の力を持つ橋詰or鈴木。
    そこを上で2区を考えるとここは駅伝未経験なランナーが走ることになるでしょう。おそらく生方or吉田。そう考えると出入りの激しい出雲駅伝では3区を外した瞬間に終わってしまうので3区に森田or鈴木のエース格。

    後半は耐える区間が必須。そこで何故小野田選手ではなく竹石選手が起用されたか。恐らく彼がその候補ではないでしょうか?追い風向きかと言われると微妙なところですが…
    これらを踏まえて
    橋詰–吉田–森田–竹石–生方–鈴木
    このオーダーで考えます。イメージとしては神野世代の出雲ですね。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      自分もそんなにハイペースの1区にはならないかなぁと思います。札幌学院大と第一工大に留学生はいますが、そこまで飛ばす感じには思えないです。まあ、東洋大の選手の途中の飛び出しが要注意という感じかなぁ…。青学大は主力でしっかり対応できおると思います。

      竹石選手は5000mベストこそ14分一桁ですが、とても安定していますしね。ロードのほうがよくなるので、3年前の下田選手4区、2年前の安藤選手5区のような走りはできるのかなと思います。

  3. シセン より:

    最短の2区が出雲プロジェクト選手になるなら恐らく1、3、6区は鈴木、橋詰、森田選手が入るでしょう。そして1区鈴木、3区橋詰、6区森田でしょうね。しかし他校の前半区間を重く見るなら前半3区間を鈴木ー橋詰ー竹石と攻撃的にして竹石選手のエース区間配置もあると予想します。
    少なくとも配置予想のパターンが多いので昨年よりは優勝の可能性が高そうです。

    • hakonankit より:

      >シセンさん
      実は林選手がエントリーに入っているなら、1区鈴木2区橋詰3区森田or林選手と思っていたのですよね。林選手を外したのなら、2区は生方・湯原・吉田圭選手の誰かになる可能性は高そうですね。竹石選手主要区間はどうでしょうね。強さはあるので、スピードがもっとついていればいけるのかな?

  4. アリストテレス より:

    1区のペースや当日の風向きなどありますが
    橋詰-湯原-鈴木-吉田圭-神林-森田
    原監督は去年は結果的に1区で流れを逃したので今年は1区で流れを掴みにいくと読みましたがどうなるか?
    さて予想の方ですがスローでの爆発力があり自ら積極的に動ける橋詰選手で主導権を握りたい、いや出走したなら握らなければいけないでしょう。
    そして2区には将来のエース候補湯原選手にトップ争いの経験を、近いところに2区に来る確率が高いであろう館澤選手がいればぜひ胸を借りフレッシュな走りをと思います。
     3区は鈴木選手を置きます、確実に上位で繋いでくれるはず。
    4,5区は追い風を前提としてスピードランナーの2年生2人を。ここまでで東海、東洋が前にいる可能性がありますがここで森田選手を投入。安定感はあるので最低限崩れることはないでしょうし、東海は6区候補に關・湊谷・湯澤・中島選手、東洋はエントリーは出てませんがエントリーすれば吉川選手が第1候補になるでしょう。その選手を相手とした時に關選手以外にはアドバンテージをとれるなはずなので20秒差までなら負けていても逆転が可能でしょう。
    駅伝シーズン初戦どのような戦いを見ることができるかとても楽しみです。

    • hakonankit より:

      >アリストテレスさん
      昨年は鈴木選手ら主力選手がエントリーできなかったこともあって、1区をやれる選手がいなくなってしまいましたからね。今年はエントリー段階ではスピードと強さがある主力がいますから、おそらく大丈夫かな。橋詰or鈴木選手で満を持して戦うと思います。
      アンカーにわたるまでの展開は分かりませんが、東洋大と東海大はやっぱり前に行く可能性があります。主力と出雲プロジェクトランナーで何とか阻止したいですね。

  5. ユーポン より:

     現状の想像でしかありませんが、
    青学は1区:鈴木、2区:橋詰、3区:森田、4区:生方、5区:梶谷、6区:竹石
    かなぁ?

    8㎞とか10㎞ある区間をなるべく長い距離に安定感がある選手を置き、短い距離が得意な選手を短い区間で予想しました。

    6区の竹石君は、箱根5区野経験者。長い距離はもちろんなこと、風が吹いたとしてもある程度、結果は出せるんじゃないかなと思います。

    んで、橋詰君の配置ですね。彼は長い距離も問題ないと思いますが、あえてスピード区間に予想しました。できることなら、彼と3区の森田選手でキメてほしい。

    5区の梶谷君も一部主力を外してまでエントリーされた所を見ると、春先の強さを取り戻しているんじゃないかなと思います。4区は出雲のキーパーソンと言われていた生方君を投入。

    そして1区は経験を生かしてほしい鈴木君にしてみました。彼が区間賞、もしくは秒差で繋げられれば、十分2区3区で挽回できると思います(ただ、東海の館沢君が2区に来たらちょっと厳しいか・・・)

    たぶん今年は優勝候補の大本命だと思います。

  6. hakonankit より:

    >ユーポンさん
    なるほど、竹石選手アンカーは思いつきませんでした。強風になると彼のロードでの粘り強さが活きてくるのかもしれません。ただ、力的に6区で追う展開は厳しいと思いますので、おっしゃる様に橋詰選手の2区と梶谷選手の出走区間がカギになるのかなと感じがしますね。ここでしっかり前に出られればと思います。

  7. 袖野諒平 より:

    青学にとって出雲が1番取りにくいと巷では言われてますけど自分のイメージでは全日本の方が青学は苦手としてるイメージ。阪口、三上、塩澤がエントリーされてない今、東海から王座を奪うチャンスだと思います。
    区間予想ですが
    鈴木→湯原→橋詰→吉田→神林→森田
    と予想。梶谷はもう1つの出雲駅伝で様子を見てほしいかな。繋ぎ区間は経験者の神林選手を固定し大失敗しなければOKな2区に湯原選手、主力に成長してほしい初出場吉田選手を下田のデビュー区間である出雲4区に置かと予想しました。