スポンサーリンク

第30回出雲駅伝2018区間エントリー予想&戦力分析【城西大・法政大】~スピードある主力で勝負!

シェアする

出雲駅伝のエントリーが発表されて、いよいよ大学駅伝モードになってきましたね!

第30回出雲駅伝2018【要綱・日程・テレビ放送・コース・出場校・エントリー等!】

まず関東地区のチームの区間エントリー予想をしていこうと思います。

今回は城西大法政大です。

なお、3強言われている、青学大東洋大東海大はすでに行っています。

スポンサーリンク

前年度三大駅伝成績:箱根予選8位、全日本13位、箱根7位

城 西 大 学

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、予:箱根予選、
都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

中島公平④13分54秒72≪18:箱3区13位、17:全3区12位、予127位、16:予103位≫
鈴木勝彦④14分00秒55≪17:予240位≫
服部潤哉④14分19秒56≪18:箱5区7位、17:全8区16位、予100位、16:予214位≫
峐下拓斗④14分26秒21≪17:予143位、16:予184位≫

西嶋雄伸③13分53秒87≪18:箱1区18位、17:全2区18位、予37位、16:予396位≫
荻久保寛也③13分55秒53≪18:箱10区9位、17:予115位、16:予188位≫
中原佑仁③14分28秒78≪18:箱9区15位、17:全7区10位、予94位≫

雲井崚太②14分36秒93

砂岡拓磨①14分14秒75
山本 嵐①14分23秒83≪17:高7区3位、IH3障3位≫

とにかくスピード抜群のランナーを中心にエントリーしてきた感じですかね。今年の春の時点で13分台だった西嶋・中島選手がまず中心でしょうかね。西嶋選手は関東IC5千入賞!中島選手は昨年まで2年連続入賞で今年もいいところまでいきました。この2名が出雲走れるのは駅伝ファンとして嬉しかったりします。続くのが9月に入り大幅に自己ベストを出した荻久保・鈴木選手あたりですかね。2人とも全日本予選で終盤の組で健闘がありましたが、充実したスピードがあってこそでした。

他では、山登りで有名になった服部選手、箱根経験の中原選手、久々に復帰してきた峐下選手、若手から砂岡・山本・雲井選手がエントリーしています。実はロード型の主力選手の金子・大石選手がエントリー漏れ、特に金子選手は全日本予選から姿を見せていないので心配ですが、今回はこのメンバーで勝負と行きたい。

区間エントリー予想
8.0km-5.8km-8.5km-6.2km-6.4km-10.2km
西嶋雄伸③-中島公平④-荻久保寛也③-鈴木勝彦④-山本 嵐①-服部潤哉④

まず5000m13分台のランナーを3人並べてスピードで強豪校に食らいつこうとすると思います。順番は、箱根の区間配置では1区西嶋・3区中島・10区荻久保選手でしたので、ひとまずその順番で1区2区3区と並べています。まずはインカレで上位入賞を果たしている2人で繋いでいく感じ。そのうち、ロードで結果を残している西嶋選手1区。箱根アンカーを経験し、一人でも走れる荻久保選手を3区にしています。

またアンカーは服部選手でいいかなと思います。山登りで有名になった服部選手ですが、駅伝デビューは昨年全日本のアンカー(8区)でした。また、先述しましたが、ロード型エースがエントリーしていませんので、ほぼ自動的に決定では?と。先日の5000mも14分10秒台でまずまずの状態でした。順位をまとめてほしいです。

間の4区5区は調子を上げているランナーですかね。まずは今年になって急成長を果たした4年鈴木選手は入ってくるでしょう。全日本予選3組で結果を残して満を持してロードへ。14分00秒のタイムで主要区間でもいいのですが、前年の箱根予選は失敗レースなので、まずは繋ぎ区間から、というところかなぁと。

あとは1年生の山本選手。佐久長聖高校出身、3000m障害でインターハイ表彰台立ちながら、高校駅伝ではアンカーを担当、優勝のゴールテープを切っています。駅伝に関しては何も問題なはず。先日も5000mベストを出して勢いに乗っているいます。出雲で駅伝デビューと言ってほしいです。

全体的には今回はスピードのある選手を順番につぎ込んでいく形となるでしょうか。3年前の出場時は13位と苦しみましたが、今回は当時と比べてかなり充実しています。過去最高順位の9位を大きく上回る可能性を秘めています。

スポンサーリンク

前年度三大駅伝成績:出雲DNF、全日本10位、箱根6位

法政大学

【エントリーメンバー】
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、予:箱根予選、
都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

坂東悠汰④13分47秒26≪18:箱2区14位、17:全2区6位、出1区9位、箱1区9位、16:予23位、箱4区15位≫
土井大輔④14分19秒17≪18:箱1区19位、17:全1区16位、箱4区9位、16:予41位、箱8区18位、15:予123位≫
大畑和真④14分29秒98≪18:箱8区8位≫

岡原仁志③14分09秒07≪18:箱7区11位、17:全7区12位≫
増田蒼馬③14分10秒61
坪井 慧③14分12秒82
佐藤敏也③14分19秒18≪18:箱6区3位、17:全3区2位、箱6区3位≫
松澤拓弥③14分20秒26≪18:箱4区13位、17:全5区11位≫

守角 隼①14分25秒21
鎌田航生①14分28秒84≪18:全国5区3位、17:高3区15位≫

昨年は育成を兼ねて出場、エース区間で優位に立って過去最高順位の7位以上でレースを進めたのですが、4区の選手が熱中症にかかって途中棄権…苦い思い出がある出雲駅伝、今年は昨年以上に楽しみなメンバーを揃えてきました。

まず2年時からエースとして引っ張っている坂東選手がついに4年生、長身からのスピードは健在です。さらに3年生の山コンビが話題になりましたね。うち、青木選手は残念ながら怪我もあり全日本駅伝からの模様。下りの佐藤選手が1万m28分半ばの走力をつけ、満を持して主要区間に登場しそう。

他にも記録会大幅ベストの岡原・増田選手、更に坪井選手も非常にいい状態です。箱根4区の松沢選手もいます。同じせいだ3年生がどんどん育ってきています。それからロード型の4年土井・大畑選手も無事エントリーですね。2年生がいないのが気がかりですが、1年生守門・鎌田選手のデビューがあるかどうか。楽しみなメンバーが揃っています。

区間エントリー予想
8.0km-5.8km-8.5km-6.2km-6.4km-10.2km
坂東悠汰④-増田蒼馬③-佐藤敏也③-岡原仁志③-坪井 慧③-土井大輔④

1区と3区はもうエースでいいと思うのですよね。1区は2年連続で坂東選手。5000mのスピードは一人ずば抜けていますし、出雲の1区に関しては、適任は彼しかいないかなと思います。勢いは昨年のほうがあるのですが、しっかりと自分の状態を把握しながら走れますし、最終的に流れの中でうまく繋いでくれると思います。

3区は、いよいよ平地のエース区間デビューするかと思われる佐藤選手。次の箱根では、走力が高くなった佐藤選手を往路起用して、往路優勝を狙う作戦もあるそうなので、そうなれば中盤の主要区間からまず起用したい。区間順位とかはわかりませんが、他校のエースと戦っていければと感じます。

繋ぎの2区4区5区は5000m14分10秒前後を出した3年生3人でいいのかなと思います。単純にタイム順でいうと、岡原選手が一番上なのですが、1500mのスピードがある増田選手を最短区間2区に予想します。岡原選手は終盤に向け流れをリスタートさせる役目。それから坪井選手をしっかりデビューさせたいですね。佐藤選手が箱根で平地に回ると、6区山下りは彼のはず。一度大学駅伝を経験させてやれればと思います。

アンカーはどうしようかなと思いましたが、実績や最近の記録会の成績からすると、土井選手ですかね。元来はしっかり一人でペースを刻むのを得意とする選手。ただ、今年春はちょっと失敗レースも続きました。まずは出雲のアンカーでしっかりと自分の走りができればと思います。

法政大は、かなりの伝統校ですが、出雲駅伝は7位が最高なんですよね。ちょっとびっくりですが、今回は更新したいですね。箱根往路優勝を狙うなら、出雲駅伝でもある程度の結果がほしいところ。しっかり上位争いをしていきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    この2校は楽しみにしてる大学です。城西はスピードが上がってきてチームらしくなってきました。法政は合宿がかなり良かった印象でチームが仕上がってきたと思います。

    城西は管理人さんのオーダーから鈴木選手と中島選手をテレコにして予想してます。どうにも台風後の風が気になるので長身ランナーは集団走になりやすい前半で使っておきたいので鈴木選手は2区の方がいいと思います。
    あとは5区だけ読めませんね。しかしこの大学、長身ランナーめっちゃ多いですね…

    法政も岡原選手と増田選手をテレコにして予想してます。これは全日本、箱根と想定した上で岡原選手に3区、増田選手に9区を任せられそうだという印象があり岡原選手には慣れてない前半での叩き合いを経験させた方がいいと思います。5区が悩みどころですがサプライズ選出もあると思います。1年生を起用したら痺れますね。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      城西大は、鈴木選手を前半起用もありですね。箱根に向けてそういう区間を試すのもありなのかも。
      陸マガ増刊号見ると岡原選手2区ということもあるのかな?鎌田選手あたり5区走ることはあるかもですね。

  2. たけぽっぽ より:

    法政は青木、人見選手がエントリーされなかったのは残念ですが、メンバー的にはおもしろい戦いと現戦力のテストができそうです。
    私が考えたオーダーは坂東ー土井ー岡原ー佐藤ー坪井ー大畑です。意図としては昨年箱根を経験した岡原、大畑選手の主力区間へのステップアップ及び5区坪井選手の駅伝デビューを少しでも良い位置で渡すために実力者の佐藤選手をあえて4区にしました。特に大畑選手は関東インカレでハーフマラソン入賞しているだけに、是非起用してほしいです。

    城西は管理人さんのオーダーがベストかなと思います。ただし、大石選手がエントリーされなかったことが残念です。
    決して選手層が厚いとは言えないだけに、チームの中では貴重なロード型の中原選手を起用することも全日本以降を考えるとプラスかもと考えます。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      今年の法大は、岡原・大畑選手が、最終的に箱根で主要区間を走れるようになると助かりますよね。そういしつつ駅伝デビューしたり、いろいろ考えながらオーダー組みそうですよね。

      城西大は、ひとまず今のエントリーでスピードある選手の起用でしょうかね。中原選手はひとまず全日本から復帰できればと自分は思ってます。

  3. おかしつかい より:

    法政応援者としてはぜひ6位以上を実現して欲しいです。

    昨年熱中症になってしまった強矢のリベンジが見れないのは残念ですが、それほど戦力が整って来たということかなとおもいます。

    区間予想ですが
    岡原ー増田ー坂東ー鎌田ー坪井ー佐藤
    と予想します。

    岡原は主要区間で使いたいという話もあるようで、箱根を見据えてぜひ1区で走ってもらいたいですね。
    鎌田と坪井は大畑キャプテンと土井にはまだまだ劣るかもしれませんが、調子も良さそうなのでぜひ初駅伝を見たいです。

    いづれにしても出雲をみれること楽しみに、応援しようと思います。

  4. アオ より:

    本日発売の大学駅伝秋号によると、法政大学は岡原選手をエース区間に起用するようですよ。
    タイプ的に6区は無さそうなので、1区か3区に登場しそうですね。
    箱根を考えると、坂東、佐藤の二大エース(青木選手は5区で決定とのことです)は2区3区に登場しそうなだけに、新たな1区候補の育成もかねて1区に投入というのも面白いかも知れません。

    城西大学は金子選手のエントリー漏れが気になりますが、叩き上げのスピードランナー達に注目ですね。
    区間予想はほぼ管理人様と同じでしょうか。5区か4区に新人で砂岡選手を起用したら面白そうかなとも思いますね。城西大学は強豪校からの進学も多いですが、どちらかというと無名校出身のスピードランナーが強くなる印象があるので。