スポンサーリンク

第49回全日本大学駅伝2017【概要・日程・出場校エントリー・結果まとめ】

シェアする

出雲駅伝2017も終わり、今度は全日本大学駅伝2017ですね。

◆公式HP:http://daigaku-ekiden.com/
◆テレビ朝日HP:http://www.tv-asahi.co.jp/ekiden/

スポンサーリンク

第49回(2018)全日本大学駅伝

概要

【日程】

2017年11月5日(日)午前8時05分スタート

(同日、13時20分前後にトップがゴール、40分前後に最後のチームがゴール)

【コース】

熱田神宮西門前(名古屋市熱田区神宮) → 伊勢神宮内宮宇治橋前(伊勢市宇治館町)  8区間 106.8km
第1区 14.6 ㎞ 熱田神宮西門前 → 愛知県・弥富市筏川橋西詰(喫茶シャロウ前)
第2区 13.2 ㎞ 弥富市筏川橋西詰 → 三重県・川越町高松(コマツリフト四日市支店前)
第3区  9.5 ㎞ 川越町高松 → 四日市市六呂見町(山九四日市支店海山道倉庫前)
第4区 14.0 ㎞ 四日市市六呂見 → 鈴鹿市寺家(中勢自動車学校前)
第5区 11.6 ㎞ 鈴鹿市寺家 → 津市上浜町(焼肉きんぐ津上浜店)
第6区 12.3 ㎞ 津市上浜町 → 松阪市曽原町(元ドライブイン三雲)
第7区 11.9 ㎞ 松阪市曽原町 → 松阪市豊原町(JA松阪前)
第8区 19.7 ㎞ 松阪市豊原町 → 伊勢神宮内宮宇治橋前
※第50回大会(2018年)からは第1~6中継所の変更を予定しております。
出典:http://daigaku-ekiden.com/kaisai/

テレビ放送時間・解説者

※現在未発表です。

昨年のテレビ放送は、

前日の午後:BSテレビ朝日「1時間予選の特番」
当日:7時00分~13時40分(生中継)

でした。例年通りならほぼ同じ日程になるかと思います。

スポンサーリンク

出場校

【シード校】
・青山学院大学(5年連続7回目)
・早稲田大学(11年連続23回目)
・山梨学院大学(6年連続30回目)
・駒澤大学(22年連続24回目)
・中央学院大学(5年連続11回目)
・東洋大学(10年連続25回目)

【北海道地区】
・北海道大学(6年ぶり21回目)

【東北地区】
・東北大学(5年連続12回目)

【関東地区】
・神奈川大学(2年ぶり16回目)
・東海大学(4年連続30回目)
・國學院大學(3年連続5回目)
・大東文化大学(5年連続42回目)
・法政大学(4年ぶり10回目)
・帝京大学(3年連続10回目)
・明治大学(10年連続11回目)
・順天堂大学(2年ぶり22回目)
・城西大学(3年ぶり6回目)

【北信越地区】
・新潟大学(2年連続11回目)

【東海地区】
・愛知工業大学(6年ぶり16回目)
・皇學館大學(初出場)

【関西地区】
・関西学院大学(2年ぶり8回目)
・立命館大学(17年連続29回目)
・京都産業大学(5年連続45回目)

【中四国地区】
・広島経済大学(4年連続21回目)

【九州地区】
・第一工業大学(2年ぶり22回目)

【オープン参加】
・日本学生選抜
・東海学生選抜

スポンサーリンク

エントリー

10000m持ちタイム上位8人の平均順に並び替えます

その上位17校ほどの予定です。

公式に乗るのはエントリー日の10月11日時点での10000mベストですので、

記録会が行われるごとに更新予定です。

スポーツ報知にて、東海大と青山学院大だけ発表されました。

http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20171011-OHT1T50205.html

スポンサーリンク

青山学院大学(28分45秒7)

前年度優勝校・2017箱根優勝・2017出雲2位

選手名・学年 10000mベスト 実績
田村和希④ 28分18秒31 2017出雲2区1位(区間新)、2015箱根4区1位(区間新)  
鈴木塁人② 28分31秒66 2017関東IC2部6位、2016出雲1区5位 
下田裕太④ 28分33秒77 2017出雲3区3位、関東IC2部ハーフ2位、箱根8区1位
中村祐紀④ 28分34秒67 2016全日本7区5位 
梶谷瑠哉③ 28分52秒94 2017出雲1区8位、箱根1区4位 
橋詰太慧③ 28分56秒06 2017出雲6区6位、関東IC2部1万6位
橋間貴弥③ 29分08秒85 2017関東IC2部1万出場 
森田歩希③ 29分09秒79 2017関東IC2部1万9位、箱根4区2位 
吉永竜聖④ 29分21秒82 2016全日本3区5位 
吉田圭太① 29分33秒32 2017日本IC5千9位、全国駅伝1区6位 
小野田勇次③ 29分59秒31 2017出雲4区2位、箱根6区1位 
神林勇太① 5千13分59秒14 2017出雲5区3位
竹石尚人② 5千14分05秒40  

出雲のメンバーから鈴木・中村・橋間選手がエントリーに追加。1区や関東ICで実績のある鈴木選手が間に合いました。粘りが効くタイプなだけにもし調子が上がっていれば、田村・下田選手以外に、出雲から戦える駒数が増えますが果たして、原監督の言う通り全日本からは巻き返せるのか。

東海大学(28分54秒9)

前年度7位⇒予選2位通過、2017箱根10位、2017出雲1位

選手名学年 10000mベスト 実績
關 颯人②  28分23秒37  2017出雲6区1位、関東IC1部5千6位、2016出雲6区1位
川端千都④  28分44秒71  2017箱根9区5位 
湊谷春紀③  28分46秒59  2016出雲6区5位 
松尾淳之介②  28分50秒94  2017出雲3区4位、箱根4区12位 
鬼塚翔太②  28分55秒26 2017出雲4区1位、箱根1区2位、2016全日本1区10位 
郡司陽大②  29分05秒28   
中島怜利②  29分15秒38  2017箱根6区8位 
三上嵩斗③  29分17秒67  2017出雲5区1位、2016出雲5区2位
西川雄一朗②  29分18秒91  2017関東IC5千7位 
國行麗生④ 29分25秒80 2017箱根3区17位、2016全日本6区2位 
阪口竜平②  5千13分41秒09  2017出雲1区1位、 日本IC5千3位
館澤亨次②  5千13分48秒89 2017出雲2区2位、箱根5区13位、2016全日本3区1位 
塩澤稀夕①  5千13分57秒03  2017関東IC1500m5位 

出雲のメンバーからは湊谷・中島・西川選手が追加。こちらもほぼ順調で關選手他、川端選手ら長い距離に強い選手らも入っています。10000mの持ちタイム平均では青学より下回ってますが、阪口・舘澤選手、更に地元の塩澤選手らが起爆剤で2冠目なるか。

スポンサーリンク

東洋大学(28分59秒31)

前年度6位、2017箱根駅伝2位、出雲駅伝5位

選手名学年 10000mベスト
相澤 晃② 28分44秒19
西山和弥① 28分44秒88
山本修二③ 28分50秒64
吉川洋次① 28分53秒51
渡邉奏太② 28分59秒77
小早川健④ 29分08秒58
小笹 椋③ 29分12秒05
中村 駆② 29分20秒87
浅井峻雅① 30分06秒62
定方 駿② 30分08秒92
唐本直登④ 30分12秒31
中村拳梧③ 30分27秒92
今西駿介②

出雲のメンバーから4年生が2人入っていましたが、主力はやはり3年生以下が今回も中心になりそうなメンバーですね。怪我などなければ出雲の1区~4区の4人は出走だと思いますが、あと4人を誰にするのか。そして育成しながらシード権以上の争いに加わっていけるのか気になりますね。

日本学生選抜(29分55秒2)

ルールにのっとり、各地区1名、一番タイムの良かった地区を2名で上位8人の平均を出しています。

選手名学年 10000mタイム 大学名
ムソニ ムイル② 28分19秒24 創価大
住吉秀昭③ 28分57秒02 国士舘大
藤山悠斗④ 29分28秒69 大阪経済大
滋野聖也③ 29分32秒97 星槎道都大
古川大晃③ 30分00秒41 熊本大
井野口慎之輔④ 30分16秒86 広島大
五十嵐大義④ 31分06秒02 信州大
矢走拓斗④ 31分40秒89 福島大
原 由幸④ 30分10秒06 星槎道都大
山口晃平④ 30分15秒86 関西大
山田泰史① 30分17秒34 日本文理大
森重 恒太③ 30分42秒64 山口大
福田裕大③ 31分47秒78 金沢大
高橋拓海③ 32分11秒64 山形大

関東地区はどうするのかなと思われましたが、創価大のムイル選手と国士舘の住吉選手となりました。おそらく出走の2人でまずリード。あとは道都大で活躍中の滋野選手、最近大幅に自己ベストを更新した藤山選手や古川選手らの走りにも注目です!

区間エントリー

別ページ記載予定

結果

別ページ記載予定

スポンサーリンク

フォローする