スポンサーリンク

第49回全日本大学駅伝2017【概要・日程・出場校エントリー・結果まとめ】

シェアする

出雲駅伝2017も終わり、今度は全日本大学駅伝2017ですね。

◆公式HP:http://daigaku-ekiden.com/
◆テレビ朝日HP:http://www.tv-asahi.co.jp/ekiden/

スポンサーリンク

第49回(2017)全日本大学駅伝

概要

【日程】

2017年11月5日(日)午前8時05分スタート

(同日、13時20分前後にトップがゴール、40分前後に最後のチームがゴール)

【コース】

熱田神宮西門前(名古屋市熱田区神宮) → 伊勢神宮内宮宇治橋前(伊勢市宇治館町)  8区間 106.8km
第1区 14.6 ㎞ 熱田神宮西門前 → 愛知県・弥富市筏川橋西詰(喫茶シャロウ前)
第2区 13.2 ㎞ 弥富市筏川橋西詰 → 三重県・川越町高松(コマツリフト四日市支店前)
第3区  9.5 ㎞ 川越町高松 → 四日市市六呂見町(山九四日市支店海山道倉庫前)
第4区 14.0 ㎞ 四日市市六呂見 → 鈴鹿市寺家(中勢自動車学校前)
第5区 11.6 ㎞ 鈴鹿市寺家 → 津市上浜町(焼肉きんぐ津上浜店)
第6区 12.3 ㎞ 津市上浜町 → 松阪市曽原町(元ドライブイン三雲)
第7区 11.9 ㎞ 松阪市曽原町 → 松阪市豊原町(JA松阪前)
第8区 19.7 ㎞ 松阪市豊原町 → 伊勢神宮内宮宇治橋前
※第50回大会(2018年)からは第1~6中継所の変更を予定しております。
出典:http://daigaku-ekiden.com/kaisai/

テレビ放送時間・解説者

テレビ放送

11月4日(土)9時30分~10時25分 BS朝日「あす号砲!全日本大学駅伝」
11月5日(日)7時45分~13時45分 テレビ朝日「JAバンクスポーツスペシャル 秩父宮賜杯第49回全日本大学駅伝対校選手権大会」

解説者

増田明美さん…選手のプチ情報

ゲスト解説

村山謙太(駒大OB・旭化成)
神野大地(青学OB・コニカミノルタ)

スポンサーリンク

出場校

【シード校】
・青山学院大学(5年連続7回目)
・早稲田大学(11年連続23回目)
・山梨学院大学(6年連続30回目)
・駒澤大学(22年連続24回目)
・中央学院大学(5年連続11回目)
・東洋大学(10年連続25回目)

【北海道地区】
・北海道大学(6年ぶり21回目)

【東北地区】
・東北大学(5年連続12回目)

【関東地区】
・神奈川大学(2年ぶり16回目)
・東海大学(4年連続30回目)
・國學院大學(3年連続5回目)
・大東文化大学(5年連続42回目)
・法政大学(4年ぶり10回目)
・帝京大学(3年連続10回目)
・明治大学(10年連続11回目)
・順天堂大学(2年ぶり22回目)
・城西大学(3年ぶり6回目)

【北信越地区】
・新潟大学(2年連続11回目)

【東海地区】
・愛知工業大学(6年ぶり16回目)
・皇學館大學(初出場)

【関西地区】
・関西学院大学(2年ぶり8回目)
・立命館大学(17年連続29回目)
・京都産業大学(5年連続45回目)

【中四国地区】
・広島経済大学(4年連続21回目)

【九州地区】
・第一工業大学(2年ぶり22回目)

【オープン参加】
・日本学生選抜
・東海学生選抜

スポンサーリンク

エントリー

10000m持ちタイム上位8人の平均順に並び替えます

平均30分以内のチームです。

公式に乗るのはエントリー日の10月11日時点での10000mベストですので、

記録会が行われるごとに更新予定です。

スポーツ報知にて、東海大と青山学院大だけ発表されました。

http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20171011-OHT1T50205.html

[追記]10/23 ついにエントリーが発表されました⇒http://daigaku-ekiden.com/syutsujyou/

スポンサーリンク

青山学院大学

前年度優勝校・2017箱根優勝・2017出雲2位

選手名・学年 10000mベスト 実績
田村和希④ 28分18秒31 2017出雲2区1位(区間新)、2015箱根4区1位(区間新)  
鈴木塁人② 28分31秒66 2017関東IC2部6位、2016出雲1区5位 
下田裕太④ 28分33秒77 2017出雲3区3位、関東IC2部ハーフ2位、箱根8区1位
中村祐紀④ 28分34秒67 2016全日本7区5位 
梶谷瑠哉③ 28分52秒94 2017出雲1区8位、箱根1区4位 
橋詰太慧③ 28分56秒06 2017出雲6区6位、関東IC2部1万6位
橋間貴弥③ 29分08秒85 2017関東IC2部1万出場 
森田歩希③ 29分09秒79 2017関東IC2部1万9位、箱根4区2位 
上位8人平均 28分45秒7
吉永竜聖④ 29分21秒82 2016全日本3区5位 
吉田圭太① 29分33秒32 2017日本IC5千9位、全国駅伝1区6位 
小野田勇次③ 29分59秒31 2017出雲4区2位、箱根6区1位 
神林勇太① 5千13分59秒14 2017出雲5区3位
竹石尚人② 5千14分05秒40  

出雲のメンバーから鈴木・中村・橋間選手がエントリーに追加。1区や関東ICで実績のある鈴木選手が間に合いました。粘りが効くタイプなだけにもし調子が上がっていれば、田村・下田選手以外に、出雲から戦える駒数が増えますが果たして、原監督の言う通り全日本からは巻き返せるのか。

東海大学

前年度7位⇒予選2位通過、2017箱根10位、2017出雲1位

選手名学年 10000mベスト 実績
關 颯人②  28分23秒37  2017出雲6区1位、関東IC1部5千6位、2016出雲6区1位
塩澤稀夕① 28分36秒15 2017関東IC1500m5位 
川端千都④  28分44秒71  2017箱根9区5位 
湊谷春紀③  28分46秒59  2016出雲6区5位 
松尾淳之介②  28分50秒94  2017出雲3区4位、箱根4区12位 
鬼塚翔太②  28分55秒26 2017出雲4区1位、箱根1区2位、2016全日本1区10位 
郡司陽大②  29分05秒28   
中島怜利②  29分15秒38  2017箱根6区8位 
上位8人平均 28分49秒7
三上嵩斗③  29分17秒67  2017出雲5区1位、2016出雲5区2位
西川雄一朗②  29分18秒91  2017関東IC5千7位 
國行麗生④ 29分25秒80 2017箱根3区17位、2016全日本6区2位 
阪口竜平②  5千13分41秒09  2017出雲1区1位、 日本IC5千3位
館澤亨次②  5千13分48秒89 2017出雲2区2位、箱根5区13位、2016全日本3区1位 

出雲のメンバーからは湊谷・中島・西川選手が追加。こちらもほぼ順調で關選手他、川端選手ら長い距離に強い選手らも入っています。10000mの持ちタイム平均では青学より下回ってますが、阪口・舘澤選手、更に地元の塩澤選手らが起爆剤で2冠目なるか。

スポンサーリンク

東洋大学

前年度6位、2017箱根駅伝2位、出雲駅伝5位

選手名学年 10000mベスト
相澤 晃② 28分44秒19
西山和弥① 28分44秒88
山本修二③ 28分50秒64
吉川洋次① 28分53秒51
渡邉奏太② 28分59秒77
小早川健④ 29分08秒58
小笹 椋③ 29分12秒05
中村 駆② 29分20秒87
上位8人平均 28分59秒3
浅井峻雅① 30分06秒62
定方 駿② 30分08秒92
唐本直登④ 30分12秒31
中村拳梧③ 30分27秒92
今西駿介②

出雲のメンバーから4年生が2人入っていましたが、主力はやはり3年生以下が今回も中心になりそうなメンバーですね。怪我などなければ出雲の1区~4区の4人は出走だと思いますが、あと4人を誰にするのか。そして育成しながらシード権以上の争いに加わっていけるのか気になりますね。

神奈川大学

2017箱根5位、全日本予選1位通過、出雲6位

選手名学年 10000mベスト
山藤篤司③ 28分29秒43
鈴木健吾④ 28分30秒16
鈴木祐希④ 28分52秒99
多和田涼介③ 29分04秒58
大塚 倭④ 29分10秒60
大川一成④ 29分15秒83
宗 直輝② 29分16秒83
荻野太成② 29分17秒50
上位8人平均 28分59秒7
越川堅太② 29分20秒85
安田共貴② 29分26秒20
枝村高輔④ 29分30秒59
安藤 駿② 29分43秒55
井手孝一① 29分55秒35

柱の鈴木健選手がエントリー!長距離ロードは学生トップレベルの彼無しで出雲6位だったチームをどこまで引き上げられるか?他、山藤・大塚選手など出雲メンバーや調子を上げてきた多和田・大川選手ら、戦える選手が揃ってきて神奈川大はついに臨戦態勢を整えてきました。

スポンサーリンク

山梨学院大学

前年度3位、2017箱根17位、箱根予選4位通過

選手名学年 10000mベスト
ドミニク ニャイロ③ 27分56秒47
上田健太④ 28分48秒92
市谷龍太郎④ 28分55秒14
永戸 聖③ 28分57秒51
河村知樹④ 29分13秒05
久保和馬③ 29分20秒90
首藤貴樹② 29分36秒31
出木場風吹③ 29分42秒57
上位8人平均 29分03秒8
中村幸成② 29分46秒26
片山優人③ 29分53秒88
藤田義貴③ 30分01秒52
安藤主税① 30分10秒84
清水鐘平③ 5千14分16秒67

ニャイロ・上田・永戸選手の3本柱に、怪我が癒えた市谷選手と主役はある程度揃ってきましたね。河村・久保選手もロードで安定している選手です。他は実績的にやや落ちますが、箱根予選4位通過のメンバーが揃いました。ところで中距離の清水選手の出走はあるのかな??

中央学院大学

前年度5位、2017箱根6位、出雲8位

選手名学年 10000mベスト
横川 巧② 28分29秒12
高砂大地② 28分54秒13
大森 澪④ 28分56秒06
髙橋翔也① 29分02秒98
廣 佳樹③ 29分08秒46
福岡海統③ 29分15秒89
細谷恭平④ 29分24秒20
市山 翼③ 29分27秒97
上位8人平均 29分04秒8
有馬圭哉② 29分28秒51
新井翔理④ 29分28秒87
由見光道④ 29分36秒32
實政瑛久③ 29分50秒73
藤田大智② 29分52秒22

ここ最近駅伝で高いレベルで安定している中央学大は大森・高砂選手らの出雲メンバーに加え、主力の細谷・新井選手がエントリーしてきたのは大きいですね。横川・廣選手らスピードランナーも入れて、8人は駒が揃う。シード権争い以上はしそうなメンバーだ。

スポンサーリンク

早稲田大学

前年度2位、2017箱根3位、出雲9位

選手名学年 10000mベスト
永山博基③ 28分25秒85
光延 誠④ 29分03秒47
藤原滋記④ 29分03秒96
安井雄一④ 29分07秒01
新迫志希② 29分07秒06
太田智樹② 29分09秒06
清水歓太③ 29分24秒33
石田康幸④ 29分29秒16
上位8人平均 29分06秒2
河合祐哉④ 29分56秒19
吉田 匠① 30分00秒68
西田 稜③ 30分02秒56
谷口耕一郎④ 30分25秒20
宍倉健治① 5千14分04秒54

毎年出雲は動きが悪く、全日本から急激によくなる早稲田大だが今年は戦力的にギリギリでどうか?4年生の安井・藤原・石田選手が好調、2年生の太田選手もじわじわ成長中だ。スピードランナーの光延、エースの永山選手の調子が大きく順位を左右しそうだ。

順天堂大学

2017箱根4位、全日本予選7位通過、出雲4位

選手名学年 10000mベスト
栃木 渡④ 28分19秒89
塩尻和也③ 28分32秒85
野田一輝② 29分00秒06
橋本龍一② 29分16秒71
清水颯大① 29分20秒79
難波皓平② 29分22秒55
金原弘直③ 29分31秒58
吉岡幸輝③ 29分41秒52
上位8人平均 29分08秒2
山田 攻③ 29分56秒69
鈴木雄人② 29分58秒09
小畠隆太郎② 30分04秒18
藤曲寛人② 30分06秒47
中村陵介④ 30分14秒80

大エース塩尻選手に加え、橋本・野田・難波選手ら2年生の調子が非常に良い順大は出雲4位からすると充分シード権候補になりうる。他にもケガから上がってきている柱である4年栃木選手や出雲失敗からの巻き返しを狙うルーキー清水選手ら注目ランナーが多いチームだ。

スポンサーリンク

大東文化大学

前年度15位⇒4位通過、2017箱根13位、箱根予選2位通過

選手名学年 10000mベスト
前田将太④ 28分59秒86
林 日高④ 29分06秒80
原 法利④ 29分08秒16
齋藤 諒③ 29分09秒92
川澄克弥② 29分11秒21
奈良凌介② 29分12秒01
新井康平③ 29分12秒04
谷川貴俊③ 29分20秒09
上位8人平均 29分10秒0
山本翔馬④ 29分29秒22
中神文弘③ 29分31秒65
奈須智晃③ 29分46秒17
渡辺拓巳④ 29分52秒68
三ツ星翔① 30分17秒39

箱根予選で2年連続総合力の高さを見せた大東大。林・原・川澄選手の59分台トリオの他、奈良・谷川・山本選手らロードが得意なランナー、新井・斎藤選手らスピードランナーと好ランナーは多い。駅伝でブレーキが出て流れが途切れるので、それが出なければ面白い。

明治大学

前年度11位⇒7位通過、2017箱根18位、箱根予選13位

選手名学年 10000mベスト
坂口裕之③ 28分35秒47
末次慶太④ 28分56秒64
阿部弘輝② 29分03秒00
田中龍太③ 29分08秒75
三輪軌道② 29分11秒88
佐々木大輔② 29分28秒99
南 俊希② 29分29秒26
中島大就② 29分36秒00
上位8人平均 29分11秒2
角出龍哉③ 29分46秒79
前田舜平① 29分55秒88
小袖英人① 30分03秒02
大保海士① 30分04秒91
河村一輝② 5千14分04秒20

箱根予選敗退でまさかの全日本駅伝のみとなった明大。4年は末次主将のみだが何とかエントリー。出走なるか?あとは箱根予選出走した3年生以下のエントリー。ただ、坂口・三輪選手が出走できるのかどうか?そうでなければ厳しい戦いになるかもしれません。

スポンサーリンク

城西大学

2017全日本予選9位通過、箱根予選8位通過

選手名学年 10000mベスト
中島公平③ 28分51秒95
金子元気③ 29分10秒04
西嶋雄伸② 29分10秒30
中舎優也④ 29分16秒95
酒井雅喜④ 29分19秒70
菅 真大④ 29分22秒01
服部潤哉③ 29分26秒39
山本竜也④ 29分27秒60
上位8人平均 29分15秒6
大石 巧③ 29分37秒59
荻久保寛也② 29分40秒27
中原佑仁② 29分47秒48
峐下拓斗③ 29分49秒41
鈴木勝彦③ 29分55秒91

3年ぶり出場の城西大は1万m上位8人がエントリーするなど順当なエントリー。てか、中舎・酒井選手がどちらもエントリーされたのはびっくり!主力は金子・中島・西嶋選手らに堅実な菅選手ら4年生。うまくオーダーを組んで上位に入る方法を模索したい。

國學院大學

前年度9位⇒3位通過、2017箱根16位、箱根予選6位通過

選手名学年 10000mベスト
向 晃平④ 28分49秒36
浦野雄平② 29分08秒68
土方英和② 29分13秒56
江島崚太③ 29分16秒28
芹澤昭紀③ 29分24秒61
臼井健太① 29分30秒96
國澤優志④ 29分33秒34
松永拓馬④ 29分37秒27
上位8人平均 29分19秒2
青木祐人② 29分46秒10
内田健太④ 29分47秒60
河野敢太④ 29分48秒70
長谷勇汰③ 29分54秒70
木下 巧① 30分21秒09

昨年後半区間で健闘し一桁順位となった國學院大がさらに総合力をつけた。向・浦野・江島選手らスピードがある選手に、土方・國澤・松永選手らロードが得意な選手らとバランスの取れたチームになってきた。エース不在が解消しつつはあるが食らいつけるか。

法政大学

2017箱根8位、全日本予選5位通過、出雲DNF

選手名学年 10000mベスト
坂東悠汰③ 28分44秒87
土井大輔③ 28分06秒65
矢嶋謙悟③ 29分14秒03
佐藤敏也② 29分23秒79
青木涼真② 29分30秒64
磯田和也④ 29分39秒59
福田兼士③ 29分42秒45
増田蒼馬② 29分42秒88
上位8人平均 29分23秒1
佐々木虎一朗② 29分43秒14
岡原仁志② 29分47秒74
鈴木亮平③ 29分48秒84
松澤拓弥② 29分49秒05
中村雅史① 5千14分47秒73

出雲はまさかの棄権となった法大ですが、それまでは坂東・青木選手らでいい流れだった。これに出雲で外れていた佐藤・土井・磯田選手ら主力選手が加わり、核となる区間は埋まりそうだ。他、福田選手ら調子の上がっている選手を起用して上位戦線に加わりたい。

スポンサーリンク

駒澤大学

前年度4位、2017箱根9位、出雲7位

選手名学年 10000mベスト
工藤有生④ 28分23秒85
下 史典③ 28分56秒24
高本真樹④ 29分11秒68
小原拓未① 29分27秒32
片西 景③ 29分30秒73
加藤 淳① 29分48秒87
中村大聖② 29分53秒08
伊勢翔吾③ 29分57秒60
上位8人平均 29分23秒6
伊東颯太① 30分16秒23
物江雄利③ 5千13分54秒38
山下一貴② 5千14分09秒57
堀合大輔③ 5千14分15秒11
大坪桂一郎② 5千14分16秒02

このランクが低いのは1万を出走する機会が少ないだけ。勿論シード権以上候補。工藤・片西・下選手がロードで強い柱になる。これにルーキーの加藤・小原選手、長い距離に強い堀合・山下選手ら手堅いランナーがいる。春先ブレイクした物江選手が戻ったのも心強いところだ。

帝京大学

前年度10位⇒6位通過、2017箱根11位、箱根予選1位通過

選手名学年 10000mベスト
竹下 凱③ 29分10秒82
佐藤諒太④ 29分15秒37
畔上和弥③ 29分17秒60
岩佐壱誠② 29分19秒54
星  岳① 29分30秒08
横井裕仁③ 29分32秒16
島貫温太② 29分33秒57
平田幸四郎② 29分38秒68
上位8人平均 29分24秒2
田村岳士② 29分42秒13
濱川 駿③ 29分47秒81
谷村龍生① 30分18秒86
田村丈哉② 5千14分20秒73
小森稜太② 5千14分32秒10

関東最下位ですが、先日の箱根予選はトップ通過。ロードの強さが非常に際立ちます。佐藤・畔上・岩佐選手の59分台トリオ、堅実な竹下・濱川、伸び盛りの島貫・平田選手、新戦力の小森・星選手ら楽しみな選手が多い。流れに乗れば高い総合力でシード権に届くか?

スポンサーリンク

立命館大学

前年度16位、2017出雲13位

選手名学年 10000mベスト
岩﨑祐也④ 29分17秒29
桝本剛史④ 29分19秒79
今井崇人② 29分24秒94
辻村公佑③ 29分28秒23
村武慎平⑤ 29分34秒11
森 太一③ 29分39秒61
小岩慎治③ 29分41秒51
中井拓実② 30分06秒80
上位8人平均 29分34秒0
吉岡遼人① 30分10秒58
西川 諒③ 30分20秒91
髙畑祐樹② 30分24秒27
岡田浩平① 30分30秒82
楠 大輝③ 30分34秒86

1万mの持ちタイムは関東地区に負けず劣らず、打倒完投の一番手だ!出雲は2区間で熱中症に陥る区間が出てしまい失敗したが、涼しくなる全日本は本領発揮なるか?岩崎・桝本・辻村・村武選手ら柱をうまく起用していきたい。

関西学院大学

2017出雲11位

選手名学年 10000mベスト
石井優樹② 29分14秒08
野中優志④ 29分18秒59
坂東 剛③ 29分30秒50
藤原直樹④ 29分32秒96
川田 信① 30分11秒25
松井政洋④ 30分25秒65
小嶋一魁③ 30分30秒72
中谷一平② 30分36秒73
上位8人平均 29分55秒0
賀集慧大③ 30分40秒69
川島貴哉② 30分53秒37
村田 惇① 31分10秒70
藤井大輔② 31分21秒90
沖見史哉① 31分24秒90

出雲は11位と健闘した関西学院大。石井・野中・坂東選手の3本の柱が主要区間で大健闘していた。選手層的にややきついが、伸び盛りの川田選手らで繋ぎ区間をしのいでいきたい。

日本学生選抜

前年度16位相当

ルールにのっとり、各地区1名、一番タイムの良かった地区を2名で上位8人の平均を出しています。

選手名学年 10000mタイム 大学名
ムソニ ムイル② 28分19秒24 創価大
住吉秀昭③ 28分57秒02 国士舘大
藤山悠斗④ 29分28秒69 大阪経済大
滋野聖也③ 29分32秒97 星槎道都大
古川大晃③ 30分00秒41 熊本大
井野口慎之輔④ 30分16秒86 広島大
五十嵐大義④ 31分06秒02 信州大
矢走拓斗④ 31分40秒89 福島大
上位8人平均 29分55秒2
原 由幸④ 30分10秒06 星槎道都大
山口晃平④ 30分15秒86 関西大
山田泰史① 30分17秒34 日本文理大
森重 恒太③ 30分42秒64 山口大
福田裕大③ 31分47秒78 金沢大
高橋拓海③ 32分11秒64 山形大

関東地区はどうするのかなと思われましたが、創価大のムイル選手と国士舘の住吉選手となりました。おそらく出走の2人でまずリード。あとは道都大で活躍中の滋野選手、最近大幅に自己ベストを更新した藤山選手や古川選手らの走りにも注目です!

スポンサーリンク

ひとまず30分以内はここまで。時間があれば、他地区も更新します。

おそらく公式の他、西條さんのHP(http://hakonesaijo.sakura.ne.jp/zenizu.htm)にもランクが出ると思います。

ひとまず、明日からどんどん区間エントリー予想をしていこうと思います。

区間エントリー

暫定

全日本大学駅伝の暫定区間オーダーを更新します。 ※今年からルールが変わっていましたので、修正します※ 2日に...

確定オーダー

結果

1位神奈川大学5:12:49
2位東海大学5:14:07
3位青山学院大学5:15:22
4位駒澤大学5:15:59
5位東洋大学5:16:29
6位中央学院大学5:17:59
以上、シード権獲得校
7位早稲田大学5:19:08
8位帝京大学5:19:39
9位山梨学院大学5:20:32
10位法政大学5:20:59

詳しくはこちら↓

現コースでのラスト大会となった今大会 総合優勝したのは2強と言われた東海大や青山学院大ではなく、 神奈川大学でした!! ...

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. えいりん より:

    コンテンツの上
    第49回(2018)となってるのはなぜ?
    同ページのほかには、49回2017年とある。

  2. エリヤク より:

    駒澤大学の下選手のタイムは合ってるのでしょうか?もしタイムが合ってるとしたら上位8人には入らないと思うんですがいかがでしょうか?