スポンサーリンク

【総合結果!】第49回全日本大学駅伝2017【神奈川大、2強を破り20年ぶり3回目優勝!】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

現コースでのラスト大会となった今大会

総合優勝したのは2強と言われた東海大や青山学院大ではなく、

神奈川大学した!!

スポンサーリンク

第49回全日本大学駅伝2017

総合結果

スポンサーリンク

神奈川大学(1位5:12:49)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区山藤篤司③43分29秒区間4位4位5秒
2区大塚 倭④38分56秒区間7位3位32秒差
3区荻野太成②27分34秒区間5位4位45秒差
4区鈴木祐希④40分40秒区間5位4位1分14秒差
5区越川堅太②33分52秒区間賞2位11秒差
6区安田共貴②36分08秒区間4位2位1秒差
7区大川一成④34分46秒区間4位2位17秒差
8区鈴木健吾④57分24秒区間2位1位

1区から安定、5区越川選手が区間賞でトップ争いへ、エース鈴木健選手が貫録の走り!20年ぶり3回目総合優勝!!

いや~びっくりですね!山藤選手がトップ近くに来るのは予想通りでしたが、2区大塚3区荻野選手が堅実にリレー。そして4区鈴木祐選手が青学の選手にうまく食らいつくと流れがきました。5区越川選手が追い風に乗って区間賞獲得し総合2位へ!6区からは東海大と抜きつ抜かれつになりますが17秒差の2位で粘ると、全日本にかけた大エース鈴木健選手はあっという間に追いつくと見る見るうちに引き離していきました!57分24秒の好記録で最長区間を駆け抜け、断トツで総合優勝のゴールテープを!鈴木健選手の走りも凄いし、1区から7区もアンカーが強いから、自信をもって走っていった結果ですね。(予想3位)

総合優勝おめでとうございます

スポンサーリンク

東海大学(2位5:14:07)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区鬼塚翔太②43分59秒区間8位8位35秒差
2区塩澤稀夕①38分44秒区間5位5位50秒差
3区館澤亨次②27分02秒区間賞2位31秒差
4区關 颯人②40分42秒区間6位2位1分02秒差
5区湊谷春紀③34分13秒区間2位3位20秒差
6区國行麗生④35分58秒区間2位1位
7区三上嵩斗③34分30秒区間2位1位
8区川端千都④58分59秒区間3位2位1分18秒差

館澤選手区間賞も1区4区が不発で生き切れず…7区で単独トップに立つも悔しい準優勝

青学大が早い段階で遅れた時はもらったと思ったのですが…。2区塩澤選手が好走、3区舘澤選手2年連続区間賞、更に復活の湊谷選手を含め5区から3連続区間2位で巻き返し、三上選手の頑張りで一時単独トップにまで戻したのですが…結果的に見ると出雲優勝に大きく貢献した2年生が僅かにブレーキ&欠場したのが響きましたかね。それでも大きく存在感を示した2位!川端選手も意地を見せたと思います!(予想1位)

青山学院大学(3位5:15:22)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区中村祐紀④44分46秒区間10位10位1分22秒差
2区田村和希④38分04秒区間賞6位57秒差
3区梶谷瑠哉③27分28秒区間4位5位1分04秒差
4区森田歩希③40分16秒区間3位3位1分09秒差
5区下田裕太④34分49秒区間4位4位1分03秒差
6区竹石尚人②36分08秒区間4位3位53秒差
7区小野田勇次③34分43秒区間3位3位1分06秒差
8区鈴木塁人②59分08秒区間4位3位2分33秒差

1区で遅れ、2区田村選手区間賞で追い上げるも…稼ぐ選手不足で最後まで先頭に近づけず

1区中村選手の出遅れから、2区田村選手区間賞、3区梶谷4区森田選手が懸命の追走、初駅伝竹石選手の粘り、アンカーで鈴木選手の復活。随所で頑張りはあったものの、田村選手以外の4年生が噛み合わず。序盤突っ込みながら区間3位4位連発しただけに惜しまれます。采配に関して出雲に続いてやや読みを外した面もあったような感じがしました。ただ、今後の調整次第では4連覇の可能性は僅かながらありそうです。(予想2位)

スポンサーリンク

駒澤大学(4位5:15:59)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区片西 景③43分25秒区間2位2位1秒差
2区工藤有生④38分41秒区間4位2位13秒差
3区物江雄利③27分48秒区間6位3位40秒差
4区下 史典③40分46秒区間7位5位1分15秒差
5区加藤 淳①35分13秒区間7位5位1分33秒差
6区堀合大輔③35分57秒区間賞5位1分12秒差
7区中村大聖②34分49秒区間5位4位1分31秒差
8区山下一貴②59分20秒区間7位4位3分10秒差

片西・工藤選手の両エースで流れに乗ると堅実にリレー、6区堀合選手区間賞獲得!

ユニバハーフ金メダリストの片西選手がハイペースの中、区間2位と好走。工藤選手も区間4位と何とか走り切ると以降はすべて区間7位以内の堅実なリレー。3区物江選手が復調しました。また、駒大得意の6区で堀合選手が区間賞!伝統の力を見せると、7区8区の2年生もまずまず走りましたか。3強に及ばなかったですが、現状の力は出したのではないでしょうか(予想4位★)

東洋大学(5位5:16:29)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区相澤 晃②43分24秒区間賞1位
2区渡邉奏太②38分29秒区間2位1位
3区西山和弥①27分21秒区間3位1位
4区山本修二③40分11秒区間2位1位
5区中村 駆②34分55秒区間5位1位
6区浅井峻雅①37分29秒区間16位4位1分11秒差
7区小笹 椋③35分32秒区間8位5位2分13秒差
8区吉川洋次①59分08秒区間4位5位3分40秒差

2年生相澤・渡邊選手でトップ!4年生不在で6区途中まで主役に!8区吉川選手も好走

4区山本選手でトップに迫るのでは…と思っていましたが、これは凄かった!1区相澤選手がラストスパートで区間賞を取ると、大きく波にのりました。渡邉選手が初めての駅伝好走で単独トップ!出雲は熱中症でそこから体調ギリギリ合わせての走りでびっくり!その後5区まで大健闘!6区が苦しかったですが、8区吉川選手が1年生記録の区間4位!あとは4年生待ちですかね。(予想5位★)

中央学院大学(6位5:17:59)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区大森 澪④43分38秒区間5位5位14秒差
2区新井翔理④39分14秒区間9位7位59秒差
3区廣 佳樹③27分57秒区間8位7位1分35秒差
4区高砂大地②41分05秒区間10位7位2分29秒差
5区市山 翼③35分05秒区間6位6位2分39秒差
6区髙橋翔也①36分18秒区間6位6位2分39秒差
7区有馬圭哉②35分12秒区間7位6位3分21秒差
8区細谷恭平④59分30秒区間9位6位5分10秒差

故障者続出でオーダー変更も…5区初駅伝市山選手が6位に浮上すると堅実にシード権内に!

直前で主力の横川選手が故障、他にも変更区間がありバタバタしたのですが、よく粘りましたね。大森選手でいいスタート切るも、4区終了時で7位。ただ、6位との差は僅かでした。市山選手が6位へ浮上し、7位へ1分差をつけると、以降も区間一桁をキープして、急遽8区の細谷選手も粘り通しました。初の2年連続シード権獲得で一つずつステージを登っています!(予想8位)

以上シード権獲得

スポンサーリンク

早稲田大学(7位5:19:08)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区太田智樹②43分28秒区間3位3位4秒差
2区安井雄一④39分00秒区間8位4位35秒差
3区新迫志希②28分01秒区間9位6位1分15秒差
4区藤原滋記④41分23秒区間13位6位2分27秒差
5区宍倉健治①36分07秒区間20位8位3分39秒差
6区永山博基③36分03秒区間3位7位3分24秒差
7区吉田 匠①35分55秒区間15位7位4分49秒差
8区石田康幸④59分11秒区間6位7位6分19秒差

1区太田選手の好走でも…ブレーキ区間が出て7位に屈す、永山・石田選手が収穫

1区太田選手が終始良い位置につけて区間3位!安い選手も粘り、やはり全日本は得意と思われましたが…3区から順位を落とし始めると、区間13位、20位、15位とブレーキ区間が…。特に1年生にきつい展開となった。永山選手が復調の区間3位、石田選手が堅実に区間6位で走りましたが、ちぐはぐなレース展開で今後に不安を残ってしまいました。(予想6位)

帝京大学(8位5:19:39)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区岩佐壱誠②45分07秒区間12位12位1分43秒差
2区竹下 凱③39分30秒区間11位11位2分44秒差
3区濱川 駿③28分31秒区間14位12位3分54秒差
4区佐藤諒太④40分57秒区間9位12位4分40秒差
5区畔上和弥③34分26秒区間3位10位4分11秒差
6区島貫温太②36分23秒区間7位9位4分16秒差
7区横井裕仁③35分09秒区間6位8位4分55秒差
8区小森稜太②59分36秒区間10位8位6分50秒差

序盤のスピード区間は苦しむも…5区畔上選手の好走から流れに乗り、一桁順位へ!

総合力でじわじわあがってきましたね。岩佐・竹下選手が上位につけずも、総合12位付近で踏ん張ると、4区佐藤・5区畔上選手の主力2人が一気に流れを引き寄せました。畔上選手はさすがと言ったところでしょうか。島貫・横井選手が区間一桁で7位の背中に迫り、新戦力の小森選手もアンカーで踏ん張りました。箱根予選1位の勢いは確かでした。(予想10位)

山梨学院大学(9位5:20:32)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区上田健太④44分56秒区間11位11位1分32秒差
2区永戸 聖③39分15秒区間10位10位2分18秒差
3区久保和馬③28分07秒区間10位10位3分04秒差
4区市谷龍太郎④42分03秒区間16位13位4分56秒差
5区清水鐘平③35分49秒区間16位13位5分50秒差
6区片山優人③37分22秒区間13位13位6分54秒差
7区河村知樹④35分54秒区間14位13位8分18秒差
8区ドミニク ニャイロ③57分06秒区間賞 9位7分43秒差

ニャイロ選手はしっかり区間賞獲得も…7区までの最高位が区間10位でシード権と大差に

序盤に主力を投入し、食らいつく作戦も総合10位に留まってしまったのが痛かった。4区市谷選手今回も苦戦、中距離清水選手が走った苦手な5区も克服できず、大きく引き離されてしまいました。河村選手も状態が上がらず、ニャイロ選手までにシード権まで5分近い大差が。長い距離で良くなる選手がいるかもですが、今回はきついレースになりました(予想7位)。

なお、予想順位は4位5位があたりましたね。旧3強もなんだかんだ頑張ったかと。上位は神大のここまでの躍進を予想できませんでした。あとは中学大と山学大をもう少し慎重に見極めたかったかな。

法政大学(10位5:20:59)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区土井大輔③45分19秒区間15位15位1分55秒差
2区坂東悠汰③38分47秒区間6位9位2分13秒差
3区佐藤敏也②27分18秒区間2位8位2分10秒差
4区青木涼真②41分08秒区間11位8位3分07秒差
5区松澤拓弥②35分16秒区間11位7位3分28秒差
6区福田兼士③36分51秒区間12位8位4分01秒差
7区岡原仁志②35分44秒区間12位9位5分15秒差
8区鈴木亮平③60分36秒区間15位10位8分10秒差

2区坂東・3区佐藤選手の好走で終盤までシード権を狙える位置に、エース力は見せた

1区土井選手がやや遅れましたが、そこから頑張りましたね。2区坂東選手が6人抜きで巻き返すと、3区佐藤選手がアップダウンの多い区間で区間2位の好走!5区の松澤選手で一時7位まで浮上する流れを作りました。繋ぎで区間一桁を出せなかったですが、箱根を見据えるとひとまず10位という結果を出すことができたというところです。(予想14位)

スポンサーリンク

國學院大学(11位5:21:26)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区浦野雄平②43分45秒区間7位7位21秒差
2区向 晃平④39分53秒区間13位8位1分45秒差
3区江島崚太③28分16秒区間11位9位2分40秒差
4区土方英和②41分17秒区間12位9位3分46秒差
5区臼井健太①35分14秒区間9位9位4分05秒差
6区内田健太④37分30秒区間17位11位5分17秒差
7区河野敢太④35分48秒区間13位11位6分35秒差
8区松永拓馬④59分43秒区間11位11位8分37秒差

浦野選手1区起用があたり、区間7位!その後ろが離れていたこともあり、4区まで区間二けたも総合9位キープ。1年生臼井選手が区間9位で頑張ってここからと思いましたが、6区内田選手が流れを切ってしまいました。アンカー松永選手が59分台で走破し、力をつけたところを見せたのがもう一つ収穫でしょうか。(予想15位)

順天堂大学(12位5:21:34)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区橋本龍一②46分19秒区間22位22位2分55秒差
2区塩尻和也③38分31秒区間3位12位2分57秒差
3区清水颯大①27分50秒区間7位11位3分26秒差
4区栃木 渡④40分38秒区間4位10位3分53秒差
5区野田一輝②35分43秒区間15位11位4分41秒差
6区吉岡幸輝③37分26秒区間15位12位5分49秒差
7区山田 攻③35分38秒区間9位12位6分57秒差
8区難波皓平②59分29秒区間8位12位8分45秒差

一見、いいオーダーが組めたように思いましたが、1区起用の橋本選手がまさかの区間22位ブレーキ。塩尻選手がさすがの区間3位で10人抜き、清水・栃木選手がしっかり走り10位まで浮上しましたが、5区で再び流れが途切れてしまったのが無念。それでも終盤、山田・難波選手が好走を見せ区間一桁5つ出せたのは箱根に繋がるか。(予想9位)

城西大学(13位5:22:31)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区金子元気③45分09秒区間13位13位1分45秒差
2区西嶋雄伸②40分21秒区間18位15位3分37秒差
3区中島公平③28分20秒区間12位13位4分36秒差
4区菅 真大④40分09秒区間賞11位4分34秒差
5区山本竜也④35分13秒区間7位12位4分52秒差
6区大石 巧③36分39秒区間9位10位5分13秒差
7区中原佑仁②35分39秒区間10位10位6分22秒差
8区服部潤哉③61分01秒区間16位13位9分42秒差

序盤に起用したスピードランナーがうまく走れず、3区終了時で13位。厳しい伊勢路になると思われましたが、4区出走の菅選手が日本人歴代3位となる記録で区間賞を獲得したのがたまげましたね~。その後流れができ、5区山本、6区大石選手が区間一桁の好走。7区終了時で10位につけ、戦える可能性を示しました。(予想12位)

大東文化大学(14位5:24:04)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区川澄克弥②46分02秒区間19位19位2分38秒差
2区林 日高④40分05秒区間16位18位4分14秒差
3区新井康平③28分24秒区間13位15位5分17秒差
4区原 法利④41分29秒区間14位14位6分35秒差
5区奈良凌介②35分15秒区間10位14位6分55秒差
6区山本翔馬④36分43秒区間10位14位7分20秒差
7区齋藤 諒③35分41秒区間11位14位8分31秒差
8区谷川貴俊③60分25秒区間14位14位11分15秒差

以前からオーダーを変えてきましたが、1区が今回もブレーキ。川澄選手には厳しい駅伝が続きます。原選手も脚を痛めて戻ってきて、どうも箱根予選からの全日本の調整がうまくいかないですね。そのあとは、区間一桁は出ませんでしたが、ほぼ単独走が続く中何とかリレーしましたかね。(予想11位)

明治大学(15位5:25:12)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区南 俊希②46分10秒区間20位20位2分46秒
2区坂口裕之③42分44秒区間25位23位7分01秒差
3区河村一輝②28分31秒区間14位21位8分11秒差
4区佐々木大輔②41分36秒区間15位19位9分36秒差
5区大保海士①35分30秒区間13位18位10分11秒差
6区末次慶太④36分38秒区間8位17位10分31秒差
7区阿部弘輝②34分08秒区間新 15位10分09秒差
8区中島大就②59分45秒区間12位15位12分13秒差

なんといえばいいのか。序盤は本当に最悪な展開となった中、4区佐々木選手が粘って繰り上げ回避、4年生末次選手が初めて区間一桁で有終の美、そして勝負をかけて起用した7区阿部選手が的中!01年の区間記録を破る快走を見せました。ただ、それでも関東最下位脱出には遠かったです。走れる状態ではない坂口選手起用したのがちょっと疑問でした。(予想13位)

スポンサーリンク

立命館大学(16位5:25:40)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区岩崎祐也④45分40秒区間17位17位2分16秒
2区小岩慎治③40分01秒区間15位16位3分48秒差
3区中井拓実②28分46秒区間16位14位5分13秒差
4区吉岡遼人①42分22秒区間18位15位7分24秒差
5区村武慎平⑤35分53秒区間17位15位8分22秒差
6区桝本剛史④36分44秒区間11位15位8分48秒差
7区高畑祐樹②35分56秒区間17位16位10分14秒差
8区辻村公佑③60分18秒区間13位16位12分51秒差

故障者が続出していた中、関東地区以外でトップに立ったのはさすが。7区終盤まで関東地区を1つ食っていました。悪くて区間18位で安定、主要区間は回避となった桝本選手が区間11位、辻村選手も区間13位でまとめて、一定の力があるところを見せました。(予想18位)

日本学生選抜(OP5:26:01)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区ムソニ ムイル②創価大43分35秒区間5位5位相当11秒差
2区原 由幸④道都大41分08秒区間21位12位相当2分50秒差
3区森重恒太③山口大 28分58秒区間17位13位相当4分27秒差
4区住吉秀昭③国士大40分54秒区間8位14位相当5分10秒差
5区古川大晃③熊本大35分25秒区間12位13位相当5分40秒差
6区矢走拓斗④福島大38分27秒区間20位15位相当7分49秒差
7区福田裕大③金沢大36分33秒区間18位15位相当9分52秒差
8区藤山悠斗④大経大61分01秒区間16位17位相当13分12秒差

ムイル選手は区間5位に留まりましたが、やはり1区で主導権を握りましたね。一時単独トップで目立ちました。また、住吉選手も区間8位は嬉しい成績です。他地方選手も森重・古川・福田・藤山選手がかなり踏ん張る成績だったと思います。まずまず戦えるチームですね(予想16位相当)

皇學館大學(17位5:30:19)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区川瀬翔矢①45分35秒区間9位9位1分11秒差
2区田中雄也④40分41秒区間19位13位3分23秒差
3区上村直也①29分06秒区間18位14位5分08秒差
4区上村一真③42分47秒区間20位16位7分44秒差
5区新美 健②35分36秒区間14位16位8分25秒差
6区平山寛人①37分31秒区間18位16位9分38秒差
7区田邊隼都①37分32秒区間22位17位12分40秒差
8区平野恵大②62分31秒区間22位17位17分30秒差

大健闘でしたね。川瀬選手が10㎞過ぎまで先頭集団に食いつく走りで9位スタートすると、区間20位以内をキープ、5区新美選手が区間14位の好走であと僅かで関東地区以外トップにつける好走、繰り上げも回避し、8人の汗がしみ込んだ襷をかけて母校の前を通過すると、東海地区出場枠2を確保する総合17位!もっと取り上げてもいい初出場での大躍進でした!(予想20位)

京都産業大学

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区西川和希③48分21秒区間27位25位4分57秒差
2区上坂優太③39分57秒区間14位21位6分25秒差
3区宮下朝光②29分10秒区間20位22位8分14秒差
4区元木駿介④42分42秒区間19位21位10分45秒差
5区久保拓海④35分53秒区間17位20位11分43秒差
6区日下聖也③37分23秒区間14位19位12分48秒差
7区島田将志④35分55秒区間15位19位14分13秒差
8区西内建太④61分30秒区間18位18位18分02秒差

エース選手が起用されず、1区が区間最下位の大ブレーキ、2区上坂選手が区間14位の健闘をするも、4区で繰り上げの憂き目に…。苦しい伊勢路になりましたが、そこから区間15位前後の走りでまとめてきて、伝統校の意地を見せました。(予想17位)

関西学院大学(19位)

区間名前学年区間タイム区間順位総合順位トップとの差
1区石井優樹②45分53秒区間19位18位2分29秒差
2区野中優志④39分30秒区間11位14位3分30秒差
3区小嶋一魁③29分37秒区間21位18位5分46秒差
4区坂東 剛③42分19秒区間17位17位7分54秒差
5区川田 信①36分11秒区間21位17位9分10秒差
6区村田 惇①38分33秒区間22位18位11分25秒差
7区藤井大輔④36分46秒区間19位18位13分41秒差
8区松井政洋④64分01秒区間27位19位20分01秒差

出雲で奮闘していたものの、今回はきつかった。2区野中選手が区間11位の4人抜きで健闘したものの、あとは最高が区間17位。何とか繰り上げ回避するのが精一杯でした。(予想16位)

その他総合成績

20位広島経済大学5:33:44(予想19位)
21位愛知工業大学5:34:08(予想21位★)
22位第一工業大学5:35:09(予想22位★)
OP東海学連選抜5:38:03(予想23位相当★)
23位東北大学5:41:25(予想23位★)
24位北海道大学5:46:21(予想24位★)
25位新潟大学5:49:13(予想25位★)

21位以下が全部あたったのはなんなんやw それはともかく、広島経済大が今年も健闘。また、ずっと最下位が続いていた北海道地区ですが、1区酒井選手の健闘などで北海道大が頑張り24位をとりました。

その他上位者

区間名前学年区間タイム区間順位
1区J.ギチア③第一
柗井駿佑④愛工大
43分43秒
45分15秒
区間7位
区間15位
2区國司寛人M2名大東海40分18秒区間17位
3区嵜本浩士②第一29分09秒区間19位
4区生川智章④愛工大42分51秒区間21位
5区細澤幸輝⑤三重大東海35分53秒区間17位
6区山本啓輔④広経大38分01秒区間19位
7区河原洋太①広経大37分04秒区間20位
8区唐澤研太④愛工大61分30秒区間18位

ギチア選手以外では、1区好調だった愛工大の柗井選手が好走しましたね。愛工大はやはり4年生が強かった印象。また、東海学連は学年が高い選手が健闘、広島経済大は繋ぎ区間が良かったですね。

スポンサーリンク

区間賞

区間名前学年大学名区間タイム
1区相澤 晃②東洋大学43分24秒
2区田村和希④青山学院大学38分04秒
3区館澤亨次②東海大学27分02秒
4区菅 真大④城西大学40分09秒
5区越川堅太②神奈川大学33分52秒
6区堀合大輔③駒澤大学35分57秒
7区阿部弘輝②明治大学34分08秒(区間新)
8区ドミニク ニャイロ③山梨学院大学57分06秒

なんと全区間違う大学が区間賞。これは49回の伊勢路の歴史で初めてのことだったそうですね。気象条件が良く、差が付きにくかったのもありますが、目まぐるしい展開でしたが、やはり区間賞争いもいつもと違う様相を見せていたようです。なお、区間新の阿部選手がMVPを獲得しています。

箱根駅伝に向けて

青学・東海・神大・東洋の4強!

青学と東海大が中心と思っていましたが、神大が凄かったですね。箱根駅伝では鈴木健選手2区で序盤非常に優位になるでしょうから、往路優勝争いは少なくとも筆頭候補になってくるでしょうかね。あとは復路の選手層がどうなるかというところ。

東海大と青学大も主要区間での不安要素はあるものの、繋ぎ区間の区間順位は安定していてさすがの選手層の厚さを見せつけました。今回の悔しさを糧にして個人の成長、そして采配がうまくあたれば十分にトップに立つ可能性はあります。

また山に関して言えば、青学大が一番有利5区6区出走者が成長を見せています。東海は5区候補が故障しているようですが6区は選手がいます。神大はそこがどうかというところです。そんなわけなので、箱根はまた別の戦いですね。

それから、今回5位だった東洋大も優勝候補に入ると思います。3年生以下で4区終了地点で2位に1分以上差をつけてトップ。また最長区間で1年生の好走があり、実質5本3年生以下に柱がいることになります。4年生が復帰するのが条件でsぐあ、東洋大も箱根総合優勝の芽はあると思います。

他、駒大・中央学大・帝京大にそこに割って入ってくる可能性を感じました。順大と大東も噛み合えばいけるかな?今後の記録会に注目ですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 東海大大ファン より:

    初コメです。
    東海大(特に鬼塚選手)は少し青学を意識しすぎたと思います。序盤あれだけ引っ張ったうえで仕掛けにも対応する力はまだ無いかと
    それと關選手ですが今回は良くなかったですこれが体調が悪いだけなのかそれとも距離対応が出来てないのか…もし距離対応が出来ていないなら箱根に向けてかなり不安です。

    • hakonankit より:

      >東海大大ファンさん
      初コメありがとうございます!
      仰る通り、2強のにらみ合いの中を神大がスルスルと抜けていったのかもしれません。
      關選手が伸びなかった理由は私も気になりますね…。ひとまず上尾ハーフでの好走を祈ります;。

  2. たけぽっぽ より:

    神奈川の優勝はまさかでした。コメントで「7区で先頭が見える位置ならスーパーミラクルも?」と書いたのが、まさか現実になるとは・・・(予想自体は3位)。箱根も1区山藤、2区鈴木健吾、3区越川で相当リードを奪いそうなので、他大学は神奈川をかなり意識しなければならないと思います。

    青山学院は竹石選手を起用してくれたことは嬉しかったです。区間4位も及第点だと思うので、復路で出てくる可能性もあるのかなと。反対に中村選手は不安を感じます。下田選手と共に箱根走れない場合、3位も危ないかも。

    最後に東洋は4年生抜きで戦い抜いたことはかなりすごいと感じました(予想7位)。4年生が控えていることプラス小室選手という秘密兵器がスタンバイしていることを考えたら、優勝争いする大学にはかなり脅威だと思います。
    箱根は神奈川、東海、青山学院、東洋が優勝争いをリードするのかなと現段階では考えています。細かい部分については、今後ちょこちょこコメントしていきます。

    • てんやわんや より:

       神奈川の優勝は、視聴者のわたくしも、まさかでした。東海と、青山の監督が7区で“かながわに1っ分差なら勝てると” 公言されておられていた様でしたので事実でしたんですね。
       もしかして鈴木健吾並みの秘密選手、東海と青山不在なら。。。骨折予後不良さえなければ神大 案外 3位以内に 入着可能かも…鈴木健吾は日本の宝だから無理しないで欲しい。サイボークとしか思えないー以上。マー箱根で3区の終わりまでに、青山、東洋、駒澤と4分差つけて1位なら、もしかしたら、優勝も夢。。。うーーんやっぱダメか。  

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      神大は素晴らしい駅伝でしたね。先頭が見える位置に7区終了時でつけられるとはちょっと思いませんでした。

      青学の竹石選手も見事でしたね。初駅伝で突っ込まざるを得ない状況の中、しっかり粘れたと思います。中村選手は出番があるとすれば復路でしょうか。マラソン走れるスタミナはあるので、力になれるはずですが…。

      東洋大があれだけリードするとは思いませんでしたね。4年生がしっかり準備が進んでいるならば、”4強”になるかもしれません。

  3. 北の旅人 より:

    面白い大会でしたね!
    神大と前半の東洋大はあっぱれでした。
    早大は1区で良いスタートを切りながら、あの様子では、今年の箱根はかなり苦戦しますね…
    光延は故障ですか!?

    • hakonankit より:

      >北の旅人さん
      2強がクローズアップされる中、神大と東洋、駒大といった他の大学が大きな存在感を示しましたね。
      早大は今年戦うのに本当にギリギリですね…(汗) 光延選手は故障らしいです。

  4. りっく より:

    川崎監督の超ネガティブ発言は本当に信用したらダメだと思いました。怪我明けでエース区間初起用の新井選手、細谷選手が普通に走れているのでただの揺さぶりだったんでしょう。あと新戦力の発掘も成功したのでにんまりなんでしょう。

    東海は若干ブレーキを起こした二人のランナーが大誤算でした。鬼塚選手はハイペースで引っ張りすぎて苦手(に思っている)な下りで仕掛けられて潰れました。
    關選手は10km以降のラップが伸びなさすぎ。結局長い距離とアップダウンはダメというレッテルを貼られてしまいそう。事前予想では森田選手だと苦しいとかアンカーでいけるという意見も多かったんですが蓋を開けてみたらこういう感じでしたね。上尾ハーフで我々をギャフンと言わせてほしいです。

    さて1区が面白かったですね。特に片西選手は自分が1区の起用を推していたのでビックリの結果ではないです。あれが彼の武器です。箱根駅伝では今回の区間上位者がそのまま走るでしょう。東海と青学はなんとかしてハイペースのスパート合戦に耐えられるランナーが出てきてほしいです。

    最後に順天堂にもの申します。塩尻選手をごぼう抜き要因にする駅伝はいい加減にしろ。それなら塩尻選手を1区にして荒らし回った方が良かったでしょう。箱根駅伝の評価が一気に落ちてしまいました。

    • たけぽっぽ より:

      りっくさん
      初めてコメントさせていただきます。たけぽっぽと申します。
      一言言わせてください。駒澤の1区片西選手を戦前から予測してあの結果。おそらく誰も想定できなかったと思います(私も絶対8区だと思っていました汗)。あれを読みきったりっくさんに脱帽です。
      以前も全日本予選の城西通過を当てたりと相当大学の長距離界を見てきた強者だとかんじました。今後も楽しく見させていただきたいと思うので、よろしくお願いします。

      • りっく より:

        たけぽっぽさん
        返信ありがとうございます!大変恐縮です。駅伝ももちろん好きですが陸上すべて好きなただの人間で強者なんてそんなすごいものではないですよ…
        皆さんの予想と結構違う視点で見るようにしてますので見ていただけると嬉しいです。

  5. カズマ より:

    神奈川大学優勝おめでとう!
    みんな完璧でした。箱根も山藤、健吾、越川でロケットスタートすると二位とかに3分ぐらいつけるかもしれませんね。
    東海も結局敗因は1区になってしまうかもしれませんね。青学は離したのでオッケーかと思いつつましたがね笑
    関も伸びきらなかったかなあ。
    川端も健吾に抜かれましたが、良い走りだと思いました。箱根は9.10区のどちらかと
    僕は優勝候補筆頭だと思います。
    青学は1区遅れましたね。橋詰は怪我でしょうかねえ?下田も足痛そうでしたのであれなら他の選手の方が良かったのかなあと箱根までには直してほしいです。
    今年の4区は40分台、41分台で15人ぐらいいたのはびっくりしました。
    駒沢も二本柱を最初に使って正解でしたね。堀合も良い走りでしたね。
    東洋も先頭に立ったらホント強いですねえ。箱根の時もそうでしたね。あのまま行くと思いましたよ、6区浅井は脱水みたいになってしまったのでしょうか?また箱根で活躍してほしいです、4年生がメンバー入ったら野村、堀、竹下が戻ってきたら優勝目指せると思います。
    中央学院も横川変わった時ヤバイと思いましたが、さすがです。細谷もまとめました。
    山学はニャイロに渡る前までに差が開きすぎましたね。上田、永戸も良くなかったでしたね。箱根も少し怪しいですねえ。
    早稲田は残念ながら僕の予想に近い感じになりましたね。それでも永山区間3位なのは収穫です。また箱根でエンジ魂を見せてくれるでしょう。

    • hakonankit より:

      >カズマさん
      出雲と全日本の1区は主要区間がゆえに、出遅れると本当に挽回が難しいですよね。アンカーが強いとわかっている神大がいるだけに余計に焦りもあったのかもしれません。

      青学はどうなんでしょうね。一応箱根本命を上げろと言われれば青学大なのですが、足並みがそろわないですよね。橋詰選手が走れなかった理由も気になります。

  6. ユーポン より:

     神大優勝しましたね!地元の大学が勝ってくれるとこんなにうれしいものなんだなと感じました。大野選手、宗選手などが控える箱根も面白そうです。大野選手は昨年度5区経験者、宗選手は昨年度6区候補と聞きますので、どうなりますかね?

     東海地区も今後注目したいですね。皇学館も目を見張る活躍でしたが、愛知工業もよく7区まで襷を繋げたなと思いました。岐阜経済や名古屋などはチームとして面白いですし(岐阜経済は東海地区出場枠増の立役校、名古屋は鈴木亜由子さんや中村高洋さんの出身校)、三重大の細澤選手や東海学園の円尾選手など個人としても面白い選手が増えてきている気がします。数年後には打倒関東の筆頭になるかもしれませんね。あとは中京大学が復活してくれればいいんですが・・・

    • hakonankit より:

      >ユーポンさん
      おめでとうございます!自分は三重県出身なので、皇学館大がずっと粘り続けているのを見てとてもドキドキしていました。皇學館大が出場すると、少しでも地元の高校生が入るかもしれません。川瀬選手がいる間に、関東チームを食えるようになってほしいです。

      神大は箱根の地元でもありますし、箱根で優勝したら本当に盛り上がるでしょうね!大野・宗選手ら、まだ走れる選手がいるのも楽しみなところです。

  7. 袖野諒平 より:

    神奈川大アッパレですね。越川選手、安田選手が実績以上の走りを見せました。箱根では往路優勝ならかなり有力な優勝候補ですね。少なくとも4区までは優勝戦線にいると思います。

    2位東海大は鬼塚選手、關選手が想定外の走り。特に關選手な失速はテレビで見てて個人的に下田選手以上にビックリしました。箱根では鬼塚選手は1区から外して4区辺りで仕事した方が良いのかなぁと思います。

    3位の青学エントリー発表で下田が5区の時点で優勝は厳しそうでしたが橋詰選手が走れないとなると当然の結果かもしれません。ただ鈴木塁選手の復活と、竹石選手に計算が立ったという事で箱根優勝の本命で有ることには変わらないと思いますので、下田選手と、橋詰選手の復活に期待です。

    4位駒沢は意外でした。というか自分はシードに入るとすら思ってませんでした。 8区の山下選手がタイム以上に堅実に走った印象です。高本選手、伊勢選手も走ると予想される箱根は確実に昨年より良い結果になると思います。ただ山が懸案材料なのでそこを乗り越えればというところでしょうか。

    5位の東洋大は前半区間で大きく見せ場を作りましたね。8区の吉川選手の好走も光りました。ただ浅井選手は仕方ないとして、小笹はちょっとガッカリな走りでしたね。箱根で野村選手、堀選手、竹下選手、小早川選手も出てくることが予想される中で出走できるかが心配です。あと、東洋も山が居ないですね。その為そこを乗り切ればダークホース以上の存在になってくるのではないでしょうか。

    • hakonankit より:

      >袖野諒平さん
      本当に、鈴木祐・越川・安田選手があれだけ走るとは思わなかったですね。子の走りができるなら箱根駅伝もかなりの間優勝戦線を沸かせるかもしれませんね。

      そう思わせるくらい神大が素晴らしかったからこそ、青学と東海がもたつきが実際の走り以上に目立ってしまいましたね。やっぱり關選手が追えなかったのは結構気になってしまいますね。

      青学はやっぱり力自体はあるんだなと思いますね。箱根駅伝ならもっとじっくり前を追っていけるし、一応本命なのかなぁという気がします。

      駒大と東洋はもう少しプラスアルファがあれば、箱根も戦えるかもですね。

  8. プルシアンファン より:

    過去には1時代を作り、しばらく低迷時期があった中での見事な復活。これぞ駅伝。神大にはおめでとうですね!さて山梨学院は・・・。最善の策で1区健太が最悪の結果に。永戸、久保は粘りましたが市谷が・・。出雲は東海、全日本は神大。良く似た色のユニフォームの大学が優勝しました。四年生にはこのままで良いの?悔しくないのか?と言いたいですね。箱根は期待せずに見ますが意地を見せていただきたい

    • hakonankit より:

      >プルシアンファンさん
      神大はよくやりましたね!同じ監督が、予選落ち校→優勝校→予選落ち校→優勝校とまた這い上がってきたのがまた感慨深いものがあります。
      山梨学院大は箱根予選で思った不安要素がそのまま出てしまいましたね…。調整の難しさもあったでしょうが、何か全体的に重い空気を感じてしまいました。

  9. みったん より:

    神奈川大学優勝おめでとうございます!
    さて、青山学院大学箱根駅伝に向けてどう逆襲するのでしょう?駅伝は1区が重要です。神奈川には1区専用機山藤君東海には鬼塚君がリベンジで出て来るでしょう。青山学院は誰を1区にするのか?田村君は駄目ですよ。(笑)昨年経験してる梶谷君か鈴木君のどちらかではないかと思います。この3チームで箱根も優勝争いの可能性が高いですかね。
    今回期待した山梨学院大学は惨敗に終わりとても悔しいです。今回1区上田君なら昨年と
    同じでチームが成長してないと認めてる事となり来年以降と本人の為にやはり永戸君を1区で試す事、距離に不安ある故障上がりの市谷君を最短区間3区で起用、上田君をゲームチェンジャーで置くこと、1年間あるのですから考えてチーム作りして欲しいです。箱根も期待したいのですがニャイロ君だけではシード確保も難しく感じます。今日のニャイロ君のゴール時に上田君と永戸君が迎えてました、永戸君の目には涙がありましたので箱根では自分から1区希望して勝負して欲しいです!!!

    • hakonankit より:

      >みったん
      青学の1区は基本的には梶谷・鈴木・橋詰選手の誰かでいければ、問題はないと思うんですけどね。東海大相手に色々考えすぎたのかなぁと思ったり。ただ、ちょっと足並みがそろわないところはこの2か月で何とかして修正しなければならないところですかね。

      山梨学大は昨年3位の主力が残っている中、箱根予選があったとはいえ、大きく順位を落としてしまったのは悔しいですね…。この悔しさの糧…も大事ですが、何か明るさとか吹っ切れた感とかも必要なように見えました。

  10. ペトロナス より:

    神大は1区で東海大と青山学院大に対して先行し、良い流れで走れたのが大きいですね。
    箱根駅伝も越川選手がキーマンになりそうですね

    • hakonankit より:

      >ペトロナスさん
      神大にとっても今回の1区はとても恵まれた展開になりましたね。越川選手は引き続き注目の存在になりそうです!

  11. wataru_6519 より:

    優勝した神奈川大学ですが、ほとんどノーミスですね。
    東海は鬼塚・関が伸び悩み、青山は1区の出遅れですね。
    中央学院は故障者が出ても、それをプラスに考えた走りです
    逆に早稲田は層の薄さが出た感じ
    山梨学院はニャイロ以外は二桁順位とは情けない
    帝京は予選会の勢いがそのまま出た感じ
    最後に、この大会は故障者が多かった感じがします

    • hakonankit より:

      >wataru_6519さん
      神大がノーミス…東海と青学は1区で躓いたのが最後まで響いたという感じでしょうかね。ただ、ノーミスならどこでも優勝する可能性があったとも言えそうです。
      中央学大はカバーする力が本当にありますね。10区間になると有利になりはずです。

  12. Sub Marine より:

    ブログ移転してから初コメになります(野球シーズン中のため消えてました)

    長年神大を応援し続けて、遂にプラウドブルーが輝く瞬間を迎えた、という感じでもう感無量です。
    思えば、健吾世代辺りからスカウトが上手くいくようになり、柿原、我那覇、西山と良い選手が育つようになり、それでも中々結果が出ないところをずっとずっと我慢し続けて、遂に今年花開きましたね!
    箱根駅伝は全く別物だと思うので今日の様に上手くいかないかもしれませんが、往路優勝できる力は十分にあります。健吾世代、最後にもう一花咲かせて欲しいです!

    • hakonankit より:

      >Sub Marineさん
      栄枯盛衰をすべて経験している大後監督の神奈川大が優勝したのは本当に嬉しいですね。5か年計画の継続の最中に鈴木健・山藤選手が入ってから、チームが変わってきたように思いkます。実力伯仲の中、大エースがいるのは神大以外はあまりいません。箱根は別物ですが、勝ちに行ってほしいなと思います。

  13. ばーすと より:

    神大の強さが光ったなと感じました。
    4区の鈴木裕選手が好走すれば優勝できるのでは?と予想していましたがその通りの展開になりました。箱根も往路優勝は射程圏内、総合優勝も十分狙えると思うので頑張ってほしいです。
    東海、青学はうまく流れに乗れなかったのが痛かった気がします。特に東海は常に神大8区鈴木選手を意識せざるを得ずどこか窮屈な走りになっていたように感じました。

    その他シード校では駒澤がいい走りだったなと思います。全員が安定して走れていたこともあり箱根3位以内も十分狙えると思いました。

    箱根は青学が意地を見せるのか、神奈川がこのままの勢いで制するのか、選手層の厚い東海か、非常に楽しみです!

    • hakonankit より:

      >ばーすとさん
      鈴木祐選手は出雲が良くなかったのでちょっと不安だったのですが、見事な粘りの走りでしたね。こういう走りができるなら箱根も充分に優勝候補ですよね。
      東海大は窮屈な走りになっていながらも、少しずつ神大を引き離したところに強さを感じました。駒大ら収穫があったチームもいくつもありましたね。

  14. eno より:

    久しぶりにコメントさせていただきます。
    神奈川大学の優勝、私は20年前の全盛期を直接目の当たりにはしていませんが、ファンとして感無量でした。
    出雲の結果から、鈴木健吾選手が入っても優勝は厳しいと思っていました。しかし今回は、山藤選手がリズムをつくって以降、どの選手も強豪相手に積極的に食らいつく強気のレースを見せてくれました。特に、前を行っていた東海、東洋を序盤でとらえ後半も粘り抜いた越川、安田選手の走りは素晴らしかったと思います。
    個人的に、大学の優勝は予測していませんでしたが、安田選手は今年の成長、安定感から、起用されればかなり走るだろうと思っていました!箱根も復路で区間上位を狙える素材だと思います。

    • hakonankit より:

      >enoさん
      いや私も出雲の結果から優勝まではいかないかなぁと思っていましたが…選手の心理面にとてもいい影響を与えることを計算から飛ばしてしまっていました。それにしても4区鈴木祐5区越川6区安田選手が想像よりはるかに超える走りでした!長い距離でさらに強さを増すのかどうか!?

  15. 原田康男 より:

    差ほど期待していなかった東洋大が前半健闘したのには、拍手を送りたい。やはり長丁場駅伝は、一人ブレーキが出ると厳しくなりますね。オーダーを組み直し、箱根では往路と総合優勝を期待します。

  16. godai3110 より:

    神大は山藤選手と鈴木健吾選手以外は東海大や青山学院との差が大きいだろうと思っていたので、全員が区間7位以上で繋いだのは予想外でした。余裕を持って鈴木健吾選手に繋げたチーム力の高さに脱帽です。
    ただ、青山学院はスターターと下田の復活、東海大は2年生の活躍次第と問題がはっきりした上での上位ですし、駒沢大も堀合選手の活躍があり、東洋大も相澤、渡辺、吉川選手の力走があるなど、箱根に向けて各大学の調整で2か月で大きく変わりそうですね。今回は全区間で区間賞の大学が異なる戦国駅伝でしたが、箱根もそうなるかもと期待してしまいます。

    個人的には、過去最高順位を更新した帝京大学の箱根での活躍と1区で粘った川瀬選手はじめタスキをつなぎ切った皇學館大學の今後が楽しみです。

  17. スノウ より:

    神奈川大は見事な駅伝でしたね!
    出雲を見た感じ健吾選手戻っても優勝は難しいかなと思ってたんですが、上手くピークを合わせられましたね!
    東海は2年生はイマイチでしたが、4年生+湊谷選手が戻ってきて好走したのは良かったです。
    青学はベストメンバー組めなかったのと1区が痛かったですね。
    東洋は4年生不在の中での前半の快走、駒澤は初駅伝の2年生と堀合選手の快走と収穫がありましたね!
    中央学院は故障者いながら連続シードはお見事ですが、毎回ベストメンバー揃えられないのが気になります…
    帝京は選手層が厚く繋ぎ区間は強いですね。主要区間も中位では走れるので箱根は5区を凌げばシード取れそうです。
    早稲田、山梨学院は現実的には箱根シードが目標でしょうか?
    法政、順天堂、大東文化は箱根に向けて1区が課題ですね。
    國學院は浦野選手が1区で使える事、城西は菅選手が主要区間で戦える事が収穫ですね!
    明治は阿部選手の区間新はありましたが、来年に向けて不安の残る結果です。

  18. あさがお より:

    神奈川大学はミスがなかった、他の大学もここまでされると脱帽ですね。
    そして鈴木選手は今の大学日本人で抜けた存在というのを見せつけられました。

    東海も言われるほど失敗はしてないと見てます、繋ぎ区間なら一番強いと感じます。
    箱根は關選手らスピードタイプを3、4人程度で残りは特殊区間と長い距離向きの選手を固めるのがいいと思います

    青山は準備の段階で負けたという感じ、試合は2区以降はよく走ったと思います。
    1区問題再燃でしょうか、確実に相手につかれる泣き所ですね。橋詰鈴木選手クラスを入れないと落ち着かないかも

    駒澤はいろいろ目途がついたいい駅伝でした。片西選手はエースになりましたし駅伝未参加の2年生も使えて悪くない走り、この学年の他の選手もやれると感じてくれると層が厚くなりますね。

    東洋は前半の快走もですが下級生の勢いが顕著、こちらも収穫が多かった駅伝
    18年度の駅伝も東海1強にはならないと感じさせてもらえました。箱根は上級生次第ですが爆発力を感じる相手は無視できないいいになってます。

    中央学院は駅伝巧者というのを感じます、箱根もまずシードだなと感じるチーム
    1人上げるなら1区の大森選手がいい流れを作って駅伝を回しています、1区をすごく大事にしてる毎回駅伝をすることが大事、いくつかのチームは耳が痛いですね。

    7位以降は帝京が全体的に選手が揃ってると感じました、逆にがっかりは山梨学院、
    全日本8区箱根2区と嵌めてしまうのが良くないのでは。そこを目指す選手を育成してほしいです。

    最後に皇學館が大健闘で新しい風を感じました。
    大学駅伝は関東関西、社会人は関東九州という状態なので中部地方の男子駅伝を盛り上げてほしい、駅伝ファンも目を通していけないとですね。

  19. TAK INABA より:

    神奈川大すごかったですね。正直想定以上でした。
    さて出雲と全日本がおわりましたが箱根に関しては1区はハイペースの可能性が高いかもしれません。理由として両方である程度ハイペースにしたら青学が両方で遅れたからです。おそらく62分台前半くらいが区間賞になるのでは無いでしょうか。
    大学別に見ると駒澤は2年生が期待以上でした。6区まで上位でそこから沈むと思っていたので。
    東海は2区に関して關よりも川端のほうがいい気がします。關は3区あたりの方が力が出るのかなと。
    そして東洋、良かったんですけど小笹がもう一歩の走りが続きますね。箱根では区間上位で走って欲しい選手なんですけど。