スポンサーリンク

【プレス工業】2022男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

続いて、今年こそ復活したいプレス工業です。

スポンサーリンク

プレス工業【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:プレス工業陸上競技部

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第63回東日本実業団陸上競技選手権大会
10000m
猿渡 翔31分20秒73
佐々木寛文DNF

1500m
滋野聖也3分45秒03
大川一成3分59秒89
5000m
藤江千紘14分08秒60
稲毛悠太15分02秒59
長峯弘宇15分34秒65

■第105回日本陸上競技選手権大会(兼 東京2020五輪代表選考会)
3000m障害
9位滋野聖也8分36秒82

■第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
10000m
橋本龍一30分25秒45
3000m障害
4位滋野聖也8分33秒19

 滋野選手が絶好調でしたね。東日本は1500mで出場して、3分45秒!その後は専門の3000m障害ですね。オリンピックに挑戦した日本選手権は9位ながら8分36秒、全日本実業団では、8分33秒の好記録で4位でした。滋野選手の3障がさらに磨かれていました。

 他の選手は苦戦が多かった中、藤江選手が東日本実業団で5000m14分08秒健闘したのが光ります。

■第62回東日本実業団対抗駅伝競走大会
14位プレス工業3時間45分37秒
1区(13.4㎞)12位藤江千紘39分52秒 12位通過
2区(8.4km)13位滋野聖也23分51秒 11位通過
3区(16.8km)3位橋本龍一48分26秒 10位通過
4区(8.4km)14位大川一成25分07秒 12位通過
5区(8.4km)13位髙田凜太郎24分55秒 12位通過
6区(8.4km)15位池田紀保25分17秒 12位通過
7区(12.6km)14位三宅雅大38分09秒 14位通過

 昨年出場を逃していて、今年こその想いは強かったと思います。1区起用となった藤江選手が区間12位で踏ん張り、2区留学生区間には3障絶好調の滋野選手。滋野選手が一つ順位を上げる活躍で11位へ。さらにエース区間3区橋本選手が、区間3位好走!10位へ浮上、この時点ではボーダー12位どころか、さらに上を目指せる形でした。

 でしたが、並の乗れません。4区大川選手が区間14位で12位へ。5区髙田・6区池田選手が12位をキープしますが、こちらも区間二けた。かなり後方に詰め寄られます。アンカーベテランの三宅選手が、決めにかかりますが、後方の勢いに屈しました。

 留学生がいない中、2区終了時点でボーダー以内、さらに3区で浮上した中でしたので、今年に関しては、完全に力負けでした…。

■第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
71位橋本龍一62分15秒 2022/02/13全日本実業団ハーフ
福島弘将65分25秒
藤江千紘66分41秒

■第105回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走

 ハーフマラソンは、エースの橋本選手がしっかりと62分15秒でまとめました。ロードのスピードは、大学時代からさらに磨かれているのかなと思いました。

2021年度記録ランキング

1500m
滋野聖也3分45秒03 2021/05/15第63回東日本実業団陸上競技選手権大会
大川一成3分59秒89 2021/05/15第63回東日本実業団陸上競技選手権大会

3000m
砂田晟弥8分05秒78 2022/03/27東海大記録会
赤平大輔8分12秒38 2022/03/27東海大記録会
稲毛悠太8分16秒57 2022/03/27東海大記録会
池田紀保8分18秒20 2021/04/03第1回順天堂大学競技会
佐々木寛文8分22秒95 2021/04/03第1回順天堂大学競技会
大川一成8分25秒85 2022/03/27東海大記録会
藤江千紘8分43秒25 2022/03/27東海大記録会

 3000mは、年度が替わる直前に大量出場。東日本実業団駅伝の出走メンバー以外が、上位を占めました。特に砂田選手が一気に上がってきて8分05秒は中々の記録、さらに赤平・稲毛選手が8分10秒台で続きました。他のメンバーが上がってくるのはいいですね。

5000m
滋野聖也13分31秒08 2021/11/14第292回日本体育大学長距離競技会
池田紀保13分58秒58 2021/04/25第286回日本体育大学長距離競技会
髙田凛太郎13分59秒03 2021/07/08ホクレンディスタンス深川大会
砂田晟弥14分00秒17 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
熊谷真澄14分03秒05 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
赤平大輔14分05秒89 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
稲毛悠太14分06秒16 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
藤江千紘14分07秒31 2021/10/03第291回日本体育大学長距離競技会
三宅雅大14分08秒92 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
長峯弘宇14分23秒28 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
大川一成14分24秒10 2021/10/03第291回日本体育大学長距離競技会
橋本龍一14分29秒10 2021/07/03ホクレンディスタンス士別大会
小澤勇斗14分29秒14 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
佐々木寛文14分37秒37 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
猿渡 翔15分32秒01 2021/10/03第291回日本体育大学長距離競技会

 5000mは、12月日体大記録会が大半ですね。3障のスピードがある滋野選手がさすがの記録でしたね。13分31秒は、記録レベルが上がってきた今の日本人でも簡単に出せるレベルではないです。

 また、砂田選手が14分00秒、さらに熊谷・赤平・稲毛選手らが14分一桁、藤江・三宅選手ら駅伝メンバー上回っていますから、チームの育成は何とか進んでいますね。夏前には、池田・髙田選手が13分台。ここから夏以降も調子が維持できていれば…といってもしょうがないですかね。

10000m
滋野聖也28分01秒62 2021/12/4第293回日本体育大学長距離競技会
橋本龍一28分45秒19 2021/07/08ホクレンディスタンス深川大会
藤江千紘28分54秒44 2021/06/05第288回日本体育大学長距離競技会
赤平大輔29分33秒63 2021/11/13第292回日本体育大学長距離競技会
猿渡 翔31分28秒07 2021/12/4第293回日本体育大学長距離競技会

2000m障害
滋野聖也5分41秒07 2021/04/25兵庫リレーカーニバル

3000m障害
滋野聖也8分33秒19 2021/09/第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

ハーフマラソン
橋本龍一62分15秒 2022/02/13全日本実業団ハーフ
福島弘将65分25秒 2022/02/13全日本実業団ハーフ
藤江千紘66分41秒 2022/02/13全日本実業団ハーフ

 びっくりは、滋野選手が1万m28分01秒と、あと一歩で27分台大記録だったこと。しかも先の5000mの前日ですね。これだけ高い走力をつけていたとは!?さすがインターナショナル区間でもやりあったはずです。チームとしても、一ついい目標になるかもしれません。 

2022年度移籍・引退選手

池田紀保(埼玉医科大AC)
佐々木寛文(引退)
猿渡 翔(引退)
長峯弘宇(引退)

 まず移籍でいうと、主力の一人池田選手が、埼玉医科大ACへ。くしくも東日本実業団駅伝13位と、出場に向けてライバルとなりえるチームです。残念ですが、チームを鍛えていくしかなさそうです。

 また、佐久長聖高校・早稲田大・日清食品と輝かしい成績を残していた佐々木選手が、ついに引退です。天性のバネで本当に駅伝で強かったです。でしたが、特に実業団以降は、怪我との闘いでもありました。本当にお疲れ様です。また、高卒から実業団に入って、駅伝メンバーを狙った猿渡・長峯選手も引退です。お疲れさまでした。

2022年度新入部員・中途加入選手

ローレンス グレ(札幌学院大)
落合葵斗(神奈川大)

 プレス工業もついに留学生獲得ですね。高校時代から、北海道で活動していたグレ選手がやってきます。出雲駅伝での1区スタートダッシュの印象が、鮮烈に残っていましたが、それ以降はちょっと伸び悩んでいました。

 それでも、入社直後の日体大記録会は13分41秒と、やはりスピード抜群のところを見せています。練習相手も、実業団になりレベルが上がっているでしょうし、また高校時代の勢いが戻ってくれれば。

 神奈川大の落合選手は、大川選手が先輩にいますね。箱根駅伝は3年時に7区出走も順位ダウン。不完全燃焼だったと思うので、実業団で爆発してほしいですね。