スポンサーリンク

【コモディイイダ】2022男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

続いて、コモディイイダです。

スポンサーリンク

コモディイイダ【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:コモディイイダ駅伝部

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第63回東日本実業団陸上競技選手権大会
1500m
小林宏輔3分48秒38
木田貴大3分50秒37
大久保陸人3分58秒73
10000m
ベナード キマニ28分46秒33
金子晃裕29分25秒17
田島 光29分56秒79
宮本甲斐30分15秒65
土居森諒30分29秒32
青木雄貴30分33秒21
岡山春紀31分16秒03
5000m
大久保陸人14分20秒60
青木雄貴14分21秒64
梶山拓郎14分27秒93
土居森諒14分28秒64
田島 光14分36秒36
小林宏輔14分37秒44
五郎谷俊14分40秒34
市村竜樹14分46秒22
工藤 颯14分50秒30
岡山春紀15分12秒67

 東日本実業団大会にはほとんどの部員が出場しているのですよね。1500mでは、小林選手が3分48秒とベストに迫るタイム、1万mはキマニ選手が28分台、5千mは大久保選手がチームトップでした。全体的には、この時はまだ仕上がっていなかったかな?

■第105回日本陸上競技選手権大会(兼 東京2020五輪代表選考会)
5000m
15位松村陣之助13分51秒49

■第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
10000m
金子晃裕28分44秒41
1500m
小林宏輔3分48秒29

5000m
松村陣之助13分48秒60
金子晃裕14分00秒51
5000mジュニア
市村竜樹15分20秒02

 日本選手権は、エース松村選手が5000mに出場。15位13分51秒としっかり走り切りました。全日本実業団大会は、全体的に調子を上げていましたね。松村選手が5千mしっかり13分台、2種目出場の金子選手どちらも結果を残しています。

■第62回東日本実業団対抗駅伝競走大会
12位3時間45分15秒
1区(13.4㎞)15位稲田翔威39分54秒 15位通過
2区(8.4km)8位ベナード キマニ23分33秒 9位通過
3区(16.8km)12位金子晃裕49分19秒 11位通過
4区(8.4km)18位木田貴大25分52秒 14位通過
5区(8.4km)12位宮本甲斐24分49秒 14位通過
6区(8.4km)6位黒田雄紀24分29秒 14位通過
7区(12.6km)8位松村陣之助37分19秒 12位通過

 予選がヒヤヒヤだったのですよね。コトブキヤから移籍となった稲田選手が、実質の実業団駅伝デビュー1区。15位ですが、各チームエースを入れていますので、ここはまずまず。

 続く、2区キマニ選手が区間8位好走で9位まで順位を上げます。3区マラソンで結果を出しつつある金子選手が区間12位の走りで、11位の通過。この時点ではボーダー12位以内の圏内に入っていました。

 でしたが、4区で暗転。ベテラン木田選手がまさかの失速で14位に順位を落とします。5区宮本選手が悪い流れを断ち切ると、6区復帰途上だったエース黒田選手が区間6位の好走。前が視界に見える範囲に追い上げます。

 アンカーは、1区予定も不調でアンカーに回った松村選手。でしたが、走ったらさすがの爆発力。区間8位の好走で、2つ順位を上げ、ボーダー上に浮上!逆転での出場を勝ち取りました。 

■第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)
33位5時間3分33秒
1区(12.3km)33位稲田翔威35分47秒 33位通過
2区(8.3km)36位ベナード キマニ24分09秒 35位通過
3区(13.6km)20位松村陣之助38分30秒 33位通過
4区(22.4km)28位金子晃裕66分17秒 32位通過
5区(15.8km)27位黒田雄紀49分57秒 31位通過
6区(12.1km)36位大久保陸人39分48秒 33位通過
7区(15.5km)25位宮本甲斐49分05秒 33位通過

 本戦でも、1区は稲田選手でした。さすがにレベルが高く区間33位でしたが、大きくは遅れませんでした。でしたが2区キマニ選手が区間36位ブレーキ。力を発揮できず、35位通過となります。

 3区以降奮闘します。スピードある松村選手が、区間20位と今回のチームで最高の区間順位。後方追走ですので、価値あるものですね。

 4区エース区間金子選手が区間28位、復調した黒田選手が5区で区間27位、崩れることなく走り切り、地区枠目安となる30位に近づきました。

 でしたが、6区大久保選手がブレーキとなる区間36位で後退。アンカー引退が決まっていた宮本選手が区間25位と奮闘しましたが、総合33位でのゴール。2区間ブービーが出ると厳しいですね。駅伝の難しさを痛感する形となりました。

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
黒田雄紀62分57秒
梶山拓郎63分45秒
青木雄貴64分47秒
宮本甲斐65分49秒
田島 光66分55秒

■第105回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走
OPウィリー キプサレム29分08秒
27位宮本甲斐30分11秒
40位大久保陸人30分49秒
46位木田貴大31分03秒

 その後の大会にも出場。こうみると、実業団主催の大会に、コモディイイダは数多く出場していますね。全日本実業団ハーフには、主力の黒田選手が62分台でゴール。ここはさすが実力者ですね。

 このほか、宮本選手を除き、駅伝メンバー外の選手が出場。梶山選手が健闘して、63分45秒の好タイムでゴールしています。

 クロスカントリーには、オープンでキプサレム選手が出場して、29分08秒と日本人より一足先にゴール。ここはやはり強いですね。次年度さらにチームに貢献できるでしょうか。

2021年度記録ランキング

1500m
松村陣之助3分46秒33 2021/07/24第1回inゼリーエネルギーチャージゲームズ
小林宏輔3分48秒38 2021/05/16第63回東日本実業団陸上競技選手権大会
木田貴大3分48秒57 2021/07/24第1回inゼリーエネルギーチャージゲームズ
金子晃裕3分52秒44 2021/07/24第1回inゼリーエネルギーチャージゲームズ
青木雄貴3分54秒25 2021/07/24第1回inゼリーエネルギーチャージゲームズ
梶山拓郎3分55秒64 2021/07/11国士館大学競技会

3000m
松村陣之助7分57秒95 2021/04/29織田記念陸上2021
ウィリー キプサレム8分10秒22 2021/04/03東京ミドルディスタンス
五郎谷俊8分22秒95 2021/07/11国士館大学競技会
小林宏輔8分23秒72 2021/04/03東京ミドルディスタンス
黒田雄紀8分23秒41 2021/07/11国士館大学競技会
宮本甲斐8分24秒35 2021/07/11国士館大学競技会
市村竜樹8分29秒40 2021/07/11国士館大学競技会

 トラックは松村選手が強い。1500mは3分46秒、3000mは織田記念で7分57秒の好記録を出しています。スピードはやはり一線級です。1500mは木田選手も3分48秒、新人だった小林選手も3分49秒好記録を出しています。

5000m
ベナード キマニ13分36秒99 2021/11/14第292回日体大長距離競技会
ウィリー キプサレム13分39秒65 2021/11/14第292回日体大長距離競技会
松村陣之助13分42秒53 2021/12/05第293回日体大長距離競技会
金子晃裕13分54秒55 2021/07/03第289回日体大長距離競技会
宮本甲斐13分58秒59 2021/10/03第291回日体大長距離競技会
木田貴大14分11秒16 2021/10/03第291回日体大長距離競技会
大久保陸人14分11秒35 2021/06/05新潟デンカチャレンジ
稲田翔威14分11秒53 2021/07/07ホクレンディスタンス深川大会
青木雄貴14分12秒09 2021/06/05新潟デンカチャレンジ
田島 光14分14秒11 2021/06/05新潟デンカチャレンジ
小林宏輔14分15秒36 2021/06/05新潟デンカチャレンジ
黒田雄紀14分24秒62 2021/07/03第289回日体大長距離競技会
五郎谷俊14分36秒01 2021/10/03第291回日体大長距離競技会
土居森諒14分38秒62 2021/04/04東京ミドルディスタンス
岡山春紀14分39秒07 2021/10/03第291回日体大長距離競技会
梶山拓郎14分43秒55 2021/10/03第291回日体大長距離競技会
工藤 颯14分48秒53 2022/03/26第94回平成国際大長距離競技会
市村竜樹15分02秒78 2021/10/03第291回日体大長距離競技会

 留学生キマニ選手とキプサレム選手が13分30秒台と抜けていますね。ここはさすがエースですね。スピード面は松村選手が食いつく形で13分42秒と、年末にいい記録を出しています。

 そのあと、少し離れていますが、エース級の金子選手が13分台、宮本選手も秋以降は本当に好調をキープしていました。他、駅伝走っている木田・大久保選手や、今回は走れなかった青木・田島選手らが14分10秒台と健闘しています。

10000m
ベナード キマニ28分15秒88 2021/07/07ホクレンディスタンス深川大会
ウィリー キプサレム28分26秒81 2021/11/20第15回早稲田大学競技会
金子晃裕28分32秒68 2021/04/10金栗記念中長距離選抜陸上
黒田雄紀28分44秒17 2021/11/13第292回日体大長距離競技会
大久保陸人29分08秒06 2021/11/13第292回日体大長距離競技会
松村陣之助29分08秒06 2021/06/05第88回平成国際大学競技会
宮本甲斐29分09秒65 2021/04/10金栗記念中長距離選抜陸上
稲田翔威29分12秒95 2021/10/02第291回日体大長距離競技会
田島 光29分20秒72 2021/11/13第292回日体大長距離競技会
青木雄貴29分33秒05 2021/09/20第290回日体大長距離競技会
木田貴大29分52秒55 2021/12/04第293回日体大長距離競技会
土居森諒29分59秒30 2021/06/05第88回平成国際大学競技会
岡山春紀30分08秒44 2021/11/13第292回日体大長距離競技会
梶山拓郎30分10秒06 2021/11/27八王子ロングディスタンス
小林宏輔30分17秒87 2021/11/27八王子ロングディスタンス
五郎谷俊30分18秒71 2021/11/27八王子ロングディスタンス
工藤 颯30分39秒76 2021/11/27八王子ロングディスタンス

 1万mの記録も留学生、ですがキマニ選手がやはりちょっとずつ記録が良かったのですね。駅伝で起用なっただけあります。日本人は、1万mになってからは金子選手が28分32秒好記録を出しています。長い距離はチーム内一番安定しています。秋になって調子を上げてきた黒田選手も28分台です。

 あとは、駅伝メンバー争いでは29分10秒前後で多くの選手が入っていますね。松村・稲田選手以外に、大久保・宮本・田島選手ら、メンバー激しく争ったのかなと思いました。

10㎞
松村陣之助28分59秒
ウィリー キプセレム29分02秒
宮本甲斐29分09秒
黒田雄紀29分16秒
稲田翔威29分17秒
大久保陸人29分34秒
木田貴大29分38秒
青木雄貴29分42秒
工藤 颯30分02秒
梶山拓郎30分04秒
小林宏輔30分16秒
五郎谷俊30分37秒
岡山春紀31分27秒

 ここは全員年明けの赤羽10㎞チャレンジですね。松村選手がかなり調子を上げてきていて28分台で優勝しています。キプレレム選手破ったのは素直にすごい!あとは、宮本・黒田選手ら、順当に駅伝メンバーが上位でした。

2022年度移籍・引退選手

宮本甲斐(引退・退社)
五郎谷俊(強化部員引退)

 引退を決めていた宮本選手ですが、ここ2年の成績向上が本当にすごかったです。惜しまれながら引退…ですが、市民ランナーとして、走り続けています!五郎谷選手は、あくまで強化部員引退ということで、また別の形でコモディイイダ駅伝部に携わっていくそうです。今後の方針が気になります。

2022年度新入部員・中途加入選手

横田佳介(中京大)

 SUBARU⇒中京大の横田選手が、この度コモディイイダ駅伝部に入部しています。スピードは東海地区の大学生の中では、光るものがありました。兵庫リレカなどで早速そのスピードを見せています。チームが活性化すればいいなと思います。