スポンサーリンク

【JR東日本】2022男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

続いて、JR東日本です。

スポンサーリンク

JR東日本【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:JR東日本ランニングチーム

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第63回東日本実業団陸上競技選手権大会
10000m
ポール クイラ28分38秒87
片西 景30分10秒70
5000m
武藤健太13分57秒84
其田健也13分58秒19
米井翔也14分04秒43
曽根雅文14分25秒20
宍倉健浩14分28秒52
三須健乃介14分30秒78
吉野貴大14分30秒99
3000m障害
上土井雅大9分00秒68

■第105回日本陸上競技選手権大会(兼 東京2020五輪代表選考会)

■第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
5000m
武藤健太14分04秒49
其田健也14分20秒85
10000m
片西 景29分09秒24
作田将希29分15秒75
三須健乃介30分47秒54

 東日本実業団には5000mに非常に多く出場していますね。13分台を出している武藤・其田選手が、全日本実業団にも出場しています。タイム的には米井選手も良かったですね。全日本実業団では、10000mでも片西・作田将選手が好走しています。このあたり積極的に出場していました。

■第62回東日本実業団対抗駅伝競走大会
9位3時間43分43秒
1区(13.4㎞)16位片西 景40分00秒 16位通過
2区(8.4km)12位ムソニ ムイル23分50秒 14位通過
3区(16.8km)8位其田健也49分01秒 12位通過
4区(8.4km)8位作田将希24分10秒 11位通過
5区(8.4km)11位武藤健太24分44秒 10位通過
6区(8.4km)8位吉野貴大24分38秒 10位通過
7区(12.6km)9位寺田夏生37分20秒 9位通過

 序盤はヒヤリとしたのではないでしょうか。1区片西選手が伸びきれず16位スタート。2区留学生ムイル選手も区間12位でこの時点で総合14位と、出場圏外でした。

 流れを取り戻したのが、3区長距離区間の其田選手。後方追い上げながら、区間8位の好走で12位に順位アップ。これで波に乗りましたね。4区作田将・6区吉野選手が区間8位で総合10位までアップ。

 マラソン調整中だったと思われる7区寺田選手も安定した走りで、総合9位。予選通過はしっかりと決めました。 

■第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)
19位4時間58分07秒
1区(12.3km)7位片西 景34分50秒 7位通過
2区(8.3km)28位ポール クイラ23分24秒 21位通過
3区(13.6km)21位作田将希38分32秒 23位通過
4区(22.4km)24位作田直也66分08秒 24位通過
5区(15.8km)8位其田健也48分50秒 20位通過
6区(12.1km)25位武藤健太38分05秒 18位通過
7区(15.5km)13位米井翔也48分18秒 19位通過

 1区は、東日本駅伝に引き続き片西選手。東日本では出遅れましたが、本戦は見事区間7位好走。非常にいい滑り出しとなります。ただ、2区でやや順位を落とします。今回はベテランのクイラ選手でしたが、区間28位は全盛期ほどはいかず。この時点で総合21位へ。

 3区4区は、作田将-作田直選手の同じ苗字のリレーで、駅伝ファン話題になりました。ともにマラソンで活路を見出しているのもポイント。それぞれ中位の順位の乱高下を耐える展開に。

 そしてここでも其田選手が好走。5区起用され区間8位の走り、4つ順位を上げて20位まで浮上します。のちにマラソンでも結果を残しますし、いい走り込みができていたということですかね。アンカー米井選手も区間13位頑張り、今回は19位のゴールでした。

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
三須健乃介62分16秒
上土井雅大64分56秒

■第105回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走
33位曽根雅文30分24秒

 それぞれ、NY駅伝本戦に出場できなかった選手が出場。三須選手が好走して62分16秒とまずまず。64分台だった上土井選手は、引退となりましたね…。クロカンには曽根選手が出場、今後に繋がったらなと思います。

2021年度記録ランキング

5000m
ムソニ ムイル13分19秒47 2021/06/06第288回日本体育大学長距離競技会
(ムソニ ムイル13分28秒63 2021/09/19第290回日本体育大学長距離競技会)
其田健也13分46秒35 2021/07/07ホクレンディスタンス深川大会
武藤健太13分48秒73 2021/06/06第288回日本体育大学長距離競技会
ポール クイラ13分48秒94 2021/06/06第288回日本体育大学長距離競技会
米井翔也13分56秒75 2021/06/06第288回日本体育大学長距離競技会
宍倉健浩14分06秒00 2021/06/06第288回日本体育大学長距離競技会
上土井雅大14分08秒83 2021/07/11第4回国士舘大学競技会
吉野貴大14分10秒84 2021/06/06第288回日本体育大学長距離競技会
三須健乃介14分18秒65 2021/06/05第288回日本体育大学長距離競技会
曽根雅文14分39秒37 2021/06/06第288回日本体育大学長距離競技会

 夏の時期に、ムイル選手が絶好調だったのですね。5千m13分19秒とかなりの好成績!トラックで光るタイプではあると思います。さらに力がつけば。

 また、エースの其田選手はトラックでも結果を残していてホクレンで13分46秒好記録、スピードある武藤・米井選手も13分台を出しています。

10000m
ムソニ ムイル27分51秒43 2021/11/27八王子ロングディスタンス
(ムソニ ムイル27分52秒93 2021/07/10ホクレンディスタンス網走大会)
ポール クイラ28分38秒87 2021/05/15第63回東日本実業団陸上競技選手権大会
片西 景28分41秒11 2021/11/27八王子ロングディスタンス
武藤健太28分42秒20 2021/11/27八王子ロングディスタンス
作田将希28分47秒52 2021/11/27八王子ロングディスタンス
黒川翔矢28分52秒04 2021/09/20第290回日本体育大学長距離競技会
吉野貴大29分02秒35 2021/09/20第290回日本体育大学長距離競技会
作田直也29分04秒79 2021/11/27八王子ロングディスタンス
米井翔也29分05秒97 2021/04/24第286回日本体育大学長距離競技会
寺田夏生29分07秒80 2021/09/20第290回日本体育大学長距離競技会
宍倉健浩29分16秒24 2021/09/20第290回日本体育大学長距離競技会
曽根雅文29分20秒61 2021/09/20第290回日本体育大学長距離競技会
三須健乃介29分22秒01 2021/11/27八王子ロングディスタンス
其田健也29分24秒38 2021/06/05第288回日本体育大学長距離競技会
上土井雅大29分54秒12 2021/04/24第286回日本体育大学長距離競技会

 八王子ロングディスタンスが上位を占めていますね。次いで9月日体大となっています。ムイル選手はこれを含めて2度27分台をマーク、高い走力は保持しています。クイラ選手もなんだかんだ日本人は上回る成績です。

 日本人は、片西選手が28分41秒が一番の好成績、続いた武藤・作田将選手らスピード区間にエントリーしています。9月好成績の黒川・吉野選手もランクではまずまず。作田直選手は、ギリギリ間に合った形で、NY駅伝4区勤め上げていたことも分かります。

3000m障害
上土井雅大9分00秒68

ハーフマラソン
三須健乃介62分16秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
上土井雅大64分56秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン大会

フルマラソン
MGC其田健也2時間7分23秒 2022/03/06東京マラソン
作田直也2時間10分43秒 2022/03/06東京マラソン
作田将希2時間13分34秒 2022/03/06東京マラソン
米井翔也2時間14分37秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン
吉野貴大2時間14分42秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン
片西 景2時間15分53秒 2022/03/06東京マラソン
寺田夏生2時間19分57秒 2021/12/05第75回福岡国際マラソン選手権大会
武藤健太2時間22分58秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン

 マラソンは8名の選手が挑戦していましたね。その中で突出していたのが其田選手。東京マラソン2時間7分23秒の好成績で、見事MGC出場権を獲得しています。駅伝も連続で好走していましたし、いい走り込みができていたようですね。

 また、一度好成績を出したことのある、作田直・作田将・寺田選手は再びのサブテンはなりませんでした。MGCまだチャンスあるので、何とかもう一度結果を出したい。この他、米井選手らもまずまず健闘しています。

2022年度移籍・引退選手

詳細
上土井雅大(引退・社業専念)

 亜細亜大から入社した上土井選手が、2022年3月をもって引退・社業専念となったそうです。箱根駅伝には、学生連合のメンバーとして出場しています。今年も、得意の3障などで出場、実業団ハーフで64分台では走り切っていました。

2022年度新入部員・中途加入選手

竹井祐貴(亜細亜大)

 そして、亜細亜大の後輩にあたる竹井選手が新たに入部しています。そういえば、NY駅伝アンカーの米井選手もいますし、どうも亜細亜大OBに結構縁があるみたい?

 竹井選手は、今年の箱根駅伝連合9区を走り好走、その勢いのまま大阪びわ湖毎日統合マラソンに出場し、後方単独追い上げで2時間10分台をマークで、期待のホープ。今後の活躍が楽しみです。

******

 チームしても、今年早速武藤・三須・宍倉選手が13分48秒~49秒、ムイル選手が13分31秒と好走していますね・JR東日本としては、十分上がっていける年です。