スポンサーリンク

【結果速報】第98回関東インカレ陸上2019・10000m

シェアする

2019年5月23日(木)~26日(日)にかけて

第98回関東インカレ陸上2019が行われます。

場所は、相模原ギオンスタジアム(相模原麻溝公園競技場)、相模原ギオンフィールド(相模原麻溝公園第2競技場)となります。

箱根駅伝や大学長距離を中心としたサイトの為、長距離5種目(1500m・5000m・10000m・ハーフマラソン・3000m障害)の結果速報やレース詳細についてまとめています。

こちらは、1つ目の決勝種目の10000mについての記事になります。

スポンサーリンク

競技日程は、

2019年5月23日(木)

17時15分:10000m男子2部決勝
18時30分:10000m男子1部決勝

となっています。

なお、関東インカレ陸上についての詳細はこちら

第98回関東インカレ陸上2019【10000m結果速報】

スポンサーリンク

男子1部10000m

動画:高岡尚司のゼロベースランニングチャンネル 様

1位🥇ブヌカ ジェームス②28分37秒15 駿河台大 +8点
2位🥈チャールズドゥング①28分38秒90 日本大 +7点
3位🥉佐藤敏也④28分41秒58 法政大 +6点
4位ライモイ ヴィンセント②28分53秒48 国士舘大 +5点
5位荻久保寛也④28分57秒12 城西大 +4点
6位太田智樹④29分01秒06 早稲田大 +3点
7位ボニフェス ムルワ①29分09秒87 山梨学院大 +2点
8位小袖英人③29分10秒09 明治大 +1点

9位鬼塚翔太④29分22秒34 東海大
10位池田耀平③29分22秒44 日本体育大
11位森 凪也②29分30秒52 中央大
12位塩澤稀夕③29分32秒18 東海大
13位前田舜平③29分34秒35 明治大
14位大澤 駿③29分35秒21 東洋大
15位鎌田航生②29分35秒78 法政大
16位加井虎造③29分39秒72 中央大

17位村上純大③29分40秒21 明治大
18位武田悠太郎③29分41秒89 日本大
19位ポール ギトンガ③29分42秒86 国士舘大
20位西山和弥③29分43秒68 東洋大
21位前田義弘①29分44秒78 東洋大
22位藤曲寛人④29分47秒98 順天堂大
23位橋本龍一④29分51秒24 順天堂大
24位鈴木創士①30分06秒93 早稲田大

25位池田勘汰③30分12秒87 中央大
26位三ツ星翔③30分15秒43 大東文化大
27位牧瀬圭斗②30分16秒19 順天堂大
28位岩室天輝③30分19秒84 日本体育大
29位片根洋平②30分21秒16 大東文化大
30位長谷川潤②30分22秒94 国士舘大
31位井上広之④30分25秒10 山梨学院大
32位西嶋雄伸④30分28秒41 城西大

33位小松陽平④30分31秒59 東海大
34位川澄克弥④30分35秒32 大東文化大
35位坪井海門②30分37秒29 山梨学院大
36位加藤広之②30分38秒64 日本体育大
37位大里凌央③30分39秒48 城西大
38位太田直希②30分44秒56 早稲田大
39位池田 親④30分51秒73 筑波大
40位横山 徹③31分00秒68 日本大
DNS岡原仁志④ 法政大

★1部に新たな星!駿河台大ジェームス選手が優勝!日大ドゥング選手が2位

ここのところ3年連続1位~3位の選手が同じ選手だった1部10000m。その3選手が卒業し、さてどういう変化が起こるかと思われた中、優勝したのは初めて1部で戦っている駿河台大!

ラスト1周までに、駿河台大ジェームス選手と日大ドゥング選手と法大佐藤選手に絞られた中、ジェームス選手が強烈なスパートで優勝!昨年はペース配分がままならず、2部で何とか入賞確保という感じだったので、本当にこの1年で成長しましたね。1部残留へ向け大きく前進です。

また、日大ドゥング選手もさすがですね。ルーキーだけど、実業団経由なのでベテランの選手。さすが主要大会にピタリ合わせてきました。日大陸上部の総合連覇へ向けてまずは前進です。

★歓喜法大佐藤選手初入賞は初表彰台!競り合い強い城西荻久保、早大太田も復活!
さて留学生がある程度のペースで引っ張る中、中間点までは東海大勢ら11人ほどの集団。徐々に絞られていく中、ラスト1週まで残った日本人が1人。法大佐藤選手でした!

法大の主力選手として知られていますが、関東インカレは中々苦汁を舐める事は多く、ここまで入賞はありませんでした。まずは入賞を、と思っていな中、本人思いがけずの優勝争い!ラスト争いはさすがに厳しかったですが、表彰台は嬉しいですね。なお、2部も合わせると留学生の全表彰台阻止にもなりました。

また、エースの復活もありましたね。兵庫リレカでもしっかり走っていた城西荻久保選手が5位入賞!昨年、全日本駅伝で驚きの区間賞がありましたが、箱根は故障で欠場。最後の年どうなるかと思われましたが、春から大車輪の活躍ですね。

それから、今年の箱根で怪我を押してエース区間2区で失速となった早大太田選手も復活ですね。競り合いにも強い選手で強みも生かして6位入賞。1万mは実は4年連続出場で初入賞だそうですね。なお、彼らが5000mにも出場予定。うまく切り替えてW入賞以上いきたいところです。

★本命国士大ヴィンセント選手は4位!貴重な加点か7位山学ムルワ選手、8位明大小袖選手
個人的には3月のハーフ4月の記録会で記録ラッシュだった国士大ヴィンセント選手が本命かと思われたのですが、最後までトップ争いについていけず最終的に4位に。昨年は入賞に届かなかったので躍進ですが、もうひと伸びの印象も?ギトンガ選手は19位に沈み、どうもインカレは得意ではないかな?

入賞争いは最終的には少し差がつきましたかね。7位は山学の新留学生ムルア選手、8位は明大小袖選手が入賞。小袖選手は昨年からぐっと成長しましたね。両校とも1部残留がきわどい大学です。ともに貴重な加点になるかもしれません。

★東海鬼塚選手2年連続9位、日体池田、中大森選手らが健闘
前半留学生に積極的についていった東海鬼塚・塩澤選手は残念ながら90位と12位。それでも最低限には粘ったのではないでしょうか?塩澤選手は本当に復活といっていいですね。鬼塚選手は前回入賞の5000mで巻き返しなるか。

また日体池田選手は大きな成長を遂げ10位。彼もこの1年間で本当に伸びましたね。日体大の主力選手です。中大森選手は後半一気に順位を上げていって、中大ファン大きく盛り上がったとか?加井選手も健闘していて得点ならずもいい走りでした。

一方心配なのが、東洋西山選手。前回は絶好調で4位入賞と勢いのまま走り抜きましたが、今回は昨年秋からの不調から脱せられませんでしたかね。ルーキー前田選手に何とか先着する20位でした。

スポンサーリンク

男子2部10000m

動画:高岡尚司のゼロベースランニングチャンネル 様

1位🥇レダマ キサイヤ④28分21秒63 桜美林大 +8点
2位🥈タイタス ワンブア④28分22秒12★ 武蔵野学院大 +7点
3位🥉ムソニ ムイル④28分45秒02 創価大 +6点
4位浦野雄平④28分55秒78 國學院大 +5点
5位ノア キプリモ①29分09秒45 日本薬科大 +4点
6位中村大聖④28分23秒09 駒澤大 +3点
7位平田幸四郎④29分23秒73 帝京大 +2点
8位ルカ ムセンビ①29分25秒22 東京国際大 +1点

9位米満 怜④29分25秒81 創価大
10位越川堅太④29分27秒36 神奈川大
11位井手孝一③29分28秒30 神奈川大
12位中村大成④29分32秒01 駒澤大
13位ラジニ レメティキ①29分40秒60 拓殖大
14位小野寺悠③29分43秒12 帝京大
15位伊東颯太③29分49秒40 駒澤大
16位飯田貴之②30分09秒19 青山学院大

17位鈴木塁人④30分09秒25 青山学院大
18位吉野貴大④30分09秒68 帝京大
19位藤木宏太②30分14秒70 國學院大
20位鈴木大海③30分18秒71 創価大
21位菊地海斗④30分23秒10 流通経済大
22位赤﨑 暁④30分36秒33 拓殖大
23位伊藤達彦④30分39秒52 東京国際大
24位川村悠登④30分42秒50 中央学院大

25位鴨川源太④30分43秒11 上武大
26位栗原卓也③30分47秒51 東京国際大
27位工藤 颯③30分47秒55 東京農業大
28位小原佑介④30分49秒07 流通経済大
29位植田陽平③30分49秒42 麗澤大
30位島崎慎愛②30分58秒40 國學院大
31位森 陽向③31分23秒38 東京経済大
32位兼次祐希③31分33秒39 亜細亜大

33位安達 駿④31分35秒11 関東学院大
34位小野一貴②31分37秒67 中央学院大
35位吉原遼太郎③31分39秒83 拓殖大
36位横山佑羽②32分47秒76 専修大
DNS長谷川柊④ 専修大
DNS岩見秀哉③ 青山学院大
DNS髙橋翔也③ 中央学院大
DNS大倉秀太③ 日本薬科大
DNS下田季矢③ 武蔵野学院大

★桜美林大キサイサ選手強し見事連覇!留学生対決制す!2位は大健闘武蔵ワンブア選手
留学生が多くエントリーした10000m。その中で本命と言われていたのは、連覇がかかっていた桜美林大キサイサ選手。箱根予選でも連続個人トップを取っていて、走力はずば抜けていました。

そんな中、食いついたのはやや意外な選手で武蔵野学院ワンブア選手。ワンブア選手は過去入賞こそあれど、優勝争いまでは中々行きませんでした。前回途中から独走したキサイサ選手に最後まで激しく競り合いました。

それでも制したのはキサイサ選手。やっぱりここのところ日本の大学生にはだれにも負けないのは一定の強さがあるからですね。見事に連覇です。武蔵野ワンブア選手は惜しくも2位でしたが、多くの留学生がエントリーする中、立派な船籍です。

★春の留学生祭り続く3位復活の創価ムイル選手、新星の日薬キプリモ選手5位、東国大ムセンビ選手8位!
春というより、気候的には初夏と言っていいですが、やはり留学生の入賞が多かったですね。3位は長い怪我から春に復帰した創価大ムイル選手。久々の1万m、暑さも心配されましたが、無事3位確保しました。結果的に上位3名は4年生の留学生選手でした。

他は1年生留学生が3名。一番強かったのは日本薬科大のキプリモ選手で5位入賞。来日は一足遅かったのですが、それでもこの記録は今後に期待。高校時代から日本で活躍の東国大ムセンビ選手は最後に失速、ラストの直前で順位を落としヒヤリとしましたが、8位踏みとどまりました。

また拓大レメティキ選手が唯一入賞ラインに届かず13位。記録会でも29分台にとどまっていたのでやはりというところでしょうか。ただ、大先輩のワークナー選手も入学当初はそれほど強くなかったので、今後に期待でしょうかね。

★やっぱり強い國學院浦野選手が日本人トップ!ロード選手も健闘、6位駒大中村大聖、7位帝京平田選手ら!

そんな中、入賞圏内に入る事ができた日本人ランナーが3名。その中で一番強いと言われていた國學院浦野選手がしっかり日本人トップの4位。毎年積極的なレースをする浦野選手ですが、今回は前田監督から「留学生に付くな」と指示があったそう。

ここ最近はちょっと頭打ちかなと思う戦績が続いていただけに、結果的にはプラスに働いたかもしれませんね。タイムもしっかりと28分台で1部でも十分通用するタイムでした。

6位争いが大混戦。ムセンビ選手が最後に失速したところ、追い抜いたのが駒大中村選手と帝京平田選手。中村選手はさすが駒大の主力格といったところ。ロードで台頭してきましたが、関東IC1万mで入賞は嬉しい。

びっくりが帝京平田選手。1年生の頃からロードで渋い走りを見せてはきていた選手ですが、トラックでここまでくるイメージはなかったです。箱根で走れなかった悔しさもありましたかね。またチームとしては、駒大の主力の影を踏めたのも大きな活力になるかも??

★創価米満選手惜しくも9位、神大勢も健闘…青学大は苦戦

もう一人ムセンビ選手を最後に追いかけたのが創価米満選手。ロードから台頭してきましたが、先日5000mでも13分台で走り切っていました。もうあと少しでかわせるところ惜しかったですが、成長を遂げる成績です。

それから10位11位は神大の主力選手越川・井手選手が健闘していました。このあたりチームとして手応えがあったかも?また、駒大や帝京の2番手3番手の名前もちらほら見えます。やはり箱根4位5位のチーム強いです。

逆に苦戦が青学大。チームトップは飯田選手。鈴木選手は前半前にいましたが、4月からの不調を脱せられなかったか30分かかりました。また中学川村、東国伊藤選手がまさかの30分半ば不振、専大長谷川選手は欠場というのも気になりました。

長距離1/5種目終了時の対抗得点

関東インカレ陸上種目の、長距離の5種目(1500m、5000m、10000m、ハーフマラソン、3000m障害)の合計得点になります。

1部
駿河8点
日大7点
法大6点
国士5点
城西4点
早大3点
山学2点
明大1点

2部
桜美8点
武蔵7点
創価6点
國學5点
日薬4点
駒大3点
帝京2点
東国1点

1部2部ともW入賞は出なかったので、順位そのままとなりました。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ナイル より:

    黄金世代と言われる4年生から関東インカレで28分台はまだ誰も出していません。
    果たして出せるでしょうか。
    28分台でも28分50秒に壁があって28分50秒を切った選手は過去を見ても大きな実績を残している人がほとんどなので、文句なしの学生トップレベルの実力の境界線になっていてここも注目ポイント。
    出した4年生は将来有望、出した2、3年生は大学で大きな活躍が見込めます。

    • hakonankit より:

      >ナイルさん
      だいぶ、気温が上がり、勝負レースで留学生の大きなペースアップもある中で、28分台をマークするのは、本当に並大抵のことではないのかなと思います。そこを超えるのは本当に力がある証拠ですね。そういう視点で注目するのは面白いです。

  2. アオ より:

    法政の佐藤君が留学生の表彰台独占を防ぐ大金星を上げてくれましたね。
    ナイルさんが御指摘している28:50の壁も突破しました。先輩の坂東選手が大躍進中(ちなみに、10000の練習はせずに28:20を出したそうです)なのが良い刺激になったのかも知れませんね。

    さらに、28分台を荻野君と荻久保君の昨年から大きく伸びてきた両者が出してきましたね。
    城西は箱根では部外のアクシデント等が有って不本意な結果でしたが、全日本では6位7位8位で上位の有力校に次ぐチームのエースが結果を出してきたことで勢力図にも変化が生まれてくるかも知れませんね。

    • アオ より:

      失礼しました。荻野君では無く、浦野君ですね。

    • hakonankit より:

      >アオさん
      これだけ留学生が多く出場している中で、表彰台に乗ったのは、とても凄いと思います。現状では、法大佐藤選手は箱根2区の有力候補となってきていますね。

      浦野選手はさすがだなという感じですが、荻久保選手のここまでの急成長は本当に驚いています。怪我が治ってから戻ってくるのも早いです。城西大はまた勢いがついてくるかもしれませんね。

  3. リーマン より:

    法政佐藤選手のこの4年間の成長はすごいですね。是非最後の箱根は2区で見たいです。あと1区候補の岡原選手、タイムは良かったけど失格でしょうか?

    • シャトル より:

      法政の岡原選手は、DNSなので出場していないと思いますが。

    • hakonankit より:

      >リーマンさん、シャトルさん

      佐藤選手は本当に4年間かけてじわりじわりと強くなってきていますよね。秋シーズンの走りも見ものです。

      岡原選手はDNS欠場ですね。資格タイムを消し忘れていました。分かりにくくて申し訳ありません。なお、5000mには出場したみたいですね。

  4. りっく より:

    インカレでなかなかもどかしい結果が続いてた佐藤選手が最後の最後で大爆発!法政の選手が10000mで表彰台に登る日が来るとは思わなかったです。荻久保選手は勝負レースに出場すればしっかりと結果を残すエースとして箔がついてきたと思います。小袖選手はよくぞここでポイントを稼いでくれたというところでしょう。阿部選手があまり状態がよろしくなく河村選手が予選落ちした中で苦しい状況の中1ポイントでも取れたのは良かったです。

    2部の方は浦野選手が安定感抜群の走り。これでインカレは4年連続入賞。本当に失敗のないランナーですよね。ビックリしたのは平田選手の7位。好調ではあったもののトラックでの勝負レースのイメージの無い彼が入賞するとは思いませんでした。暑さへの強さもあったのかなぁ?まだ今年の帝京も怖いチームですね。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      佐藤選手は入賞の可能性は充分あると思いましたが、まさか表彰台とは私も思いませんでした。最終学年で何か一つ強さというのを掴んだのかもしれません。荻久保選手の安定感も見逃せません。競り合いも得意かな?

      明大は、長距離でかなり稼がないといけないところ、小袖選手のトラックの爆発力が活きましたね。臨みをつないでいけました。

      國學院の浦野選手は3障でも入賞していたんでしたっけね。主要大会に毎年合わせてくるのは、そう簡単ではないと思うので、調整力にあっぱれです。帝京平田選手は、私も驚きましたが、タフな条件の方がいいかもしれません。帝京も足並みそろえばかなりやりそうですよ。

  5. おかし より:

    法政の10000表彰台は現監督の坪田さん以来ではないでしょうか
    本当に嬉しいですね!!
    鎌田くんもしっかり成長しています。

    残りの競技も頑張って欲しいですね。

    • hakonankit より:

      >おかしさん

      あー、法大は坪田監督まで遡る必要がありますね。留学生も当時よりは多くなっている中、価値がある表彰台だと思います。鎌田選手ら若手も伸びてきて、充実してきていますね。

  6. たび より:

    小袖、平田選手の入賞は正直想定外でした。快挙と言って良いと思います。

    • hakonankit より:

      >たびさん

      中々予想していた方は少なかったかなと思います。私も展望記事で名前あげないです(汗) 小袖・平田選手とも、おめでとうございます!

  7. シセン より:

    1部は佐藤選手がトラックでも実力見せつけましたね。ペースの上げ下げもあった中でラスト1週まで留学生につけたので自信を持ってほしいですね。荻久保選手は去年の秋を見たら当然の結果かなと。先頭集団からはこぼれてしまいましたがラストは身体が動いていたので勝ちきる力はあると思います。塩澤選手は序盤ストライドがよく伸びていたのでもったいないレースだと思いました。

    2部は暑い中でキサイサ選手の強さを見せましたね。かなり早い段階で後続を引き離すペースアップをしていたので日本人はつけませんでしたね。そしてサプライズの帝京平田選手、顔つきが良くなって集中力も上がっているように見えましたが気のせいでしょうか。今後の動向に注目です。

    • hakonankit より:

      >シセンさん
      佐藤選手は、強いところが年々増えてきましたね。ついにトラックの主要大会でも日本勢トップ付近、留学生相手にも対抗するほどの力を身に付けてきました。塩澤選手らは今回はかなり攻めた結果ですので、また次のレースが大事かなと思います。

      キサイサ選手はますます総合力が高くなってきているのではないでしょうか。トラックのスピードも年々強化されていて、今の日本人大学生ではちょっと付けないでしょうか。

  8. アリストテレス より:

    ジェームス選手まずはチームの1部残留に向け最高の結果を残しました。駿河台大学は吉里選手とともに全日本予選4組で大いに荒らしてくれそうです。

    佐藤選手は去年の全日本予選といいタフなレースになるほど強さを発揮をする印象でしたがここまでとは・・・素晴らしいレースでした、また各大学エース格が揃って入賞した1部、荻久保・太田(智)両選手とも完全復活、小袖選手も好調の勢いそのままに入賞、箱根7区の悔しさが活きてるでしょうか、また中央勢、日体池田選手、東洋前田選手は良いレースになりました森(凪)選手は完全に主力へ成長、加井選手も大分状態戻りましたか。池田選手も強いレースだったかと、今年度は我慢の1区から切り込み隊長へと進化していきそうです。前田選手は個人的にかなり評価が高くなりました、格上相手・独特の緊張感と厳しい条件ながら自分の走りをできました、今後楽しみです。

    2部はキサイサ選手にワンブア選手が競りました。武蔵野学院もまた全日本予選で見せ場を作りそうです。浦野選手はさすがの強さ、対日本人では圧倒的でした。中村大聖選手は安定の強さ、そしてそこに平田選手が追いすがる展開は熱い、小野寺選手も長い間第2集団を引っ張りましたし今年も強い帝京を見せてくれそうです。安定してよかった神大勢、タフな条件に強い米満選手も上々の結果だと思います、一方苦戦したのは青山学院、鈴木選手はちょっと突っ込みすぎました、まとめる走りも出来たと思いますが主将としての意識もあったでしょうか、飯田選手も今回は力負けしたかなという印象でこの悔しさをバネにしていければ。他では流通経済勢小原選手は上手く走れたのかなと思います、東京経済の森選手も終盤選手を拾っていく走り、今後のチームに刺激を与える走りとなったかと思います。

  9. hakonankit より:

    >アリストテレスさん

    駿河台ジェームス選手はいい流れを作りましたね。3障にも出場する必要なく、5000mにも専念することができました。

    1部10000mは入賞した選手は結構順当だったとも言えそうですね。それでも太田選手の復活や小袖選手の成長の収穫がありましたね。
    入賞まではいかなかったなかでは中大が全体的に良かったですね。5枠しかないですが、全日本予選がひそかに楽しみになってきたかもしれません

    2部も青学大が目立たなかった以外は比較的順当と言えるのでしょうかね?小野寺・米満・神大勢は内容も評価できるのかなと思います。青学は鈴木選手は今はちょっとうまくいかない時期なのかなぁ…。飯田選手は、現時点ではやはりロードタイプなのかなと思います。この後にまた悔しさを晴らすレースができれば。