スポンサーリンク

2018 八王子ロングディスタンス【結果・記録】/大迫傑選手・実業団別まとめ・大学生も!

シェアする

2018年11月24日(土)に、法政大学多摩校地陸上競技場にて
2018八王子ロングディスタンスの結果もまとめようと思います。

実業団駅伝出場チームや、箱根駅伝や大学生のエース格クラスが出場します。このサイトでは、実業団チーム別にまとめます。

なお、今回はマラソン日本記録保持者となった大迫傑選手が2組にエントリーされていることでも話題になっています。

スポンサーリンク

2018 八王子ロングディスタンス 結果

競技日程など(https://www.konicaminolta.com/jp-ja/athlete/longdistance/index.html)
エントリー(https://www.konicaminolta.com/jp-ja/athlete/longdistance/pdf/20181124.pdf)

ライブ放送

TOP・大迫傑選手

4組
4位大迫 傑(Nike)28分33秒92
7組
大迫 傑(Nike)5000m14分10秒DNF

大迫傑がマラソン日本記録後初レース「いい練習ができた」1万m1本 5千m1本

実業団別まとめ

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝出場チーム

○富士通
ベナード キメリ27分26秒27
ジョン マイナDNF

○カネボウ
3組
鈴木祐希29分02秒18
ダニエル ムイバ キトニーDNF
5組
大西一輝28分15秒27
青木 優28分37秒34

○SUBARU
5組
阿久津圭司28分29秒67
7組
レダマ ウェズレイ27分41秒12
ロロット アンドリューDNF

○Honda
2組
服部翔大29分04秒50
松村優樹29分10秒72
齋藤勇人29分19秒65
3組
足羽純実28分44秒18
上野 渉28分56秒22
荒井七海28分56秒74
原 法利29分18秒19
4組
コシタニー エリジャ28分33秒14
新庄翔太29分45秒20

○コニカミノルタ
3組
大山憲明29分01秒41
西池和人29分08秒38
4組
川端千都29分25秒68
6組
蜂須賀源28分05秒32
7組
ドミニク ランガット27分44秒27
サムエル ムワンギ28分19秒98

○小森コーポレーション
1組
森田佳祐29分53秒77
2組
橋本隆光28分57秒53
4組
的場亮太28分38秒16
西 智也28分47秒39
金森寛人29分08秒64
坂本佳太29分17秒64
西澤佳洋29分26秒92
6組
チャールズ ドゥング29分02秒36
7組
シトニック キプロノ27分53秒59

○ヤクルト
2組
春日千速29分38秒74
4組
小椋裕介28分40秒18
武田凜太郎28分44秒52
6組
ベナード キマニ28分37秒92
7組
デビット ジュグナ28分22秒23

○プレス工業

○日清食品グループ
1組
町澤大雅29分43秒17
中谷圭佑DNF
2組
我那覇和真28分43秒86
武藤健太29分08秒66
バルソトン レオナルドDNF

○日立物流
3組
牟田祐樹28分29秒18
小町昌矢29分46秒82
前田将太DNF
4組
柳 利幸29分15秒83
5組
栃木 渡28分29秒54
6組
浅岡満憲28分30秒94
ジョナサン ディクDNF

○八千代工業
4組
甲斐翔太29分24秒12
アビヨット アビネットDNF

○JR東日本
3組
作田直也29分06秒48
富安 央29分28秒52
加藤 光29分36秒26
花澤賢人29分40秒15
4組
寺田夏生29分08秒76
黒川翔矢29分16秒59
大隅祐介30分16秒72

スポンサーリンク

○トヨタ自動車
2組
近藤聖志29分07秒36
森 拳真29分54秒11
3組
安井雄一29分25秒83
5組
松本 稜28分26秒94
デビッド ムフフ29分31秒42
6組
藤本 拓28分08秒30
早川 翼28分27秒28
山本修平28分30秒74
西山雄介28分34秒17

○トーエネック
6組
河合代二28分08秒52

○愛知製鋼
6組
サイラス ロイコン28分24秒31

○愛三工業
4組
中西玄気29分52秒29
5組
山口浩勢28分34秒14
石川裕之29分44秒08
7組
パトリック ムワカDNF

○NTN
3組
齋田直輝30分11秒66
4組
三輪晋大朗28分51秒74
5組
櫻岡 駿29分15秒39

○トヨタ紡織
1組
蟹沢淳平29分31秒79
山田速人29分58秒11
2組
濱野 秀29分53秒83
4組
西山凌平28分45秒34
聞谷賢人28分57秒31
6組
大池達也28分32秒65
7組
ベナード ムイア28分15秒72

○中央発條
2組
石井格人30分10秒02
吾妻佑起30分19秒81
4組
大野雄揮30分07秒67
7組
ジェームス ギタヒルンガル28分01秒45

○YKK

○セキノ興産

○NTT西日本
2組
山本翔馬28分59秒89
3組
監物稔浩29分03秒26
益田賢太朗29分13秒83
城越勇星29分35秒88
5組
大塚 倭28分17秒68
小松巧弥28分31秒91
渡辺力将28分39秒53

○SGホールディングスグループ

○住友電工
2組
藤村行央29分44秒80
3組
伊藤和麻28分39秒63
熊谷拓馬28分45秒40
5組
高田康暉28分36秒67
6組
田村和希28分08秒13

○大塚製薬
4組
國行麗生29分02秒14

○マツダ
5組
延藤 潤29分27秒93
7組
ベケレ シフェラウ27分59秒30

○中国電力
3組
清谷 匠DNF
4組
松井智靖28分35秒61
北 魁道28分56秒23
6組
藤川拓也27分58秒87
岡本直己28分31秒92

○中電工
2組
畑中大輝29分01秒04
大崎翔也29分14秒33
松尾修治29分26秒10
5組
小山大介29分08秒40
7組
アモス クルガト27分32秒04

スポンサーリンク

○旭化成
4組
有村優樹29分38秒73
5組
村山謙太28分12秒53
茂木圭次郎28分33秒21
6組
鎧坂哲哉27分55秒85
7組
キプヤティチ アブラハム27分44秒92
ムウェイ ロバート27分57秒14
村山紘太28分10秒39

○九電工
2組
福本真大29分31秒80
5組
中村信一郎29分11秒97
6組
東 遊馬28分03秒46
7組
コエチ ベナード27分31秒83

○MHPS
2組
吉田裕晟29分25秒11
4組
目良隼人28分50秒57
5組
的野遼大28分41秒76
6組
井上大仁27分56秒27

井上大仁が自己新「自分もそこに」大迫傑の活躍刺激

○黒崎播磨
2組
川元涼央29分07秒62
吉元真司29分42秒23
久井原歩30分07秒36
3組
細谷恭平28分56秒78
4組
田村友佑28分31秒06
7組
ジョエル ムァゥラ27分57秒19

○安川電機
7組
トゥル メルガ27分25秒86
アッバイナ デグ27分59秒77

○トヨタ自動車九州

○西鉄
7組
ダニエル キプケモイ27分30秒47

○戸上電機製作所

○ひらまつ病院

それ以外のチーム

○GMOアスリーツ
3組
渡邉利典28分57秒30
5組
倉田翔平28分29秒01
下田 裕太28分52秒84

○横浜DeNA
5組
高木登志夫29分18秒76
ビタン カロキDNF

○サンベルクス
1組
山下侑哉29分32秒99
水戸周平29分43秒62
荒川諒丞30分12秒26
松原啓介30分28秒59
中村大介30分55秒54
上條記男31分19秒89
チェボティビン エゼキエルDNF
2組
須河宏紀29分09秒34
鈴木卓也29分21秒25
3組
沖守 怜DNF
7組
イエゴ エバンス28分00秒56

○NDソフト
4組
照井明人28分44秒68

○コモディイイダ
1組
木田貴大29分30秒37
黒河一輝29分56秒09
佐藤晃章30分26秒84
五郎谷俊30分32秒15
4組
高橋光晃29分24秒82

○警視庁
1組
宮川慎太郎30分30秒66
2組
安島慎吾29分56秒12
3組
松田憲彦29分17秒36
小根山泰正30分02秒39
4組
佐藤達也29分35秒94

○大阪ガス
3組
今崎俊樹29分12秒22
4組
野中優志28分53秒15

○山陽特殊製鋼
1組
大根田航太29分51秒96
2組
藤原直樹29分31秒47
3組
熊橋弘将29分22秒07

○JFEスチール
1組
大谷康太30分19秒53
2組
風岡永吉28分58秒07
松村陣之助29分19秒67
岩田拓海29分43秒97
4組
パトリック キマニ28分43秒22
6組
チャールズ ディランゴ29分10秒92

○大阪府警
3組
谷原先嘉29分23秒30

○その他
1組
朝倉和眞(中小機構)29分30秒02
國澤優志(NTT東京)29分50秒99
皆浦 巧(NTT東京)31分04秒44
小原大輔(新電元工業)DNF
2組
親崎達朗(新電元工業)29分18秒15
高橋優太(髙橋牧場)29分54秒57
合田佳功(NTT東京)30分24秒17
源 康介(大阪府警)30分27秒98
3組
中村高洋(京セラ鹿児島)28分43秒29
竹下和輝(自衛隊体育学校)29分07秒66
飛松佑輔(日置市役所)29分52秒33
5組
桃澤大祐(サン工業)28分25秒56
ピーター ムワンギ(コモディイイダ)29分41秒73

最近、なぜか長野の「おっさんランナー」が速すぎる

大学生

3組
和田照也(専修大④)29分19秒24
4組
長谷川柊(専修大③)28分32秒76★
5組
伊藤達彦(東京国際大④)28分28秒62★
中島大就(明治大③)30分07秒01
6組
阿部弘輝(明治大③)27分56秒45★(今期日本人大学記録!)
堀尾謙介(中央大④)28分50秒98
トビアス チェルイヨット(日大RC)29分14秒13
ベンソン キプロノ(日大RC)29分31秒76
7組
レダマ キサイサ(桜美林大③)27分43秒52★
タイタス モグス(東京国際大③)28分16秒35★

まず序盤の組では専修大の主力選手が出場!長谷川選手が専大記録に迫るタイムの28分32秒はさすが、来年のトラックシーズンがさらに楽しみになる記録。

東国大は主力が絶好調!伊藤選手が28分30秒を切る好タイムを残すと、最終組でモグス選手が28分16秒!彼らが往路の序盤に入ると東国大旋風なるのでしょうか?

そしてすさまじかったのが明大・阿部選手と桜美林・キサイサ選手。阿部選手は、旭化成鎧坂選手らに最後まで食いつき、今期日本人大学生で唯一の27分台!本当に頼もしくなりましたね。

是非、箱根2区でもうまく走ってほしい。八王子ロングディスタンスと箱根駅伝の相性の悪さ云々の話も出ていますが、そういうジンクスも吹き飛ばしてくれれば。

また、桜美林・キサイサ選手はさらに強くなりましたね。実業団の留学生に交じって27分43秒!NY駅伝に出ても面白いレベルになってきました。

他では、中大堀尾選手が連戦でこちらに。さすがにタイム出ませんでしたが、最低限28分台は手応えかな?明大中島選手はロード型なので、何とかまた戻してほしいところ。

・・・ところで日大RCとなっている選手は、日大の来年以降の留学生選手と思っていいのかな??

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    田村友佑選手、大化けしましたね。スケールが大きいけど荒削りな印象でしたが…
    それでもまだ可能性を感じる所を見せてくれるのがまた魅力ですね。

    阿部選手の出てたB組は印象的なレースでした。5000m通過で27分台は確実に出るから誰が耐えれるのかが注目でした。ディク選手がラスト二周で外れてペースが落ちないかだけが不安でしたがやはりそこは鎧坂様様ですね。1つのレースでここまで27分台が出たのを見たのが2年前のホクレン以来なので感動しましたね。

    しかし…中谷選手大丈夫なんでしょうかね。かなり不安です。

  2. たけぽっぽ より:

    ①ニューイヤーに出場するチームについて
    NTT西日本のルーキー大塚選手はロード大学時代の活躍からロード型と思っていましたが、記録会とはいえまさかの28分10秒台とチームベストの成績。1年目から早速4区又は5区で登場か?

    ②MHPS井上選手の27分台突入
    ついに井上選手が一つの壁をぶち破った感じがします。今年はマラソンで2時間6分台、アジア大会優勝、1万メートル27分台と本当にとってはターニングポイントになったのでは?近い世代の大迫、設楽選手とともに更なる長距離界のレベルアップに期待します。

    ③麗澤大学OBの活躍
    今年惜しくも箱根初出場が叶わなかったものの、活躍しているOBは佐野選手(ホンダ)だけでなく河合選手も28分1ケタとチームでもエースの役割が求められる立場に。服部弾馬選手もいるだけに、チームをどこまで引き上げられるか。OBの活躍が現役生にいい影響を与えられると思うので、日本人だけで戦うニューイヤーも注目です。