スポンサーリンク

【順天堂大学】2018-2019大学駅伝展望:前半戦を終えて~中堅層充実も、エース頼み脱却はまだ志半ば

シェアする

大学駅伝チームが夏合宿の間、各大学の春シーズンのまとめと、秋シーズンの展望をしています。

次は結果が出そうで出なかった…フラストレーションを爆発させたいチーム

関東ICで高まった機運、秋以降に継続させたい

順 天 堂 大 学

スポンサーリンク

春シーズン振り返り

~主な主要大会~

【関東インカレ】
1500m予選:1組3位野口雄大②3分51秒80 Q 2組12位前田智広②4分03秒11 3組5位原田凌輔①3分49秒72 q
1500m決勝:6位野口雄大②3分52秒86 +3点 8位原田凌輔①3分53秒59 +1点
10000m:3位塩尻和也④28分26秒64 +6点、6位橋本龍一③29分07秒79 +3点、11位野田一輝③29分21秒62
3000m予選:2組12位森下舜也②9分30秒02 2組15位續木悠也④9分37秒10
3000m障害:
ハーフ:8位難波皓平③65分15秒 +1点 18位山田 攻④66分57秒 26位鈴木雄人③67分59秒
5000m:2位塩尻和也④13分52秒51 +7点 20位清水颯大②14分37秒51 33位野口雄大②15分40秒73

【日本選手権】
3000m障害
1位塩尻和也③8分29秒14

まずはスピード種目の1500mで大きな得点がありましたね。昨年からメキメキと力を付けた野口選手が、厳しい戦いの中6位に食い込むと、更に新入生の原田選手も8位に食い込む大健闘!これはちょっとびっくりしましたよね。

さらに長距離種目も良かったですよね。塩尻選手はさすがの5000m&10000mどちらも表彰台!留学生選手には勝てませんでしたが、学年が上がるごとに差を詰めていったのは良かったと思います。10000mに関しては橋本選手も6位入賞!野田選手も11位に食い込むと、ハーフでは難波選手が8位に入ります。3年生の頑張りでエース頼みから少しずつ脱却しているのかなと思いました。

さらに日本選手権ではそのエースが久々の本気3000m障害ですさまじい走り!最初から独走に持ち込むと、8分29秒14の好タイム!本人は8分25秒付近を狙っていたようなので、納得はいかない感じですが、確実に毎年自己ベストを出していって成長を感じます。アジア選手権でも頑張ってほしいですよね。

【全日本駅伝予選会】
7位順天堂大学4:08:47.52

1組:9位吉岡幸輝④31分07秒82、22位江口智耶④31分26秒44
2組:6位野田一輝③31分11秒20、22位金原弘直④31分34秒63
3組:8位藤曲寛人③30分54秒25、27位清水颯大②31分24秒61
4組:3位塩尻和也④29分15秒19、36位難波皓平③31分53秒38

さて、日本選手権から中5日で10000mのチーム戦となった塩尻選手を、今年こそ負担をかけたくなかったのですが…。前日のオーダー発表からちょっとまずい感じでした。関東IC入賞の橋本選手が外れ、野田選手も2組。決して状態が安定していない選手を上位の組に回していました。

当日、やはりヒヤヒヤとなりました。序盤は野田選手やそれ以外の吉岡・江口・金原選手のスタミナ型の4年生選手で圏内につけました。3組も今季絶好調の藤曲選手が上位につけ何とかしのぎました。

ただ、4組が厳しかった。難波選手がかなり苦戦してしまい、一時は予選落ちも覚悟したくらい。塩尻選手がコンディションが悪い中、29分15秒で走り切ったこともあり、どうにか通過しましたが、今回も思い通りとはいかなかったかな?

~今季前半戦ランキングまとめ~

5000m
塩尻和也④13分39秒72 4/22
橋本龍一③14分05秒57 4/22
藤曲寛人③14分10秒01★ 5/13
小島優作①14分13秒31 6/16
野田一輝③14分16秒29 4/14
野口雄大②14分16秒49 4/22
江口智耶④14分23秒28 7/7
清水颯大②14分23秒96 7/7
山田 攻④14分26秒88★ 7/7
多久和能広②14分29秒42 7/7
吉岡幸輝④14分29秒61 7/7
難波皓平③14分30秒16 7/7
小林 聖④14分33秒07 4/7
髙林遼哉③14分33秒67 5/4
内山将志②14分33秒78 5/4
小畠隆太郎③14分33秒80 6/9

10000m
塩尻和也④28分26秒64 5/24
野田一輝③28分52秒39★ 3/24
橋本龍一③28分59秒32★ 3/24
清水颯大②29分02秒47★ 3/24
金原弘直④29分24秒56★ 3/24
藤曲寛人③29分24秒92★ 4/21
江口智耶④29分29秒06★ 3/24
山田 攻④29分47秒14★ 4/21
小畠隆太郎③29分47秒15★ 4/21
吉岡幸輝④29分49秒31 3/24
馬場スタン恵④29分50秒80 3/24
難波皓平③29分56秒90 4/21
矢野直幹②29分56秒91★ 3/24
鈴木雄人③30分03秒14 3/24
近藤亮太①30分08秒34★ 4/21
内山将志②30分08秒99★ 3/24
髙林遼哉③30分13秒87★ 3/24

ハーフ
難波皓平③65分15秒 5/27
吉岡幸輝④66分27秒 7/21
藤曲寛人③66分32秒 7/21
山田 攻④66分57秒 5/27
トラックのスピードに関しては、やはり塩尻選手が抜けていて、5000m13分39秒は春から凄いですね。続いては橋本・野田選手がエース格になりかけているところ、清水選手も走れるときは走れるのですよね。アベレージが上がるようにじっくり取り組めればと思っています。また、3年藤曲選手が大幅に5千も1万もベストを出していていて、先の全日予選に活きました。ロード型と思うので、続けば面白いですよね。

ところで3月末の記録会を初めかなり順大が記録会に参加しています。ここまで出るのは珍しいかな?このチャンスに4年生の選手もベストを出していますね。金原・江口・山田・吉岡選手がしっかり成長、馬場選手ももう少しでしょうかね。3年も難波・小畠・鈴木選手が頑張っています。

2年生以下は清水選手以外が気になるところですが5000mでスピードのある野口・多久和選手、更に矢野・内山選手が上がってきていますかね。1年は小島選手に近藤選手が頑張っています。

スポンサーリンク

秋シーズンに向けて

20人選ぶ
塩尻和也④ 山田 攻④ 江口智耶④ 吉岡幸輝④ 金原弘直④
小林 聖④ 馬場スタン恵④ 橋本龍一③ 野田一輝③ 藤曲寛人③
難波皓平③ 小畠隆太郎③ 鈴木雄人③ 髙林遼哉③ 清水颯大②
多久和能広② 野口雄大② 矢野直幹② 内山将志② 小島優作①

順大もしっかり20人数える事ができますよね。4年生はエースの塩尻選手と箱根の山で光る山田・江口選手に、復路で光ってほしい吉岡・金原・小林選手に、最後に復活狙う馬場選手。3年は1年時から台頭している橋本・野田・難波以外にも藤曲・小畠・鈴木選手など駅伝で面白そうな選手がでてきています。

2年はややもがいていますが、野口選手が得意のスピード種目で存在感を示しました。清水・多久和選手が上がってくるかどうか。1年生は溢れてしまいましたね。ここまでは1500mの原田選手以外は大きく目立ってませんが、上級生の頭数が多いだけにじっくりと育成できそうです。

前半戦を見てのオーダー予想

箱根予選:塩尻④橋本③野田③難波③藤曲③江口④吉岡④金原④山田④清水②
小畠③鈴木③/馬場④小林④
全日本:橋本③-塩尻④-野口②-清水②-多久和②-藤曲③-野田③-難波③

ということで箱根予選は上級生中心になるでしょうか。塩尻選手は走り込みがどうしても不足するでしょうが、意気込みは強く、少なくとも61分前後はターゲットにするでしょう。橋本・野田・難波選手らがしっかり63分前半以内で走れれば、あとは64分前半で走れそうな選手は結構な人数いますかね。予選はあまり得意ではないですが、しっかり調整できればと思います。

強豪チーム復帰ポイント:復路型の4年生の粘り強さ

出場が決まった全日本は、塩尻選手を比較的序盤に配置して上位進出を経験しながら、下級生の選手に駅伝を経験させてあげられればなと思っています。このオーダーなら駅伝経験者が3名増えるかなぁと思っています。

そして、箱根予選を突破してからの話になるのですが、やはり上級生の力になるのかなぁと思っています。山は順調なら4年の山田・江口選手ですし、ハーフ経験豊富な金原・吉岡選手は復路の有力候補だと思います。3年藤曲・難波選手あたりもキーになってくるでしょうか。攻める区間はありますので、今度こそ流れに乗っていけるチームになりたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. きら より:

    2年に1度のアジア選手権じゃなくて4年に1度のアジア大会です。順天堂の人の間違いです。
    アジア選手権という名のレースは去年の7月上旬に行われていました。

    塩尻はトラック5000m未満の種目の日本代表、箱根関係は大迫4年の時のようにほどほどでいいのです。箱根はスタミナ勝負、1年間インカレも出ずに箱根の練習してる選手が頑張ればいい。

  2. m78 より:

    多分箱根予選は問題ないと思いますが、3000m障害日本代表の塩尻選手の今後を考えても箱根本戦ではできる限り負担の少ない区間に置きたい。
    往路ならば、1区か3区、復路なら9か10区が適任かと。
    また、箱根予選もできれば欠場して休養できればベストですが。
    なんだか10年前の佐藤悠基を擁していた東海大学と今のこのチームは重なるところが強いです。