スポンサーリンク

【10000m結果速報】2017.12.2第261回日本体育大学長距離競技会

シェアする

2017年度最後の日本体育大学長距離競技会が行われています。10000mは15組と史上最多ですね。

来年の箱根予選を狙うチームや箱根駅伝出場を狙うチーム、そして箱根本戦で戦うチームの最後の追い込みです

ただいま、15組/15組まで結果掲載

スポンサーリンク

第261回日本体育大長距離競技会

結果

結果が出やすいコンディションになっているようでなによりです

スポンサーリンク

実業団

10000m
ダニエル キプケモイ(西鉄)28分21秒30
ロジャーシュモ ケモイ(愛三工業)28分22秒80
池田紀保(プレス工業)28分34秒89
鈴木洋平(愛三工業)28分36秒19
中村信一郎(九電工)28分37秒05
柳原貴大(八千代工業)28分39秒31
村本一樹(住友電工)28分39秒77
千葉一慶(八千代工業)28分41秒36
梶原有高(ひらまつ病院)28分44秒37

最終組の28分45秒以内の結果です。早大時代に最終学年で覚醒した鈴木・中村選手が健闘する中、プレス工業の池田選手が日本人トップ!これはエース区間での健闘が期待できますね。かつてプレス工業でエース区間を走っていた梶原選手も復調気配。初出場のひまらつ病院をどれだけ順位をあげられるか?あとは八千代工業の健闘が目立ちました。

高校生

10000m
6組
島袋太佑(北山高・沖縄)30分05秒62※沖縄県高校記録
9組
八重畑龍和(山梨学院高・山梨)29分40秒67
飯澤千翔(山梨学院高・山梨)29分47秒94
矢島洸一(山梨学院高・山梨)29分58秒55
14組
三浦拓朗(西脇工業・兵庫)29分22秒10
15組
ピーター ムワンギ(仙台育英)28分25秒20

高校生も頑張りましたね。6組で沖縄県北山高の島袋選手が30分05秒の沖縄県高校記録!沖縄県は暑い&箱根の放送をしていないためにあまり長距離は流行っていないのですが、高校駅伝で1区健闘するかも!?

9組では山梨学院高校の3選手が29分台。4年前の優勝校は今年はいかに?西脇工業のエース三浦選手もさすがの成績でしたね。

女子

5000m
木村友香(ユニバーサルエンターテイメント)15分12秒47

先週のクイーンズ駅伝で5年ぶり2度目の優勝を果たしたユニバーサルエンターテイメントから、1区で区間2位と流れを作った木村選手が出走!15分12秒と世界選手権を狙えるレベルの記録を出しました!さすがですね!

スポンサーリンク

箱根駅伝シード校

強豪校は30分50秒程、中堅校は31分10秒程、それ以外は31分30秒まで掲載します。

早稲田大学

9組
大木皓太②29分39秒90★
10組
尼子風斗②30分10秒14★

大木選手が組トップでしっかり走ったみたいですね。山の候補としてエントリーあるでしょうか?

神奈川大

6組
佐藤大悟30分58秒30
8組
日野志朗②29分53秒79★
9組
森 淳喜②29分41秒95★

主力以外の選手が出走しましたが、29分台をしっかりマークするところがさすがですね。

中央学院大学

8組
須永康幸②29分53秒98★
9組
大濱 輝②29分45秒93★
川﨑耕平①29分58秒84★
畝 歩夢①29分59秒30★
篠原崇希③31分04秒78
10組
城田 航②29分33秒62★
釜谷直樹③29分34秒53★
下川和樹③29分40秒82★
戸口豪琉①29分43秒56★
金井優介②29分46秒11★
山本大貴③29分59秒04★
石井 海③30分09秒97
五十嵐拓也③30分10秒08★
11組
光武 洋③29分25秒00
由見光道④29分26秒71★
石綿宏人①29分32秒78★
石原圭祐②30分02秒08★

主力以外が出走しましたが、見事に自己ベストラッシュですね!9組で中大の畝選手の双子の弟さんが29分台をマークすると、10組で城田・釜谷選手が大幅自己ベストの29分30秒台、いい感じです。

そしてエントリー入りを狙う11組。長い距離で実績のある光武選手が間に合った!29分25秒、更に最後の箱根を狙う由見選手がベスト。彼も安定して29分台出していますし16人はいける??あと1年生2人目となる石綿選手も収穫ですかね。

スポンサーリンク

日本体育大学

4組
濱崎弘稜①31分02秒20
5組
岩室天輝①30分20秒34
森下滉太①30分31秒57
山中貴善②30分55秒89
8組
白永真彦④29分53秒95★
江連 翼③30分25秒69
9組
好 貴久②29分56秒24★
大内一輝①29分56秒51★
小縣佑哉②30分01秒66
福住賢翔①30分52秒51
10組
志賀康太③29分43秒38★
大泉 奨③29分55秒44★
池田耀平①30分00秒92★
冨田真佑②30分02秒44★
鈴木烈剛②30分08秒26★
亀田優太朗①30分18秒29★
森 龍一②30分21秒22★
11組
山口晟弥③29分27秒77★
森崎拓海③30分19秒72
酒匂郁海③30分34秒30
12組
吉田亮壱④29分05秒18
山口和也②29分05秒39★
住田優範④29分05秒61★
小町昌矢④29分06秒12
冨安 央④29分06秒16
城越勇星④29分07秒40
三原卓巳③29分08秒71★
室伏穂高③29分17秒09
中川翔太②29分17秒85
森田諒太②29分18秒75★
廻谷 賢②29分23秒01★
重松尚志④29分25秒39★
林田元輝③29分26秒62★
濵田 諒②29分27秒67★
白永智彦②29分34秒62★
石島一真④29分51秒02
辻野恭哉④29分57秒68
宮﨑勇将③29分58秒87
徳田亮太④30分02秒82
小松力歩②30分21秒25

例の事件以来一切試合出場のなかった日体大が出走してきましたね!序盤から山口選手を中心にちょくちょく29分台が出ていました。そして大量に出場した12組は29分一桁のペース走だったようですね。

吉田・小町・城越選手といった4年生はさすがといったところ、山口選手もやはり出してきましたね。彼らは主力候補。びっくりしたのが4年住田選手。29分05秒の大幅ベストで10人入りかなり有力になったのでは!?出雲出走の三原選手も力をつけてきました。

前年8区9区の中川・室伏選手もまずまず。そして上から数えて10人目は2年森田選手、ただ廻谷・重松・林田・濱田選手までは秒差!選考はどうなる?辻野選手が時間かかっていますが山の準備であれば心配はいらないでしょうか。

スポンサーリンク

駒澤大学

13組
若林大輝①29分48秒21★
14組
佐々木聖和②29分02秒63★
中西亮貴④29分03秒27★
藤木悠太④29分11秒55★

メンバー入りを狙う選手が出ましたが、好記録続出しましたね。2年佐々木選手が28分台間近を出したのはびっくり。4年中西・藤木選手も意地を見せてきましたね。

東海大学

6組
越坂部隆成③30分40秒95
8組
上野遼太②30分48秒45
10組
河野遥伎②29分31秒50★
垂水 隆④29分44秒88
鈴木恒介①30分09秒58★
田中将希④30分12秒83★
布川理稀雄①30分15秒17
加藤拓実③30分30秒72
足立直哉③30分41秒30
小林和弥④31分03秒08
11組
上村亮太①29分28秒54★
関原稔記④29分38秒95★
渡邉雄図①30分46秒93
13組
鈴木雄太①29分42秒49★
14組
中園誠也②29分16秒51★
米田智哉①29分19秒07★
15組
小松陽平②28分35秒63★

若手も4年も出場。若手は10組河野・11組上村・14組中園、米田選手がいい記録で走りました。4年は10組垂水選手が自己ベストまであと数秒、11組で関原選手が初の29分台をマーク!関原選手は最初は部員ではなくサークルだったそうで、ここまでよくあがったと思います。

そして、最後に登場した小松選手がびっくりな記録!28分35秒と主力並みの成績をマーク、メンバー入りをアピールしてきました!なお、東海大はこれで1万28分台10人、平均28分37秒アップ!素晴らしいスピードチームに育ちました!

スポンサーリンク

箱根駅伝予選突破校

帝京大学

9組
吉田律哉①29分58秒77★
中江颯一朗②30分09秒92★
増田 空①30分17秒61★
小林万修②30分22秒94
安立弘樹②30分27秒48
10組
渡辺悠斗①30分21秒74★
大塚瑞季③30分27秒28★

9組で1年生吉田選手が29分台。他の選手も僅差、来年誰が上がってくるでしょうか。

大東文化大学

8組
豊田紘大②30分14秒29★
稻留涼斗①30分36秒65★
平内幹太③31分28秒96
10組
渡辺拓巳④29分50秒74★
山崎 光③30分09秒86★
佐藤弘規②31分10秒95
11組
三ツ星翔①29分55秒77★

箱根予選出走の三ッ星・佐藤選手と、1500mで活躍した渡辺選手が自己新!16人には入ってくるでしょうかね。

中央大学

5組
岩原智昭①30分21秒37★
岸 俊樹②30分30秒46★
矢野郁人①30分37秒69★
佐々木遼太②30分55秒45★
北村 祥③31分19秒15
8組
石黒和寿③31分06秒97
三須健乃介①31分19秒38
10組
江連崇裕④30分12秒21
茂川聖真③30分42秒53
12組
関口康平③30分26秒86
大森太楽①30分31秒02★
岩佐快斗②31分11秒28
14組
加井虎造①29分08秒09★
冨原 拓②29分36秒88★

10組に10人ボーダーと思われる江連選手が出場。堅実でしたがベストに届かなかったのはどうか?また12組岩佐選手が2連続失速で箱根はどうなるのでしょうか?

逆に14組で加井選手が29分一桁の大幅ベストはとても驚きました!これは箱根ある?1500mの冨原選手も10000mに対応、6区などの候補になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

山梨学院大学

5組
野田康介30分46秒78★
6組
村上将真③30分04秒39★
吉田 巧①30分07秒38★
松原佑弥②30分09秒66★
米野航成30分27秒30★
轟木太郎①30分27秒55★
8組
花田幹太②29分57秒04★
熊谷尭之①30分19秒77★
原口 翔②30分50秒81

来季の主力候補が出場。6組では村上選手ら3選手が30分一桁、8組では現在陸マガの部員名簿に名前がない花田選手が29分台をマークしました!

拓殖大学

13組
石川佳樹①29分22秒57★
苅田広野④29分34秒85★
吉原遼太郎①29分43秒70★
長田悠太郎③29分47秒75★
土井春樹②30分19秒34★

嬉しいニュースですね。1年生の石川選手が29分22秒の好記録!これはちょっと予想していませんでした。吉原選手もまずまずか。

そして前回7区出走の苅田選手が間に合いました!拓殖大も箱根のシード権を狙う準備がちゃくちゃくと進んでいます。

國學院大學

10組
高嶌凌也①29分38秒94★
茂原大悟②29分41秒58★
森 秀翔①29分42秒65★
藤村遼河①30分01秒63★
磯邊翔太④30分02秒12
小林祐太④30分23秒03
13組
中山貴裕③29分47秒09★
小中駿祐③29分52秒87
田代恭一④30分04秒50★
15組
浦野雄平②28分51秒91★

10組で高嶌選手ら若手が29分台半ばをマークし、次につながるレースをしましたね。また、浦野選手が28分台をしっかりとマーク。これで箱根駅伝出場チームは、学生連合を除いて全チームに28分台ランナーが所属することになりました。

スポンサーリンク

国士舘大学

黒﨑祐司④31分03秒71
9組
杉本恭吾②29分59秒53★
鈴木大介①30分39秒45★
堂本将希①30分40秒25
11組
近藤 航④29分42秒17★
守屋太貴④30分13秒26
本多将貴④30分58秒93
岩崎俊希④31分10秒63
谷村亮太④31分44秒35
14組
ポール ギトンガ①29分56秒45

11組に4年生が大量に出場。近藤選手が大幅ベストで16人メンバー生き残りへ。また、ギトンガ選手も少しずつ調子を取り戻してきています。

城西大学

6組
中谷貴弘②30分26秒81
志賀颯太①30分27秒05★
田部雄作①30分34秒89★
貴田勇斗①30分37秒84★
栗屋直斗②30分40秒20★
麻生勇介②30分53秒15
藤田健太郎②30分55秒54
9組
野上亮祐①29分46秒69★

中谷選手が少しずつですが状態があがってきているのに安堵。素質は高い選手ですので、来期主力になってほしい。また、1年野上選手が29分台。何気に城西大の1年生の選手がよくなっています。

東京国際大学

8組
加藤純平①30分13秒42★

1人のみ出場。まずまずのタイムでは?

スポンサーリンク

箱根予選敗退校

日本大学

5組
横山 徹①30分14秒40★
山田拓斗②30分54秒78
竹元亮太①31分15秒19
6組
大平健太②30分20秒11★
遠田光太郎①30分34秒40★
宮崎佑喜①30分37秒27
萩原 海①30分39秒20★
河原佑哉②30分55秒89
7組
池田亜久里①30分11秒13★
成田悠汰②30分50秒76
8組
伊藤直輝②29分50秒39★
高橋佐介①30分08秒78★
小林陸大①30分21秒03★
関沼和曉①30分38秒58★
齋藤拓海②31分20秒31
13組
野田啓太①29分33秒31★
武田悠太郎①29分35秒74★
松木之衣②29分37秒48★
金子智哉②29分42秒20★
佐藤玲偉③30分00秒02★
小坂太我②30分03秒93

ついに日大もあげてきました!横山・池田選手ルーキーが序盤で頑張ると8組で2年伊藤選手が大幅ベストで29分台!さらに13組では野田・武田選手のルーキーコンビが29分30秒台。松木・金子選手の期待の2年も頑張りました。来シーズンは総合力があがった日大が見れそうか!?

明治大学

10組
樋口大介①30分19秒84

樋口選手が出場。自己ベストまであともう少しでしたかね。

スポンサーリンク

専修大学

6組
村上大宗①30分41秒01★
鹿島則宏①30分57秒48★
8組
水口敬斗③30分28秒50★
宮下 竣③30分49秒73
9組
西川優樹③29分49秒50★
茅野雅博①30分02秒19★
10組
山本伸輝④29分39秒39★
島田匠海③29分52秒62
宮下晴貴②30分23秒28
13組
佐藤雄基③29分24秒03★
14組
岩田拓海④29分17秒79
川平浩之③29分39秒99
15組
和田照也③28分56秒09★

専修大も良かったですね。まず3年生に好結果。和田選手が連続してベスト、記録も28分台に到達で一躍エース級に!いずれハーフも走ると思いますが結果が楽しみ。また、砂糖・西川選手が浮上、川平選手もまずまずで推移ですかね。

それから1年生が茅野選手を中心に少しずつ長い距離に対応し始めています。これからが楽しみ。4年生は岩田選手がベストにあと少し、山本選手がベスト記録を出しました。

麗澤大学

9組
太田来紀③29分59秒20★
水野優希①30分20秒95★
村瀬佳樹③30分43秒98★
杉保滉太①30分53秒27★
14組
国川恭朗②30分02秒95

太田選手が非常に好調ですね。3年生以下で3人目の29分台到達となりました。14組と高いレベルの組に挑戦した国川選手は自己ベストまではいけませんでした。

東京農業大学

6組
福脇昭也①30分32秒85★
櫻井亮也①30分39秒17★
鈴木広親③30分49秒45★
安田圭吾③30分57秒47★
徳永晃希④31分22秒02
8組
今井優作②29分55秒83★
西野匠哉②30分15秒02★
吉田蒼暉②30分35秒24
高木才叶②30分43秒48
清水友斗②31分28秒27
11組
平井陽大①29分26秒48★
高橋悠平④29分26秒89★
加藤大地③29分33秒51★
山舘湧真④29分34秒02★
田中健祐③29分45秒72★
鈴木開登③29分57秒57★
山口 武①30分13秒79★
茂木洋晃④30分35秒70
13組
工藤 颯①29分38秒84★
高田悠太②30分17秒63

記録ラッシュにびっくりです。1年生の平井・工藤選手がチームの2番手3番手に成長してきましたかね?高校時代からすると凄い伸び率です!加藤・高田・今井・西野選手らがそれに続くでしょうか。ひとまず平均タイムとしては一挙に浮上!

また4年生もチームに滞在。高橋・山舘選手が大幅に自己ベストを更新しましたね。

スポンサーリンク

日本薬科大学

7組
時川朋也②30分30秒34★
山田直樹①30分47秒29★
仲間紘大②30分58秒83
及川雄大②30分59秒83★
10組
大倉秀太①29分54秒05★
今川深透①29分54秒06★
土屋祐太②30分26秒60★
神戸 巧③30分46秒33★

全日本予選初出場を狙う日本薬科大は7組で時川・山田選手がベストを出すと、10組でびっくり!1年生の大蔵・今川選手が29分台をの走りをマーク。

3年生以下での上位8人は、現4年の桜庭・髙橋選手がいた時も出せなかった29分台平均に到達!全日本予選出場ラインまで3秒となっています。

流通経済大・筑波大

8組
児玉朋大①30分05秒45★ 筑波
10組
地福詩音③29分36秒27★ 流経

それぞれ自己ベストですね。児玉選手は毎週更新中。全日本予選ボーダーの筑波大は勢いがやや落ちていますが、彼のおかげでキープ。流経大の地福選手は新チームでは記録上大きく抜けた存在になりました。

亜細亜大学

6組
兼次祐希①30分15秒84★
11組
梅本龍太③29分39秒08★
立石拓海②30分07秒86

兼次選手がようやく大学の流れに乗ってきましたかね。そして梅本選手が復活!もう一度戦える陣容に整えつつありますかね。

スポンサーリンク

平成国際大学

5組
長沼俊輔②31分17秒77★
6組
片山拓海①30分40秒06★
古田 光③31分04秒16
7組
布施晴貴③30分15秒26★
河野敢太②31分12秒75★
上石敦士②31分15秒04★

布施・片山選手あたりが収穫ですかね。

関東学院大学

5組
小野元也②30分56秒29★
佐藤裕太②31分11秒15★
6組
石本孝二①30分08秒30★
7組
山本旺輝②30分45秒81
8組
安達 駿②30分13秒83★
荒川将輝②30分28秒61★
11組
関口大樹②29分42秒46★
14組
田島 光③29分37秒38★

主力の田島・関口選手がしっかり自己ベスト。関口選手は初の29分台ですかね。また、安達・荒川選手も最近好調。びっくりしたのが6組で2位の石本選手がいきなり30分08秒!次のレースに注目したいです。

武蔵野学院大学

4組
佐藤茂哉31分17秒84★
5組
藤井亮矢②30分22秒19
佐藤拓夢①30分46秒32★
木村純一郎①31分04秒01★
6組
高岡朝日③30分39秒59
7組
竹内嵩人①30分23秒61★
岩永 令②30分25秒62★
安部智輝③30分26秒80★
佐藤貴洋③30分44秒20
9組
田村剣心①30分05秒97★

武蔵野学院大もいいですね。まず5組で箱根予選以来となる藤井選手がレースに。彼が本調子になってくれば初の全日本予選出場が本気で狙えます。

それもそのはず田村選手が復活して30分05秒、竹内・佐藤選手もいい記録。岩永選手ら2年生もさらに記録を縮めています。20位のラインまであと10秒です。

スポンサーリンク

明治学院大学

5組
添田尚也③30分48秒67★
7組
大畑智将③31分24秒08

添田選手が大幅ベストを出しています。

東京経済大学

6組
宮田共也①30分38秒72★
7組
小新裕貴③30分08秒32★
阿部匠良①31分02秒85★
元川嵩大③31分15秒55
松本大寛①31分25秒61★

宮田選手がいきなり30分台でびっくりしていると、来期4年になる小新選手が30分一桁。ここ最近低迷していましたが、久々に育成の成果が出てきました。

関東その他大学

5組
松元平河(防大3)30分54秒17★
露木翔太(国武3)31分29秒61★
7組
下川唯布輝(慶大4)30分17秒63★
8組
田島爽也(慶大2)31分08秒46★
14組
近藤秀一(東大3)29分16秒17
15組
ブヌカ ジェームス(駿河台大?)29分07秒56

防衛大の松元選手は5000m15分台の選手なので30分台にびっくり!なんか一気に伸びるかも?慶大の下川選手がここにきて一気に伸ばしていますね。後輩に少しでも指針になれば!

上位組では東大近藤選手が今度はガチで記録に挑戦しましたが今回は届かず。28分台は来季へ持ち越しでしょうかね。ところで駿河台名義のブヌカ選手は入学するのでしょうか?

スポンサーリンク

他地区

新潟大

4組
岩渕 健31分26秒90
5組
森 悠人30分45秒56

信州大学

4組
河合崇成31分20秒23
野部勇貴31分24秒73

新潟医療福祉大学

5組
小林史弥30分54秒99
若澤新也31分18秒06
高山雅弘31分28秒37
小熊玲央31分29秒47

北信越地区3強の3チームが記録会で激突!出場した新潟大の森選手が一番いいタイムを出したのはさすが。また、新潟医療福祉大が再び勢いを取り戻しつつあるようです。

関西学院大学

8組
藪野正大①30分32秒11
10組
藤井大輔②30分13秒52
12組
川田 信①29分35秒45
13組
石井優樹②29分19秒32
坂東 剛③29分26秒42
14組
野中優志④29分13秒69

12組に出場した川田選手が大幅ベスト!主力の石井・坂東・野中選手とあまり変わらない成績に!来期の飛躍候補ですね。4年生の野中選手はいずれまた28分台にチャレンジしてほしいところです。

その他大学

5組
柳澤航希(金沢大)31分25秒27
佐藤 樹(奈良学園)31分25秒84
6組
合場雅志(金沢大)30分53秒41
7組
松浦祟之(東北大)30分25秒05
吉川昇吾(信州大)30分35秒35
9組
齊藤正輝(釧路公立大)30分22秒23

他校も記録ラッシュエスね。東北大の松浦選手、それから釧路公立大の斎藤選手の30分20秒台は、こちらの地区からするとかなりの好記録です!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ハチベエ より:

    専修の和田選手が28分台、28分台がまた増えましたね。
    プラス材料が多いので、是非来年狙える位置につけておきたいですね。

    • hakonankit より:

      >ハチベエさん
      成績が安定する選手が最近多くなってきていると思います。次は各種ハーフで少しずつでもベストを更新していきたいところです。

  2. たけぽっぽ より:

    今回はほとんどの大学が下級生中心に出場していただけに、好条件だったとはいえ選手には自信になったと思います。その中で気になった点をいくつか。

    1.日体大については出雲駅伝以来久しぶりに主力選手が大量出場していましたが、これは箱根駅伝に出場できると捉えていいのかなと。絶対的エースこそ不在なものの、全員駅伝ができる大学。特に2区小町選手?は爆発力こそ欠けるものの、確実に69分30秒~70分の間で走ることが計算できるのは、チーム戦略としても波のあるエースよりも信用度は高いと思います。
    展開としては、山下りの神が卒業した以上6区で爆発的に流れを変えるのは難しいですが、じわじわ順位を上げて、終盤でシード権争いから抜け出す形でしょうか。

    2.東海小松選手の爆走は三上選手なみのインパクトでした。これで1万メートル28分台が10人。そこにあの阪口選手と舘沢選手が入ってきたら、どんなチームになるのか・・・。今年の春?に管理人さんが大学・実業団合わせての1万メートルの平均タイムを掲載してくれましたが、今だったらニューイヤー出ても他の実業団チームと遜色ない戦いができるのでは。

    3.國學院浦野選手の28分台は、タイム以上の価値をチームにもたらしたと捉えています。1、2区はおそらく浦野、向選手で戦うと思うので、首位からも例年ほど離れないはず。3、4区が苦手な大学だけに、ここを乗り切れば、復路は大崩れしないだけに、シード権への展望かなり明るいと期待しています。

    最後に、箱根駅伝ではないですが、ニューイヤー駅伝に九州地区からひらまつ病院が初出場しますが、松蔭大学OBの梶原選手が久しぶりに駅伝を走るのは楽しみです。長文になり失礼しました。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      日体大は全体的な走力の底上げがありましたね。4年生が主要区間をしっかりやれるところまであがってきたかもしれません。6区が未知数ですが、往路は昨年よりやれるはずですね。
      國學院大は多分最初の5㎞を14分30秒とかで入っていける選手がまだ少ないのかなぁと思いますが、浦野選手を中心に少しでも食らい付ければと思います。

      実業団×学生のタイムランキングもまたやっていきたいと思います。