スポンサーリンク

出雲駅伝2022【帝京大学】戦力分析&区間エントリー予想

いよいよ、三大駅伝の開幕戦!出雲駅伝が近づいてきましたね。エントリーも発表されています。コロナ禍も徐々に緩和され、手拍子応援での有観客となりました。

駅伝ファンとして、優勝候補や上位校の有力チームの区間エントリー予想をしていきますので、お付き合いください。

3年生主力に新戦力で粘りの駅伝を発揮できるか帝京大学です。

スポンサーリンク

出雲駅伝2022【帝京大学】について

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2021前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られ、当日補欠2名と変更もあります。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、高:高校駅伝、予:箱根予選、全予:全日本予選、IC:インカレ

大花将太④14分02秒80/29分39秒47≪22全予1組25位≫
吉岡尚紀④14分23秒93/30分04秒12

西脇翔太③13分56秒71/28分57秒21≪22全予4組31位、関東IC1万、箱10区10位、21:全5区14位、出5区8位≫
小野隆一朗③14分04秒47/28分50秒22≪22全予4組11位、関東IC1万9位、箱1区8位、21:全1区19位、出1区9位、20:全1区18位≫
末次海斗③14分29秒07/29分31秒83≪22全予2組4位、関東IChalf14位≫

福島渉太②14分09秒52/28分57秒49≪22:箱7区13位≫
福田 翔②14分14秒11/29分37秒33≪22全予2組15位≫
山中博生②14分25秒26/30分58秒52

柴戸遼太①14分06秒83/30分21秒34≪22全予3組31位、関東IC5千、21高1区15位、20高1区30位≫
藤本雄大①14分17秒66/29分33秒24≪22全予1組11位≫

小野&西脇選手の3年生が主力!まずは目標の8位以内を目指す

 久々に全日本大学駅伝の予選会を落としてしまった帝京大ですが、3年生小野&西脇選手を中心に、ちょうどチームとして過渡期の状況でした。出雲駅伝は8位以内、箱根駅伝は5位以内が目標となっています。

 実績としてはまず小野選手。駅伝はずっと1区を担当していて、今年の箱根駅伝1区9位で、見事に往路2位のおぜん立てをしています。今年も関東IC・全日本予選としっかり仕事をしています。もう一人西脇選手は、2年になってから担当、前年度三大駅伝を出走しています。この2人が今回も主要区間でしょう。

 続く存在なのが2年生1年生になってきますね。今年の箱根駅伝7区を走り、5千m14分09秒を持っている福島選手が復調してきていて、順当なら入ってくるでしょう。

 その後が横一線で、同じ2年生で全日予選2組好走の福田選手。さらに1年生が帝京大にしてはかなり早く上がってきていて、主要体系経験豊富
な柴戸選手や、全日予選1組担当の藤本選手が、9月日体大記録会で14分10秒台でゴール。起用してみたいと思える成績を出しています。

 上級生も、今年春5千m14分02秒を出してプチブレイクした大花選手や、トラックやロードも手堅く成績を残している末次選手、この他、9月記録会で上位選手がそのまま選ばれています。調子が上がっている選手で、上位争いに加わっていけるか。

区間オーダー予想

 スピード駅伝、出遅れ厳禁の出雲駅伝ですので、序盤からつぎ込んでいく事になると思います。まずは最初の3区間主力でどこまで付けるか。後半3区間で新戦力を試していくのかなと思います。

1区(8.0㎞)小野隆一朗③14分04秒47
2区(5.8㎞)福島渉太②14分09秒52
3区(8.5㎞)西脇翔太③13分56秒71
4区(6.2㎞)藤本雄大①14分17秒66
5区(6.4㎞)末次海斗③14分29秒07
6区(10.2㎞)柴戸遼太①14分06秒83

1区小野選手…ここは鉄板ではないかなと思います。起用されるごとに力をぐんぐん伸ばしてきて帝京大のエース格、他校の主力とも徐々に戦えるようになっています。順調なら十分区間賞争いにも顔を出せるようになっているかもしれませんね。

2区福島選手…一度大学駅伝を走っていて、トラック5千m実績のある福島選手で予想します。もう一人、1年生の柴戸選手も思いましたが、別の区間へ。福島選手も箱根駅伝で往路候補になると思いますので、この区間で思い切って勝負出来れば。

3区西脇選手…最初に主要選手をつぎ込んでいく形になると思います。今年の箱根駅伝10区を走り、学生ハーフで好走している西脇選手を3区予想。彼も往路候補のはず。まだ、前後の間隔が開いてないだろう3区で、他校のエースとどれだけ勝負できるか、ですね。

4区藤本選手…ここから新戦力。この区間の起用選手非常に悩みましたが、大学入学後からぐんぐん伸びてきている1年生藤本選手。5千m14分17秒は、高校時代のタイムから25秒程短縮。全日予選でも戦っていましたし、駅伝でも起用したいです。

5区末次選手…3年生3人目の選手になってほしい末次選手を5区。今年の箱根16人メンバー入り、今年になって関東IChalf14位に入り、全日予選は2組4位と暑さの中で会心の走り。強みを生かせそうな区間と思いました。

6区柴戸選手…思い切った予想をしてみます。1年生柴戸選手をアンカーに起用します。高校時代に5千m14分06秒、高校駅伝も1区15位です。大学でも全日予選3組のちハーフマラソン出走と、かなり鍛えられています。堂々のデビューになるのではないでしょうか。

 このほか、色んな選手と起用を迷いました。4年生の大花・吉岡選手はどちらかにエントリー入れたかった。というのもこの世代駅伝経験者が北野選手1人のみ(それも故障?でエントリー漏れ)。どちらか経験踏ませたいです。

 あとは、全日予選2組でまずまず走っている2年福田選手もどこかの区間で走らせたかったり。ある程度、9月日体大記録会の成績に準拠したオーダー予想ですがどうなるでしょうか。

まとめ

・3年生小野&西脇選手が柱、まずは序盤主要区間か
・全日予選出走健闘組、末次・福田選手ら順当にエントリー
・1年生伸び盛り柴戸・藤本選手も出走可能性充分

 昨年から大きくメンバーが入れ替わっている帝京大。その中で昨年出走者の小野・西脇選手が、3年生になりしっかりと主力になっています。このあたり育成の帝京大しっかり出てきています。

 今年は全日本大学駅伝予選落ちになったため、話題に上がって来ませんが、その全日本予選で好走したメンバーがまずそのままエントリー入り。2組で好走していた末次・福田選手が順当に入り、1組担当の大花選手もいます。

 さらに例年以上に1年生の仕上がりが早く、将来のエース候補期待の柴戸選手や、全日予選1組担当で、すでに1万m29分半ばベストの藤本選手らは早くも駅伝出走候補になっています。

 あとは箱根7区出走でトラックも走れる福島選手や、直近の記録会で自己ベスト出した選手順当にエントリーしていますね。合宿明け直後の9月日体大記録会から、上がってきた選手は誰になるでしょうか。しっかり上位と勝負していきたいところです。