スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2022【区間オーダー予想③~中国・九州地区】

今回が初の試みになります。

ニューイヤー駅伝2022の区間オーダー予想をしていこうと思います。

ここ最近、有名企業の駅伝撤退のニュースが続くようにもなってきました(その代わり、クラブ活動や市民ランナーのチームも増えてきてますが…)。

ニューイヤー駅伝の注目が集まればと言うことで、微力ながら、こういう形で記事更新をと考えました。

37チームと非常に多いので、
記事を3つに分けます。

今回は
中部地区6チーム・北陸地区1チーム・関西地区5チームになります。

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2022【区間オーダー予想②~中部・北陸・関西地区】

ニューイヤー駅伝2022【公式サイト】

コースガイド

その前に区間を簡単に紹介します

1区(12.3㎞)
2区(8.3㎞)インターナショナル区間
3区(13.6㎞)
4区(22.4㎞)最長距離
5区(15.8㎞)
6区(12.1㎞)
7区(15.5㎞)

 最短区間の2区だけ、外国人選手の投入が許されています。序盤の流れを左右するため、かなり多くのチームが留学生を導入しています。

 1区や3区は比較的スピード区間。平坦かなだらかに下っています。

 4区最長距離エース区間。15㎞あたりまでなだらかに下っていてスピードが出ますが、20㎞から登り坂。ここから向かい風になることもあるので、総合力が求められます。

 5区は2番目に長い区間。ここは15.8㎞かけて約60m上っている区間。例年だと向かい風になることも多く、エース級の選手でも苦しむことが多い区間です。

 6区は、5㎞まで30mほど登り、中継後まで下る区間です。最終順位を決定するアンカーは、8㎞までに30mほど下りますが、10㎞過ぎてから30m上る区間。風も結構吹いてくる区間、最後まで勝負から目が離せません。

スポンサーリンク

中国予選1位・中電工

26年連続26回目 前回28位

1区(12.3㎞)三ッ星 翔
2区(8.3㎞)アモス・クルガ
3区(13.6㎞)尾関 大成
4区(22.4㎞)相葉 直紀
5区(15.8㎞)岡原 仁志
6区(12.1㎞)畑中 大輝
7区(15.5㎞)二岡 康平
他、小山 大介・松尾 修治・
東 優汰・野田 一輝・小林 海葵

 初の予選トップ通過を果たした中電工。エースの二岡選手の福岡国際マラソン激走も記憶に新しいです。さすがにエース区間はないかなと思って7区にしています。

 1区は予選に引き続き三ツ星選手。安定しますね。アモス選手に続き、3区は29分00秒ベストを出したばかりの尾関選手。エース区間4区は、八王子で27分48秒の自己ベストを出した相葉選手に。ここにきて好調ですね。

 5区は28分48秒自己ベストを出した岡原選手は、ルーキー。復活してきましたね。6区は迷って、10月頭の記録会でよかった畑中選手が間に合えばと思います。他、野田・小山選手あたりが記録会に出ています。

中国・予選2位中国電力

30年連続30回目 前回24位 

1区(12.3㎞)菊地 駿弥
2区(8.3㎞)ンガンガ ワウエル
3区(13.6㎞)清谷 匠
4区(22.4㎞)藤川 拓也
5区(15.8㎞)岡本 直己
6区(12.1㎞)山口 和也
7区(15.5㎞)中島 大就
他、兼実 省伍・森宗 渚
池田 勘汰・大森 太楽・松井 智靖

 中国電力はワウエル選手がエントリー入っててびっくり。これは2区出場とみてもいいのでしょうかね?1区は予選に引き続き菊地選手。予選はやや出遅れましたが、その後28分02秒を出すなど好調でしたのでリベンジも含めて。

 3区は、予選アンカーで区間賞を獲得した清谷選手で踏ん張る。4区はエース格の藤川選手。ベテラン岡本選手は5区予想。予選は最長距離で区間賞と変わらず力のある所を見せていました。

 6区は記録会で調子を上げつつある山口選手、アンカーには復活した中島選手。明大時代本来の力を発揮できませんでしたがここで是非。これに、直近28分台の森宗・大森選手、池田選手も調子を上げていますので、やはり本戦では中国地区一番上位に行きそうかな?

中国・予選3位マツダ

20年連続57回目 前回26位 

1区(12.3㎞)山本 雄大
2区(8.3㎞)モソップ・ヒラリー
3区(13.6㎞)延藤 潤
4区(22.4㎞)山本 憲二
5区(15.8㎞)有馬 圭哉
6区(12.1㎞)大隅 裕介
7区(15.5㎞)向 晃平
他、寺西 雅俊・廣 佳樹・
定方 駿・臼井 健太・原田 宗広

 マツダは、バランス取れるオーダーが取れそうに思います。1区は28分47秒の自己ベストを出した山本選手、2区は留学生のヒラリー選手か、それとも寺西選手や原田選手の可能性もあるでしょうか。3区はスピードのある延藤選手に順位をあげてもらいます。

 4区は、マラソンでも結果を残し、予選も最長距離区間を担った山本選手が第一候補。次いで、長い距離に強く1万m28分38秒の自己ベストを出している有馬選手かな。この2人で4区と5区調子次第でどちらかが走るのかなと思います。

 残りの2区間も、八王子で28分台を出した選手を並べることができます。6区は大隅選手、アンカーは28分39秒を出した向選手が控えています。他にも11月復帰したばかりの定方選手もいますし、選手層は厚いかも?

中国予選4位・JFEスチール

3年連続45回目 前回22位

1区(12.3㎞)上坂 優太
2区(8.3㎞)ダン・キプランガット
3区(13.6㎞)岩田 拓海
4区(22.4㎞)堤 悠生
5区(15.8㎞)斉藤 翔太
6区(12.1㎞)川平 浩之
7区(15.5㎞)岩崎 大洋
他、伊原 直斗・風岡 永吉
大森 樹・今西 洸斗・櫻井 亮也

 予選では途中トップを突っ走って主役になったJFEスチール。終盤の長距離区間で順位を落としましたので、少しオーダーを組みなおしたい。1区は、28分34秒のベストを出して目下絶好調の上坂選手。2区キプランガット選手にいい位置で繋ぎたい。

 3区は岩田選手で凌ぎ、4区最長距離は復帰してきた堤選手で踏ん張りたい。ここは予選からの+αの戦力です。5区は、予選では1組担当し福岡国際マラソン出走の斎藤選手。無念の棄権でしたが、体調さえ整えればしっかり走れると思います。

 6区は迷いましたが川平選手、アンカーは、予選で最長距離区間を走るも失速してしまった岩崎選手締め。こちらは予選のリベンジを果たせればと思います。

中国予選5位・武田薬品

6年ぶり3回目

1区(12.3㎞)橋本 雅史
2区(8.3㎞)浅野 有紀
3区(13.6㎞)仲山 大輝
4区(22.4㎞)木邑 駿
5区(15.8㎞)廣瀬 岳
6区(12.1㎞)小林 親平
7区(15.5㎞)松藤 仁
他、鶴田 康作

 6年ぶり出場を勝ち取った武田薬品。メンバーを見ると、走力は全盛期には及ばないものの、コアな駅伝ファンは名前を知っている選手も結構多いのでは??1区は、中央大出身最年長の橋本選手でスタートしたい。2区は大東大OBで、前年は日本製鉄瀬戸内でNY駅伝出走している浅野選手。以前は1500mにも出場していたので最短区間。

 3区は地元西京高出身の仲山選手予想。11月末は5千14分43秒の記録。4区最長距離区間は、広島経済大OBでフルマラソンも走っている木邑選手。5区は、関東学院大OBで学生連合で5区箱根山登りをしている廣瀬選手が適任かなと思っています。

 6区は予選出走している小林選手、アンカーは予選に引き続きで松藤選手としてみます。1区と4区が逆のほうがいいのかどうか?現実的には、どこまで繰り上げ回避できるかになると思いますが、精いっぱいの継走をしたい。

九州予選1位・旭化成

36年連続59回目 前回3位 

1区(12.3㎞)鎧坂 哲哉
2区(8.3㎞)マゴマ ベヌエル・モゲニ
3区(13.6㎞)相澤 晃
4区(22.4㎞)茂木 圭次郎
5区(15.8㎞)市田 孝
6区(12.1㎞)小野 知大
7区(15.5㎞)荻野 太成
他、大六野 秀畝・村山 謙太
齋藤  椋・安藤 大樹・今井 崇人

 途切れてしまった連覇、今年は覇権奪回といきたいですよね。予選はしっかり断トツトップ通過。その後八王子1万m記録会では、かなりの高記録ラッシュになりました。

 1区は鎧坂選手で予想します。八王子でチームトップの27分41秒を記録し、さすがの安定感でした。スパートもありますのでここでいいと思います。2区モゲニ選手がしっかり上位集団で繋いで、

 3区に東京五輪1万m代表の相澤選手。秋口は不調で予選は区間2位と不覚をとりましたが、八王子で27分58秒とだいぶ戻ってきたように思います。ここからさらに調子をあげれば十分区間賞争いまで持っていけるはず。初NY駅伝出走が楽しみです。

 4区は、かつてハーフマラソンで日本記録に迫った茂木選手。1万m27分44秒まで伸ばして完全復活しています。十分にエース区間通用するでしょう。5区はNY駅伝欠かせない存在になっている市田孝選手。この区間ならかなり力が抜けるはず。

 6区はこの区間専任になりつつある小野選手。トラック1万mも28分23秒ベストで走力が上がっています。アンカーは迷いましたが、28分36秒の荻野選手。3障専門も、神大時代は駅伝で外さないのも魅力の一つでした。好調の今、デビューあるかどうか。

 あとは福岡国際マラソンからの回復が間に合えば大六野選手か、試合には出ていませんがエントリーした村山謙選手が繋ぎ区間で出走してくる可能性あるかもです。やっぱり強いなぁ。

九州予選2位・三菱重工

13年連続26回目 前回6位 

1区(12.3㎞)林田 洋翔
2区(8.3㎞)レオファス カンディエ
3区(13.6㎞)的野 遼大
4区(22.4㎞)井上 大仁
5区(15.8㎞)吉岡 遼人
6区(12.1㎞)吉田 裕晟
7区(15.5㎞)定方 俊樹
他、岩田 勇治・目良 隼人
江島 崚太・山下 一貴・栗原 卓也

 だんだんと上位常連となってきている三菱重工。さらに上がりたいですね。1区は思い切って林田選手の予想。ロードよりトラックの選手ですが、12月に1万m28分05秒の大幅自己ベスト。トラックと同じように、スタートとなる1区で力が出せればなと思います。

 2区カンディエ選手を挟んで、3区はスピード抜群の的野選手。28分33秒とまずまず。4区は復活のエース井上選手。27分44秒とベストが出て、自身も戻っているでしょう。5区は、大学時代からロードに強い吉岡選手起用予想。28分37秒と直近もまずまず。

 6区はメンバーを入れ替えて、28分38秒のベストを出した吉田選手を起用してみたい。アンカーは、福岡国際マラソン出走の定方選手が間に合えばと思います。1万m29分前後を目良・江島・山下選手もマークしているので、選手争いは激しいですね。調子いい選手が起用できれば。

九州予選3位・黒崎播磨

11年連続34回目 前回17位 

1区(12.3㎞)中村 優吾
2区(8.3㎞)ジョエル・ムァゥラ
3区(13.6㎞)田村 友佑
4区(22.4㎞)土井 大輔
5区(15.8㎞)細谷 恭平
6区(12.1㎞)小田部 真也
7区(15.5㎞)長倉 奨美
他、吉元 真司・河田 健太郎
中村 駿吾・田村 友伸・中島 阿廉

 黒崎播磨は、なんといっても福岡国際マラソンで日本人トップ2位に入った細谷選手が、相当株を上げていますね。エース区間4区…はさすがに疲労もあると思うので、少し短い5区。箱根時代は山登りも良かったので、この区間が適任かなと思っています。

 この細谷選手も含めて3区以降に攻めるオーダーにしてみています。1万m27分台をついに達成した田村友選手を3区起用でここから追い上げる想定。

 エース区間4区は長距離ロードの強さに1万m28分19秒のスピードが加わった土井選手にしています。1区は予選で区間2位好走している中村優選手、2区ムァゥラ選手で凌げれば面白いです。

 6区は5千m13分55秒と調子を上げている小田部選手、アンカーは、明大卒ルーキー長倉選手に。今回アンカーなら、前回箱根・予選と続けて3連続ですね。今度こそ好走したい。

九州予選4位・九電工

47年連続53回目 前回14位 

1区(12.3㎞)安田 共貴
2区(8.3㎞)ベナード コエチ
3区(13.6㎞)窪田 忍
4区(22.4㎞)中村 信一郎
5区(15.8㎞)大塚 祥平
6区(12.1㎞)吉田 亮壱
7区(15.5㎞)赤﨑  暁
他、宮上 翔太・福本 真大
舟津 彰馬・伊東 颯汰・吉里 駿

 予選では走っていないエース選手が戻ってきましたよ。12月日体大で窪田選手が28分07秒と復帰戦を飾りました。スピードエース区間3区で予想。コエチ選手が作るだろう流れを引き継いでくれれば。

 また、福岡国際マラソンで激走し、見事MGC出場権を獲得した大塚選手は、タフな区間5区。回復が間に合えばいいでですね。それ以外で1区と4区を考えました。11月に1万m28分39秒を出した安田選手を1区。結構、ユーティリティのイメージもあるのでこなしてくれれば。

 4区エース区間は、1万m28分01秒のスピードランナー中村選手。過去も走ったことありますし、成長した姿が見れれば。6区は記録会で安定している吉田選手。アンカーは、予選後に1万m28分台を出した赤﨑選手にしました。他にもスピードのある舟津選手や伊東選手もいますし、出場争いにも注目です。

九州予選5位・トヨタ自動車九州

13年連続20回目 前回11位 

1区(12.3㎞)藤曲 寛人
2区(8.3㎞)ジョン・ムリツ
3区(13.6㎞)横田 玖磨
4区(22.4㎞)今西 駿介
5区(15.8㎞)今井 正人
6区(12.1㎞)右田 綺羅
7区(15.5㎞)大津 顕杜
他、奥野 翔弥・坂本 大志
今井 篤弥・大城 義己・河野 琉威

 予選は、ムリツ選手の思わぬ失速で5位となりましたが、そんなチームではありません。ムリツ選手も12月日体大で5千m13分39秒と復調してきていますので、もう大丈夫でしょう。

 チームとしては、1万m27分台のエース選手はいないということでどう組んでいくか。福岡国際マラソン出走の大津選手はアンカーに固定して予想します。1区は予選でも務めた藤曲選手。ロードは手堅いですし、1万m28分38秒のスピードがありますのでいけるかな?

 3区は、予選では実業団混成で2区留学生区間を走っていた横田選手。その後1万m28分30秒台で2度走っていますし、このくらいの距離こなせるかな?長距離区間4区迷いましたが、駅伝非常に安定している今西選手でしょうでしょう。28分28秒のベストもマークしています。

 5区は、大ベテランの領域となってきた今井選手。11月に1万m28分38秒で走り切っていて、まだまだ健在です。エース区間予想はやめましたが、それでもタフな区間5区での出走あるかな。

 6区秘密兵器創価大卒ルーキー右田選手。1万m28分10秒のベストはびっくり!トラックタイプなので前半区間はやめましたが、予選でも区間2位で走りました。ここで順位を上げて大津選手らに繋げればと思います。

九州予選6位・安川電機

32年連続44回目 前回16位 

1区(12.3㎞)北島 寿典
2区(8.3㎞)山瀬 大成
3区(13.6㎞)加藤 風磨
4区(22.4㎞)古賀 淳紫
5区(15.8㎞)大畑 和真
6区(12.1㎞)谷川 貴俊
7区(15.5㎞)鈴木 雄太
他、山口 晟弥・江口 大雅
岡田 浩平・新郷 幸聖・ワルデ ツファ

 予選は留学生選手が欠場、また引退選手の穴が非常に多くてやや苦戦気味でした。留学生ツファ選手はその後試合に出場していないので、走るのかどうか…?

 いろいろ考え、長距離区間の4区5区でしっかり上に押し上げていくオーダーを考えました。新エースとなる古賀選手は、八王子1万m27分51秒を記録。実業団ハーフでも結果を残したことありますし、適任かなと。5区に、予選で最長距離区間を務めた大畑選手にしています。

 1区は、予選でも務めたベテラン北島選手。2区は留学生か、走らなければ山瀬選手あたりかなぁ。3区は比較的スピードのある加藤選手にしています。6区は直前で調子を上げてきた谷川選手。アンカーは、1万m29分13秒の鈴木選手。ちょうど入れ替わりで耐える年かな。

九州予選7位・西鉄

2年ぶり18回目

1区(12.3㎞)甲斐 翔太
2区(8.3㎞)ダニエル・キプケモイ
3区(13.6㎞)河東 寛大
4区(22.4㎞)大保 海士
5区(15.8㎞)山口 武
6区(12.1㎞)久保 和馬
7区(15.5㎞)古賀 裕樹
他、石田 和也・篠原 義裕
野中 久徳・東 森拓・和田 照也

 2年ぶり復帰することができてほっとするところかな。1区は、ここ最近非常に調子がいい甲斐選手。まずは出遅れないこと。2区キプケモイ選手で粘った後は、3区4区5区は新人リレーの予想です。

 國學院大卒の河東選手、明大卒の大保選手、農大卒の山口選手。それぞれ箱根路は知っていますね。若い選手で主要区間を経験することができればなと思います。6区7区は山学大卒のリレー、久保・古賀選手で乗り切りたい。

 とはいえ、河東・大保選手は、九州予選以来試合出場がないのでどうなるか。東選手や、大ベテランの石田選手あたりが出走することもあるのかもしれません。

九州予選8位・戸上電機製作所

2年連続3回目 前回32位 

1区(12.3㎞)大坪 桂一郎
2区(8.3㎞)サイモン・カリウキ
3区(13.6㎞)岩室 天輝
4区(22.4㎞)金丸 逸樹
5区(15.8㎞)渡邊 太陽
6区(12.1㎞)北村 宙夢
7区(15.5㎞)山根 昂希
他、安藤 慎治・溝田 槙悟
坂本 貫登・西野 湧人・吉山 侑佑

 予選はギリギリで通過となった戸上電機製作所ですが、その後記録会はベストが出てきていますね。1区は予選に引き続き大坪選手。1万m28分54秒とベストを出していますし、しっかり食らいつければ。

 2区は留学生カリウキ選手に粘ってもらい、3区は八王子28分44秒ベストの岩室選手、4区は前回大健闘していた金丸選手。11月は今一つのレースが続きましたが、やはり期待の選手です。5区は、11月1万m29分20秒前後と安定していた渡邊選手。何とか順位を保ちたい。

 6区は、5千m13分52秒のベストを記録していた北村選手。持っているスピードで順位を上げられるか。7区は、今年の箱根帝京大アンカーだった山根選手。5千14分03秒1万29分46秒ベスト出していますし、走っていけるか。穴のないオーダーは組めそうですかね。

*******

 今回は、10月以降大会に出場している選手中心でオーダー予想をしてみました。とはいえ、試合に出ずに調整していた場合もあるかもですね。初のニューイヤー駅伝予想だったので、ある程度統一感出して様子見してみます。