スポンサーリンク

出雲駅伝2021【帝京大学】戦力分析&区間エントリー予想

まもなく、大学駅伝2021-2022シーズン到来ですね!

コロナ禍であることは、昨シーズンから変わりませんが、ひとまず緊急事態宣言が解除され、幸運なことに、大学駅伝界はいい出足となりそうです。

最初の三大駅伝である出雲駅伝2021のエントリーが発表されています。

どんどんと有力チームの区間オーダー予想をしていっています。

関東地区10校目!間に合いました!帝京大学です。

スポンサーリンク

出雲駅伝2021【帝京大学】戦力分析&区間エントリー予想

 粘り強い戦いを続ける帝京大。昨年度の全日本大学駅伝では、序盤で躓きましたが終盤区間で粘り切ってシード権確保する7位。箱根駅伝では、2位のチームを視界に捉えながらの往路4位。一瞬総合優勝の夢を見ました。

 復路の出だしで一気にシード権争いまで下降するも、そこから粘り強く戦い抜き総合7位でした。今年はまた4年生中心のチームになり、帝京大らしい粘り強い戦いが前年以上にできそうです。伝統的に長距離の方が強いチームですが、出雲から下剋上を狙っていきます。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2021前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

そして当日に2人まで変更可能(体調面ではなく、作戦面)となったと発表がありましたね。

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

橋本尚斗④13分52秒58/28分52秒73≪21:箱9区3位、20:全5区8位、19:全5区8位≫
森田瑛介④13分53秒28/30分32秒59
細谷翔馬④13分55秒77/28分53秒90≪21:箱5区1位、20:全8区9位≫※関東IC2部half4位
遠藤大地④13分55秒97/28分34秒88≪21:箱3区4位、20:箱3区2位、19:出2区9位、箱3区3位、18:出1区11位≫
中村風馬④13分56秒43/28分52秒37≪21:箱4区9位、20:箱7区9位、19:全6区8位、出6区13位≫
寺嶌渓一④14分01秒98/28分59秒66≪21:箱7区10位≫

西脇翔太②13分56秒71/29分57秒02
小野隆一朗②14分04秒47/28分50秒22≪20:全1区18位≫

福島渉太①14分09秒52≪20:高4区16位≫
小林大晟①14分20秒65/29分13秒22≪20:高1区35位≫

  じわじわとメンバーが揃ってきましたね。3年生がいないのが気がかりですが、それはひとまず置いとけるほどの4年生の選手層の厚さ!実績のある選手が揃いました。これに2年生・1年生もいいスパイスです。

 4年生は駅伝やトラックで何かしら好成績を残していますね。実績的には箱根駅伝で3年連続3区で区間上位の遠藤選手が抜けていますかね。他の成績が安定しませんが、10月日体大で13分59秒復調の兆し、調子が合うかどうか。

 このほかの4年生では、前年度長距離ロードで覚醒し、箱根5区山登り区間賞獲得の細谷選手、トラックから伸びてきて今年箱根9区3位好走した橋本選手、ロード型ながら、直近のトラックでも好走していた中村・寺嶌選手。

 さらに今年5000m13分53秒突如覚醒の森田選手…この6名で出雲駅伝オーダーを組んでもいいような4年生が6人です。が、ここから下級生の突き上げもあります。

 2年では、入学時から期待されていた小野選手が本格化の兆し。9月日体大記録会では28分50秒自己ベストをマークしています。さらに西脇選手が伸びてきて5千m連続自己ベスト!秋には13分56秒をマークして注目選手の一人に。

 1年生は、入学直後の記録会で5千m14分09秒の大幅自己ベストで驚かせた福島選手にまず注目が集まりました。さらに直近の記録会では、小林選手が1万m29分13秒とにわかに実力をつけています。粘り強い戦いができそうな10名が揃っています。

区間オーダー予想

 積極的に記録会に出場していて、多くの選手が9月と10月と一度ずつ出走。そして片方がだけがいいという選手もいて、区間オーダー予想が非常に困難になっています。またとびぬけたエース選手がいないので、どうしますか…。

区間エントリー予想

1区(8.0㎞)小野隆一朗②
2区(5.8㎞)橋本尚斗④
3区(8.5㎞)中村風馬④
4区(6.2㎞)森田瑛介④
5区(6.4㎞)西脇翔太②
6区(10.2㎞)小林大晟①

1区小野選手…将来のエース候補で、本格化の兆しが見えてきた小野選手に、もう一度1区を担当してほしい。昨年の全日本駅伝は差は少なかったものの区間18位。著しく成長しているはずです。どこまで食らいつけるか。

2区橋本選手…チーム屈指のスピードランナーに成長した橋本選手に、満を持して前半の区間を任せてみたい。今までは中盤以降の区間登場で区間一桁を取り続けていました。ここでも区間上位に入れれば一気に自信が付きます。

3区中村選手…今年の箱根往路4区で積極的な走りを見せていた中村選手を、中盤のエース区間3区に。トラックでも5千m13分台を出していて繋がっています。ロードでさらに走りが良くなるタイプなだけに、適当な区間と思います。

4区森田選手…今期トラックで覚醒した4年森田選手に、一度駅伝を経験させたい。他主力選手もいますが、まずは伸びてきた距離からが良いのかなと思いました。どこまで攻めていけるでしょうか。

5区西脇選手…もう一人伸びてきたランナーがいるのですよね。今年度5000m自己ベストを複数回更新。13分台に乗せてきたところで起用してみたいです。意外と上の区間順位をってくるかも?

6区小林選手…思い切った予想をしてみました。トラック1万mでぐっと伸びてきた1年生小林選手をアンカー予想してみました。中野監督、初駅伝選手を出雲アンカーは過去何度かあるのですよね。個人的にどこかで起用されそうと思いますがどうでしょう。

 エース格の細谷選手は、秋は一度きりの出場で5千m14分50秒ほど、遠藤選手は急ピッチであげてきているところ…あえて起用せずに、全日本駅伝に残す予想にしています。

まとめ

・戦力拮抗誰を起用するか
・4年生主力選手にするか若手抜擢か
・遠藤&細谷選手次第でオーダーが変わる

 オーダー予想難しいですね。その中で4年橋本・中村選手に、2年小野選手までは、直近の記録会のタイムからすると、おそらく起用されるのかなと思っています。彼らでまず食らいつくと思います。

 あと3人誰にするでしょうか。4年生主力選手の細谷・遠藤・寺嶌選手か、今年の成長株4年森田・2年西脇・1年小林らに一度駅伝を経験させるか。このあたり難しい判断ですね。

 それでも粘り強い帝京大。選ばれた6名は食い下がっていくことと思います。主力のエントリー漏れはほぼありません。誰が選ばれても楽しみです。


スポンサーリンク