スポンサーリンク

出雲駅伝2021【東海大学】戦力分析&区間エントリー予想

まもなく、大学駅伝2021-2022シーズン到来ですね!

コロナ禍であることは、昨シーズンから変わりませんが、ひとまず緊急事態宣言が解除され、幸運なことに、大学駅伝界はいい出足となりそうです。

最初の三大駅伝である出雲駅伝2021のエントリーが発表されています。

どんどんと有力チームの区間オーダー予想をしていっています。

続いて、将来のエース候補集結!メンバー入れ替わり激しい東海大学です。

 昨年度は強力なエース選手を中心に、懸命に戦った。全日本駅伝は大きく出遅れながらも、最終的に追いつき、ゴール残り1㎞まで優勝争いに残りました。箱根駅伝では、エースを並べて一旦は単独トップに立つも、総合は5位に落ち着きました。

 今季は大きくメンバーが入れ替わったうえに、エース選手が夏合宿で故障。新戦力を中心に出雲駅伝を戦うことになりました。それでもスピード型の選手が伸びてきて、故障から復帰した選手もいます。戦える選手が再び揃いつつある中で、出雲駅伝を迎えます。

スポンサーリンク

出雲駅伝2021【東海大学】戦力分析&区間エントリー予想

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2021前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

市村朋樹④13分37秒50/28分03秒37≪20:全2区19位、19:全5区7位、出4区2位≫…関東IC1部5千m5位
本間敬大④13分53秒33/29分14秒44≪21:箱7区6位、20:全5区4位≫

竹村拓真③13分58秒29/29分01秒93≪21:箱10区8位≫
松崎咲人③14分11秒48/29分29秒56≪20:箱7区3位≫

溝口 仁②13分49秒60
喜早駿介②13分53秒42/28分52秒13
佐伯陽生②13分55秒89≪21:箱4区19位、20:全1区7位≫
松尾昴来②13分57秒91/28分21秒80
神薗竜馬②14分01秒45/28分42秒61

水野龍志①14分08秒61

 2年生が中心のエントリーになりましたが、やはりまず頼りは上級生でですね。今年になって大幅成長を遂げたのは市村選手。春先に1万m28分03秒を叩き出したのは、駅伝ファン全員が驚いたこと。その後、関東IC5千mで入賞するなどフロックではないことを証明。出雲駅伝では柱になります。

 長い距離で渋い走りをする4年本間・3年竹村選手もは少しずつ逞しくなってきました。そして、1年時に主力になりかけた松崎選手が嬉しいエントリー。秋シーズンはまだ試合に出ていませんが、出雲駅伝に向けて備えているか。

 多くエントリーとなった2年生は5選手。高校時代の実績では喜早選手なのですが、他の選手も結果を残しつつあります。喜早選手は秋口の関東新人こそうまくいきませんでしたが、10月日体大で5千m14分12秒と調子を上げつつあります。

 前年度の駅伝を2つとも走った佐伯選手は、春は出遅れましたが関東新人全体3位5千m14分11秒で復活。色々ともまれた彼の3度目の駅伝に注目。春先に1万m28分21秒を出した松尾選手は、一度ピークアウトしましたが、もう一度上がっていれば面白い存在。

 そして関東新人1位2位を取ったのは溝口・神薗選手。ともに14分一桁の好記録でした。溝口選手は中距離が主戦場でしたが、大学駅伝参戦を表明。その後の大会では5千m13分台を記録していて、これは本当に出番がありそうな気も?今なら思い切って起用するのも手。

 あとは1年生は、記録会で安定して5千m14分10秒台をマークしている水野選手が唯一エントリー。彼も注目です。両角監督は、今年は早めに駅伝モードの練習に切り替えたことや、試す選手も出るかもしれないとのこと。どんなオーダーになっていくか気になるところです。

区間オーダー予想

 いやしかし区間オーダー予想は困難です。一度は記録を出している選手は多いのですが、いまの状態が分かりにくい。1万mに出場しペース走を行っている選手、5千mで記録を追っていた選手、秋に出場していない選手までいます。それぞれの調整過程だと思いますが、どんなエントリーになりますかね??

区間エントリー予想

1区(8.0㎞)市村朋樹④
2区(5.8㎞)佐伯陽生②
3区(8.5㎞)本間敬大④
4区(6.2㎞)松崎咲人③
5区(6.4㎞)溝口 仁②
6区(10.2㎞)竹村拓真③

1区市村選手…やはりしっかりと流れを作るということで、今大会東海大の柱となる市村選手を投入してくると思っています。また、市村選手が下級生のころから、スピードのある彼が1区に入れるとオーダーの幅が広がるという意見は、駅伝ファンの中でも結構ありました。いきなりエース区間になりますが、流れをしっかり作ってもらえれば。

2区佐伯選手…復活していれば、楽しみなランナー佐伯選手を2区で予想してみました。1年秋に5千m13分台を出して、全日本駅伝1区に抜擢され好走していました。各大学のスピードランナーが集いますが、しっかり戦うことができれば。

3区本間選手…少しずつ本格化の兆しがある4年本間選手を、中盤のエース区間3区に置きました。チーム状況次第では箱根駅伝往路もあるかもしれませんので、主要区間一度は走ってほしい選手。しっかりとペースを刻み、粘りの走りができればと思います。

4区松崎選手…久々に駅伝で姿を見ることができるか松崎選手。1年時の上尾ハーフで62分少しのびっくりの快走。箱根駅伝では7区で先頭の青学大を追い上げていました。その後かなり苦労しましたが、ようやく戻ってきました。出雲駅伝後半区間リスタートとなる4区で予想します。

5区溝口選手…そしておそらくいきなりデビューあるのではないでしょうか。中距離主戦だった溝口選手を5区予想します。夏前から5千mで連続走って外れなく、徐々に上げてきています。このあたりは、単独走もありえる場面ですが、だからこそこの区間。まずはがっつり駅伝を経験してほしい。

6区竹村選手…最後は長い距離で評価が高い竹村選手。出雲駅伝の10㎞は距離適正からすると短いかもしれませんが、今回のメンバーでは安心して任せられる選手ではないでしょうか。まずは今持っている力を精一杯だしてほしい。

他にもたくさんいるのですが…喜早選手などそろそろ見たいですが、万全を期してほしい選手でもあります。

まとめ

・2年生多いですが、まずは4年市村・本間選手か
・復活組、トラック好走組、だれがメンバーに入ってくるか。
・溝口選手の参戦でさらに混沌メンバー争い

 エースがエントリーできなかったからこそ、4年生の選手がしっかり流れを作りたいところ。市村選手は序盤の区間で柱としておそらく登場するでしょう。本間選手は長い距離で渋い走りをするイメージですが、参戦あるか。

 そして他の選手はだれがどこを走ってもおかしくないのですよね。故障からの復帰組の松崎・佐伯選手は現状の状態が分かりにくいですし、一度駅伝を経験してほしい喜早・神薗・松尾選手あたりもどうなのでしょうか??さらに溝口選手が直近ではかなりいい記録を出していますし、出走メンバーに入ってきそう。将来楽しみな選手は多いのですよね。

 今回は決して優勝候補に名前が挙がっているわけではないですが、ポテンシャルが高い選手をずらり揃えているのは間違いないです。例年よりずっと駅伝仕様の仕上げ、予想外の好走が楽しみです。


スポンサーリンク