スポンサーリンク

出雲駅伝2021【順天堂大学】戦力分析&区間エントリー予想

まもなく、大学駅伝2021-2022シーズン到来ですね!

コロナ禍であることは、昨シーズンから変わりませんが、ひとまず緊急事態宣言が解除され、幸運なことに、大学駅伝界はいい出足となりそうです。

最初の三大駅伝である出雲駅伝2021のエントリーが発表されています。

どんどんと有力チームの区間オーダー予想をしていっています。

続いて、東京五輪入賞ランナー率いる順天堂大学です。

 昨年度は躍進の年でした。スーパールーキーを迎え、トラックの記録会でも結果が出ていた中、箱根予選はダントツのトップ通過。全日本大学駅伝は14年ぶりシード権獲得の8位、箱根駅伝も7位ながら予選校から唯一のシード権獲得でした。

 その躍進は今年度もさらに続いています。昨年度のスーパールーキーが、3000m障害で東京オリンピック出場。しかも日本人史上初の入賞(7位)。ほかの選手もインカレで何人も上位入賞。関東IC・日本ICとも、最も対抗得点を獲得しました。久々に、優勝候補の一角に挙がってきた順天堂大の出雲駅伝メンバーの紹介です。

スポンサーリンク

出雲駅伝2021【順天堂大学】戦力分析&区間エントリー予想

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2021前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

原田凌輔④13分57秒51※日本IC1500m優勝!
牧瀬圭斗④13分57秒87/28分45秒10≪20:全6区7位≫
吉岡智輝④14分08秒92/28分36秒90≪20:全7区10位、予27位≫

野村優作③13分41秒73/28分19秒01≪21:箱2区10位、20:全4区3位、予12位、19:出5区13位≫※関東IC1部1万m5位
伊豫田達弥③13分43秒71/28分06秒26≪21:箱3区5位、20:全2区14位、予24位≫※関東IC1部1万m6位
四釜峻佑③13分52秒90/28分55秒56≪21:予75位≫※関東IC1部half4位
平 駿介③13分59秒10/28分48秒40

三浦龍司②13分26秒78≪21:箱1区10位、20:全1区1位、予5位≫※東京五輪3000m障害7位!
石井一希②13分46秒94/28分58秒54≪21:箱4区5位、20:全5区5位、予21位≫

服部壮馬①13分55秒56≪20:高4区4位≫※関東IC3障2位

 揃ってきましたね。やはり注目は、3000m障害で東京オリンピック出場した三浦選手になってきます。予選で8分09秒の大幅日本記録、決勝では最後の直線での入賞争いを制しての7位入賞の快挙達成!勿論、基本走力はとても高く、5000m13分26秒は大学生トップレベル。ロードへの移行がうまくいっていれば、出雲駅伝でも主役になれます。

 続く選手のレベルもぐっと上がってきていて、今年の箱根駅伝2区3区4区を繋いだ3年野村・伊豫田、2年石井選手が、大きく走力アップ!野村・伊豫田選手はともに関東IC1部1万mに出場。28分前半のタイムで5位と6位入賞しています。石井選手は安定感があって、さらに9月に5千m13分46秒自己ベストと上がってきています。彼らが頼もしくなってきているので、面白いのですよね。

 さらに今期の成長株3年四釜選手もしっかりエントリー。関東ICハーフ日本人トップからトラックでも5千m13分台1万m28分台を出しています。このほかにも牧瀬主将、日本IC1万m8位入賞の吉岡選手、今年復調してきた平選手とタレント揃い。

 これに、日本IC1500m優勝など、中距離主戦場だった4年原田選手が出雲駅伝参戦を表明。日本IC次の日の記録会5千mで13分57秒自己ベスト。また、3000m障害で関東IC一時独走しての2位と話題になったルーキー服部選手もと、バラエティ豊かなエントリーです。ここから区間エントリーに絞っていきます。

区間オーダー予想

 まずは三浦選手をどこにするのが一番いいだろうかということを決めてからですね。おそらく1区か2区(3区も少しだけ考えた)と思います。ラストの爆発力にかけるか、圧倒的に高い走力を生かすかになってきます。皆さんはどう考えましたか?

区間エントリー予想

1区(8.0㎞)石井一希②
2区(5.8㎞)三浦龍司②
3区(8.5㎞)伊豫田達弥③
4区(6.2㎞)平 駿介③
5区(6.4㎞)四釜峻佑③
6区(10.2㎞)野村優作③

1区石井選手…私は1区は同級生の石井選手にします。トラックでも駅伝でも安定感が高く、どの区間でもオールマイティにこなせる印象があります。その中で5千m13分40秒台まで走力アップ。満を持して出雲駅伝ではエース区間ともなる1区へ。粘り強く強豪校相手でも食らいつけると思います。

2区三浦選手…そして先頭がしっかりと見える位置でタスキをもらう想定で三浦選手。5.8㎞最短区間ながら、前半区間なので他校も力は入れる区間です。とはいえ、エース選手はさすがに置けない。ここで5000m13分20秒台の走力のある三浦選手。一気に独走状態に持ち込めると思います。その後は3年生主力選手を残しています。私的にはこれが順天堂大が一番総合優勝に近づけるオーダーと思います。

3区伊豫田選手…伊豫田選手は、ぐっと力をつけてきたスピードランナーですね。1万m28分05秒の自己ベストを持っていて、ある程度自分で突っ込んでいくこともできます。他校も強いですが、トップでタスキをもらっていれば、しっかりと流れを引き継いで走り切ってくれると思っています。

4区平選手…今年の箱根駅伝が終わった後に、長門監督がキーになる選手の一人と言われていた選手です。元々ポテンシャルは高く、2年になる直前に1万m28分台を記録。ただ、その後苦しみました。3年になり少しずつ復調。7月に5千m13分59秒のベスト。大学駅伝をまずは経験してほしい選手です。

5区四釜選手…今季一番の成長株を5区に残しています。関東ICハーフ日本人トップでゴールしたように、長距離ロードが得意。ですが、トラックも5千m13分台・1万m28分台を記録。出雲からいけるのではと起用予想です。他、競い合うチームも起用されるのは嫌では…。

6区野村選手…基本的には、自分のペースで突っ込んで走ることが出来て、アップダウンがあるコース、エース区間としっかりこなしている野村選手が適任とみています。展開の予想がつかないからこそ、駅伝経験豊富な彼で、アンカー決戦を任せたい。

 服部選手も起用してみたかったのですが、日本インカレ時点で故障明け2週間後だった模様。なら、全日本駅伝に今回は調整させる…とみています。これで1区服部2区三浦選手と3障リレーでどうかなと思ったり…。1500mから参戦の原田選手も気になりますが、起用してみたい選手が多いです…。

まとめ

・野村&伊豫田&石井選手の強豪校エースとのバトル
・高い平均走力から誰が6人に入るか
・三浦選手で独走状態に持ち込めればあるいは…

 前年度の全日本駅伝・箱根駅伝経験者が多く残っているのですよね。とりわけ箱根駅伝2021往路4区間を担当し、総合で一桁順位で踏ん張った三浦・野村・伊豫田・石井選手がそれぞれ成長しているからこそ、優勝候補の一角に挙げられます。

 まずは野村・伊豫田・石井選手がしっかりと強豪校のエースとどこまで戦えるか、全日本以降にもしっかり繋がっていきます。

 また自己ベストラッシュの中、誰が繋ぎ区間の座を射止めるのか。トラック型のランナーだけでなく、ロード型のランナーの印象の選手も次々5千m13分台を出していて、選手層が厚くなっています。

 そして…出雲駅伝優勝の勝機が出るかどうかは、やはり三浦選手がキーになるのは間違いない。ロードへの移行期間が短いのは確かですが、5千m前後で圧倒的走力&爆発的なスパートがあるのも確か。彼の区間で単独トップに立てれば…面白いですよ。今年の順天堂大。


スポンサーリンク

コメント

  1. シセン より:

    私の予想もフリーダムさんと同じですね。
    石井-三浦-伊豫田-平-四釜-野村

    よく言われる三浦選手1区を考察してみましたが世間の言うハイペースにするレースよりどんなペースでも先頭に張り付いた上で爆発的なラストスパートで勝つレースをすると予想。タイムを稼ぐ以上ハイペース読みで区間配置したいが出雲のハイペースレースほとんどが留学生主導。グレ選手が今期不調、ジョスファット選手は実力不足、ムルワ選手は3区濃厚、となると三浦選手は1区以外がいいかなと。
    余談ですがもし出雲の1区で日本人がハイペースレースに持ち込むとするなら私の予想では中谷選手に次ぐ2位が石井選手だったりします。

    • hakonankit より:

      >シセンさん
      三浦選手1区の場合は、私も無理に引っ張ることはしないと思っています。したとしても中盤のアップダウンからロングスパートがあるかどうか…。やっぱり最後に脚を残すと思ってます。それもいいのですが…
       それよりも2区以降で三浦選手がガンガン飛ばしていけそうな区間で、貯金を稼ぐ方が、チームを優位にできそうな気がしています。