スポンサーリンク

2021.5.29結果【多摩川会!もうひとつの関東インカレ~第57回法政大学競技会】

第57回法政大競技会が”活きな名前”で開催されます。

『もうひとつの関東インカレ』

ということで、
チーム内競争でインカレのメンバー入りならなかった選手中心での記録会になります。
特に『多摩川会』と呼ばれる組が、最も盛り上がる組のようです。

結構多くの大学と選手が出場するようなので、楽しみです。

大学別結果をまとめます。

スポンサーリンク

【大学別結果】第57回法政大学競技会~もうひとつの関東インカレ~

競技日程(判明分)

14時台?:多摩川会1500m
14時55分:5000m1組
15時15分:5000m2組
15時35分:5000m3組
15時55分:多摩川会5000m
16時15分:10000m1組
16時50分:多摩川会10000m

暑かったなぁ

スポンサーリンク

TOP・実業団

1500m
青木涼真3分44秒85 Honda

5000m
青木涼真13分58秒70 Honda

 なお、同じHondaに所属している荒井七海選手が、海外レースで1500m日本記録を打ち立てたようで…。数年前から全体のレベルが上がっていましたが、ついに出ましたね!

大学駅伝チーム別結果

駒澤大学

多摩川会5000m
金子伊吹②14分39秒52
長原悠一郎①14分55秒87

創価大学

多摩川会5000m
山森龍暁②14分29秒82★
小野寺勇樹④14分44秒59

多摩川会10000m
濱野将基③29分51秒82
横山魁哉③29分55秒79
村田海晟③29分56秒59★
吉田 凌①30分08秒14
森下 治②30分19秒85
野田祟央①30分26秒66★
本田晃士郎③30分39秒90
志村健太②30分40秒72★

 結構多くの人数が出場しましたね。5000mは山森選手が自己ベスト、そして…小野寺選手ようやく復帰レース!良かったです。

 10000mでは、濱野・横山選手が順調に29分台、村田選手の29分台は価値あるかな?ルーキーの吉田選手も30分一桁にまとめて、虎視眈々と全日本駅伝初出場を狙います。

帝京大学

5000m3組
寺嶌渓一④14分36秒14
末次海斗②14分51秒88
塩井広太郎②14分55秒19

多摩川会5000m
近田達矢14分41秒78
新井大貴③14分55秒26

多摩川会10000m
山田一輝③30分27秒57
大花将太③30分46秒67
高橋 崚③31分34秒15

 多くの選手が出場していますね。暑かったこともあり、結果はまちまち。1万mの山田選手がまずまず粘ったのかな。

國學院大學

5000m1組
三潟憲人①14分24秒40★
中西大翔③14分27秒04
坂本健悟③14分27秒09★
川崎康生③14分27秒26
相澤龍明④14分27秒41★
松延大誠④14分34秒63
沼井悠斗①14分36秒66
原 秀寿①14分37秒21
河野涼太②14分50秒92
5000m2組
松下祐介②14分48秒22★

多摩川会5000m
鈴木景仁②14分45秒33
田高永輝②14分51秒35

 関東インカレエントリーなく、復帰が待たれていた中西大選手が、記録会のPMとして復帰レース。ほっとするニュースですね。1500m関東インカレ出たばかりの三潟選手が自己ベストなど、チームとしての収穫も多かったです。

明治大学

多摩川会1500m
杉本龍陽③3分45秒12
佐久間秀徳④3分55秒07

5000m3組
安部柚作②14分35秒15
甲斐涼介①14分47秒26
橋本基紀②14分48秒44
田村 圭④14分52秒97

多摩川会5000m
吉川 陽②14分31秒79
鈴木祐太①14分33秒85
新谷紘ノ介①14分46秒11
島田 拓①14分47秒50

多摩川会10000m
杉彩文海②29分47秒15
金橋佳佑④29分59秒91
曳田道斗①30分03秒67★

 多摩川会収穫が最も多かった大学の一つではないでしょうか。1500mで杉本選手が、激走!3分45秒の好タイムで全体のトップに!タレントぞろいの明大の中で、一つ自信になるのではないでしょうか。

 10000mでは、杉選手が29分47秒とこの暑さの中でまずまず。金橋選手が順調に回復して29分59秒、ルーキー曳田選手も良かったのかなと思います。

中央大学

多摩川会5000m
小林龍太③14分22秒94

多摩川会10000m
佐野拓実①30分41秒77

 1年生の佐野選手が、酷な条件での1万mを経験できましたね。

法政大学

多摩川会1500m
安澤駿空①3分48秒68

5000m2組
河野祥哉④14分49秒54
5000m3組
内田隼太③14分34秒57

10000m1組
小泉 樹①29分51秒17★
扇  育③29分57秒21★
中園慎太郎③30分11秒61
清家 陸④30分16秒90
稲毛祟斗②30分19秒54★
細迫海気②30分31秒32
宗像直輝②30分52秒08

 法政大が虎視眈々と整えてきていますね。内田選手が5000mで復帰レースを14分34秒とまずまず。そして1万mではルーキー小泉選手が29分51秒、実力がありながら試合から遠ざかっていた3年扇選手が29分57秒!彼らが戦力になると一気にチーム力が上がりますよ。エースが強いだけに要注意です。

麗澤大学

多摩川会1500m
塚谷 希④3分56秒42

5000m3組
今野元揮②14分45秒64
松元 響③14分47秒97
二川健伸①14分54秒78
松本開渡③14分54秒85

多摩川会10000m
椎野修羅④30分47秒02
工藤郁也③30分48秒27
山口裕司③31分18秒16
本藏 駿③31分36秒41

 多摩川会10000mで、全日本予選への出場権をかけましたが…酷な気象条件に泣きました…。これを糧にできるか。

日本大学

5000m3組
安藤風羽①14分58秒11

多摩川会5000m
下尾悠真②14分34秒00★
西村翔太②14分37秒85

 下尾選手が連続で自己ベスト。全日本予選のチームメンバーに入ってきましたね。

流通経済大学

多摩川会1500m
梅谷康太③3分50秒66
鎌形駿也3分54秒74

10000m
1組
ディランゴ サムソン①29分51秒89
芳口悠太②30分56秒55
長谷川瑠①31分10秒98
池澤将汰③31分32秒47

 梅谷選手が1500mでまずまずの結果。1部でも決勝惜しかったですから、実力はあります。1万mは、ディランゴ選手の加入で、可能性が広がった全日本予選への出場をかけましたが…今回はきつかったかな。

亜細亜大・平成国大

亜細亜大学
5000m3組
稲森優翔①14分47秒34★

多摩川会5000m
吉岡祥希③14分56秒97

平成国際大学
10000m1組
ステファン カマウ③30分14秒02
岡崎竜也④31分45秒75