スポンサーリンク

【2部長距離】関東インカレ陸上2021結果まとめ

関東インカレ陸上2021の長距離5種目のまとめになります。

続いて2部です。長距離5種目の得点順です。

【2部長距離】関東インカレ陸上2021結果まとめ

スポンサーリンク

駒澤大学

1500m
1組6位庭瀬俊輝①3分51秒16★
2組1位蓮沼直希④3分49秒96 Q
4組5位篠原倖太朗①3分48秒19★
決勝
2位蓮沼直希④3分52秒99+7点

5000m
3位唐澤拓海②13分53秒11+6点
4位鈴木芽吹②13分53秒33+5点
14位安原太陽②14分22秒04

10000m
3位唐澤拓海②28分05秒76+6点
17位赤津勇進②28分55秒39

ハーフ
2位花尾恭輔②62分00秒+7点
7位佃 康平④62分52秒+2点
9位山野 力③63分03秒

3障
1組5位高橋 海①9分08秒68
3組6位大西峻平④9分00秒85

合計33点

 色んな意味で、激動の1週間になってしまいましたが、関東インカレの結果は上々だったのではないでしょうか。長距離種目中心になる5000m以上の種目でかなりの得点を稼ぎましたね。

 事前から大身く注目が集まっていた唐澤選手が大活躍!1日目の10000mも最終日の5000mとも、日本人トップで表彰台に立つ大活躍。5000mは同級生で注目株の鈴木選手との接戦を下しました。層が厚い駒澤大の中、前年度の大学駅伝で出走メンバーにならなかった男が、関東インカレ長距離界の顔となりました。

 他では、ハーフマラソンで花尾選手が、最後まで優勝争いをしての2位表彰台。2年生世代いいですね。その中、手堅く7位で4年佃選手がフィニッシュ。2年前より順位が上がってますから、自身が付きますね。何気に山野選手の安定感も見逃せません。

 そして1500mでは蓮沼選手が頑張りました。2部なら予選から3分50秒切りが連発する中、決勝でしっかり2位と表彰台に立てたのは素晴らしい。1年生陣は予選通過はならなかったものの、自己ベストです。箱根優勝校らしく、高パフォーマンスが続出しました。

東京国際大学

1500m
2組6位冨永昌輝①3分53秒69
4組7位大林洸己①3分55秒38

5000m
1位イエゴン ヴィンセント③13分42秒54+8点
24位山谷昌也③14分34秒38
27位白井勇佑①14分37秒94

10000m
1位イエゴン ヴィンセント③27分30秒24★+8点
10位丹所 健③28分35秒60★
35位村松敬哲②29分53秒88

ハーフ
3位ルカ ムセンビ③62分01秒+6点
19位野澤巧理④63分50秒
43位奥村辰徳③70分54秒

3障
1組DQ*T3ルカ ムセンビ③
2組2位麓 逸希②8分55秒48 Q
決勝
4位麓 逸希②8分49秒39+5点

合計27点

 3年生となった2人の留学生がやはり大きく稼ぎましたね。ヴィンセント選手は予想通り、10000mと5000mの2冠達成!10000mは27分30秒の自己ベストもまだ余裕がありそうな感じ。まだまだそこが知れない選手ですね。

 ムセンビ選手は、ハーフマラソンで表彰台へ。3障は予選1組を2番目のタイムでゴールするも、その後失格判明は勿体なかった感じですかね。

 その3障で奮闘したのが2年生麓選手。昨年のホクレン5000m自己ベストで話題になっていましたね。ハイペースのレースとなった決勝で8分49秒の好タイムで4位!これは今後に期待ですね。

 その他の日本人は今回は得点ならず。丹所選手は高い安定感を見せましたが、山谷・白井選手はもう少しいきたかったかなぁ?全日本予選では彼らの好走が、本戦出場のカギになるでしょう。

明治大学

1500m
1組4位馬場勇一郎②3分49秒28
2組4位新井晴文①3分52秒59
3組4位近藤 亨③3分47秒26★ q
決勝
4位近藤 亨③3分53秒31+5点

5000m
5位鈴木聖人④13分56秒21+4点
8位富田峻平③14分02秒41+1点
20位加藤大誠③14分27秒85

10000m
4位鈴木聖人④28分09秒24★+5点
7位手嶋杏丞④28分13秒70+2点

ハーフ
5位小澤大輝③62分33秒+4点
12位丸山幸輝④63分35秒
15位漆畑瑠人③63分45秒

合計21点

 明治大は1部昇格を至上命題として、関東インカレを戦い抜きました。結果21得点は、1部昇格に大きく貢献しています。

 特に5000mと10000mはW入賞!2部でも長距離に関しては激戦なので、非常に価値があります。中心となったのは鈴木選手!10000mは28分09秒の高パフォーマンスで4位、強風の5000mでも13分台で5位に食い込んでいます。安定感に粘り強さが加わってきています。手嶋・富田選手も得意と思われる種目、入賞争いをしっかり勝ち切っていますね。

 新戦力の収穫としてはハーフマラソン5位入賞の小澤選手。ずっとレギュラー候補でしたが、一気に主力候補になってくるのではないでしょうか。丸山・漆畑選手も健闘です。1500mでは近藤選手が殊勲の4位入賞!明治大競争部として力を見せた4日間でした。

中央学院大学

1500m
1組1位松井尚希④3分48秒61★ Q
2組5位前川洋晴①3分52秒85
3組8位工藤巧夢①3分52秒67
決勝
5位松井尚希④3分54秒11+4点

5000m
7位吉田礼志①13分57秒83★+2点
13位川田啓仁③14分14秒16
28位堀田捷仁①14分40秒86

10000m
14位伊藤秀虎②28分52秒15★
20位武川流以名③28分58秒59

3障
1組2位上野航平③8分57秒27 Q
2組10位西垣内和輝①9分13秒44
3組4位吉田光汰④8分54秒59 q
決勝
1位吉田光汰④8分46秒66+8点
3位上野航平③8分48秒30+6点

合計20点

 前年度、箱根駅伝の連続出場が途切れた中央学院大が、関東インカレから巻き返してきています。1500m予選で1組1位のパフォーマンスを見せた松井選手が、決勝でも5位入賞。対抗得点を獲得すると、

 3000m障害で大量加点!過去にも優勝経験のある吉田選手がしっかりと走力を上げてきていて8分46秒の好タイムで優勝!さらに、上野選手が食らいつく形で3位表彰台!これはサプライズでした。2人合わせて14得点とは!

 さらに、記録会で1万m28分台を記録したルーキー勢が、5000mに出場。強風が吹く中、吉田選手が13分57秒の自己ベストで7位入賞!これはナイスランでした。その他、10000mの

青山学院大学

1500m
1組3位宮坂大器③3分49秒17
2組3位倉本玄太②3分52秒53
4組4位山内健登②3分47秒63 q
決勝
6位山内健登②3分54秒15+3点

5000m
10位太田蒼生①14分07秒90
12位若林宏樹①14分11秒94
16位鶴川正也①14分22秒91

10000m
6位近藤幸太郎③28分12秒49+3点
13位佐藤一世②28分50秒56★
36位大澤佑介③29分56秒76

ハーフ
1位西久保遼③62分00秒+8点
10位髙橋勇輝④63分11秒
11位横田俊吾③63分16秒

3障
1組8位保手濱涼介③9分14秒81
2組7位山下悠河②9分11秒16
3組3位小原 響②8分54秒05 Q
決勝
5位小原 響②8分53秒8+4点

合計18点

 得点は18点と2部校の中で5番目に留まりましたが、まんべんなく得点できる力があるのはさすがですね。やはりハーフマラソン優勝の西久保選手がMVP!まだ駅伝出場がない選手です。

 その他では、エース化しそうな近藤選手が10000mで6位入賞!1500mに登場した山内選手が勝負をかけたうえで6位入賞。3000m障害前評判高かった小原選手は、序盤果敢に攻めた中で5位に。

 1年生トリオのエントリーで話題になった5000mは、さすがに入賞には届きませんでしたが、大学生のレベルの高い争いを経験できたのはとても良かったと思います。

立教大学

1500m
2組2位ミラー千本真章③3分50秒75 Q
3組1位加藤 駆②3分46秒80 Q
4組3位斎藤俊輔④3分46秒71 q
決勝
1位ミラー千本真章③3分50秒65+8点
7位斎藤俊輔④3分54秒19+2点
11位加藤 駆②3分57秒45

5000m
21位斎藤俊輔④14分28秒36
37位中西洸貴①15分09秒02

10000m
34位中山凛斗②29分49秒88

ハーフ
35位岸本健太郎②66分01秒

3障
2組4位内田賢利②8分56秒53 q
決勝
7位内田賢利②8分55秒58+2点

合計12点

 1500mと3障でついに得点できるレベルまで立教大が上がってきました!特に1500mのミラー千本選手が圧巻のレース支配率で優勝!これは見事です。この種目は3選手全員決勝進出、トラックの強化が実っています。

大東文化大学

1500m
2組11位小田恭平①3分56秒87
3組2位倉田 蓮③3分46秒90★ Q
4組9位藤崎将匡④3分55秒85
決勝
3位倉田 蓮③3分53秒26+6点

5000m
31位倉田 蓮③14分45秒73
38位大野陽人③15分13秒27

10000m
37位久保田徹②30分05秒91
38位菊地駿介②30分06秒55 
42位金田龍心③30分46秒40

ハーフ
24位木山 凌③64分31秒
36位井田 春③66分01秒 
39位蟹江翔太③67分48秒

3障
1組1位谷口辰煕③8分55秒47 Q
2組3位佐竹勇樹②8分55秒63 Q
3組10位西川千青①9分19秒80
決勝
6位谷口辰煕③8分54秒59+3点
11位佐竹勇樹②9分13秒84

合計9点

 エース倉田選手が1500mで3位表彰台!前評判高かった3障の谷口選手が、6位入賞しています。ただ、500m以上の種目が思ったより戦えなかったかも?

創価大学

1500m
2組7位濱口直人①3分53秒96★
3組3位望月遥平②3分47秒07★ q
決勝
8位望月遥平②3分54秒26+1点

5000m
15位嶋津雄大④14分22秒10
26位三上雄太④14分35秒06
34位吉田悠良②14分59秒68

10000m
2位フィリップ ムルワ③27分56秒11+7点
12位嶋津雄大④28分49秒96
24位三上雄太④29分09秒31★

ハーフ
13位緒方貴典③63分37秒
28位永井大育④64分55秒
29位石井大揮②65分00秒

3障
1組6位山下唯心②9分11秒85
3組DQ*T3森下 治②

合計8点

 10000mでムルワ選手が2位表彰台、1500mで望月選手が8位入賞しています!あとは、嶋津選手ら惜しくも届きませんでしたかね。その中で、ハーフ緒方選手の13位が収穫です。

神奈川大学

1500m
4組6位島崎昇汰③3分54秒36

5000m

10000m
15位巻田理空②28分52秒30★
28位安田 響④29分38秒00

3障
1位西方大珠④8分55秒01 Q
決勝
2位西方大珠④8分47秒18+7点

合計7点

 3000m障害が専門種目でもある西方選手が8分47秒好タイムで2位表彰台!さすがです。他、エントリーが少なかった中、10000mで巻田選手が健闘しています。

日本薬科大学

5000m
2位ノア キプリモ③13分50秒42+7点
19位中山雄太③14分26秒15

10000m
11位ノア キプリモ③28分46秒25
18位中山雄太③28分56秒00★

ハーフ
41位中野魁人③68分24秒

合計7点

 エースキプリモ選手が、1日目10000mの入賞圏外から5000mは2位表彰台!切り替えお見事!日本人エース中山選手も戦えるようになってきましたね。

帝京大学

5000m
25位森田瑛介④14分34秒53
30位西脇翔太②14分42秒28

10000m
16位橋本尚斗④28分54秒13
26位遠藤大地④29分37秒19
29位小野隆一朗②29分40秒73

ハーフ
4位細谷翔馬④62分12秒+5点
17位中村風馬④63分49秒
30位元永好多朗③65分02秒

3障
1組4位安村晴樹④9分03秒14
2組12位林 叶大①9分29秒26
3組5位大吉優亮②8分57秒83 q
決勝
12位大吉優亮②9分27秒24

合計5点

 アップダウンが多かった今回の関東インカレコース、箱根5区山登り区間記録保持者細谷選手が、4位入賞!さすがのタフマンです。

國學院大學

1500m
1組2位三潟憲人①3分48秒74★ Q
3組5位鈴木景仁②3分47秒70
決勝
10位三潟憲人①3分56秒14

10000m
5位藤木宏太④28分10秒30★+4点
19位伊地知賢造②28分56秒08★
22位島崎慎愛④29分00秒73

ハーフ
8位中西唯翔③63分00秒+1点
16位殿地琢朗④63分46秒
22位藤本 竜③64分07秒

合計5点

 エース藤木選手の勢いが戻ってきたこと、中西唯選手復活ランがハーフ入賞だったのが収穫!

拓殖大学

1500m
1組5位吉村 陸③3分50秒14
3組7位入沢世良①3分52秒27★

5000m
6位ジョセフ ラジニ③13分57秒68+3点
29位吉村 陸③14分41秒91
32位竹蓋草太④14分46秒45

10000m
8位ジョセフ ラジニ③28分15秒21+1点
23位合田 椋④29分09秒15
31位新井遼平④29分41秒98

ハーフ
23位山田拓人③64分17秒
26位山下友陽④64分40秒
40位山崎晃志郎④67分59秒

3障
1組7位江口清洋③9分12秒07
2組6位佐々木虎太郎③9分08秒25
3組9位吉田圭佑②9分19秒32

合計4点

 ラジニ選手、勢いはやや止まっていますが、入賞ラインを維持するあたり、やはり走力が高いです。

関東学院大学

1500m
1組11位野中拓海③3分56秒08

5000m
33位内野李彗②14分51秒37

10000m
43位鈴木健太③30分48秒55

ハーフ
6位厚浦大地④62分41秒+3点

合計3点

 全体的に厳しかった中、ロードエース厚浦選手がサプライズ6位入賞!走り込みが報われました!

東京農業大学

1500m
1組10位田中莉生②3分54秒94

10000m
21位高槻芳照②28分59秒71★

ハーフ
37位並木寧音②66分03秒

3障
1組3位盛田和輝④9分00秒14 Q
2組11位髙山匠也①9分21秒75
決勝
8位盛田和輝④8分58秒04+1点

合計1点

 4年盛田選手が3障で8位入賞!予選3着で敗退と思われたところ、上位者に失格が出ての繰り上げでの決勝進出!チャンスを生かしましたね!

専修大学

1500m
4組10位千代島宗汰①3分56秒44

5000m
9位ダンカン キサイサ①14分05秒2

10000m
33位成島航己③29分49秒58

ハーフ
20位横山佑羽④63分51秒
31位佐々木詩音④65分10秒

3障
1組12位長谷川源①9分31秒21

 エースダンカン選手が5000mに挑戦も、入賞次点で得点ならず。ただ、調子は上々かな?

上武大学

1500m
4組1位山林レオ②3分45秒88★ Q
決勝
12位山林レオ②4分01秒05

5000m
22位渡辺一輝④14分29秒42

10000m
30位額賀稜平②29分41秒00

ハーフ
25位青山 澪②64分33秒
32位湯本 樹④65分28秒

3障
1組9位源川竜也④9分19秒34
2組9位正木 誠④9分11秒31 
3組8位後閑将太③9分13秒78

 1500m予選で山林選手の3分45秒の好記録はびっくり!決勝は力付きましたが、その爆発力に今後注目です。

亜細亜大学

5000m
18位竹井祐貴④14分25秒50

10000m
27位河村 悠④29分37秒24

3障
1組10位大迫一樹③9分20秒44 
2組13位稲森優翔①9分37秒39
3組1位佐藤 颯③8分53秒22 Q
決勝
9位佐藤 颯③9分01秒99

 3障で佐藤選手が決勝進出!入賞次点の9位と健闘しています。

平成国際大学

1500m
1組9位新井今生人②3分54秒04
4組11位近藤圭太②3分57秒13

5000m
39位佐藤琥稀④15分16秒12

10000m
39位穴澤友崇③30分16秒24

ハーフ
18位ステファン カマウ③63分49秒
21位山口貴士④64分00秒

3障
1組11位峰村 織②9分23秒52

 多くの選手が出場。力の差を感じる種目もありましたが、ハーフマラソンで山口選手が21位健闘しています。

東京経済大学

1500m
2組8位福井悠斗②3分53秒99
3組11位下別府輝③3分58秒30

5000m
35位下田大翔①15分06秒82

10000m
32位樋田侑司④29分44秒25

ハーフ
14位市川繁貴④63分43秒
27位原川 凌④64分43秒

3障
2組8位小池 彪③9分11秒31
3組2位大川歩夢③8分53秒64 Q
決勝
10位大川歩夢③9分05秒94

 エース大川選手は3障で得点を狙いましたが惜しくも届かず。他では、ハーフマラソンで市川選手が14位健闘しています。

武蔵野学院大学

1500m
4組8位青木涼哉②3分55秒72

5000m
11位チャールズ カマウ②14分09秒40
23位原田宗市④14分33秒25

10000m
9位チャールズ カマウ②28分34秒09
41位舩田圭吾④30分19秒95

ハーフ
42位友村俊介④68分37秒

 カマウ選手の勢いが再び増してくるかどうか

育英大学

1500m
3組6位奥田歩凪③3分50秒53★
4組2位元村航大③3分46秒50★ Q
決勝
9位元村航大③3分54秒73

10000m
40位外山 結④30分17秒50

ハーフ
33位諸星 颯③66分00秒
34位新田 颯③66分00秒

 1500mで元村選手が決勝で9位!歴史的関東インカレ陸上初得点は、次回に持ち越しです。

関東地区その他強化校

1500m
1組8位平松幸記③3分52秒86 立正大
2組9位木實優斗①3分55秒32 立正大
3組10位小林飛斗③3分55秒59 芝浦工業大
4組12位鍜治 晃①3分58秒93 清和大

5000m
17位椎野修羅④14分24秒04 麗澤大
36位木實優斗①15分07秒83 立正大

10000m
25位松川雅虎③29分16秒07★ 芝浦工業大

ハーフ
38位白川大地③66分22秒 桜美林大

3障
2組5位大谷健斗②9分07秒42 芝浦工業大

 芝浦工業大が松川選手だけでなく、3障で大谷選手も奮闘。また、立正大1年生木實選手が、1500mと5000mの2種目を経験しています。

その他の大学

1500m
1組7位村田 光④3分52秒64★ 成蹊大
1組12位丸山翔太郎④3分58秒74 東京理科大
2組10位金川亮太③3分56秒12 一橋大
3組9位久田淳司④3分52秒95★ 東京大
3組12位石嵜寛之②4分06秒05 上智大

3障
1組13位道岡 聖④9分34秒49 東京大
3組7位柿沼祐亮④9分08秒07 宇都宮大
3組11位森田雄貴④9分19秒98 東京理科大

 決勝の壁は高かった。その中で、成蹊大村田選手が1500m予選1組7位の成績で、一番近づきました。

3部(大学院)成績

1500m
1位加太宏明(D3)4分00秒61 横浜国立大

5000m
1位古川大晃(D1)14分28秒76 東大院
2位阿部飛雄馬(M2)14分30秒18 東大院

10000m
1位古川大晃(D1)29分08秒79★ 東大院

ハーフ
1位阿部飛雄馬(M2)65分08秒 東京大院

3障
1位重山源斗(M1)9分13秒16 筑波大院

 東大院所属となった古川選手が自己ベスト29分08秒!非強化校の話題は彼にもちきりになるかも。


スポンサーリンク