スポンサーリンク

【結果記録】第100回関東インカレ陸上2021・3000m障害

2021年5月20日(木)~23日(日)にかけて、記念すべき第100回関東インカレ陸上が行われます。場所は、相模原ギオンスタジアム・相模原ギオンフィールド・よみうりランド敷地内周回コースとなります。コロナ禍、他色々とありましたが、開催されます。

箱根駅伝や大学長距離を中心としたサイトの為、長距離5種目(1500m・5000m・10000m・ハーフマラソン・3000m障害)の結果速報やレース詳細についてまとめています。

こちらは、4つ目の決勝種目の、3000m障害となります。

参考

長距離1種目め:ハーフマラソン
長距離2種目め:10000m
長距離3種目め:1500m

スポンサーリンク

競技日程は、

5月22日(土)
13時45分:男子2部3000m障害予選&3部3000m障害決勝
14時30分:男子1部3000m障害予選

5月23日(日)
11時35分:男子2部3000m障害決勝
11時55分:男子1部3000m障害決勝

となっています。

なお、関東インカレ陸上の詳細はいかにまとめています。

※3日目・4日目のyoutubeメインチャンネルを追加予定

第100回関東学生陸上競技対校選手権大会 3日目【フィールドチャンネル】

動画:関東学生陸上競技連盟 公式チャンネル

4日目は日テレG+で生中継されます。

第100回関東インカレ陸上2021【1500m結果】

予選・決勝それぞれの結果です。

スポンサーリンク

男子1部3000m障害結果

予選は、2組で行われ、上位5着+2名が決勝進出となります。

予選結果

1組
1位九嶋大雅③8分52秒99★ 日本体育大 Q
2位菖蒲敦司②8分53秒48★ 早稲田大 Q
3位分須尊紀①8分53秒68 日本体育大 Q
4位杉本将太③8分53秒80★ 東海大 Q
5位服部壮馬①8分54秒04★ 順天堂大 Q
6位諸冨 湧②8分54秒73 早稲田大 q
7位笛木慎之輔③9分04秒53★ 山梨学院大
8位市村 駿③9分08秒66★ 流通経済大

9位北村歩夢④9分14秒59 城西大
10位中西真大②9分16秒56 国士舘大
11位木村吉希③9分53秒42 城西大
村上大樹① 山梨学院大
黒澤瑛紀② 慶應義塾大

 日体大九嶋選手が飛び出して1000m2分57秒と覇者目のタイムで通過。少し遅れて早大諸冨選手を中心とした第2集団が続いていく展開。中盤に入り九嶋選手を第2集団が吸収。代わりに、国士大中西選手が先頭で2000mを6分00秒で通過。ここにきて混戦模様となった。

 2000m通過後、日体九嶋・順大服部選手が先頭に立ち再びペースアップ。日体勢・早大勢、順大服部、東海杉本選手あたりに先頭争いが絞られてきた。残り1周九嶋選手が再び先頭へ、そのまま逃げ切った。

 大混戦の2位争いは早大菖蒲選手が先着、それ以降は日体分須・東海杉本・順大服部・早大諸冨選手までが8分55秒以内のハイレベルな戦いに。7着以降は9分04秒以上となり、実質6着の諸冨選手が2組目の結果を待つ形になりました。

2組
1位中園慎太郎③8分58秒87 法政大 Q
2位山本 嵐④8分58秒94 城西大 Q
3位中込 空②8分59秒14★ 山梨学院大 Q
4位安達京摩②8分59秒15 国士舘大 Q
5位北村 光②8分59秒24 早稲田大 Q
6位松村匡悟③8分59秒80★ 筑波大 q
7位長谷川潤④9分04秒36★ 国士舘大
8位富永椋太①9分04秒95★ 日本体育大

9位榎本大倭④9分08秒62 順天堂大
10位斎藤舜太②9分17秒39 順天堂大
11位松崎健悟④9分21秒46 東海大
大倉真亜玖④ 日本大

 早大北村選手がが先頭に立ち、レースを引っ張る形。全体的にまとまっているが、東海松崎・法大中園選手らが前の方にいる。北村選手がそのまま先頭を引っ張っていくが、先ほどよりは早くないか。北村選手の横に、国士長谷川選手や順大斎藤選手ら、城西山本選手も前方に控えている。

 2000m通過は6分05秒。国士大安達・長谷川選手が前の方にきたが、まだほとんどが先頭集団についている状態。残り500mをきって法大中園選手が先頭へ、先頭集団が6名ほどに絞られてくる。

 中園選手がそのまま先頭でゴールへ、城西山本選手も並びかける形で2着、山学中込、国士安達、早大北村選手がほぼ同時ゴールでここまでで5着、わずかな差で6着筑波松村選手が粘って8分59秒のタイム。各組それぞれ6位の選手がタイムで決勝進出となりました。

決勝結果

5月23日 第100回 関東インカレ陸上 (男子1部 3000m 障害 8'45"95)

動画:Nhan Phan 様

1位菖蒲敦司②8分45秒95★ 早稲田大+8点
2位服部壮馬①8分48秒85★ 順天堂大+7点
3位安達京摩②8分51秒26 国士舘大+6点
4位中園慎太郎③8分51秒80★ 法政大+5点
5位中込 空②8分52秒13★ 山梨学院大+4点
6位杉本将太③8分52秒51★ 東海大+3点
7位諸冨 湧②8分53秒91 早稲田大+2点
8位北村 光②8分56秒02 早稲田大+1点

9位松村匡悟③8分59秒38★ 筑波大
10位分須尊紀①8分59秒89 日本体育大
11位山本 嵐④9分05秒13 城西大
12位九嶋大雅③9分13秒66 日本体育大

4連戦!早大菖蒲選手が抜群のスパートで見事優勝!トリプル入賞に華を添える!

 実力でも日程でも注目していた早大菖蒲選手がレースを制しました!1日目1500m予選(通過)、2日目1500m決勝(2位)、3日目3000m障害予選(通過)を経て、4日目の最終日、3000m障害決勝でした。

 レースは順大の選手がスタート直後から飛び出し、一時8秒ほどのリードをつけます。菖蒲選手は第2集団で冷静にレースを進めます。残り500m付近から第2集団から抜け出すと、残り1周で一気に勝負を駆けます!

 あとは抜群のスパートでトップでゴール!8分45秒の好タイムを出しました。チーム内でも絶好調だったそうで、4日連続レースでもしっかりと成績を残しました。

 なお、同学年で一緒に決勝進出していた諸富・北村選手も7位8位!トリプル入賞で、1部3000m障害は今後早大勢で大きく盛り上がりそうな予感をさせました。

順大服部選手がレースを独占!洛南高校OBからまたもや3障期待の星!

 とはいえ、大きく名前を挙げたのは、順大の服部選手です。順大の3障は、日本記録保持者の三浦選手ですが、今回は1500mと5000mと違う種目に回りました。他の選手で決勝進出できれば…と思われていました。

 一人決勝に上がった服部選手は、スタート直後から一気に飛び出し!最初だけかと思いきや、中盤を過ぎても一定のリードを保ったままでした。

 終盤に、早大の選手に捉えられましたが、3位以降の選手は大きく寄せ付けず、2位でゴール。これは順大ファンも、そのほかの大学のファンもびっくりしたのではないでしょうか!?

 よくよく思えば、洛南高校OBで、三浦選手と一緒…。高校駅伝でも大躍進をしていましたし、この高校関係者と陸上種目との相性にも、今後注目となっていきそうです。

実力者!国士大安達選手と法大中園選手が3位と4位でフィニッシュ!

躍進!山学中込選手と東海杉本選手が、8分52秒好タイムで5位6位!

男子2部3部3000m障害結果

予選は3組で行われ、上位3着+3名が決勝進出

予選結果

1組
1位谷口辰煕③8分55秒47 大東文化大 Q
2位上野航平③8分57秒27 中央学院大 Q
3位盛田和輝④9分00秒14 東京農業大 Q
4位安村晴樹④9分03秒14 帝京大
5位高橋 海①9分08秒68 駒澤大
6位山下唯心②9分11秒85 創価大
7位江口清洋③9分12秒07 拓殖大
8位保手濱涼介③9分14秒81 青山学院大

9位源川竜也④9分19秒34 上武大
10位大迫一樹③9分20秒44 亜細亜大
11位峰村 織②9分23秒52 平成国際大
12位長谷川源①9分31秒21 専修大
13位道岡 聖④9分34秒49 東京大
DQ*T3ルカ ムセンビ③ 東京国際大
3部入野翔太(M2) 筑波大院

 スタート、駒大高橋・東国ムセンビ選手らを先頭に集団が続いていく。次第に集団が絞られていき7名の集団になっていく。帝京安村・駒大高橋・大東谷口選手らが先頭付近。ムセンビ選手は集団先頭に立ったり、後方に下がったり動きが多い印象。

 2000m通過は6分01秒、ムセンビ選手が先頭で6名の集団で進んでいく。2番手は中学上野、大東谷口選手ら。徐々に絞られて活き残り1周、ムセンビ・谷口・上野選手の3名が先頭、4位に農大盛田選手が少し離れて続く展開。

 谷口選手がトップでゴール、2着にムセンビ選手、3着に上野選手が入った。ところが、その後ムセンビ選手がインレーンに入ったということで失格。盛田選手が繰り上げで順位決勝進出、帝京安村選手らが後続の組を待つことになりました。

2組
1位西方大珠④8分55秒01 神奈川大 Q
2位麓 逸希②8分55秒48 東京国際大 Q
3位佐竹勇樹②8分55秒63 大東文化大 Q
4位内田賢利②8分56秒53 立教大 q
5位大谷健斗②9分07秒42 芝浦工業大
6位佐々木虎太郎③9分08秒25 拓殖大
7位山下悠河②9分11秒16 青山学院大
8位小池 彪③9分11秒31 東京経済大

9位正木 誠④9分11秒31 上武大
3部1位重山源斗(M1)9分13秒16 筑波大院
10位西垣内和輝①9分13秒44 中央学院大
11位髙山匠也①9分21秒75 東京農業大
12位林 叶大①9分29秒26 帝京大
13位稲森優翔①9分37秒39 亜細亜大
新家裕太郎③ 創価大

 立大内田・大東佐竹選手、さらに3部唯一の出場筑波大院重山選手らが中心になってペースを作っていく。1000m手前では筑波大院重山選手が先頭に立ちレースを先導、立大内田・拓大佐々木選手らがついていく展開に。

 2000m6分04秒で通過してペースが上がってくる。このころには集団が4名に絞られてきて、立大加藤選手を先頭に大東佐竹・東国麓・神大西方選手、5番手は拓大佐々木選手らだが、やや離されてきた。

 最後のスパート争いで、先頭に立ったのは神大西方選手でそのままトップでゴール。8分55秒01の好タイムだった。東国麓・大東佐竹・立大内田選手もほぼ続いてゴール。4着内田選手は3組を待つ形だが、可能性高い。5着は9分07秒と離れて、決勝進出は厳しくなった。

3組
1位佐藤 颯③8分53秒22 亜細亜大 Q
2位大川歩夢③8分53秒64 東京経済大 Q
3位小原 響②8分54秒05 青山学院大 Q
4位吉田光汰④8分54秒59 中央学院大 q
5位大吉優亮②8分57秒83 帝京大 q
6位大西峻平④9分00秒85 駒澤大
7位柿沼祐亮④9分08秒07 宇都宮大
8位後閑将太③9分13秒78 上武大

9位吉田圭佑②9分19秒32 拓殖大
10位西川千青①9分19秒80 大東文化大
11位森田雄貴④9分19秒98 東京理科大
DQ*T3森下 治② 創価大
芳賀宏太郎④ 東京国際大
中田紫音① 立教大
森 基哉④ 東京工業大

 過去2度優勝経験のある中学吉田選手が出場。1周目までに先頭付近に立つと、大東西川・東経大川・駒大大西選手らとペースを作っていく。速いペースとなり、中盤までに吉田選手他、青学小原・駒大大西・亜大佐藤・東経大川選手の5名に絞られる。

 鐘が鳴り残り1周、青学小原選手がスパート、亜大佐藤東経大川中学吉田選手が反応、駒大大西選手が遅れていく。最後の直線で佐藤選手が先頭に立ちゴール。8分53秒の好タイムだった。東経大川・中学吉田選手が続き、5着は最後追い上げた帝京大吉選手が入った。結果的に6着駒大大西選手など9分以上かかった選手はタイムでは拾われなかった。

決勝結果

1位吉田光汰④8分46秒66 中央学院大+8点
2位西方大珠④8分47秒18 神奈川大+7点
3位上野航平③8分48秒30 中央学院大+6点
4位麓 逸希②8分49秒39 東京国際大+5点
5位小原 響②8分53秒89 青山学院大+4点
6位谷口辰煕③8分54秒59 大東文化大+3点
7位内田賢利②8分55秒58 立教大+2点
8位盛田和輝④8分58秒04 東京農業大+1点

9位佐藤 颯③9分01秒99 亜細亜大
10位大川歩夢③9分05秒94 東京経済大
11位佐竹勇樹②9分13秒84 大東文化大
12位大吉優亮②9分27秒24 帝京大

長距離4/5種目終了時の対抗得点

1部
順大34点
早大25点
国士14点
中大11点
法大11点
東海10点
山学10点
流経8点
日大7点
駿河7点
日体5点
筑波2点

2部
駒大22点
東国19点
中学18点
青学18点
明大16点
立大12点
大東9点
創価8点
神大7点
帝京5点
國學5点
関学3点
拓大1点
農大1点


スポンサーリンク