スポンサーリンク

第93回箱根駅伝オーダーをワイワイ語ろう!~法政大学編

 
 
続いて、2年かけて勝負できるチームに育った
 
 
スポンサーリンク
 

法政大学~箱根駅伝2017オーダー予想

 
スポンサーリンク

エントリー選手独断ランク付け

5点:エース区間で区間上中位でいける選手
坂東悠汰②28分48秒61≪16:予23位、箱4区15位≫
4点:主要区間で区間上位でいける選手
足羽純実④29分09秒66≪16:予12位、箱1区20位、15:予12位、14:予139位、13:全5区5位、出5区5位≫
3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
坂田昌駿④29分47秒99≪16:予46位、箱7区16位、15:予54位、14:予100位≫
城越洸星④29分16秒69≪16:予101位、箱10区9位、15:予91位≫
細川翔太郎③29分22秒65≪16:予44位、箱5区13位≫
土井大輔②29分06秒65≪16:予41位、箱8区18位、15:予123位≫
2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
阿部泰久②30分22秒19≪16:予78位≫
東福龍太郎②29分31秒59≪16:予60位≫
矢嶋謙悟②29分14秒03≪16:予104位≫
1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
鹿嶋隆裕③29分55秒79
本多寛幸②30分20秒38≪16:予95位、箱9区20位、15:予89位≫
青木涼真①29分44秒18
 
0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
生澤祐樹④30分29秒85
鈴木亮平②29分48秒84
坪井 慧①29分48秒33
佐藤敏也①30分18秒73
≪15:高3区18位≫
 
上位10人合計:28点
(参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
 
5千上位10人平均-1万上位10人平均-ハーフ(20㎞換算含む)上位10人平均
17位14分18秒8-15位29分26秒2-16位64分08秒3
 
 前回は予選7位通過で本戦で上位争いには参加できなかった。今回は周囲の予想以上の4位通過、その後の記録会で多くの選手が大幅自己ベストを更新、法政大が2年の時間をかけて戦えるチームに育て上げてきた。今、エースといえるのは2年生の坂東選手、1万は28分台、長身を活かしてスピードを磨いてきた。2年は全体的に勢いがあって、土井選手も29分一桁、ほぼ無名の阿部・東福選手も予選で二けた順位で走った。これに4年生が脇を固める。下級生の頃から注目だった足羽選手は予選で復活、坂田・城越選手も予選では攻めていた。故障は多いものの、登りの素質がある細川選手もここのところ順調、久々に目立つ存在になれるかもしれない。
 
 

オーダーを組んでみる

坂東悠汰②-足羽純実④-土井大輔②-城越洸星④-細川翔太郎③
阿部泰久②-鹿嶋隆裕③-東福龍太郎②-坂田昌駿④-矢嶋謙悟②

 ”オレンジエクスプレス”らしく攻めのオーダーを組んでみた。チーム唯一の1万28分台で、今季一番伸びた坂東選手を1区に。本当は2区~4区が適任なのでしょうが、今ならいけるだろうと。自慢のスピードを見せたい。2区に昨年のリベンジをしてほしい足羽選手、前回の箱根以降主要大会で大失速が続いてたが、貧血だった模様。今度はもう心配ないだろう。元々ロードで粘れるタイプなだけに、今回はやってくれると思う。

 
 次の3区は2年土井選手、予選で20㎞の成長もあったが、11月記録会の1万29分06秒はいい意味でサプライズだった。そのスピードで他校に食らいついていきたい。次の準エース区間4区は城越・坂田選手の4年生どちらかにしたいですが、1万の記録を伸ばし、上り坂も得意という城越選手を4区に。坂田選手は9区で秘密兵器としてスタンバイするかと。シード権を意識できるオーダーだと思います。
 
 山に関しては城越選手の名前も挙がってますが、5区は細川選手かなぁ…。前回は故障上がりながら区間13位と粘りの走りを披露。今回は予選以降姿を見せておらず、しっかり準備しているとみる。区間一桁はいきたい。6区はこれまた予選から姿を見せていない阿部選手か、それか20㎞未経験ながらエントリーに入った青木選手ら1年生か、生澤選手もありか。予想では20㎞をしっかり走っている阿部選手にします。
 
 7区以降はどうするか。繋ぎは予選以降も選手が育ってきていて色んな選手が走る可能性ありそうですね。その中で、東福・矢嶋選手は抜け始めていますね。東福選手はロード20㎞でちょっとびっくりの成績、こういう選手は8区が面白そうと個人的に思います。またトラックのタイムが一気に伸びた矢嶋選手を2区にして、アンカー勝負に備えます。
 
 7区は本当に誰にしましょうか。前回9区の本多選手が中々上がりきっていないですが、それでも箱根予選100位は切ってます。ただ、彼を起用すると2年生6人になって学年構成のバランスが気になってくる。なので、元々高校時代力があった3年鹿嶋選手が走れないだろうか。少しずつですがタイムも安定してきていると思います。これで10区間穴がないかなと。
 
 あとは、もしラストスパートが得意という坂田選手が、1区をやれる状態まで上がってくれれば、坂東選手をエース区間に回すこともできますかね。4年は勿論、2年生がかなり鍵となりそうですが、そういえば4大会前にシード権を獲得した時も2年生の活躍がとても大きかったのですよね。その時にチーム状況が似てきている。2年生が大きく目立つ快走があれば、シード権を手繰り寄せることができそうだ。