スポンサーリンク

2016.6.28までの結果【日本学生個人・東海大・法大・平国大など記録会】

日本学生個人選手権やその他、大会盛りだくさんです。
 
 
スポンサーリンク
 
 

2016.6.4-5 第3回国士舘大記録会

(https://sites.google.com/site/kokushikanrikuzyou/kyougikai/ping-cheng28nian-du-jing-ji-hui/ping-cheng28nian-du-di3hui-guo-shi-guan-da-xue-jing-ji-hui)

○国士舘大学
1万
住吉秀昭②30分10秒64 石井秀昴④30分10秒68
阿部直人④30分10秒86★ 八巻雄飛③30分10秒95 餅崎巧実④30分12秒98
戸澤 奨②30分14秒77 藤江千紘②30分16秒27 守屋太貴③30分27秒86★
多喜端夕貴②30分31秒20 本多将貴③30分33秒91 高田直也②30分45秒94★ 石川大和②30分46秒60★

 後に全日本予選を通過する国士大はここで調整レースを行っていたのですね。住吉・石井選手らはPMでしょうか。出走した選手はしっかり上位。その中で、ここで自己ベストを出した阿部選手が、全日本予選では1組40位に。箱根予選などでは調整していきたいところですね。

 

○関東その他
5千
ジェームス ムワンギ(国士大教員)14分47秒46
池田敬生(東経4)14分49秒53

 ところでムワンギ氏が国士大のコーチに就任したようですね。外国の方がコーチに付くのは極めて珍しいです。国士大の勢いを更に加速させることはできるでしょうか。

 
 
 

2016.6.10-12 日本学生個人選手権

(http://www.iuau.jp/ev2016/16kojin/16kojin_results.pdf)

1500
1位モタンヤ ラザラス(桜美3)3分49秒12
2位阪口竜平(東海1)3分50秒05
3位荒井七海(東海4)3分51秒08
4位物江雄利(駒大2)3分51秒44
5位冨原 拓(中大1)3分52秒95
6位眞柄幸季(東洋3)3分53秒11
7位田母神一喜(中大1)3分53秒12
8位高田直也(国士2)3分54秒79
—————————–
鈴木ニムラ(創価1)3分55秒38 村島 匠(順大3)3分59秒12

 ラザラス選手は3分50秒を切るスピードをずっとキープしていますね。食らいついたのは先日日体大記録会で好記録をマークした阪口選手。とても安定しています。1年生は中大・冨原選手も良かったですね。また東海・荒井選手も順調。他、駒大・物江選手がいい記録を出しています。

 
 
 
5千
1位關 颯人(東海1)14分05秒28
2位梶谷瑠哉(青学2)14分05秒38
3位鬼塚翔太(東海1)14分07秒92

4位松尾淳之介(東海1)14分08秒14★
5位松井将器(東工M1)14分10秒58★
6位池田生成(青学4)14分11秒24
7位館澤亨次(東海1)14分12秒74
8位湊谷春紀(東海2)14分13秒44
——————————
茂木亮太(青学4)14分13秒44
小笠原柊(東海4)14分15秒57★※1組トップ
湯澤 舜(東海2)14分19秒79 西川雄一朗(東海1)14分24秒66 中島怜利(東海1)14分28秒06
橋詰太慧(青学2)14分29秒34 小松陽平(東海1)14分30秒02 勝谷徳仁(筑波4)14分30秒24
山田滉介(青学2)14分30秒83 羽生拓矢(東海1)14分31秒63 郡司陽大(東海1)14分33秒58
柗井駿佑(愛知工業大)14分35秒01

 東海大VS青学大+松井選手となった2組。制したのは東海・關選手。青学大売り出し中の梶谷選手に競り勝つ勝負強さを見せました。安定感はとても高いですね。鬼塚選手や14分11秒の壁を破った松尾選手もいいレースを続けています。続いた松井選手は、勝負試合で着実に走っているのがナイスですね。1組は地道に積み上げてきた小笠原選手が勝利しました。

 
3障
1位宮城壱成(東海4)8分51秒79
2位工藤海良(国士2)8分56秒19
3位滋野聖也(道都大)8分57秒43

4位海老澤太郎(駒大2)8分57秒99
5位三上嵩斗(東海2)8分58秒43
6位藤岡勇貴(関西学院)8分59秒72
7位田村丈哉(帝京1)9分00秒78
8位藤崎真伍(流経2)9分02秒90
——————————
内波郁弥(龍谷大)9分06秒28 安島宏尚(東北福祉大)9分06秒49 中野 光(大東4)9分09秒37
 
青木章悟(麗澤4)9分09秒37※1組トップ
藤田 竣(神戸大)9分09秒61 周 庭印(国立体育大)9分11秒34
齋藤零司(筑波大)9分16秒07 川東拓未(環太平洋大)9分17秒22 福島洋佑(東大5)9分17秒64
林田祥志(埼玉大)9分17秒95 村島 匠(順大3)9分18秒71 天野 匠(大東3)9分18秒73
松本 諒(順大3)9分19秒86 吉川幸紀(城西1)9分20秒59

 東海大・宮城選手が優勝。ある程度狙っていたのもありますが、この大会は東海大の躍動が多く見られましたね。大健闘は国士・工藤選手。結構な幅の自己ベストでは?他、道都大に転校した滋野選手が走力を保っているようですね。

 
 

2016.6.20 東海大記録会

(http://tokai-track-field.shn.u-tokai.ac.jp/access.html)

○東海大学
1万

島田良吾③30分26秒51 小林和弥③30分50秒34 阿部啓明③30分57秒40

○中央学院大学
5千
伊藤 翼④14分29秒27
有馬圭哉①14分33秒07 坂元大介③14分34秒97 市山 翼②14分35秒52★
福岡海統②14分37秒16 石井 海②14分38秒73 石原圭祐①14分39秒41
 
○神奈川大学
5千
多和田涼介②14分30秒16 宗 直輝①14分31秒76
1万
西田秀人③30分33秒69 朝倉健太④30分42秒20 秋澤啓尚③31分00秒03
 東海大の島田選手が1万トップ。暑い中、奮闘しました。中央学院大は伊藤・有馬選手が安定している印象。神大も西田選手等が頑張り、選手層が厚くなってきているのを感じさせます。
 
 

2016.6.20 法政大記録会

(http://skarube.blog46.fc2.com/blog-entry-793.html)

○帝京大学
濱川 駿②30分41秒29 大塚瑞季②30分57秒47

 
○法政大学
木村優志④30分48秒90 阿部泰久③31分09秒34
 帝京・法大とも惜しく全日予選走れなかった選手が出走。秋までに力を付ければぐっとチーム力が高まります。
 
 
○國學院大學

青木祐人①30分18秒24★

 
○創価大学
蟹沢淳平③29分49秒78
上田結也①30分18秒93★ 彦坂一成④30分29秒30 柴田拓人④30分43秒54 棚橋建太②31分06秒31
 
○亜細亜大学
西村 涼②30分56秒23★ 恋塚斗貴④31分00秒40
 國學院は、期待のルーキー青木選手がまずまずの走り。やはりの選手層です。全日本初出場に迫った創価大は、主力の蟹沢選手が出走。29分台マークでなぜ予選走らなかったか疑問に思うけど、ひとまず怪我とかでなくて良かった!またルーキーの上田選手が大幅ベスト更新しました。
 

2016.6.25 平成国際大記録会

(http://hiukirokukai.web.fc2.com/2016/0625/top.html)

1500mトップ:田口雅也(Honda)3分56秒03
3千トップ:馬場圭太(Honda)8分12秒01
5千トップ:木村 慎(Honda)14分04秒15

 
 
○駒澤大学
大塚祥平④14分10秒68
山口優希②14分15秒27★ 物江雄利②14分18秒35★ 中村佳樹④14分19秒20★
中村大聖①14分33秒74 昆  充③14分37秒51
 
○早稲田大学
藤原滋記③14分39秒57

 駒大の中堅選手が一気にベスト更新しましたね。山口・物江選手あたりは1500mでいい記録出していましたし、その勢いが出ましたね。中村選手も再度の駅伝メンバー入りを狙います。
 早大の藤原選手は怪我からの復帰戦です。
 
○中央学院大学
福岡海統②14分26秒17
市山 翼②14分37秒97 坂元大介③14分38秒55 有馬圭哉①14分41秒19 藤田大智①14分41秒99
 
○中央大学
蛭田雄大③14分32秒98 中山 顕②14分35秒78★

 福岡選手はずっと好調をキープしていますね。蛭田・中山選手は9組ワンツーで、今後の記録に期待が持てますね。
 
○上武大学
1500
齋藤 優①3分56秒12
5千
松下恭一郎②14分42秒77★
 
○関東その他
藤井亮矢(武蔵1)14分46秒22★
 
○その他
原田郁丸(東北福祉大)8分29秒64

 藤井選手は武蔵野学院大のエースになってますね。東北福祉大の原田選手も注目です。
 

2016.6.25 静岡県長距離記録会

新迫志希(早大1)14分04秒47
 連続14分一桁、スピードはしっかり上がってきていますね

 
 

28.6.26 函館ハーフ

1位ポール クイラ(コニカミノルタ)63分14秒
4位谷川智浩(コニカミノルタ)63分57秒

————————————
7位高本真樹(駒大3)64分38秒
小手川智紀(帝京3)66分33秒 加藤勇也(帝京4)66分37秒 田村岳士(帝京1)66分51秒
松下 良(拓大1)67分00秒 中井槙吾(拓大1)67分15秒 岩佐壱誠(帝京1)68分16秒
藤井拓実(拓大1)68分29秒 関根 諒(亜大3)68分30秒 赤﨑 暁(拓大1)68分45秒
原 由幸(道都大)69分19秒 柿田直輝(関学3)69分35秒
 コニカミノルタ勢が多く出場した今大会。学生トップは駒大の高本選手。関東ICで失速しましたが、今回はしっかり走りましたね。精度があがれば。また拓大や帝京の1年生が早くもハーフを経験。特に拓大は箱根予選在りますし、いい底上げになりますかね。