スポンサーリンク

【結果2019】第68回鹿島祐徳ロードレース・第13回ふかやシティハーフマラソン/駅伝ランナーチェック!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2019年2月24日(日)はまだレースがあります。 第68回鹿島祐徳ロードレース 第13回ふかやシティハーフマラソン にも、駅伝ランナーや強豪市民ランナーが出場します。 結果と駅伝ファンならではの解説・応援コメントを記載します。
スポンサーリンク

第68回鹿島祐徳ロードレースについて

第68回鹿島祐徳ロードレース2019公式画像 ※画像はFacebookより 公式サイト(http://i-sam.co.jp/15kashima/index.html) 大会要項(http://i-sam.co.jp/15kashima/requirement.html) コース図(http://i-sam.co.jp/15kashima/course.html) 第68回鹿島祐徳ロードレース2019コース図 祐徳稲荷神社参道、鹿島市林業体育館周辺がコースとなっています。
スポンサーリンク

【結果2019】第68回鹿島祐徳ロードレース

全結果(http://www.i-sam.co.jp/gw/recsearch.php) 実施年・実施月を選択してください   ○順天堂大学 1位橋本龍一③64分40秒 3位津田将希①65分37秒 4位小畠隆太郎③66分02秒 8位多久和能広②66分49秒 鈴木雄人③68分24秒 吉岡智輝①70分09秒 内山将志②70分09秒 野口雄大②70分09秒 牧瀬圭斗①70分09秒 橋本選手が一人64分台で独走で優勝したようですね。こういうところで勝ち癖付けるのもいいと思います。さらに1年生の津田選手も好走。小畠・多久和選手は次のレースが大事かな? それから箱根1区予定も直前で外れた野口選手がひとまずペーラン。まずはインカレで得意のスピードを見せられる状態にあがってこれれば!   ○東洋大学 2位田中龍誠②65分28秒 5位小室 翼③66分28秒 東洋大の田中選手が、しっかり走り切りました。ここからさらに走力を伸ばせるか。小室選手も一定のレベルでは走れるようになって来いるのかな? ○日本大学 7位鈴木康平①66分49秒 ○大東文化大学 片根洋平①67分42秒 1年生が頑張りました。鈴木選手はまずまず。片根選手は、前日の日本クロカンからの連戦ですね。よく走ったと思います。   ○ひらまつ病院 6位藤田啓生66分35秒 9位堤 渡67分40秒 ひらまつ病院の選手も例年出場するのですよね。来期は戦力アップするはずですので、できる限り走力を磨いてほしい。

【結果2018(昨年)】第67回鹿島祐徳ロードレース

10kmの部 1位橋本龍一②29分45秒 2位野田一輝②30分00秒 3位小畠隆太郎②30分06秒 ハーフの部 1位下田裕太(青学大④)63分20秒 2位梶谷有高(ひらまつ病院)63分55秒 3位奈良凌介(大東大②)64分00秒 [詳細はこちら]

第13回ふかやシティハーフマラソンについて

第12回ふかやシティハーフマラソン 公式サイト(http://fukaya-city-half.jp/) 開催概要(http://fukaya-city-half.jp/outline/) コース図 第13回ふかやシティハーフマラソンコース図 第13回ふかやシティハーフマラソン高低差図 いろんな部がありますが、ハーフは9時50分スタートです。 高低差は20m程で少なめですが、10km手前の上り坂からが勝負所になりそうです。 参加者リスト(https://runnet.jp/parts/2019/207033/athletes_list.html) 「種目」より検索、ハーフ招待の部に有力ランナーがエントリーが確認できます。

【結果2019】第13回ふかやシティハーフマラソン

全結果(https://runnet.jp/parts/2019/207033/record.html) 招待の部 ハーフ 1位熊谷 光(ラフィネ)64分41秒 2位福村拳太(ラフィネ)65分01秒 3位藤原滋記(SUBARU)65分07秒 4位大崎 遼(ラフィネ)65分14秒 ラフィネの熊谷選手が優勝!積極的に記録会に出て強化を図っています。SUBARUの藤原選手もしっかり走り切っています。   ○武蔵野学院大学 5位藤井亮矢③65分27秒 8位佐藤茂哉69分24秒 伊藤誠矢②69分45秒 藤井選手が走力を再びあげてきていますね。最終学年、もうひと暴れしてほしい選手です。   ○大東文化大学 土本剣太郎②68分46秒 武田将樹②69分03秒 松尾晃汰②69分49秒 大東大の若手選手が出場。少しずつ記録があがってくれば。   10㎞ ○埼玉医科大AC 1位三田眞司29分23秒 2位柴田純一29分57秒 3位鴇澤駿介30分00秒 4位越智文弥30分14秒 10㎞は埼玉医科大ACの選手が上位独占。三田選手がこの1年順調でしたね。大ベテラン柴田選手も、奥むさし駅伝に引き続き元気ですね。   日本陸連登録の部 1位八木沢元樹(ヤクルト)6622 ※引退レース ヤクルトの随一のスピードランナーの八木沢選手が優勝!そして…これが引退レースだったようですね。那須拓陽、そして箱根駅伝でも往路3区4区での活躍がまだ最近のように感じられます。さみしいですが、次の人生を歩んでほしい。 また、別のレースで山陽特殊製鋼の森本直人選手が引退。静岡マラソンで2時間23分台の記録だったそうです。NY予選で出番がなかったため、引退を決意したそうです。 山学大時代は箱根5区を3度出走、往路優勝のゴールテープも切っています。その後、実業団で長くチームを引っ張りました。本当にお疲れさまでした。  

【結果2018(昨年)】第12回ふかやシティハーフマラソン

1位川内優輝(埼玉県庁)64分26秒 2位福村拳太(ラフィネ)64分51秒 3位佐藤弘規(大東大②)67分28秒 [詳細はこちら]
スポンサーリンク

フォローする