スポンサーリンク

【帝京大学】箱根駅伝2019から2020へ~新チーム戦力分析と新入生情報、箱根のまとめも!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第95回箱根駅伝2019が終わり、卒業生の進路、新入生の情報が発表され、 なにより、在校生が次の箱根駅伝2020に向けて動き出しています。 箱根駅伝2019の簡単な振り返りと、箱根駅伝2020への現時点での戦力分析をしていきたいと思います。
スポンサーリンク

【帝京大学駅伝競走部】箱根駅伝2019から2020へ~新チーム戦力分析と新入生情報、箱根のまとめも!

帝京大学の【箱根駅伝2019まとめ】

5位帝京大学11:03:10 1区竹下 凱④11位63分09秒[11]0:34 2区畔上和弥④14位69分16秒[14]2:19 3区遠藤大地①3位62分32秒[6]2:20 4区横井裕仁④3位63分05秒[5]4:23 5区小野寺悠②16位75分28秒[9]6:59 往路9位5:33:30 6区島貫温太③5位58分44秒[7]7:31 7区岩佐壱誠③6位64分28秒[7]8:14 8区鳥飼悠生②9位66分32秒[7]10:53 9区小森稜太③3位69分59秒[7]11:16 10区星  岳②1位69分57秒[5]11:01 復路3位5:29:40
1区竹下選手…元々競り合いに強く1区向き。全日本では区間賞争いをする活躍でした!箱根は調子が下降気味の中での出場だったそう。前の方にはこれませんでしたが、区間11位は最低限でまとめ切ったというところでしょうかね。いずれまた勝負強い走りを見たい。 2区畔上選手…夏に少し故障はありつつも、華の2区を2年連続任されたエースですね。タイムは大きく伸ばしましたが、区間14位はエースとしては悔しい走りだったか。それでも4年連続往路区間で、ここ数年の帝京大には欠かせない存在でした。 3区遠藤選手…これは見事な走りでしたね。全日本・学連1万mとどんどん伸びていきましたが、思い切りのいいところが箱根3区でピタリハマりました。今回かなりレベルの高かった3区で区間3位62分32秒で6人抜きの走り、帝京大待望の大エース登場です! 4区横井選手…どこの区間でも走れるということで、彼も帝京大に欠かせなかった。6区、6区と来て、最後の箱根は準エース区間4区登場でした。単独で走る場面が今回は多かった中、区間3位の力走は光りますね。ここで総合5位に浮上します。 5区小野寺選手…大学駅伝初登場の小野寺選手が苦しかったですね…。秘密兵器になるかなと思われましたが、本格的な上りに入ってからペースが上がりませんでした。これまでの貯金で何とか往路9位と一桁ターンとなりました。   6区島貫選手(個人的MIP)…横井選手を平地にして誰が走るのか、悩みどころだったのですよね。救ったのは、11月の記録会で、一気に1万mベストが学内トップとなった島貫選手。 ここのところずっと駅伝で起用されてきましたが、出雲アンカーで失速、全日本は出場ならなかったのですが、持ってるポテンシャルを発揮してきました!復路3位と躍進となりましたが、ここで7位に浮上して流れが出来たのは大きかったと思います。 7区岩佐選手…出雲と全日本では序盤区間に起用されていた主力選手ですね。7区に回りましたが、ここも繋ぎ区間ではなくなるくらいレベルが上がりましたが、しっかり区間一桁。力がある選手ですね。 8区鳥飼選手…初の大学駅伝の切符を掴みました。今回2年生が2人も大学駅伝デビューとなったのですよね。高校時代もロード強かった印象ですが、遊行寺の坂もしっかり走り切り、区間一桁でまとめました。 9区小森選手…いや~、本当にロードの隠し玉的存在ですね。トラックの持ちタイムではあまり目立たのですが、長距離ロードで覚醒します。2年連続9区ですが、今回大幅アップで区間3位。離れていた前のチームへの追撃態勢を整えました。 10区星選手…上尾ハーフ62分台上位入賞で、駅伝ファンを驚かせた星選手が今回やってくれました!中盤になってスピードに乗ると、順位を2つあげ、総合5位へ。個人ではなんと区間賞を獲得しました!ここまでなら往路をやれる力もありそうです。見事な走りでした。
スポンサーリンク

帝京大駅伝部2019年主な卒業生と進路

横井裕仁④28分32秒30≪19:箱4区3位、18:全2区8位、出2区5位、箱6区4位、17:全7区6位、予53位、箱6区9位≫ ⇒ NTN 畔上和弥④28分41秒68≪19:箱2区14位、18:全7区7位、箱2区11位、17:全5区3位、予7位、箱4区7位、16:全4区9位、出3区11位、箱3区11位、15:全4区12位、予52位≫ ⇒ トヨタ自動車 竹下 凱④29分09秒66≪19:箱1区11位、18:全1区2位、箱4区7位、17:全2区11位、予38位、箱1区7位、16:全1区12位、15:全3区12位≫ ⇒ SGHグループ 濱川 駿④29分32秒60≪18:箱3区14位、17:全3区14位、箱3区5位≫ ⇒ コニカミノルタ 新関友基④5千14分08秒48≪16:出雲5区10位≫ 齋藤 槙④1500m3分50秒92 井手優太④30分24秒68 大塚瑞季④30分27秒28≪15:予126位≫ 阿部有希④half64分39秒
駅伝出走したランナーの多くは全員実業団に進みますね。4年連続往路を担当した畔上選手は、強豪のトヨタ自動車へ。NY駅伝で優勝メンバーになることができるか!? いろんな区間を攻略できる横井選手は中堅イメージのあるNTNへ。ここでもまたいい味を出してくれるでしょうか。竹下選手は立て直し中のSGHグループへ。NY駅伝でも突破口を切り開く走りを期待。 それから2年の箱根で爆走した濱川選手。その後は苦戦が続いていたので、強豪コニカはびっくりしたのですが、最近復調しつつあるようでほっとしています。 あとは競技はやめる選手。下級生の頃に台頭があった新関・大塚選手、1500mで結果を残した斎藤選手、地道に積み上げた井手・阿部選手がいますね。阿部選手は秋に大幅ベストでとても勢いがありました。これまたチーム内でいい影響があったのではと思います。  

帝京大学の【箱根駅伝2020】へ向けて~平均タイム・新入生情報など!

3年生以下の持ちタイム上位16名

5000m持ちタイム 1万m持ちタイム ハーフ持ちタイム
遠藤大地①13分59秒85 岩佐壱誠③14分02秒92 小野寺悠②14分04秒61 島貫温太③14分06秒19 谷村龍生②14分08秒08 星  岳②14分09秒56 中村風馬①14分14秒65 平田幸四郎③14分16秒13 田村岳士③14分20秒73 鳥飼悠生②14分20秒83 島貫温太③28分30秒52 遠藤大地①28分34秒88 岩佐壱誠③29分11秒41 星  岳②29分12秒09 平田幸四郎③29分13秒11 小野寺悠②29分14秒22 吉野貴大③29分17秒30 谷村龍生②29分34秒87 田村丈哉③29分41秒49 田村岳士③29分42秒13 星  岳②62分20秒 小森稜太③62分34秒 田村岳士③62分55秒 岩佐壱誠③63分00秒 鳥飼悠生②63分26秒 岡 智洋③63分38秒 谷村龍生②63分45秒 中村風馬①63分45秒 島貫温太③63分53秒 山根昴希②63分55秒
10名平均:⑩14分10秒3 10名平均:⑦29分13秒1 10名平均:③63分19秒1
増田 空②14分21秒85 橋本尚斗①14分22秒11 吉田尭紀③14分24秒21 森田瑛介①14分24秒86 山根昴希②14分25秒11 細谷翔馬①14分27秒01 増田 空②29分43秒77 鳥飼悠生②29分45秒58 境 勇樹②29分45秒60 岡 智洋③29分46秒21 山根昴希②29分47秒67 小森稜太③29分49秒40 田村丈哉③63分56秒 吉田律哉②63分59秒 吉野貴大③64分07秒 後藤佑太郎③64分12秒 平田幸四郎③64分15秒 小野寺悠②64分31秒
16名平均:⑩14分15秒5 16名平均:⑥29分25秒6 16名平均:②63分38秒1
※ハーフは日本学生ハーフ後にもう一度更新します。 見事な育成力ですよね。トラックもロードも凄い。スカウトからするとハーフの平均が3番とか、16人平均が2番は凄まじい数字だと思います。 まず5000mが10番で上位校と戦えるスピードがついていますね。帝京大は高校時代と比較やすいからということで5000mは結構出場する大学、多くのランナーがしっかり縮めています。 10000mはさらによくて7番へ。長い距離で味が出る選手が多い。今は28分台2名ですが、岩佐・星選手ら狙う機会があれば、28分台出せそうなランナーが結構いると思います。 そして昨年の上尾ハーフでとてもいい記録が出たハーフが凄いですね。比較的卒業生の穴はあるチームのはずなのですが、ハーフ平均では全く感じさせません。大学駅伝未経験者でも63分台のランナーが複数いるのが凄いです。

3年生以下の主力選手

島貫温太③28分30秒52≪19:箱6区5位、18:出6区11位、箱10区15位、17:全6区7位、予87位≫ 岩佐壱誠③29分11秒41≪19:箱7区6位、18:全3区7位、出3区7位、箱1区16位、17:全1区13位、予12位、箱7区8位、16:全3区13位、出2区8位≫ 平田幸四郎③29分13秒11≪18:全8区14位、箱5区8位、17:予95位、箱9区8位、16:全8区14位≫ 吉野貴大③29分17秒30≪17:予63位≫ 田村丈哉③29分41秒49≪18:箱8区11位、17:予46位≫ 岡 智洋③29分46秒21 小森稜太③29分49秒40≪19:箱9区3位、18:全5区4位、箱9区10位、17:全8区10位≫ 吉田尭紀③30分17秒29 星  岳②29分12秒09≪19:箱10区1位、18:出5区6位、17:予188位≫ 小野寺悠②29分14秒22≪19:箱5区16位≫ 谷村龍生②29分34秒87≪18:全6区9位、出4区5位≫ 増田 空②29分43秒77 鳥飼悠生②29分45秒58≪18:箱8区9位≫ 境 勇樹②29分45秒60 山根昴希②29分47秒67 吉田律哉②29分58秒77 渡辺悠斗②30分05秒73 福島健斗②half65分47秒 遠藤大地①28分34秒88≪19:箱3区3位、18:全4区3位、出1区11位≫ 中村風馬①29分51秒26 国本尚希①30分20秒73 郷明日翔①30分27秒88 細谷翔馬①half65分36秒
学年バランスが良くなってきていますね。新4年生はいろんなタイプがいますね。多くの区間で対応できそうな岩佐選手にスピードのある島貫選手、長い距離に強い平田・吉野選手、また岡選手も今回の箱根出場ボーダーだったそうで、今後注目。W田村選手の復調待ちたいです。 新3年生が人材豊富で、箱根区間賞星選手を中心に、駅伝経験が4人に。1万29分台は8人となってきました。小野寺・谷村・鳥飼選手が、秋までにもう一つレベルアップすれば、次年度の大学駅伝が面白そう。 新2年は、遠藤選手が大きく抜けていて、チームのエースと言っていいでしょうね。1年で往路であれだけの走りはすさまじすぎます。他の選手もこれからだと思います。その中で中村選手はハーフ63分台の実力があり、今回箱根16人入りならなかったのが不思議なくらい。彼も順調なら早くに主力になりそうです。
スポンサーリンク

帝京大学2019新入生情報

名前(高校名)5000m持ちタイム≪この1年の主要大会成績≫ 菅家 空(田村)14分33秒03 山田一輝(白石)14分43秒10 元永好多朗(宇部高専)14分44秒60 吉岡尚紀(桂)14分44秒66 伊藤 昴(那須拓陽)14分45秒04≪18:高校3区44位≫ 新入生5千m上位5名平均:㉔14分40秒3
持ちタイムが高いランナーは帝京大はあまり入らないのですが、今年は特にタイム的にはぱっとしないですかね。平均24番目はかなり低い部類に入ります。全国的な駅伝を経験している選手も少ないです。 とはいえ、帝京大の中野監督に合った選手を確実にスカウトをしていると思いますので、むしろここからの伸びしろを駅伝ファンとしては楽しみたいところです。  

帝京大学【箱根駅伝2020へ向けて】戦力分析

5位を狙える戦力は保持!

出雲5位、全日本5位、箱根5位で真の”ゴーゴー大作戦”と一部のファンで言われた今年度の帝京大駅伝部の成績。出雲と全日本は過去最高、箱根は歴代最高の4位に迫る成績で、全体として帝京大駅伝部史上に残る戦いぶりでした。 結構多くの選手が卒業してしまいましたが、上記の通り持ちタイム平均からは大きな戦力ダウンは見られず、トラックよりロード、そして長い距離になって強みを発揮するのは変わらないですし、上級生が中心になりますし、このあたりはいいですね。 また、全日本大学駅伝のシード権を初めて確保したため、初めて全日本予選が無いシーズンを送るのですよね。今までとは違うアプローチで、さらなる強化ができる可能性があります。

遠藤・星選手らで華の2区争い勃発!?

個人として今とても勢いがあるのが、新2年遠藤選手と、新3年星選手ですね。遠藤選手は突っ込んで入って粘れますし、星選手はずっとペースをキープする力がありそうです。 他の選手も、復路最長区間を走っている新4年小森選手、1年生の頃から駅伝経験豊富な新4年岩佐選手、スピード抜群の島貫選手、このあたりまでは箱根で華の2区を走る可能性があるのでしょうか。 チーム内でこれだけ競り合うことができれば、次年度も関東IC、駅伝といいオーダーが組めるはずです。  

山を乗り越えられば、諦めずに前へ

今回唯一穴となったのが箱根5区なんですよね。選手層は豊富なので早くから対策を狙いたいところ。小野寺選手のリベンジでもいいですし、前回経験者の平田選手でもいいのかもしれません。 6区がまだ分からなく、島貫選手は現状では平地に回りそう(本人の希望は1区だったかな?)です。田村選手とかは適性あればいいですが、5区6区どちらも4年生は避けたいしなというところも…。 10番手前後は選手層は厚い。今回抜擢された鳥飼選手や、出雲と全日本出走した谷村選手、他メンバー候補に岡・中村選手ら上がりますね。しっかりと上位校としてとどまるチャンスは十分にありそうです。    
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 山本シイタ より:

    なんというか帝京らしいチームに戻ったというべき感じのチームになりますね。
    スピード型の主力である畔上選手、竹下選手、横井選手の抜けた穴は人数以上に大きいんじゃないかなと思います。島貫選手も平地に降りるかも?
    ただ三大駅伝に出場しなかったものの実力がある選手は多く問題なくシードが取れるチームだと思います。新チームのキーマンですが…W田村選手だと思います。丈哉選手自分的にはずっと山候補だと思ってますし8区をしっかり走る力は持ってます。
    岳士選手もハーフは62分台のタイムを持ってますし4区で62分台で走れるようになってほしいですね。力は確実にあると思います。

  2. hakonankit より:

    >山本シイタさん
    1区2区4区と往路序盤の要を出走した選手が抜けるのは痛いですが、遠藤選手ら若手も勢いありますし、彼らの走りもまた楽しみです。おっしゃる通り、島貫選手も平地区間でしょうかね?W田村選手も最終学年、きっと調子あげてくれるはずです。

  3. shinkun より:

    今年度の調子を考慮すると箱根1区2区の竹下畔上コンビより来年1区2区を任せられた選手の方が強いと思う。
    現状では島貫遠藤かな。
    ほかに岩佐、星、小森のホントに強いランナーも居ますし来年までの期間での伸び率も加味すると今年を超える戦力になると思う。
    帝京鬼門の5区を乗り切れば総合3位もあるかと。
    気が早いですが来年箱根の予想オーダー

    島貫-遠藤-星-岩佐-鳥飼
    小野寺-田村丈-中村-小森-平田

    5区鳥飼、6区小野寺は個人的に適性を感じてます。2区遠藤、3区星、9区小森が区間賞獲ってほしい。

    • hakonankit より:

      >shinkunさん
      おっしゃる通り、1区から島貫⇒遠藤⇒星選手がハマれば、爆発力はかなりありそうな感じがしますね。5区は走力高い選手で凌ぐのも手なのかなと思ったり。主力は勿論、誰が伸びてくるのかも楽しみにしたいです。

      • shinkun より:

        >hakonankidさん
        長年の課題でもある序盤の遅れを1〜3区をワンセットで考え払拭しようというアイデアですね。選手層に余裕がある次回ならではの策。1区間失敗しても他の2区間は失敗しない=カバーできるということです。
        もし3人とも実力通りの走りが出来たら3区終了時にトップ争いをしているかもしれないという青写真付き。
        3区森田選手がはまった青学の秘策を鑑み、
        帝京の勝負手はこれ以上のものは無いでしょう。
        しかしながらhakonankidさんのおっしゃるように帝京鬼門の5区に走力のある星や岩佐を置いて凌ぐ策も勿論あり。
        5区のスペシャリストを育てたいところだけど今までの帝京の5区の実績を考えたら一抹の不安あり。
        エース級を置くことで不安解消し結果が付いてくれば背に腹は変えられない作戦完遂ですね。

        • hakonankit より:

          >shinkunさん
          93回大会の4区終了時以上での流れで、山へ入っていければいいのですけどね。そのくらいの戦力になる可能性はあります。そのうえで、5区に自信がある選手を置ければ…。スタミナ型のチームなので、何とか見つかればと思いますよね。

  4. アリストテレス より:

    来年度は下からの突き上げが激しそうで今から楽しみです。個人的には中村選手、細谷選手、増田選手、吉田(律)選手には特に注目しています。上位陣の選手に関してはケガ以外何も心配していないので全体の層がさらに厚くなればと思います。中村選手の1年でのハーフ63分台は今までの帝京大なら即戦力の選手ですしその彼が同学年の遠藤選手を目標にさらに高みを目指せるとなれば期待せずにはいられません。また増田選手は今年度走るたびに自己ベストという勢いでしたが次の学生ハーフでのブレイクを期待!細谷選手、吉田(律)選手も帝京らしく長い距離でいい走りをしそうな選手です。

    学生ハーフで1人でも多く帝京大学のユニフォームを上位で見たいですね。

    • hakonankit より:

      >アリストテレスさん
      そうですね。ハーフ64分台前後の選手は多くいますから、そこから主力化する選手が何人出てくるか注目しています。中村・増田選手はおっしゃる様にここまで候補なのかなと思っています。まずは学生ハーフに注目です。

  5. デルピッポ より:

    遠藤、星の宮城コンビで来年の往路主要区間を担当するでしょうね。
    正直新1年リクルートは成功とは言えないみたいですが、箱根を走れなかったメンバーのレベルアップを上手くできれば卒業生の穴もカバーできます
    個人的に思う現状での来年の帝京箱根メンバー
    島貫-遠藤-星-岩佐-鵜飼
    谷村-中村-田村岳-小森-平田

    • hakonankit より:

      >デルピッポさん
      宮城コンビは要注目ですね。関東インカレから、非常に楽しみです。
      現時点では来年も十分上位で戦える、特に往路に関してはハマると突進力が凄そうです。