スポンサーリンク

【結果2019】金栗記念熊日30キロロードレース

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2019年2月17日(日)に 熊本城マラソンが行われます。朝9時00分スタートです。 歴史めぐりフルマラソン金栗記念熊日30㎞ロードレースの部がありますが、30㎞の部を中心に記載します。また、駅伝ファンならではの視点でのコメントも記載します。  
スポンサーリンク

熊本城マラソンについて

公式サイト 大会要項 コース図 金栗記念熊日30㎞ろーーどレースの、コースと高低差の画像 基本的に平坦で走りやすいと言われますが、25㎞以降はやや登り基調のコースです。 なお、フルマラソンは40㎞手前からかなりの急な上り坂が控えている難しいコースになっています。

【結果2019】金栗記念熊日30キロロードレース

招待・出場要請選手 川内優輝(埼玉県庁) 三輪晋太朗(NTN) 吉田亮壱(九電工) 聞谷賢人(トヨタ紡織) 西川凌矢(トーエネック) 西澤卓弥(トーエネック) 湊谷春紀(東海大④) 湯澤 舜(東海大④) 中島怜利(東海大③) 吉田圭太(青山学院大②) 片西 景(駒澤大④) 中山 顕(中央大④) 中島大就(明治大③)
スポンサーリンク

上位選手結果

1位片西 景(駒澤大④)1:29:34(学生歴代2位) 2位吉田圭太(青山学院大②)1:29:47(学生歴代4位) 3位湊谷春紀(東海大④)1:30:00(学生歴代6位) 4位聞谷賢人(トヨタ紡織)1:30:04 5位吉田亮壱(九電工)1:30:04 6位秋山清仁(愛知製鋼)1:30:24 7位湯澤 舜(東海大④)1:30:37 8位西澤卓弥(トーエネック)1:31:37 9位甲斐翔太(八千代工業)1:32:35 10位川内優輝(埼玉県庁)1:32:50 ===================== 18位西川凌矢(トーエネック)1:36:00 19位三輪晋大朗(NTN)1:36:10 学生がワンツースリーを占めましたね。しかも箱根駅伝上位校のエースたちの競演となりました。 優勝したのは、駒大4年片西選手!長い距離での粘りが身上の選手でしたが、30㎞になって更に進化した姿になりました。実業団入りへ向けて、とても弾みがつく結果になりましたね! 続いたのがびっくり!青学2年吉田選手。トラック型のイメージだったのですが、このシーズンで大化けしましたねぇ。ハーフ61分台&30㎞89分台をかなりの短期間で達成!このポテンシャルは凄まじいですね。もうすぐ半年間の留学ですが、いい気分でいけそうですかね。 さらに優勝校東海大から湊谷選手が3位へ。本人も90分を一つの目途だったそうなので、ひとまず90分ジャストは目標達成。ただ、3位に笑顔はなかった感じでしょうか。なお、学生歴代2位4位6位と。箱根に続き記録ラッシュだったようです。 押された実業団でしたが、続く4位に入ったのはトヨタ紡織の聞谷選手。ロードの選手のイメージでしたが、総合力もついてきましたかね。 続いて九電工の吉田選手は、ここ2年でぐっと伸びてきています。箱根6区前区間記録保持者となった秋山選手も、適性あると言われる長い距離で結果が出始めてこれからが楽しみです。 トーエネックの西澤選手まで8位入賞。25㎞までは手応え合った感じでしょうか?気づけば、実業団は順大と日体大のOBが踏ん張りました。

学生結果抜粋

1位片西 景(駒澤大④)1:29:34(学生歴代2位) 2位吉田圭太(青山学院大②)1:29:47 ○東海大学 3位湊谷春紀④1:30:00 7位湯澤 舜④1:30:37 中島怜利③1:35:23 東海大はロードに自信のある湯澤・中島選手も出場。湯澤選手の安定感もさすがですね。彼も実業団1年目から注目です。 ○日本体育大学 山口和也③1:36:20 宮﨑勇将④1:39:36 日体大エースとなる山口選手、さらに4年生宮崎選手も出場。宮崎選手は長い距離も少しずつ良くなっていると思います。 ○亜細亜大学 上土井雅大③1:34:46 竹井祐貴①1:37:54 脇山隼斗①1:41:24 次年度エースとなる上土井選手が94分台で踏ん張りましたね。竹井・脇山選手はいい経験になったかな? ○創価大学 米満 怜③1:33:29 上田結也③1:34:51 創価大も主力選手が出場。米満・上田選手がますますロードに自信を深めてくれれば。 ○その他 木邑 駿(広島経済大)1:37:15 鈴木 輝(慶大①)1:38:11 田島爽也(慶大③)1:39:06 荒川将輝(関東学院大③)1:39:12 広島経済大の木邑選手が踏ん張りました。この大学も個々強い選手が多い。また慶大の選手も40分以内では走り切りました。これからどれだけ伸びるでしょうか。

【結果2018】昨年の熊日30㎞ロードレース

  1位林 奎介(青学大③)1:29:47(史上3人目の日本人学生90分切り!) 2位押川裕貴(トヨタ自動車九州)1:29:48 3位蜂須賀源(コニカミノルタ)1:29:56 4位佐藤敏也(法大②)1:30:02 5位畔上和弥(帝京大③)1:30:15 6位相澤 晃(東洋大②)1:30:25 7位川澄克弥(大東大②)1:30:48 8位寺内將人(愛知製鋼)1:31:38 9位蟹沢淳平(創価大④)1:32:04 10位千葉一慶(八千代工業)1:32:08 11位湊谷春紀(東海大③)1:32:23 12位宇賀地強(コニカミノルタ)1:33:43 [詳細はこちら]      
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    片西選手は管理人さんの仰るとおり、実業団1年目からエース区間を担当してもおかしくない存在になりそうです。東日本予選はJR東日本は出場権を賭けて激戦になりそうですが、ニューイヤーでは1区または4区での快走を期待したいです。

    吉田選手は箱根だけでなく長距離にも対応できるところは、失礼ですがかなりの驚きでした。トラックでも十分なタイムを持っているだけに、関東インカレでどの種目にエントリーしてくるか楽しみです。
    各駅伝では出雲3区or6区、全日本4区or7区、箱根3区or9区で見てみたいです。果たしてスピード区間又は長距離区間どちらで出てくるか?

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      片西選手は、今は戦力的に厳しいJR東日本に進みます。いきなりエースとして登場になるかもですね。チーム力が上がれば面白い。吉田選手も年々強かになってますし、今後が楽しみ。

      吉田選手は…もう学生長距離界の顔の一人と思っていいのかもしれませんね。留学先でもうまく練習が積めれば、大学駅伝でも非常に楽しみな存在になりそうです。