スポンサーリンク

2018.2.18までの結果・記録【熊日30㎞・青梅30㎞マラソンなど】

シェアする

参照サイト:https://www.kumamotojyo-marathon.jp/

今週の記録会結果です。

スポンサーリンク

第68回全関東八王子夢街道駅伝競走大会

(http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/kyoiku/004/003/003/p022859.html)

先週の分ですね。詳細結果が出ました。

スポンサーリンク

区間成績

1区(4.7㎞)
1位秋山優樹(創価大③A)14分26秒
2位三須健乃介(中大①A)14分28秒
3位深江夏樹(創価大②B)14分47秒
4位白永智彦(日体大②C)14分51秒
5位鈴木啓仁(国士大①A)14分53秒
2区(6.2㎞)
1位住田優範(日体大④B)18分19秒(18→7)
2位寺沢 玄(法大①)18分34秒(13→4)
3位米満 怜(創価大②B)18分47秒(3→1)
4位大澤智樹(創価大①C)18分59秒(7→3)
5位岩原智昭(中大①A)19分12秒(2→2)
6位三輪隼之介(国士大①A)19分25秒(5→5)
7位大崎 遼(日体大④C)19分32秒(4→6)
3区(5.7㎞)
1位三井貴久(創価大②B)17分20秒(1→1)
2位孝田拓海(国士大①A)17分22秒(5→4)
3位森 隼也(法大②)17分30秒(4→3)
4位佐々木遼太(中大②A)17分32秒(2→2)
5位石島一真(日体大④B)17分56秒(7→6)
6位中村真一郎(創価大①C)17分57秒(3→5)
7位石嵜雅也(創価大③A)18分08秒(8→7)
7位藤田 宗(北里大)18分08秒(19→13)
4区(4.1㎞)
1位郷 龍輔(創価大③A)12分03秒(7→6)
2位吉留一喬(創価大②B)12分10秒(1→1)
3位竹澤想大(北里大)12分14秒(13→11)
4位鈴木渓太(創価大①C)12分16秒(5→3)
5位加藤優陽(拓大①)12分26秒(9→8)
6位片平啓史郎(日体大④B)12分37秒(6→7)
7位吉田侑平(中大①A)12分38秒(2→2)
7位千葉直輝(国士大A)12分38秒(4→4)

総合成績

1位創価大学B 1:03:04
2位中央大学A 1:03:50
3位創価大学C 1:04:15
4位国士舘大学A 1:04:18
5位法政大学 1:04:40
6位創価大学A 1:04:49
7位日本体育大学B 1:04:56
8位拓殖大学 1:05:50

創価大が今年も八王子駅伝で健闘しましたね。Bチームが2区に主力米満選手が良く、トップに立つと、3区の三井選手が連続区間賞で2位以下を引き離したのが大きかったですね。他にも秋山・大澤・郷・吉留選手が健闘しています。2位に入った中大はさすが安定感が高かった。箱根予選も走っている三須選手が頑張りました。

4位と5位には国士大と法大が入りました。法大は最長区間で寺沢選手が、国士大は3区で孝田選手が健闘しています。共に区間2位でしたね。他、個人では日体大の箱根戦士となった住田選手が区間2位を15秒引き離す断トツの区間賞、4区で北里大の竹澤選手が区間3位と健闘しています。

スポンサーリンク

第62回金栗記念熊日30㎞ロードレース

上位結果・記録

1位林 奎介(青学大③)1:29:47(史上3人目の日本人学生90分切り!)
2位押川裕貴(トヨタ自動車九州)1:29:48
3位蜂須賀源(コニカミノルタ)1:29:56
4位佐藤敏也(法大②)1:30:02
5位畔上和弥(帝京大③)1:30:15
6位相澤 晃(東洋大②)1:30:25
7位川澄克弥(大東大②)1:30:48
8位寺内將人(愛知製鋼)1:31:38

9位蟹沢淳平(創価大④)1:32:04
10位千葉一慶(八千代工業)1:32:08
11位湊谷春紀(東海大③)1:32:23
12位宇賀地強(コニカミノルタ)1:33:43
———————————–
白永智彦(日体大②)1:33:51
阿部 涼(日大②)1:33:54
森田諒太(日体大②)1:34:48
高田凜太郎(東海大②)1:35:02
湯澤 舜(東海大③)1:35:49
冨田真佑(日体大②)1:36:22
下 史典(駒大③)1:38:39
鈴木烈剛(日体大②)1:38:53
関口大樹(関学大②)1:39:17

三澤 匠(創価大④)1:41:09
好 貴久(日体大②)1:41:17
中川翔太(日体大②)1:41:55
森 龍一(日体大②)1:42:01
濵田 諒(日体大②)1:42:57
田島 光(関学大③)1:44:32
仲原圭亮(桜美林大②)1:48:58

例年より多く学生が参加した感じがしますが、その中で箱根7区区間記録保持者となった林選手がここでもやりました!終盤まで1㎞3分ペースを保つトップ集団にいると、ラストの争いも制し見事に優勝!タイムも学生歴代2位となる好記録です!チームメイトは「あの調整で…」とかなり驚いているようですが、本当に力がついているのですね。

2位押川・蜂須賀選手は、実業団ハーフに続いて好調キープというところでしょうか。押川選手は続いて日本人2位ということで、安定感の高さに磨きがかかってきています。蜂須賀選手もスピードランナーのイメージでしたが30㎞も粘り通し、見事な成長を遂げていますね。

そのあと、学生が続きましたね。その中で一番良かったのは法大・佐藤選手。山下りで有名になりましたが、長い距離での強さや安定感もぴか一の選手です。それでも90分02秒で学生歴代5位は驚きましたね。また、来期更に飛躍できそう?帝京・畔上選手も長い距離の強みが出ましたね。ほぼ3分イーブンです。

続いて東洋・相澤選手。速報によると28㎞過ぎまで先頭集団にいたそうで、かなり積極的なレースでした。全日本以降本当に飛躍していますね。それから個人的に大東・川澄選手が続いたことが驚き。箱根3区で頑張っていましたが、いつのまにここまでスタミナがついたのかと。次期主力なるでしょうか??

他にもたくさんの選手が出場。創価大の蟹沢選手や日体・白永選手、日大・阿部選手が健闘しましたかね。東海・湊谷選手も一定のレベルで長距離安定しているかなと思います。東海・高田、湯澤選手や駒大・下選手あたりはまた次のレースで頑張ってほしいところです。

参考:学生記録トップ10

①服部勇馬1:28:52
NEW林 奎介1:29:47
③設楽啓太1:29:55
④清水将也1:30:00
NEW佐藤敏也1:30:02
⑥松下龍治1:30:04
⑦西田隆維1:30:09
⑧塩川雄也1:30:10
⑨中村匠吾1:30:11
⑩藤原正和1:30:13

スポンサーリンク

第52回青梅マラソン

結果速報(http://www.ohme-marathon.jp/news/jimukyoku/2018/02/18/5740)

上位結果

1位岡本直己(中国電力)1:33:09
2位松宮隆行(愛知製鋼)1:33:14
3位田中孝貴(カネボウ)1:33:15
4位大津顕杜(トヨタ自動車九州)1:33:21
5位口町 亮(SUBARU)1:33:37
6位堀合大輔(駒大③)1:33:50
7位平賀喜裕(自衛隊体育学校)1:34:08
8位松井智靖(中国電力)1:35:17

9位大木皓太(早大②)1:36:02
10位渡邉利典(GMO)1:37:14
—————————-
齋藤 諒(大東大③)1:37:37
三ツ星翔(大東大①)1:38:08
平子凛太郎(早大②)1:41:16
三上多聞(早大②)1:41:16
西田 稜(早大③)1:41:35
岡田 望(早大③)1:42:20
奈須智晃(大東大③)1:45:59
松本啓岐(東大④)1:46:20

こちらは実業団のベテラン・中堅・若手と多くのメンバーがしのぎを削りました。最後に出てきたのはベテラン勢で、中国電力の岡本選手が優勝!マラソンで成功しそうで成功しない、むずがゆい時期も続きましたが、これでまた自信をつけてくれれば。それから2位に松宮隆行選手!もう30歳後半になる選手ですが、まだ上位で戦うスタミナを有していますね。田中・大津・口町選手あたりも、健闘!マラソンへの手ごたえはいかかでしたかね?

学生では25㎞手前まで先頭についていた堀合選手が6位と健闘しました。箱根9区に続き、長い距離の得意さが光りますね。他、早大や大東大の若手が出ましたが、箱根8区出走の大木選手が96分台ながら踏ん張りましたね。3障の選手のイメージなので出場がびっくりですが、これからぐっと伸びるかもしれませんね。


次週の予定

24日

25日

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. シセン より:

    昨年箱根駅伝予選会にエントリーできなかった吉留、米満選手がけっかを残せているのは良い兆候だと思います。特に米満選手は1年時の箱根8区3位走りから来年度、創価大の日本人エースになりうる選手なので一回り大きく成長してほしいです。

    熊日ではもう完全に青山学院の林選手が殻を破りました。長い距離では全く崩れませんね。こうなると来年度は怪我に注意してほしいです。伸び幅が大きそうなので。

    また法政の佐藤選手も長い距離で強くなっています。そうすると箱根6区がもったいなく感じて・・・。実際問題来年の箱根で坂東、土井、青木選手以外に2人往路を上位で走れる選手がいるなら佐藤選手を6区に残せます。そうでないのなら佐藤選手を3区、いや2区に回すことも考慮したいところであります。