スポンサーリンク

【駒澤大学】第95回箱根駅伝2019/エントリー選手戦力分析&区間オーダー予想~衝撃の予選圧勝!3強も食えるか!?

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第95回箱根駅伝2019の各大学のメンバー詳細戦力分析、区間オーダー予想を行っています。   身につけた総合力、箱根で最大限発揮へ! 駒 澤 大 学
TOP – 駒澤大学陸上競技部ホームページ(http://www.geocities.jp/komazawa_tandf/)陸上競技部 – 駒大スポーツ|コマスポ(http://www.komaspo.com/i141)
スポンサーリンク
前回はエースの故障から少しずつ歯車が狂い、9年ぶりにシード権を喪失する結果となってしまいました。最も、その直前の全日本大学駅伝では4位に入るなど地力は高いチーム。箱根予選は圧倒する走りでトップ通過。もし距離が20㎞のままだったら、10時間切り相当のタイムで駆け抜けたのだから早い。チーム10番手が、他予選通過の他校を上回るくらいだった。 全日本大学駅伝は、全体的に短い距離への対応に苦慮する様子は見られたものの、全員が区間一桁、終盤区間にじわじわと順位を上げて、やはり力があるところを見せてきました。多くの選手がハーフ61分~63分前半、基本的には距離が延びる方が良い走りをする選手が多くなっている中、3強の中に割って入る活躍が期待されています。   エントリー選手紹介&独断戦力分析
7点:エース区間、山で貯金が望める選手  6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手 片西 景④28分37秒41≪18:全2区5位、予5位、箱1区3位、17:全1区2位、出6区7位、箱9区4位、16:全6区6位≫ 5点:エース区間で区間中位以上いける選手 山下一貴③28分31秒89≪18:全8区2位、予13位、箱2区13位、17:全8区7位≫ 4点:主要区間で区間上位でいける選手 堀合大輔④29分10秒53≪18:全7区8位、予26位、箱9区2位、17:全6区1位、出4区5位、箱10区6位≫ 伊勢翔吾④29分21秒04≪18:全3区9位、予11位、箱10区4位、17:箱7区12位、16:全7区6位≫ 中村大聖③29分45秒29≪18:全6区4位、予17位、17:全7区5位≫ 加藤 淳②28分36秒59≪18:全1区8位、予19位、17:全5区7位、出1区13位≫ 3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手 白頭徹也④29分14秒33≪18:予33位、箱8区13位≫ 中村大成③29分12秒72≪18:全4区8位、予22位≫ 伊東颯太②28分34秒91≪18:全5区5位、予21位≫ 神戸駿介②30分01秒42≪18:予29位≫ 2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手 原嶋 渓③29分47秒66 小原拓未②29分18秒27≪18:予60位、17:出5区7位≫ 小島海斗②29分39秒91 1点:繋ぎの区間で耐えられる選手 下 史典④28分56秒24≪18:予23位、箱3区9位、17:全4区7位、出2区3位、箱3区8位、16:全4区4位、出4区2位、15:全5区8位≫ 花崎悠紀①5千14分27秒44 0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数 大坪桂一郎③30分10秒34≪18:箱5区16位≫ 上位10人合計:39点 (参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
・主力候補続々登場 まずはエース級が2人ですね。4年片西選手は、競り合いでの粘り強さが売りの選手。過去の箱根9区・1区でも好走。トラックよりロード、そして駅伝で強さを発揮する選手ですね。箱根予選では61分台をマーク、苦手なトラックも1万m28分30秒台まで伸ばしてきて、満を持してエース区間に登場となりそうな気配だ。 これに近い力を付けているのは3年山下選手。前回の箱根で代打の2区で走って以降、メキメキと力を付けてきましたね。箱根予選62分半ば、その後の全日本8区で後半素晴らしい走りを見せていて、成長した姿を見せました。彼自身も前回順位を落としたエース区間でのリベンジを狙っています。
スポンサーリンク
そのあとは駅伝経験豊富な4年生と勢いある2年生が続きますね。前回復路9区10区で激しく前を追い上げた堀合・伊勢選手が最終学年。全日本はともに不完全燃焼の走り、最後の箱根での快走を狙います。また、2年はスピードランナーの加藤選手が復活!1万も28分30秒台自信をもって往路登場か。馬力あると言われている伊東選手も希望区間へ登場の可能性高いか。 他にも多くいる。入学時話題になったW”ナカムラタイセイ”は3年になりともに戦力に。中村大聖選手はハーフ62分台をマークしているし、中村大成選手も箱根予選出走後、全日本で駅伝デビュー。ともに箱根での快走を誓う。同じ3年では長い距離鍛えた原嶋選手、前回山登りで力負けした大坪選手もエントリーしています。ここもあがってきた。 また、2年生は他にも出て来ていて、箱根予選で大幅ハーフベストを出した神戸選手も駅伝デビューあと少し。1年時出雲出走した小原選手は、箱根予選12番手でしたが、上尾で62分台でアピール。さらにスピードランナーの小島選手まで62分台はびっくり!なお全日本1区の可能性もあったそうで、彼もスピード区間への登場はあるのか? その他、前回8区の4年白頭選手もトラック・ハーフ共にベスト更新で最後の箱根を狙います。1年花崎選手も世田谷ハーフの記録が評価され、唯一メンバー入り。どこまで上級生に食いつくか。そして…本来エース候補下選手、不調続く中、走ることができるか。力強い16人のメンバーで平成最後の頂点を目指します。   最終!区間エントリー予想
1区加藤 淳② 2区片西 景④ 3区山下一貴③ 4区伊勢翔吾④ 5区伊東颯太②6区中村大成③ 7区中村大聖③ 8区白頭徹也④ 9区堀合大輔④ 10区小原拓未②
・片西&山下選手の適材適所はどこ? 駒大は10名以上起用してみたい選手がいますので、本当に迷いますよね。 ある程度ハーフの距離に目途が立っている選手は多いので、どれだけ流れに乗れるか・単独走でもしっかりペースを刻むことができるかが重要になってきますかね。 とにかくポイントは片西・山下選手の両エースをどこに起用するか。勿論、優勝を狙ううえしっかり上位につていく上、どこに起用するのが適切なのか。前回失速している山も考えていく必要があります。さて、どう組めばいいでしょうか。
スポンサーリンク
1区加藤選手…片西選手という手もあるのですが、1区は全日本駅伝でもしっかり前が見える位置で繋いだ2年加藤選手をそのまま起用でいいかな。1万mのスピードもついて、距離が走れるスピードランナーになりました。全日本の経験を生かして、しっかりトップに近い位置で繋いでくれれば。 2区片西選手…その中でエース対決で、競り合いが強い片西選手を起用することができれば、駒大としては一番のいいスタートになれるのではないでしょうか。箱根予選や全日本2区で戦っているメンバーが中心かと思いますが、力強さを再度発揮できれば。タイムとしては68分前半以内はターゲットにできるはずです。 3区山下選手…そしてエース級を投入して畳みかけていきます。前回急遽とはいえ2区を走っている山下選手を他の区間に起用できるのは余裕があると思います。前を追いかけたり単独走もしっかりできる選手です。ここで優勝争い戦線浮上を狙います。62分中盤のタイムが出せれば面白くなってくるかな? 4区伊勢選手…3度目の箱根で初めて往路に回す伊勢選手。長距離には3年生の時にはしっかり対応している選手ですので、満を持して走ってくれればと思います。長い距離での競り合いなら得意で1区候補に挙がったことも。他校の準エース格の選手にもしっかり食いついてくれればと。 5区伊東選手…ここは分からない。勿論、大坪選手も準備しているでしょうが、もう少し走力がある選手が走れればベスト。予選以降姿を見ない選手に絞ろうかと思いましたが、2年伊東選手が希望しているようですね。 前半から突っ込むスタイルなので3区か7区でと思っていたのでびっくり!勢いで山を駆けあがっていけるようなら面白いですね。思い切って起用してみたい。 6区中村大成選手…2年前出走した4年物江選手が外れて、一部騒がれましたが…ただ彼は11月大会に何度も出場していて、本当に6区候補だったのかと??こここそ試合に出場していない選手で考えました。そしてW”ナカムラタイセイ”選手が全日本駅伝最後に試合に出していないのですよね。彼が6区走れれば非常に助かりますがどうでしょうか? 7区中村大聖選手…そして早くから平地で結果を出していた中村大聖選手を7区に。2度全日本大学駅伝に出走し、繋ぎ区間ながら区間上位の好走を見せています。最も、ハーフの方が安定している選手なので、箱根でこそ見たい選手。攻めの7区にして、トップ3争いにもう一泡吹かせることができれば。 8区白頭選手…安定感武器の4年生にここからもう一度登場と行きたいですね。前回8区でデビューするも悪い流れを取り返すことができなかった白頭選手にリベンジしてもらえればと思います。今年はチームの流れも良く来ると思ってますし、充分区間上位の走りができるはずです。4年生の力を見せられればと思います。 9区堀合選手…前回区間2位で懸命に前を追い上げた堀合選手は動かさず9区のまま。今年は箱根予選も全日本駅伝ももう少し積極的にいきれなかった面はありました。成績を残したことがある区間で、もう一度駆け抜けてくれれば。条件が良ければ69分台は狙いたいところですがどうでしょうか。 10区小原選手…最後は2年生で。63分台ながら箱根予選12番手で悔しい思いをした小原選手。その中、1か月後の箱根予選で62分台でリベンジ。さらに関東IC1万mでも9位と安定した走りをしているのですよね。その安定感を買ってアンカーに起用したいです。走りやすい条件とは言え、62分台の選手を置ける選手層は凄いですね。  
  4年下選手、2年小島選手もオーダーに入れたかったのですが、どうなのかなぁ。下選手はとにかく実績が高いだけに10区あたりでも起用できればと思うのですが、今年の安定感ではきついのかなぁ。小島選手ももう一つ好走がほしかったというのが自分の思うところかなぁ。 全体的には、往路で主導権しっかり逃げ切れそうな選手が出てきています。山はまだ未知数ながらも、復路を走れそうな選手が複数人出て来ていて、今回は上位で走る流れを作れるはずです。全日本では果たせなかった、3強越え、距離が長くなった箱根で果たせれば。11年ぶり総合優勝にどこまで近づけるでしょうか。
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. デルピッポ より:

    W中村たいせいによる襷リレーは見たいですね
    近年の駒澤は前評判が高いほど箱根はダメな印象ですが今回はどうなるか…

  2. 山本シイタ より:

    このチームは本当に予想もつかない、情報もない…です。
    伊勢→片西→小原→山下→伊東
    大聖→加藤→大成→堀合→神戸
    1区は強く希望してる伊勢選手。加藤選手も考えたんですが伊勢選手は他の区間だとちょっと心配になりました。
    2区は片西選手、山下選手を置いて別の区間に回した時より片西選手が活きるかなと思います。
    3区は小原選手。走ってるレースがタイムの出やすいコースが多いのでタフな区間だとリスクがあるかなと思い3区に。
    4区は山下選手の上りの強さがラスト3キロで活きると思います。
    5区はこれまた強く希望している伊東選手。
    6区は中村大聖選手。もう1人の方は全日本で4区を走ってるあたり違うと予想しました。
    7区は加藤選手を予想。全日本5区の走りを見ると問題ないと踏みました。
    8区はタフな全日本4区を走ったもう1人の中村たいせいを予想。実は復路はこの区間を中心に予想しました。
    9区は昨年から2年連続の堀合選手を気負いなく走ってもらう為に。
    10区は今年の成長株を置くと予想し神戸選手を予想しました。

  3. ゆうた より:

    1,2区は管理人さんと同じ予想です。3区に実は伊東君なのかと思ってますがどうですかねえ?それか2年連続で走ってる下君もあるのかもしれませんね。4区に山下を置いてここで区間賞狙いでいきたいです。全日本あのタイムで走るならここでアドバンテージ取れそうですね。
    山はダブル中村たいせいで行くかもしれませんね。それか希望してる伊東か
    復路は9区堀合を軸に安定して走ってくれるかなあと思います。

    層が厚いので序列が変わっててもあまりほかにはわからないと思います笑

  4. パトレーゼ より:

    予選会の好成績と全日本の好不調振り、上尾ハーフと学連記録会で更に予想が難しくなりましたね。10区間的中させたら神だと思いますw
    片西・山下のダブルエースを1・2区でと言われていますが、それだと以後じり貧になりそうな気もしますし、かといって出し惜しみすると昨今の駅伝の様に中段でテレビにも映らなそう(涙)
    あくまでファン目線の願望オーダーとしては
    1区伊勢 駅伝で結果が出ないけどハーフは強い。大手町~鶴見ハーフマラソンのつもりで
    2区片西 エースなので。本当は他区間で区間賞とらせてあげたい気もします
    3区加藤 起用法からして信頼あるんでしょうね。往路重視ということなので
    4区山下 3区と5区がやや不安なのでここで勝負できる人材を
    5区伊東 流石に5区で突っ込みすぎはしないかなと
    6区大聖 主力格で記録会に出なかったのは下り要員?
    7区小島 上尾ハーフの記録は参考記録ですが走りやすい7区なら
    8区小原 かねて5区候補と思っていたので
    9区堀合 不調ですが経験のある区間なら
    10区大成 神戸と迷いました。直前の調子次第

    ↑山本さんと結構被りました。駒大は層が厚いと良く言われますが並べてみると自信持って推せる区間って片西・山下だけだったり。ファンとしては全員に気持ち良く走って貰いたいですね、5位狙いで落ちてきた大学を拾えればと思います。

  5. wataru-6519 より:

    加藤ー片西ー伊勢ー山下ー伊藤
    大成ー大聖ー神戸ー堀合ー白頭
    他にも、小原選手使いし、伊勢選手も復路で使いたい。
    本当に悩む選手層とオーダーです。
    後、下選手は入らないとみます

  6. りっく より:

    伊東選手が山登りは地雷臭いなぁ…走りのスタイルよりも体型が気になります。平地で使った方が貯金を作れていいと思うんですがね。
    基本的に駒澤は下級生から2区を走らせて例外が無い限りはそのまま起用すると思うのでやはり片西–山下の並びになるでしょう。もしくは小島–山下。ただ山下選手がやや前回ラスト3kmで苦戦したことが気になります。
    復路は戸塚までが苦戦気味なので7区に重きをおくような気がします。伊勢選手か加藤選手が4区に入ると予想しているので外れた方が7区では無いでしょうか?9区、10区は駒澤が外すところを見たことがないので安心はしてます。レース展開としては前3校がいい勝負をしていると追いつきにくいので気をつけたいところですね。

    片西–山下–伊東–加藤–大坪
    太成–伊勢–小原–堀合–大聖

    アップダウンが苦手なランナーがどれだけ単独で粘れるかが鍵になると思います。

  7. シーモ より:

    加藤→片西→伊勢→山下→伊東
    大聖→小島→小原→堀合→下

    この布陣かなって思ってます!!
    箱根駅伝楽しみですね!

  8. ユーポン より:

    1区:加藤、2区:片西、3区:中村大聖、4区:山下、5区:伊藤
    6区:小島、7区:伊勢、8区:神戸、9区:堀合、10区:中村大成

    すぐに嵌るかと思いきや、6区やダブル中村で迷ってしまいました…結果的に6区をスピードのある小島と予想。5区は伊藤が登るといわれているのでそのまま当てはめ、エースの片西を2区に。他校のエースと戦えるのは彼しかいない!ハーフ&10000で好走した加藤・山下は1区と4区に。ある程度2区を走れることを証明した山下を起伏の多い4区にしました。
    7区伊勢と9区堀合は経験重視。8区神戸は予選会で好走してから目だった記録会に出ていないので5区6区の特殊区間も考えましたが、8区にしました。あとはスピードのある中村大聖を3区、残った10区を中村大成としました。
    ただ、下も入りそうな気がするんですよね…駒大は難しい…

  9. アリストテレス より:

    去年の悔しさ糧に驚異の選手層を作り上げた駒澤大学

    加藤-片西-山下-中村大聖-伊東
    中村大成-小原-伊勢-堀合-神戸

     駒澤大学は予想のしがいがありますね。基本はスタミナ型選手中心で組んだ形になります。1区加藤選手は経験値が不安ですがひたすら先頭に食らいついていく走りが出来ればと思います。スピードランナー揃う1区ではやや不安ですが30秒差以内でいければ頼もしい先輩たちが待っています。2区は片西選手で、ここは67分台はかなりの確率で走れると思います、早い流れで進む中でラスト3キロの粘りが効く彼は間違いなく2区で輝くはずです。3区は山下選手、駒澤大学の2chを見たところ本人が登りは得意ではないとの旨の発言があったという情報がありました。これを考慮するならラスト登りの4区ではなく3区の方が向いているだろうと考え3区にここは63分切りがターゲットでしょう。さて空いた4区に中村大聖選手を持ってきます、ここまで駅伝では長い距離での勝負レースでは外していないのでここでもう一段階高いレベルでの安定感を身につけていればここでも区間上位はとれるはずです。5区6区はとりあえず雑誌や管理人さんの予想の通り伊東・中村大成選手にしています、ここを想定通りいければチームとして非常に大きいです。7区は高い安定感が武器の小原選手に堅実につないでもらえればと思います。8区を勝負区間にしますここに伊勢選手を上位校がここで勝負をかけてきそうなのでここに対抗できる主力選手として伊勢選手、互角以上の実力を持っているので区間賞も狙いたいところ。9区には前回区間2位の堀合選手でいいでしょう、今回も復路を締める役割を果たします。10区には神戸選手としました、正直白頭選手が走りそうな区間ではありますが気持ちの強い選手ですし最後まで気迫の走りを見せてくれることに期待して神戸選手を、実績は上位です。

    山が上手くいけば最後まで優勝争いに名を連ねると思います、平成最後に平成の常勝軍団復活を高らかに告げてほしいですね