スポンサーリンク

【國學院大學】第95回箱根駅伝2019/エントリー選手戦力分析&区間オーダー予想~捲土重来の予感

シェアする

第95回箱根駅伝2019の各大学のメンバー詳細

戦力分析、区間オーダー予想を行っています。

確実に積み上げてきた実績!

國 學 院 大 學

國學院大學陸上競技部
公式HP(http://www.kokugakuin.com/)
Twitter(https://twitter.com/kokudai_ekiden)
スポンサーリンク

久々のシード権に向けて士気が高まってきていますね。前回の箱根駅伝は、結果的に凸凹の駅伝でしたが、下級生の主力選手に光を見る結果でした。その選手たちが順調に他校のエースと戦える選手に育っていること。そのうえで地道に積み上げた選手が粘りの走りを見せていることで、確実に総合力が上がってきています。

全日本予選・箱根予選と危なげなく上位通過をすると、全日本大学駅伝ではびっくり!2区エースで一気に順位を上げると4区から7区まで区間6位~8位でいい流れで推移。全日本で初となるシード権及び、大学駅伝史上最も高順位となる総合6位を獲得!一気に上昇気流に乗りました。

エントリー選手紹介&独断戦力分析

7点:エース区間、山で貯金が望める選手 

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
浦野雄平③28分51秒91≪18:全2区3位、予7位、箱1区2位、17:全1区8位、予30位、箱6区17位、16:予114位≫

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
土方英和③28分44秒28≪18:全7区6位、予27位、箱4区3位、17:全4区12位、予31位、箱3区18位、16:全5区4位、予79位≫

4点:主要区間で区間上位でいける選手
青木祐人③28分50秒98≪18:全3区11位、予132位、箱3区5位、16:全3区10位≫

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
江島崚太④29分16秒28≪18:全5区6位、予38位、箱10区5位、17:全3区11位、予49位、16:予139位、15:全3区14位、予93位≫
茂原大悟③29分27秒84≪18:全6区8位、予65位≫
臼井健太②29分30秒96≪18:全1区19位、予51位、箱6区19位、17:全5区9位≫
藤木宏太①29分37秒02≪18:全4区6位≫

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
長谷勇汰④29分46秒77≪18:全8区15位、予75位、17:予111位≫
蜂屋瑛拡④30分03秒27≪18:予81位、16:全7区6位≫

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
芹澤昭紀④29分24秒61
小中駿祐④29分38秒19≪18:予128位≫

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
田中義己③30分00秒62
森 秀翔②29分42秒65
木下 巧②29分47秒09
田川良昌②29分55秒62
殿地琢朗①30分21秒39≪18:全国5区12位≫

上位10人合計:32点
(参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)

・エース選手がついに台頭!

かつては、戦えるエース不足に悩んでいた國學院大ですが、3年生に柱となる選手が何人もいるのですよね。その中でエースと言えるのが浦野選手。箱根予選では日本人トップ争いをして62分少し、全日本2区でも区間3位の好走で大幅にチーム順位を引き上げました。他校のエースとしっかり勝負できる頼もしい存在です。

更に長距離ロードに強い土方選手もエース級。箱根予選はやや失敗も63分少しと最低限のレベルも高い。全日本では7区に回り、シード権を決定づける走りをしました。1万mとスピードも少しずつ上がりつつあり彼も2区狙っているそうです。

また、スピードのある青木選手が冬前に復調の1万28分台。スピード区間で今年も流れを引き寄せる走りができそうでしょうか。この3人が前回クローズアップされましたが、今年は茂原選手が成長。4人目の3年生も一つ攻める駒となりそうです。

そしてなんだかんだ大事なのは4年生。下級生の頃から多くの大会でメンバーに選ばれ続けている江島選手も少しずつタイムを上げています。また長い距離で長谷・小中選手、トラックから芹澤選手が出てきて、2年ぶり復活を遂げた蜂屋選手がいます。なお、山は上級生からだそうですが??

下級生もオーダーに入りそうな選手が2人。2年臼井選手が大きく成長、全日本は希望の1区で走力負けしたものの、さらに成長の糧にしそうな選手だ。さらに1年藤木選手が一気に台頭。上尾ハーフで長い距離に対応しており目下注目ルーキーとなりました。このあたりまでがまず戦力。

ここからは少し落ちますが、上尾ハーフで65分前後を記録した田中・森・木下・殿地選手がエントリー。殿地選手は高校時代に全国駅伝しっかり走っていますね。また、おそらく下りの候補の一人と思われる田川選手もいますね。いいチームになってきています。

最終!区間エントリー予想

1区青木祐人③
2区浦野雄平③
3区臼井健太②
4区土方英和③
5区蜂屋瑛拡④

6区江島崚太④
7区芹澤昭紀④
8区藤木宏太①
9区茂原大悟③
10区長谷勇汰④

・課題の山は「上級生」

全日本6位とくれば箱根も…となりますが、箱根は別物。なぜなら「山」があるから。國學院大は5区6区どちらもここ数年いい成績が獲れていないので、ここは課題なんですよね。

その山は、区間エントリーの際、前田監督「上級生」を起用する方針のようですね。勢いある若手は今回は別の区間に回るようですね。ひとまず4年生と睨んでオーダー予想してみました。

スポンサーリンク

1区青木選手…3区濃厚と思われる青木選手をこちらに。もう一つ課題があって浦野選手が2区に回ったときの1区をどうするか。臼井選手が希望していますが、走力面もう少しという印象です。ならスピードランナーの青木選手も一つ手かなと。涼しい方が得意と聞きますので、ここでしっかり上位につければ。

2区浦野選手…そして満を持してエース区間登場となりそうな浦野選手。前回も監督から2区を打診されたくらいです。他大会での実績からすると68分台前半は充分期待できます。最近、エース区間は耐える区間でしたが、どこまで攻められるでしょうか。

3区臼井選手…臼井選手は自分はこの区間で起用したいですかね。1区ではないですが、両エースを繋ぐ大事な区間となります。箱根予選では63分台で走れるところまできていますし、崩れずに走れるはずです。

4区土方選手…土方選手は昨年に引き続き4区がいいと思っています。昨年、区間3位の好走でシード権内まで押し上げた実績がありますね。秋以降は絶好調とはいかずも安定した走りを見せていますし、もう一度総合一桁順位の中で流れに乗っていければ。

5区蜂屋選手…山はどうでしょう。箱根予選出走者で、全日本・上尾ハーフにも出ていない蜂屋選手は山なのかなと思っていますがどうでしょう?大学駅伝は2年時の全日本一度。この時は箱根予選走っていない中で抜擢され7区6位の好成績でした。1年以上試合に出れなった日々を超えて、最初で最後の箱根路はどんな走りになるでしょうか?

6区江島選手…4年生主力選手江島選手の山起用の可能性も否定できないと思います。主力選手を起用しても平地の駒が揃う総合力がつきつつあります。箱根5区かなと思ったのですが、スピードもイメージもあるので6区で予想します。ある程度他校と絡み合う展開であれば。

7区芹澤選手…復路終盤に駅伝実績がある選手を残したいのでここを10番手の選手で凌げればと思います。上尾ハーフで64分少しと結果を残した4年芹澤選手の予想です。スピードはあるので向いているのではと思います。しっかり繋げればと思います。

8区藤木選手…ここに注目となってきたルーキー藤木選手を置きます。全日本4区抜擢され、区間6位と好走したのがシード権獲得に向け大きかったのですよね。復路終盤へ大事な区間で今回起用できればと思います。再現なるか。

9区茂原選手…そして急成長中の茂原選手で勝負できる展開に持っていきたい。全日本6区でしっかり流れをキープしていました。復路のエース区間の大役になりますが、持ち前の粘り強さでいい走りができれば。

10区長谷選手…アンカーはなんとなく長谷選手でいいと思います。長い距離堅実に走れるランナーです。全日本アンカーは各大学主力選手を残していて、さすがにタイムでは勝てませんでしたが、大きくは負けませんでした。全日本大学駅伝同様、シード権のゴールテープを着れればと思います。


あとはどうでしょう。小中選手の調子が上がっているなら、茂原選手を7区前倒しして、長谷・小中選手4年生で9区10区を担うという可能性はあるでしょうかね。いずれにせよ、流れは途切れさせず10区間組めるともいます。

2大会前は往路3区あたりから勝負できず16位、前回大会はいくつか好走区間があって14位。そして全日本大学駅伝ではついに流れが出来て6位。少しずつ積み上げてきた確かな実績があります。7年ぶりシード権獲得へ向けて、捲土重来の予感です。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. wataru-6519 より:

    4年にコマがあるんですよね。私は
    臼井ー浦野ー青木ー土方ー蜂屋
    芹澤ー藤木ー茂原ー江島ー長谷
    復路はいじってみました。茂原を繋ぎ区間にし、江島を復路のエース区間に。下りは芹澤に

  2. とおる より:

    普通に好走経験を考えると3.4区は去年と同じで2区浦野にする気がしますが1区青木って言うのもありなのかなあとそれか藤木君3区で青木7区とか復路のキーマンにする可能性もありますね。山さえ耐えられればシード圏もあり得ると思います。

  3. らんか より:

    箱根駅伝は圧倒的に5区が重要。5区がエース区間です。
    チームで最も強い選手を5区に置くべきです。

  4. ファン より:

    江島ー浦野ー青木ー土方ー?
    復路は予想が難しいです。1区が先頭と30秒以内で繋げれば、上位争いできると思います。

  5. なり より:

    とにかく山が難しくしてますね。壮行会でも監督が山は上級生と話していたので、まず江島は選手は5区か6区なのでは?昨年も書きましたが、監督が江島6区なら59分いけるとあったので管理人さんと同じ6区希望で。管理人みたいに見る目はありませんが、個人的には土方選手に5区を期待したいです。

    江島選手を、山にしそうなんでやはり臼井が1区→浦野→青木→茂原→土方→江島であとは芹澤 小中 蜂屋 藤木をどう並べるのか?
    山に主力を置くとどうしても1区が不安です。管理人さんみたいに青木を使うのはもったいない気もしますが、出遅れは絶対回避したいですし、とにかく臼井選手が区画10位でどの区間も頑張ってくれるならシードはいける気がします。

  6. シセン より:

    全日本の1区を見ると臼井選手の1区が上手くいくかはかなり不安です。順大の野口選手
    の場合は早いタイミングで遅れながらも粘っていたので1区候補にもなるのですが臼井選手はずるずる落ちていたことを考えると別の選手の方がいいかと。幸いエース以外のスピードランナー青木選手がいます。本人は再び3区を走りたいとのことですがトータルで見てもこっちの方が順位を上げやすいと思います。

    青木–浦野–臼井–土方–蜂谷
    江島–茂原–藤木–芹沢–長谷

    下りは江島選手を起用するかは謎で他の選手もありそうです。ただ上尾で好走した藤木選手は淡々と走れ、アップダウンのある7区か8区のどちらかだと思います。

  7. りっく より:

    これまで書かれてる意見と似てるんですが全日本の1区を見て臼井選手は時期尚早かなと感じました。全日本では調整が難しかったとはいえ遅れるのが早すぎたんですよね。それでそのまま落ちていったので箱根の起用は浦野選手がいるとはいえ怖いですね。
    今季の浦野選手の武器となったのは調子が悪くてもまとめ上げる冷静さと安定感でどのレースでも浦野選手が目立ってました。体のブレが少なく真っ直ぐ足が出てくる彼のタイプとしては2区よりもスターターか3区なんですが…2区でエース達に勝てる力は十分あると思います。最後の壁で脚が動いてたら区間5位以内が見えると思います。
    山がどうなることかわからないが、登りがまあ分からん。最近は4年生しか走らせて無い上失敗しているのが気がかりで今年も準備が遅れてるのではと心配しています。

    青木–浦野–江島–土方–蜂屋
    芹澤–臼井–藤木–茂原–長谷

    主力以外で山を乗り切れればバランスの良いオーダーは組めると思います。

  8. たけぽっぽ より:

    管理人さんの1区青木選手は考えていませんでしたが、確かに1、2区で上位にいるためにはかなり有効な戦法だと感じます。

    その上で青木ー浦野ー藤木ー江島ー土方、芹澤ー臼井ー蜂屋ー茂原ー長谷とします。
    5区は過去2回シード権を獲得しているときはエース級を投入(仁科、寺田)していることを考えると、土方選手の走力で区間上位を目指す方が現実的かなと思います。3区藤木選手は、全日本のように前後の区間に信頼できる選手がいることで、安心してのびのび走ってくれることを期待します。
    ポイントは江島、土方選手の区間配置と近年苦しんでいる6区をいかに乗り切るか。この2点がうまくいけば、シード権はかなり可能性が高いと捉えています。

  9. アリストテレス より:

    鬼門の山そして1区をどう攻略するかにかかっている國學院大學

    青木-浦野-藤木-土方-長谷
    江島-臼井-芹澤-茂原-蜂屋
     
     青木選手1区は考えていませんでしたが皆さんの意見を見てなるほどその考えはなかったと気付きました。私も臼井選手の1区は全日本を見る限りでは厳しいと感じていました。そこでその臼井選手を7区に配置して復路の核を担ってくれればと。5区は適正より走力ある4年生長谷選手に託します。3区藤木選手は厳しい区間になりますが将来のエース候補として波にもまれつつまとめてほしいなと思います。そして3区茂原選手も考えてとしてはあったのですが今年は無難に9区で一桁で走れれば良いなと。

    全体ではメンバー揃っていますが山、とりわけ5区の長谷選手の走りは大きな意味を持ちます。区間順位より区間タイムを意識した走りが重要になるはずです。

  10. やすき より:

    國學院は1区一桁順位で来ると青木、浦野、土方で相当いいところ持って行けそうですよね。
    それか復路に1人残すかも気になります。山さえ耐えれたらシードには手は届くはずです。
    浦野君は68分半切りを期待してます。ハマれば68分切りも可能かと見てます。

  11. 山本シイタ より:

    今年確実にシードを取りたいところだと思います
    予想ですが
    江島→浦野→青木→土方→蜂屋
    芹澤→臼井→藤木→茂原→長谷
    3、4を変えずと予想します。
    1区江島選手は昨年10区の繰り上げスタートから素晴らしい走りを見せましたので。
    2区はエースを置くのが定石。理想を言うならばできれば近くにヴィンセント選手か塩尻選手がいてほしい。
    3区、4区は去年も走った選手で稼ぐ区間として想定できるので。
    5区蜂屋選手は私も全くもって同意見です。
    6区芹澤選手は、昨年から準備していた情報と、山は上級生と前田監督がおっしゃっていたので。
    7区は臼井選手で力量に疑問符はつきますが外せる選手では無いです。
    8区藤木選手は難コースの全日本4区攻略を考えると8区は面白いと思います。
    9区、10区は悩みました。正直逆もあり得るかなと思います。