スポンサーリンク

【箱根駅伝2019へ展望】明治大学、逆襲の旋風まであと少し!~箱根予選&全日本駅伝を振り返って

シェアする

出雲駅伝・箱根予選・全日本大学駅伝と怒涛の一か月間でした。

箱根駅伝のエントリー日まで、できる限り各チームの振り返りや箱根への展望をしてみたいと思います。

駅伝での存在感が増してきた!

明 治 大 学 

明治大学体育会競走部
公式HP(http://www.meiji-kyoso.com/)
明治大学体育会競走部(https://www.facebook.com/MeijiKyoso/)
明スポ競走部(https://meisupo.net/club/detail/12)
スポンサーリンク

箱根予選&全日本大学駅伝の振り返り

【箱根予選】
5位明治大学10:41:06
8位阿部弘輝③62分16秒
46位小袖英人②63分41秒
48位佐々木大輔③63分44秒
49位鈴木聖人①63分45秒
59位三輪軌道③63分57秒
85位中島大就③64分24秒
107位斉藤寛明③64分41秒
116位角出龍哉④64分45秒
118位村上純大②64分47秒
138位中嶋大樹①65分06秒
206位岸 哲也③66分00秒
280位南 俊希③67分53秒

【全日本大学駅伝】
9位明治大学5:20:37
1区(9.5㎞)鈴木聖人①15位27分59秒(14)0:31
2区(11.1㎞)阿部弘輝③2位32分12秒(6)0:25
3区(11.9㎞)三輪軌道③6位34分57秒(5)1:13
4区(11.8㎞)小袖英人②9位35分26秒(6)2:01(シード権に-0:23)
5区(12.4㎞)村上純大②7位36分57秒(6)2:33(-0:38)
6区(12.8㎞)斉藤寛明③11位38分56秒(8)3:47(-1:03)
7区(17.6㎞)角出龍哉④12位53分58秒(7)6:02(-0:32)
8区(19.7㎞)佐々木大輔③13位60分12秒(9)7:26(0:08)

・分厚くなってきた戦力!

2年ぶりの箱根駅伝本戦を狙った予選会は手堅かったですね。昨年とは違い後半じわじわと伸びていく走りでした。阿部選手が完全にエース、途中でアクシデントもありながら62分少しで長い距離にも対応しました。

三輪・中島選手が復調途上ということでそのあと少し空きましたが、中位になだれこみましたね。小袖・鈴木選手の成長株に、力をつけてきた佐々木選手がしっかりと63分台で走り切りました。

さらに育成で上がってきた斎藤・角出選手がいぶし銀の走りを見せ、村上選手の復調、スピードランナーの中嶋選手の距離対応してきたところでしたね。今回も4年生が少なかったのですが、総合力が厚くなってましたね。

・駅伝の流れもできた!そして悔しい経験値も…

全日本大学駅伝は久しぶりに明治大が上位をにぎわせる姿がありました。1区鈴木選手が勝負所で遅れてしまいましたが、2区阿部選手が8人抜きの激走!区間2位の走りで、のちの27分台を出す走力を存分に見せつけましたよね。箱根も楽しみ。

そして3区駅伝実績充分の三輪選手、4区は今年の成長株の小袖選手が積極的な走り。さらに5区村上選手が区間7位の好走!秋になって一気に伸びてきましたね。スピードある彼らの活躍でシード権内を保持し続けます。

ただ、ここからが惜しかったですね。6区斎藤、7区角出選手が悪い走りではなかったのですが、力負けで区間二けた。シードラインに追い上げられると、アンカー佐々木選手が最後の最後で力尽きました。手応えと悔しさと・・・それぞれ大きな経験をした前哨戦でした。

箱根駅伝2019へ向けて・展望
その後の戦力は、充実の一途を辿っていますね!上尾ハーフでは大器・酒井選手が復帰し63分台!全日本メンバーも1万m記録会で28分台ラッシュ、阿部選手は27分台に到達した。また、4年も角出選手だけでなく、坂口選手らも懸命の調整を続けています。うまくいけばかなり充実した10名になるはずです。

・揃ってきたスピードランナー、いざ逆襲へ

箱根駅伝区間オーダー予想(例)
1区鈴木聖人①
2区阿部弘輝③
3区村上純大②
4区三輪軌道③
5区小袖英人②

6区中嶋大樹①
7区酒井耀史②
8区佐々木大輔③
9区角出龍哉④
10区坂口裕之④

最初の1区2区は全日本と同じメンバーにしています。1区鈴木選手は、全日本は勝負所の前に先頭の方に来てしまいましたが、修正点はありますので、こなしてほしい。2区阿部選手はどのくらいいけるか。八王子と正月のピーキングの関連が心配ですが、力的に彼しかいないかな。まずは流れを離さなければ。

そして3区4区5区は1万28分台を出したばかりのランナーを並べました。3区は全日本好走からぐっとタイムが良くなった村上選手、4区は駅伝実績が高い三輪選手、5区山登りは小袖選手でどうでしょうか。今年の伸びの勢いで駆け上がってほしい。

6区は分かりませんが、距離対応できたルーキー中嶋選手を置きます。7区に秘密兵器酒井選手。ポテンシャルは高い選手、ハマればおもしろいとおもいます。8区には佐々木選手。主要区間走ってもいい選手ですが、あえてここで全日本のリベンジを。シード権内への浮上を狙います。

9区と10区は4年生。各大会で安定している角出選手を9区へ。いい繋ぎになれば。アンカーは走るとすればここしかにだろう坂口選手。最後に駅伝での爆走をもくろんでいるはずです。

他にも全日本出走の齊藤選手ら、選手層はどんどん厚くなってきています。全日本で起こしかけた明大旋風、箱根駅伝で大きく吹き荒れるでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    今年の明治はほぼ全員の調子が良いベクトルに向いてる思います。なかなか面白いチームになってきたのでは?
    何よりも大怪我が無くなったのが大きいと思ってて全体が良い練習を詰めているのではないでしょうか?

    阿部選手は同じ27分台ランナーの塩尻選手と違い足の回転の良さが武器になるランナーで上に跳ねなければグングン加速していくと評してます。青学の森田選手と近いかなぁ。なので2区の適性としては十分あると思います。単独走で4区を走っている経験もあるので大丈夫だと思います。
    あとはどのような配置になるか…3区三輪選手で4区に佐々木選手で考えると、1区は小袖選手か鈴木選手。前で戦うなら小袖選手で耐えるなら鈴木選手かなぁ?それにしても山候補が読めないなぁ…
    何より全校見ても山のブレーキが多い大学なのでここさえ超えればあるいは?

  2. 山本シイタ より:

    どうやら秘密兵器の酒井選手は5区ようです。
    予想ですが
    鈴木→阿部→小袖→三輪→酒井
    河村→村上→佐々木→角出→坂口
    1区、2区は全日本と同じ。本当は中島選手を2区で、阿部選手を3区に投入したいところだったんですが中島選手に不調を抜け出すどころか箱根を走れるレベルに達する見込みがないので。そのかわり3区小袖選手、4区三輪選手は区間上位を狙える選手だと思います。秘密兵器の酒井選手は、自分が勉強不足なのですがクロカンが強いようで秘密兵器として5区を走る準備をしてるです。6区は河村選手先日の上尾も6区要員としてテストのようで、64分以内だったら合格だったらしい。7区には村上選手。28分台を出して勢いがあるのでもし河村選手で逆噴射でも立て直すことができるかなと思います。8区には佐々木選手。主力選手の1人だと思いますが8区に置いてシード権を決定付けて欲しいと思います。そして9区、10区には四年生を起用と予想しました。