スポンサーリンク

2018.11.11結果・速報【第267回日本体育大長距離競技会5000m】

シェアする

参照サイト:http://www.oku.co.jp/news/2010/1014.html

続いて、5000mになります。

気象条件的には寒くなり、記録は出やすくなるかもしれません?

なお、1日目10000mの結果はこちら

スポンサーリンク

第267回日本体育大学長距離競技会[2日目]

日体大長距離記録会公式HP(http://www.nittai-ld.com/index.php)
タイムテーブル&スタートリスト(http://www.nittai-ld.com/upload/C201806startlist.pdf)

5000mは多いですね。38組エントリー。
1組は朝8時に始まって、最終組は20時05分スタートです。

学生は、東京国際大・中央大・上武大・麗澤大・亜細亜大・創価大・筑波大・関西学院大が主力メンバーをエントリーさせています。

また、早大・中谷、東海・鬼塚選手が最終組にいますが、走るでしょうか??

実業団はHonda、GMOアスリーツ、DeNA、小森コーポレーション、サンベルクスの選手などもいます。

スポンサーリンク

TOP・実業団・高校生

結果速報サイト:http://www.nittai-ld.com/result/pc/C201806/main.html

TOP・実業団
35組
赤平大輔(プレス工業)14分11秒00
36組
山中秀仁(Honda)14分02秒31
松原啓介(サンベルクス)14分13秒88
桃澤大祐(サン工業)14分15秒29
37組
松田憲彦(警視庁)14分07秒97
服部翔大(Honda)14分14秒70
朝倉和眞(宮城陸協)14分14秒79
38組
1位マサイ サムウェル(カネボウ)13分30秒22
3位キプロノ シトニック(小森コーポレーション)13分36秒37
5位チェボティビン エゼキエル(サンベルクス)13分36秒92
6位デービッド グレ(DeNA)13分41秒34
10位コシタニー エリジャ(Honda)13分45秒50
11位倉田翔平(GMOアスリーツ)13分46秒01
12位山中秀仁(Honda)13分49秒20(2度目)
13位髙木登志夫(DeNA)13分53秒15
14位坂本佳太(小森コーポレーション)13分56秒21
ベンリン キプロノ(KYONI RC)14分00秒69
下田裕太(GMOアスリーツ)14分04秒02
原 法利(Honda)14分07秒15
トビアス チェルイヨット(KYONI RC)14分10秒07
足羽純実(Honda)14分11秒08
齋藤勇人(Honda)14分15秒59

今回一番早かったのは、カネボウもマサイ選手。昨日も平選手も良かったですし、カネボウの選手も上がっています。

また、NY駅伝に出ないエース選手が良くて、GMO倉田選手とDeNA髙木選手が13分台、また、復活の小森コーポの新人坂本選手が初の13分台です。

そして、一番注目なのはHonda山中選手。日本人2番手の13分49秒、ここだけ見てもさすがなのですが…実は2つ前の組で14分02秒をマーク!

最近は5000mを2度走る選手も少なくないですが、14分02秒-13分49秒は相当のハイレベル…!今後、10000mのレースに出ることがあれば、その記録に注目です!

高校生
36組
杉本龍陽(札幌日大)14分14秒42
37組
菖蒲敦司(西京高)14分03秒15
櫛田佳希(学校法人石川高)14分06秒07
長山勇貴(水城高)14分06秒13
中村優吾(西京高)14分06秒19
山谷昌也(水城高)14分06秒83
小指卓也(学校法人石川高)14分09秒37
岸本大紀(三条高)14分10秒35
小澤大輝(韮山高)14分11秒56

38組
カランジャ ジョスファット(遊学館高)14分07秒20

今回は高校生も凄かったのですよね。5000m14分15秒以内の選手全て記載しましたが、西京高校と学法石川・水城高の選手の激しい争い!そこに、57年ぶり高校駅伝出場の韮山高の選手も食いつきまいした。高校駅伝も楽しみです。

箱根駅伝2018シード校

○青山学院大学
29組
久留戸黛良①14分34秒32
石鍋颯一①14分41秒58
近藤海太①14分41秒65
富田浩之④16分16秒01
34組
中山大樹②14分13秒73★
市川唯人②14分18秒83
髙橋勇輝①14分25秒92
長嶺龍之介②14分28秒31
大藏洋人②14分34秒97
37組
中村友哉③14分08秒42
能島 翼①14分15秒34★
永井拓真③14分18秒84
谷野航平③14分35秒41

34組若手は中山選手がベスト、市川・高橋選手もこれからかな?それから、37組では中村友選手の名前を久しぶりに聞きました。元々13分台の力があります。ここに絞れば、次年度の出雲プロジェクトあるかな?それから、能島選手が少しずつベストを縮めているのも注目です。

あと、忘れてはならないのが29組に出場した4年富田選手。下級生時には1万m29分前半のタイムも出したことあるのですよね。非常に長いブランクから復帰戦、5千m16分オーバーでした。学生生活少ないですが、もう少しあとで、また記録会出てほしいです。

○早稲田大学
28組
飯島陸斗③14分33秒98★
31組
齋藤雅英③14分40秒58
38組
9位中谷雄飛①13分45秒49★

スーパールーキー中谷が今季日本人学生第7位の好記録をマーク!

トラックで世界を目指す中谷選手が、5000mに出場!高校時代の記録をここで更新しました。やはりスピード面は将来性期待です。トラック中心ということは、もしかすると10000m出場もあるかな?

○日本体育大学
22組
菅沼隆佑②14分56秒81
23組
濵田 諒③14分51秒53(2度目)
亀田優太朗②14分56秒63(2度目)
25組
好 貴久③14分57秒36
26組
齋藤晃太①14分37秒92
野上翔太②14分49秒28
28組
山中貴善③14分49秒54
30組
鈴木烈剛③14分47秒39
37組
佐藤慎巴①14分08秒66★

37組に出場した1年佐藤選手が14分一桁の大幅ベスト!まだ駅伝出走していていないルーキーのこの記録は、チームに刺激になるのではないでしょうか?佐藤選手本人も長い距離で結果出せば、メンバー入りのチャンスが出てきそう。

○東海大学
24組
越坂部隆成④14分57秒22
森下史崇④15分27秒92
27組
牛澤昂大①14分58秒60
28組
丸山 剣④14分52秒78
吉富裕太①14分53秒75
29組
杉本雄月①14分50秒49
30組
河西俊輔①14分55秒94
31組
上野遼太③14分48秒63
33組
木村理来③14分19秒35
38組
8位鬼塚翔太③13分44秒64

4年生・若手の選手、それぞれ出場。中距離の木村選手の出場もありましたね。その中、最終組で鬼塚選手が出場。13分44秒であれば、スピード面はかなり戻ってきたとみていいのではないでしょうか。あと、1か月半、スタミナ面焦らず調整してほしいです。

○城西大学
36組
福島正訓①14分28秒99★

○帝京大学
34組
阿部有希④14分14秒28★
小林万修③14分51秒95
36組
山根昴希②14分25秒11★

城西大は1年福島選手がベストですね。帝京大は無印の4年生阿部選手が大幅ベスト!おそらく30秒以上の記録更新ではないでしょうか。これはチームにいい刺激になるかな。2年山根選手は着実に成長していますね。

箱根駅伝予選突破校

○順天堂大学
27組
吉井道歩①14分56秒35
30組
松尾 陸①14分56秒81
32組
山脇洸乃①14分41秒30
鈴木尚輝①14分48秒08
出口航輝①14分53秒04
35組
森下舜也②14分41秒03

若手が中心に出場。山脇・森下選手ら、次に繋げたいですね。

○國學院大學
29組
下村航也①14分48秒91
相澤龍明①14分54秒04
30組
河上雄哉②14分38秒58
甘利大祐①14分47秒14
31組
稲田峻大③14分41秒68
34組
古川礼穏①14分21秒62★
徳備大輔②14分34秒98★

34組で記録が出ましたね。古川選手が大幅ベストの14分21秒はチームトップ10入り。1年生2番手の位置にはあがってこれたでしょうか?徳備選手も、名前を見る機会が増えましたね。

スポンサーリンク

○明治大学
23組
東島清純④15分12秒59
25組
東島清純④15分01秒12
28組
南 俊希③14分41秒44
34組
岡田和大②14分29秒62
35組
前田恋弥④14分14秒85
36組
三輪軌道③14分23秒66
佐久間秀徳①14分28秒94

東島選手が2度5000mに出場。何とか復活できるかどうか。三輪選手も少しずつでしょうか。他、中距離中心の前田・佐久間選手も出場しましたね。前田選手は今後も気になりますね。

○東京国際大学
25組
坂部隼一朗①14分49秒54
古畑晴輝①14分54秒30
宮原壮史①14分56秒52
26組
加藤希続①14分47秒60
三浦瞭太郎①14分43秒75
30組
佐原利都①14分45秒15
小林峻也①14分45秒99
綿引大樹②14分52秒27
31組
杉崎 翼②14分24秒75★
32組
山崎冬馬②14分22秒52★
芳賀宏太郎①14分38秒93
渡邉正紀①14分48秒82
33組
内山涼太③14分20秒42★
山瀬大成③14分23秒50★
栗原卓也②14分24秒40★
佐藤雄志③14分25秒02
浦馬場裕也④14分25秒40★
草場大地②14分40秒53
堤 完一④14分56秒17
34組
大澤春平②14分12秒47★
35組
伊藤達彦③14分00秒99★
相沢悠斗③14分10秒52★
真船恭輔③14分35秒04
38組
4位タイタス モグス③13分36秒78★

東国大がベスト続出ですね!31組杉崎選手32組山崎選手が先立って記録を出すと、33組で大量ベスト、新戦力の内山・山瀬・栗原選手に、最後で箱根を狙う浦馬場選手ら14分20秒台で流れ込みました。

そして34組で大澤選手が14分12秒の大幅ベストを出すと、35組主力の伊藤・相沢選手が結果を残しました。。さらに3年モグス選手に勢いが戻って13分36秒の好記録!これは嬉しいですね。足並みがそろってきました。ここだけみると真船・堤選手が外れそうな勢いに見えます。

○大東文化大学
36組
豊田紘大③14分22秒80★
山内洸士郎①14分32秒19★
37組
服部奏斗①14分11秒98★

16人のメンバー入りを狙うメンバーでしょうか。豊田選手が36組でぐっとタイムを縮めると、服部選手もこの夏一気に伸びましたね。14分11秒とチームでも上位の記録になります。

○中央大学
35組
石田光輝①14分39秒83
37組
舟津彰馬③14分57秒87
38組
2位堀尾謙介④13分33秒51★
15位三浦拓朗①13分57秒57
16位池田勘汰②14分00秒37★

堀尾覚醒!『中大』のエースから『学生界』のエースへ

最終組に3選手出場しましたが…びっくりですね!堀尾選手が全体でも2位になる13分33秒のタイムをマーク!箱根予選から勢いが止まりません。この夏の成長は凄いものがありますね!多分、10000mもい記録を狙うと思いますが…中大歴代のエースに肩を並べそうです。

また三浦・池田選手も良かったですね。三浦選手もベストにあと少しのタイム、また池田選手が14分00秒!これは自己ベストを20秒以上更新するタイムです。この成長は嬉しい!手前の組の舟津選手の状態がちょっと心配ですが、チームとしては昨年より総合力高そうです。

○国士館大学
28組
大川隼平④14分55秒86
31組
住吉秀昭④14分34秒10
山口純平③14分43秒73
35組
高田直也④14分04秒97★

31組と早い組で住吉選手出走は調整かな?35組高田選手はしっかりと自己ベスト!いいですね。山下り6区…はもう勿体ないかもしれない域にいると思います。

○山梨学院大学
29組
奈須巧真②14分57秒95
30組
田矢聖弥②14分38秒12★
34組
斎藤有栄②14分16秒44★
38組
関川大悟③14分19秒12★

メンバー入りを狙う選手が出場。34組では2年斎藤選手が大幅ベスト、関川選手も連続ベスト。14分10秒台のランナーはチーム内有数ですし、いい刺激になればと思います。

○上武大学
25組
田仲海翔①14分55秒41
26組
伊神 航①14分54秒55
30組
渡草良貴②14分43秒42★
渡辺一輝①14分47秒27
31組
宮崎健次郎③14分52秒97
32組
岩崎大洋②14分32秒15
関 稜汰④14分38秒36
寒河江璃矩③14分56秒66
田波 修②14分56秒75
吉田勇大①14分58秒31
33組
鴨川源太③14分20秒84★
武田貫誠③14分27秒90★
佐々木守③14分30秒45★
松下恭一郎④14分31秒94★
石井 僚④14分33秒75
淵 喜輝④14分34秒93★
橋立 旋③14分38秒82★
久保田直生④14分46秒96★
坂本貫登②14分47秒24
松倉頼人②14分52秒08
野上 蓮③14分59秒09
西村 暉①15分22秒69
37組
太田黒卓④14分30秒04
38組
熊倉優介④14分48秒51

上武大が大量に出場していますね。32組は期待の若手岩崎選手、そして、前回箱根5区の関選手が復活!ギリギリ間に合うでしょうか?間に合えば心強い。

33組にはメンバー入りを狙う選手が大量出場!前回6区の鴨川選手が非常に調子いいですね。武田・佐々木・橋立選手ら3年生の成長株も良かったですし、叩き上げ4年松下・石井・淵・久保田選手も続きました。坂本選手も食いつきましたかね。

上位組挑戦の太田黒・熊倉選手がついていければ一番良かったでしょうが、ここは次の課題かな。太田黒選手が安定していければいいなと思います。

スポンサーリンク

他大学

○麗澤大学
33組
宮田 僚③14分36秒49
35組
国川恭朗③14分21秒33★
植田陽平②14分29秒55★
竹内奨真②14分37秒58
36組
椎野修羅①14分33秒37

世田谷ハーフだけでなく、日体タイ記録会に出場した主力選手もいましたね。うち、国川・植田選手が自己ベスト!14分30秒以内は麗澤大これまであまりいなかたので強くなってきています。宮田・椎名選手もまずまずです。

○亜細亜大学
24組
深澤空良②14分54秒31★
28組
西澤広太③14分57秒67
29組
山本裕二③14分42秒59★
30組
河村 悠①14分41秒11★
脇山隼斗①14分57秒96
31組
立石拓海③14分50秒49
33組
古川 舜④14分49秒39
西村 涼④14分51秒64
柿木郁人②14分55秒53
34組
上土井雅大③14分15秒29★
横田大地④14分22秒42★
田崎聖良③14分22秒76

来年チームのエースになる上土井選手が大幅ベスト!これは頼もしいですね。田崎選手も5000mは今年はいいのですよね。ひとまず良かったです。また、4年横田選手が今年になって大幅成長。こういう姿も大事だと思います。

他、箱根予選で64分台マークの山本選手がやはりベスト、ルーキーでは河村選手も順調です。この1年はやはり結果を出すランナーは多いです。

○専修大学
32組
南美空翔①14分49秒50
33組
鹿島則宏②14分58秒69

○創価大学
24組
郷 龍輔④14分50秒31
25組
桜木啓仁②14分49秒16
27組
梅木 海①14分40秒14★
三上雄太①14分55秒55
28組
築舘陽介③14分49秒06
30組
小野寺勇樹①14分36秒89★
原富慶季②14分44秒41
平田晃司②14分53秒24
麻生 樹①14分55秒58
32組
嶋津雄大①14分26秒68★
34組
棚橋建太④14分30秒57★
永井大育①14分47秒07
36組
坂野和久④15分02秒94
37組
上田結也③14分16秒38★
38組
鈴木大海②14分20秒17

1年生や主力選手の一部が出場してきましたね。若い組で梅木・小野寺選手が自己ベスト、嶋津選手も軌道に乗ってきましたかね?上の組では4年生も出場。棚橋選手が頑張りました。37組では上田選手がベスト更新、長い距離もどちらも良くなってきました。最終組挑戦の鈴木選手は今回はベストに届きませんでした。

○東京農業大学
36組
瀬戸口凌④14分42秒87

○筑波大学
31組
齋藤零司③14分42秒30
34組
猿橋拓己②14分57秒99
児玉朋大②15分17秒16
35組
西 研人②14分26秒28★
杉山魁声①14分30秒14★
渡辺珠生②14分34秒36★
川瀬宙夢④14分59秒18
36組
池田 親③14分21秒19★
相馬崇史②14分40秒54
金丸逸樹③14分48秒63
37組
藤田黎士③14分07秒73★

筑波大の勢いが戻ってきましたね。35組で西選手がベストを出すと、ルーキー杉山選手も続きました。36組では池田選手が、中学時代以来のベストでしょうか?主将として走りで引っ張て行きます。37組では藤田選手が14分07秒!この記録はチームトップとなる記録です。箱根へ向けて、再びです。

スポンサーリンク

○駿河台大学
29組
石山大輝②14分37秒81★
河合拓巳②14分43秒79
流田直希③14分52秒58
清水涼雅③14分53秒08
阪本大貴①14分56秒31
34組
西沢晃佑④14分20秒01★
38組
7位ブヌカ ジェームス①13分44秒03

前日に1万mに出場したこともあって、5000mはさすがに記録かかりましたね。その中でも石山・西沢選手の自己ベストが光ります。西沢選手は10000mもっといけるかも??ジェームス選手も好調キープです。

○明治学院大学
21組
鈴木 陸④14分44秒07★
山内郁人④14分48秒74

○桜美林大学
21組
鶴田和博③14分45秒65★

明学大は、学生連合選ばれている鈴木選手が自己ベストです。2週間後楽しみ。また、桜美林大は鶴田選手は自己ベストです。

○関東学院大学
24組
荒川将輝③14分56秒16
27組
山田拓磨②14分53秒73
31組
石本孝二②14分24秒05★
34組
安達 駿③14分35秒21
関口大樹③15分12秒32

関学大も複数の選手が出場。その中で石本選手が大幅ベストですね!トラックでチームを引っ張っていけそうかな?34組は主力、安達選手はベストにあと少し、学生連合の関口選手は…ちょっと気になる結果かな…。

○武蔵野学院大学
22組
下田季矢②14分44秒15
27組
藤井亮矢③14分44秒77
友村俊介①14分47秒67★
原田宗市①14分57秒23
32組
船田圭吾①14分37秒16★
34組
田村剣心②15分10秒72

武蔵野学院大は1年生元気ありますね。舩田・友村選手が自己ベストです。ここから伸ばせるか。主力の下田・田村・藤井選手がひとまず記録会走れたのは良かったです。

○平成国際大学
26組
岡崎竜也①14分55秒12★
小島竜太③14分57秒80
30組
青木雄貴②14分46秒76★
矢沢彰悟③14分48秒74★
佐藤琥稀①14分49秒75
簑島晃佑②14分55秒91
35組
鈴木悠太④14分15秒24★
時任一輝②14分29秒85★

箱根予選はあまり良くなった平国大ですが、こちらはまずまず。30組までに14分台のベストが複数出ました。35組は主力選手出場。学生連合9番手の鈴木選手は順調に実力を伸ばしていて、アクシデント無ければ、学連記録会で決めれそうかな?学内で続く存在の時仁選手もいいですね。

○東京経済大学
25組
関 颯介①14分55秒24
31組
村上 滋③14分47秒25★
32組
森 陽向②14分44秒82★

今期、トラック好調の東京経済大もいいですね。村上・森選手がしっかり走れています。

○関東その他
24組
高橋正樹(成城大②)14分48秒27★
飯島修平(文教大③)14分57秒39★
28組
竹澤想大(北里大④)14分57秒18
29組
中村太紀(東京理科大③)14分47秒29★
32組
清水拓哉(慶大①)14分48秒12
33組
古林潤也(防大④)14分16秒85★
34組
小野友生(慶大①)15分02秒20

防衛大勢16年ぶりの箱根路へ 関東学生連合・古林が大幅自己新 選考レースへ弾み

今回は非強化チームのエース選手が凄かったですね!箱根予選出場できなかった成城大や文教大のエース選手が14分台をマーク、東京理科大の中村選手もタイムを縮めました。

そして…防衛大古林選手が素晴らしい記録!高校2年以来の自己ベストですが、なんと30秒も更新しました!学生連合16番目ギリギリで選ばれた選手なんですが、元来1500mの選手でトラックのスピードはあるのですよね。

なお、今回率いる麗澤大山川監督は、高校時代から知っていて、古林選手をスカウトしていたとか…。学生連合でチームの中に入るのは何か縁がありますね。学連記録会、10番目の選手の40秒差大逆転…なくはないです。

○札幌国際大学
26組
草島 凌14分59秒56
28組
黒田遥登14分40秒64
30組
山口敏生14分42秒05
水谷慎太郎14分57秒84
34組
板垣辰矢14分51秒61

札幌国際大の選手が、何度も日体大まで脚を運んで出場していますね。草島・水谷選手ら学部生が育ってくると、このまあ大学駅伝定着も出てきます。

○関西学院大学
35組
藤井大輔14分41秒16
賀集慧大15分01秒02
36組
小嶋一魁14分46秒86
38組
藤岡勇貴14分20秒91

エースと他の選手とに差があるのが関西学院大ですが、藤岡選手が今回非常にいい記録を出しました。

○その他
26組
朝長拓也(長崎国際大)14分51秒59
28組
田村 陸(中京大)14分51秒71
32組
村上 聡(岡山大)14分45秒46
34組
吉野駆流(大阪体育大)14分21秒91
森 悠人(新潟大)14分31秒33
金子雅也(静岡大)14分42秒73
36組
塚本亮司(名古屋大)14分29秒94
田中佑典(札幌学院大)14分42秒72
37組
円尾翔吾(東海学園大)14分13秒33
38組
岸田裕也(名古屋大)14分23秒59

その他、いろんな大学の選手が出てきましたね。岡山大の村上選手や長崎国際大の朝長選手はお初かな?37組では東海学園大の円尾選手が大幅ベストの14分13秒!東海地区も盛り上がってきていますよね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    あまり注目されない東京国際ですが大量スカウトに成功した2年生の世代がグッとレベルアップしたと思います。何より全く名前を聞かなかった選手が一気に伸びてきているのが印象的です。山崎選手なんかは確か高校ベストが15分台のランナーだったはず。大澤選手も入学直後にベスト出して以降の好記録。ここまで伸びるとは…
    箱根出た直後あたりは退部者も多く強くなりそうだが不安要素が大きい大学でしたが同時期に箱根に出場した創価とは大きく差をつけてしまったなという印象です。

  2. たけぽっぽ より:

    早稲田の中谷選手は本当にレヴェルの違いを見せつける活躍ぶりに、高校、大学のOBのスーパー宇宙人の再来をつい期待してしまいます。
    先輩は1年の上尾ハーフで61分47秒、1万メートルで28分35秒と半端ない記録を叩きだしていますが、中谷選手はどれだけ近づけるか?箱根駅伝以外の分野でも楽しみです。

    最後に筑波大学の藤田選手が5千メートル14分1桁。ぜひOBの森田選手(小森コーポレーション)以来の13分台と関東インカレでの活躍を期待します。あとは管理人さんの仰るとおり西、池田選手が自己ベストと順調なのは、来年に向けていいスタートができていると思います。