スポンサーリンク

第50回全日本大学駅伝2018【駒澤大学】エントリー選手から戦力分析&展望&区間オーダー予想も!

シェアする

参照サイト:http://daigaku-ekiden.com/index.html

ようやく全日本大学駅伝2018のエントリーが発表になりましたね。

まず、優勝~上位候補に挙がってくる中で残っているチームの戦力分析と区間オーダー予想をしていきます。

箱根予選過去最速で通過!

駒 澤 大 学

スポンサーリンク

エントリーメンバー
選手名・学年・1万m持ちタイム≪過去の駅伝・箱根予選・今年のインカレの成績など≫

片西 景④28分38秒70≪18:予5位、箱1区3位、17:全1区2位、出6区7位、箱9区4位、16:全6区6位≫
下 史典④28分56秒24≪18:予23位、箱3区9位、17:全4区7位、出2区3位、箱3区8位、16:全4区4位、出4区2位、15:全5区8位≫
堀合大輔④29分10秒53≪18:予26位、箱9区2位、17:全6区1位、出4区5位、箱10区6位≫
白頭徹也④29分14秒33≪18:予33位、箱8区13位≫
伊勢翔吾④29分21秒04≪18:予11位、箱10区4位、17:箱7区12位、16:全7区6位≫

山下一貴③29分10秒91≪18:予13位、箱2区13位、17:全8区7位≫
中村大成③29分12秒72≪18:予22位≫
中村大聖③29分45秒29≪18:予17位、17:全7区5位≫

伊東颯太②29分06秒69≪18:予21位≫
加藤 淳②29分17秒87≪18:予19位、17:全5区7位、出1区13位≫
小原拓未②29分18秒27≪18:予60位、17:出5区7位≫
小島海斗②29分39秒91
神戸駿介②30分01秒42≪18:予29位≫

箱根予選断トツのトップ通過を、強い駒大の復活の序章にしたい…。その次の試合はくしくも前年4位でシード権を獲得している全日本大学駅伝。区間距離が変更になっていますが、比較的得意としている大会、総合優勝に迫る事ができるか注目度はぐっと上がってきています。

まずエース片西選手が頼もしくなってきています。トラックのタイムもあがり、箱根予選では持ち前のロード力にも磨きがかかる61分台をマーク、今年の大学駅伝の顔の一人となりそうだ。

このほか、ロードで力強さを増す主力選手が多い。3年山下・中村大聖選手や4年堀合・伊勢選手がまさにそういう選手たち。箱根予選でもレベルの高い走り、駅伝でも好走経験があり、上を狙うには欠かせない存在だ。

こにれスピードのある主力選手たちが状態を上げてきているのが面白い。2年加藤選手は前半戦未出場ながら秋に入り大活躍、一気に主軸候補になった。また、一時期伸び悩みがあった4年下選手も秋になって復調気配、駅伝メンバー入りできそうな状態になってきた。

他にも、たくさん選手がいる。2年小原選手は関東IC・箱根予選と安定感が高い走りをしていますし、地道に力を積み上げてきた4年白頭選手、さらに今年の成長株と言っていい2年伊東・神戸選手も面白い存在になってきている。

それから3年中村大成選手も少しずつ長い距離の実績が増えてきています。5千13分台のスピードを持つ小島選手も出番があるかどうか?13人、誰が出ても注目のメンバーとなった駒大、一番逆襲できそうなオーダーを考えてみたい。

スポンサーリンク

区間エントリー予想
1区(9.5㎞)伊勢翔吾④29分21秒04
2区(11.1㎞)加藤 淳②29分17秒87
3区(11.9㎞)下 史典④28分56秒24
4区(11.8㎞)伊東颯太②29分06秒69
5区(12.4㎞)中村大聖③29分45秒29
6区(12.8㎞)堀合大輔④29分10秒53
7区(17.6㎞)山下一貴③29分10秒91
8区(19.7㎞)片西 景④28分38秒70

最大の目標は総合優勝の駒沢大。箱根予選上がりだろうと、上2校がめちゃくちゃ強いとかそういうことは関係ない。ここは代えられない目標だと思う。そうなったら、エースの片西選手は、一番距離の長いアンカーに温存したい。多くのライバル校は本当に嫌なオーダーだろうし、一番チャンスは出るのではないでしょうか。ここはまず確定。

そうなったとき、序盤にだれを持ってくるか。今の駒大のメンバーだと意外と距離の短い最初の4区間の人選に迷うように感じるのは私だけでしょうか?個人的には加藤選手でどうだろうかと思うのですが、伊勢選手が箱根1区に自ら立候補しています。スピードタイプではないのですが、前年上尾ハーフで上位集団に食いついた実績はあります。まずはしっかりと前が見える所でリレーできれば。

その2区に加藤選手を持ってきました。スピードエース候補と1年時から言われていましたね。昨年の出雲1区も、残り500mで熱中症かからなければかなりいい線でした。故障している間に持ち前のスピードに磨きがかかりました。臆することなくどんどん前へ行ってほしい。

3区4区はかなり悩んだのですが、まず下選手をあげます。正直、今回は最初の2区間は流れが読みづらいので、ここでもう一度流れを作ってもらう役割です。大学ここまでは比較的距離の短いロードで鋭い走りをする事が多いので、最初の4区間のどこかに入るかなと思います。4区は夏前に10000mで結果を出した伊東選手。自信をもって走れる区間のはずだ。

5区からはスタミナ系統の選手の登場だ。5区は中村大聖選手。前回の全日本7区でデビューしてからロードでぐっと信頼感が高くなっています。万が一序盤うまくいかなかったとして、ここから立て直せるはずです。もっと距離が長い方がいいのでしょうが、6区7区は上級生の主力がいますのでこの区間です。

その6区7区は堀合・山下選手。堀合選手は、前回の全日本6区区間賞で大きく株を上げましたよね。ロードでの安定感は高いものがあります。箱根予選はもう少しチーム上位にはいけませんでしたが、駅伝に向けて調子は上がっているでしょうか。

山下選手は、昨年の全日本8区デビューにやや驚きましたよね。その後、代役とはいえ箱根2区を務めるなど、ロードに非凡なセンスがあります。いい形で片西選手に繋げられるはずです。


前の距離の方が良かったようなとも思いつつ、全体的に10㎞少しの距離にまとまった分、箱根予選からの参戦の場合でも、比較的調子を合わせやすくなっているかもしれません。かつて”平成の常勝軍団”と言われた駒沢大の、平成最後の全日本大学駅伝での継走に期待が高まります。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. こば より:

    少し1区の人選がわからないですが自分は加藤を予想します。下は3.4区あたりで走りそうです。6.7.8は僕もこうしたいです。
    アンカー片西は純粋に8区をどれくらいのタイムで走れるのか興味があります。大塚くらいのタイムで走れそうな感じもします。
    8校になったシード権より上の3位争いを東海と争える戦力を持ってますしあわよくば優勝も狙ってるはずです。

    • hakonankit より:

      >こばさん
      私も加藤選手が1区走れれば一番助かるのではないだろうかと思っているのですよね。出来ればスターター試したい。私も調整がしっかりできれば、3位争いは十分可能かなと思います。

  2. wataru-6519 より:

    加藤ー下ー伊藤ー中村ー堀合ー伊勢ー山下ー片西
    伊勢選手は単独走できるので、後半のほうが良いのでは
    後、自分なら1区を推す加藤が遅れても、後半型が多いので、下選手でも挽回は可能性は高いでしょう。そうすれば、去年なみの順位は十分いけると思います。

    • hakonankit より:

      >wataru-6519さん
      確かに伊勢選手後半の方が無難でしょうかね。ただ、後半の方がいいだろうと思う選手が多くてややオーダー予想困りましたが(汗 加藤-下選手の並びは、昨年の出雲駅伝で見ましたね。今度こそうまくハマってくれたらというところですね。

  3. りっく より:

    1区は小島選手とかどうでしょうかね?ふと思い出したのが設楽選手と競り合った日体大記録会でスパイクではなくヴェイパーを履いて記録出していたのでロード仕様になってるのではと思ったのと、距離の短さからも試す価値は十分ありではないでしょうか?調子は知りませんが…この配置をするならリスクヘッジで2区は片西選手でしょうかね?

    あとは伊勢選手の起用位置が悩みどころ。1区も捨て難いんですが、長距離ロード魅力の選手なんですよね。山下選手とどっちを7区にするかも悩ましいところ。スピードならば山下選手に軍配が上がりそうなので前半ですかね。

    小島ー片西ー伊東ー山下ー中村大聖ー加藤ー伊勢ー堀合

    駒澤は確かに強いですがリズムが崩れた時だけ怖いので注意ですね。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      小島選手は9月でも5千再度13分台のベストでしたから、スピードという点では非常に魅力なのですよね。一人だけ違う種目に出ての調整なら、合わせている可能性はあります。1区が小島選手じゃなくても、不安なら自分も2区片西選手と思います。
      山下・伊勢・堀合選手ら長い距離タイプの選手が多くて、区間配置が悩ますね。今回こそ、箱根でハマるチームと思っています。

  4. パトレーゼ より:

    区間距離変更で読めない区間が多いですが
    小島-片西-大聖-下-伊東-堀合-伊勢-山下
    1区2区はりっくさんと全く同じ考えです。前半で出遅れても6区以降で取り返せるメンバーで考えました。予選会以降の好調ぶりで持ち上げられていますが、青学・東洋・東海とは差があると思いますのでまずはシード権確保が目標。力のある選手が多いとはいえ3大駅伝の区間賞経験者は堀合だけですから一人でも多く成功経験を積んで箱根に向け自信をつけてもらいたいですね。

    • hakonankit より:

      >パトレーゼさん
      そうですね。確かな手応えをつかむ全日本大学駅伝にしたいですよね。最近の駅伝の苦戦が、区間賞の数にも表れています。区間賞にこだわるわけではないですが、しっかり他校の主力選手と勝負できたらと思いますね。

  5. デルピッポ より:

    片西って実は単独走はあまり得意じゃないですよね。アンカーだと力が発揮されないと思います。2区か4区あたりかも。
    スピードのある加藤、下を前半、ロード型の堀合、山下を後半にって感じと予想。
    物江がエントリーを外れたのは箱根の山要員だからでしょうかね。
    加藤-伊勢-下-片西-伊東-大聖-堀合-山下

    • hakonankit より:

      >デルピッポさん
      確かに片西選手は力が同等、或はワンランク上の選手に食いついて、+αを出す選手なのかもしれませんね。箱根を考えると前半のポイント区間の方がいいでしょうかね?
      物江選手外れたのはびっくりですが、今回のロード巧者の選手の多さからすると、あえて全日本は目指さずに、箱根6区に専念するのも手かもしれません。

  6. アリストテレス より:

     箱根予選会経由ですが中3週になったので調整しやすくなったのは予選会組からの出場チームには大きいですね。
    下-加藤―山下-伊東-中村聖-堀合―伊勢―片西
     とにかく迷ったのは1区の人選、下選手としましたが、距離対応してれば小島選手、あるいは加藤選手や中村大聖選手も面白いと思いますが、最上級生の意地に期待したいなと。後は3区ですが、山下選手を置いて流れを引き寄せる走りをしてくれれば。後半は年々力強くなっていった4年生を固めました。
     青学や東洋、東海大学は強いですが得意としている全日本で平成の常勝軍団復活を見れることを密かに願っています。

    • hakonankit より:

      >アリストテレスさん
      そうですね。中2週ではなく、中3週になったのは自分も一つポイントかなと思います。一旦疲労を抜いて、少しですが追い込み駈けられるようになったと思います。下選手も高校駅伝では1区区間賞を獲得している選手ですので、1区で復活できれば…。フォームの試行錯誤もしているそうですが、うまくはまればいいですよね。

  7. ジャングル・ブギ・ウギ より:

    予選会の圧勝、直前の記録会好調の物江選手がエントリーから外れる(疑問ですが)層の厚さ、スカウト失敗と思われた一年生の成長、この一ヶ月駒澤は追い風が吹いています。 区間予想ですが、
    伊東-加藤-片西-伊勢-神戸-中村-堀合-山下 
    僕の場合、片西君のアンカーはほぼないと思ってます。 アリストテレスさんと同様単独走に強い印象がないのと、競ってなんぼの選手なので前半区間の3区にします。 片西君以外はいい意味で金太郎飴だったのでなかなか区間配置には悩みました。 できれば二年生に経験を積ませたいです。 こうやって見ても、3ー6区迄の中盤の布陣は駒澤が出場校で一番強力だと思います。

    • ジャングル・ブギ・ウギ より:

      すみません、アリストテレスさんではなくてデルピッポさん でした。

    • hakonankit より:

      >ジャングル・ブギ・ウギさん
      そうですね。前半で一番距離が長い3区を、最初の勝負区間と考える指揮官もおられるかもしれませんね。全体的に比較的距離が短くはなっていますので、もしかすると2年3年新戦力を試していく場面もあるのかもしれません。それにしても中盤以降は本当に穴がない感じです。