スポンサーリンク

第50回全日本大学駅伝2018【東海大学】エントリー選手から戦力分析&展望&区間オーダー予想も!

シェアする

参照サイト:http://daigaku-ekiden.com/index.html

意外とエントリー発表が遅くて戸惑っていますが、ひとまず判明している強豪チームはやていきましょう。

続いて、

出雲駅伝3位から上がっていけるか

東 海 大 学

スポンサーリンク

エントリーメンバー
選手名・学年・1万m持ちタイム≪過去の駅伝・箱根予選・今年のインカレの成績など≫

湊谷春紀④28分41秒77≪18:箱9区5位、17:全5区2位、16:出6区5位、箱1区16位、15:全3区3位、出2区5位≫
湯澤 舜④29分13秒44≪18:出6区4位、関東ICハーフ2位≫

鬼塚翔太③28分17秒52≪18:箱3区3位、17:全1区9位、出4区1位、箱1区2位、16:全1区10位、出1区2位≫
關 颯人③28分23秒37≪18:出4区4位、17:全4区6位、出6区1位、箱2区13位、16:出3区1位≫
小松陽平③28分35秒63
松尾淳之介③28分50秒94≪18:箱5区12位、17:出3区4位、箱4区12位≫
高田凜太郎③28分57秒91≪16:全5区5位≫
郡司陽大③29分05秒28≪18:出5区3位≫
中島怜利③29分15秒38≪18:出3区12位、箱6区2位、17:箱6区8位≫
西川雄一朗③29分17秒97≪18:出1区6位、日本IC5千4位≫
館澤亨次③29分50秒67≪18:出2区2位、箱8区2位、17:全3区1位、出2区2位、箱5区13位、16:全3区1位、出2区2位≫1500m日本選手権優勝者!

塩澤稀夕②28分36秒15≪17:全2区5位≫
西田壮志②29分07秒46≪18:日本学生ハーフ3位≫

連覇を狙った出雲駅伝は残念ながら3位に。トップ2が強くなっていたのもあるのですが、東海大も前年優勝メンバーが半分以上も外れてしまっていたこともありました。新戦力の西川・郡司・湯澤選手、前年のメンバー唯一好調だった館澤選手が奮闘したのですが、中盤区間で引き離されてしまいました。

全日本は少しメンバーが戻ってきているような感じですね。主力では館澤・關選手は引き続き出走しそうですかね。鬼塚選手が少しずつ調子を上げていてギリギリ間に合うかどうか。前年好走している2年塩澤選手も記録会復帰しギリギリ間に合うかどうかといったところ。松尾選手もメンバーに入ってきて、名前は揃ってきた。

勿論、出雲で頑張っていた西川・郡司選手も、引き続き臨戦態勢でしょう。同じく実力ある高田・中島選手ももう一度駅伝メンバーに入るチャンスを狙っているところ。それから長い距離に強く、登りが楽しみな2年西田選手が1万28分台出したて!彼は満を持して駅伝デビューを果たしそうです。

長い距離に関しては4年生に心強い選手がいて、今年絶好調で出雲駅伝6区で駅伝デビューを果たした湯澤選手、今年の箱根駅伝で9区を走っている湊谷選手。最終盤は彼らに任せるだろうか。他、1万28分35秒を持ちながら駅伝メンバー入りが遠かった3年小松選手もついにエントリー入り。ついに走れれるのか気になるところだ。1万のタイムだけ見ていると、かなり戦えそうになってきています。

全日本大学駅伝区間オーダー予想
1区(9.5㎞)西川雄一朗③29分17秒97
2区(11.1㎞)塩澤稀夕②28分36秒15
3区(11.9㎞)關 颯人③28分23秒37
4区(11.8㎞)館澤亨次③29分50秒67
5区(12.4㎞)郡司陽大③29分05秒28
6区(12.8㎞)西田壮志②29分07秒46
7区(17.6㎞)湊谷春紀④28分41秒77
8区(19.7㎞)湯澤 舜④29分13秒44

現在の調子が選手によってかなり違うのですよね。秋から調子しいのは西川・郡司・湊谷・湯澤・西田選手ら、上げている最中なのは關選手、それを鬼塚・塩澤選手らが追っている思っていいのでしょうか。正直非常に難解なのですが、箱根のことも考えながらオーダーを予想してみます。

1区は出雲駅伝に引き続き西川選手でいいのではないでしょうか?出雲はラスト500mあたりの伸びがもう少しでしたが、懸命に食いついたと思います。全距離からすると全日本は負担が少なくなります。リベンジにはもってこいのはずです。

2区から4区は本当に迷ったのですよね。スピードランナーに絶好調と言える選手が少ないというのところが予想が難しくなっているところかなぁと思います。ひとまず館澤選手は4区。全日本大学駅伝では3区で2年連続区間賞ですが、ここが一番かぶるのかなぁと。出来れば動かしたくない。ここは区間賞を狙って攻める区間だ。

そして2区3区はもし状態がいいのなら、塩沢・關選手に任せたいかなぁ。塩沢選手は、両角監督に「ガラス」言われている脚だそうで、どこか一本に合わせるとのこと。ということはこの全日本に急ピッチに仕上げるのかなぁと思い、2区に配置してみます。続く3区には關選手。出雲よりも体を絞って状態を上げてきていると思うので、しっかり前半の流れを作ってほしいところだ。

後半の4区間はロードのイメージが強い選手。というか5区以降の方が面白いかも?5区はもし松尾選手が戻っていれば入れたいところだが、現状では出雲駅伝5区でガッツある走りを見せた郡司選手でいいのかなと思います。諦めずに前を追っていましたし、後半に向かってもう一度流れを作り直せるかなと。

6区はいよいよ秘密兵器のデビューですね。西田選手をここに投入。7区や8区でのデビューも考えましたが、4年生が2人いますので彼ら2人に任せます。ロードのほうが強いですが、トラックでも1万m28分台で総合力がついてきていますし、区間賞を狙っていけるところだ。

7区8区はその4年生。まずスピードのイメージもある湊谷選手に7区。ここまでの展開が少し読みにくいこともあるので、まある程度のスピードで入れる湊谷選手で後ろを突き放し、前を追っていきたいのだ。8区は出雲駅伝に引き続きアンカー湯澤選手。関東ICハーフ2位の実績は、全日本駅伝アンカーで更に活きるはず。58分台を目指していきたい。


ひとまずは出雲駅伝と同様、総合3位に入るのがまず目標でしょうか?ただ、ロード型の選手も増えて来ていて、出雲よりもメンバーが戻ってきている以上、ちょっと面白いメンバー構成になりつつあるのも確か。前半のスピード区間に入るだろう選手たちがうまく調子を合わせることができれば、面白いはずなんですよね。

なお、鬼塚選手を外して予想していますが、今1万29分半ばなら箱根一本に合わせてほしいなぁと自分は感じました。逆に塩沢選手は走るなら全日本だろうということで入れてありますが…。彼らが青学・東洋の前半からの攻勢についていくことができれば、いい戦いができるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. wataru-6514 より:

    西川ー塩沢ー関ー舘沢ー松尾ー西田ー湯沢ー湊谷
    まず、西川が先頭から離されずに繋ぐことが大事だと思います。
    後半も5区がどうなるかわかりませんが、それ以降がが大変重要だと思います。

    • hakonankit より:

      >wataru-6514さん
      1区は調子のいいスピードランナーということになるのでしょうかね。西川選手が好調を維持しているなら、そのまま走ってくれると助かるかなと思います。

  2. ジャングル・ブギ・ウギ より:

    初めて、コメントさせていただきます。 長文失礼します。 僕は、
    舘澤ー塩澤ー關ー西川ー西田ー松尾ー湊谷ー湯澤、と予想します。 舘澤くんはこの距離の1区では最適ではないでしょうか、アップダウンを乗り切る、スプリント力、競り合い、なにより去年までの同じ距離だった3区での経験があります。  
    それから西川くんは出雲の走りを見て主要区間は回避したほうがいいのかなと思い、現行距離の4区にしました。 にしてもなかなか誰が走るかわからないなぁ。 
    優勝を狙うなら、6区までには首位にたてなければ正直厳しいです。 もし青学林、森田と東洋山本、吉川相手になったら…。 

    • hakonankit より:

      >ジャングル・ブギ・ウギさん
      初めまして!どんどんコメントしちゃってください!
      館澤選手1区は一つ考えるべき点かもしですね。普通の平地ではなく、アップダウンある10㎞未満ならおっしゃる通り適任区間ですね。青学・東洋が主力を起用しなければ、リードを得る大きなチャンスになります。それにしても序盤のスピード区間は誰がどこを走るか非常に読みにくいですね(汗

  3. やすし より:

    1区は出雲に引き続き西川かなあと思います。2.3.4が読めなくて恐らく湯沢アンカーで行きたいです。關7区に置いて勝負かけるのもありかと鬼塚は果たして間に合うか間に合ったとしても3区あたりに置くのかなあと思います。館沢は2.4あたりに置いてくるかと
    優勝ってなると少し厳しいかと思いますが東海ファンなので期待してます

    • hakonankit より:

      >やすしさん
      湯澤選手は基本的にはアンカー路線なのでしょうかね。それまでにどうにか優勝争いに絡むことができるかどうか。鬼塚選手は自分は走るとすると5区や6区あたりと予想するかな?比較的コース的には平坦ですので。

  4. りっく より:

    1区が悩みどころなんですよね。アップダウンの連続が東海のランナーにとっては鬼門で、2年連続で鬼塚選手が跳ね返されてしまいました。今回は1区のアップダウンの捉え方が変わってきそうです。前回まではアップダウンで脚を使わないようにして平坦になってから勝負でしたが今回は橋の下りの度にペースアップをしていくサバイバルレースになると想定してます。なのでそこまでアップダウンの適性は気にしなくてもいいのではと先日考え直しました。そうなると關選手や塩澤選手の起用でもいいのではないかなとは思ってます。
    あとアップダウンが厳しくなる4区には西田選手もありだと思います。この辺りは速い選手よりも今年しっかり練習を詰めて脚がしっかりとできてる選手の方がいい気がします。

    關ー西川ー館澤ー西田ー湊谷ー鬼塚(高田)ー湯澤ー郡司

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      西田選手は少なくとも秘密兵器でしょうね。記録会を見る限り好調ですし、上りの多い4区は勿論、6区以降の終盤の3区間のどこかに配置してくるはずです。アップダウンの後の平地を考えなくてよくなるのは東海大の選手にとっては実はプラスになっている部分も多いのですよね。出雲駅伝よりは一味違ったレース展開ができるはずです。

  5. たけぽっぽ より:

    私が考えたオーダーは西川ー舘澤ー塩澤(小松)ー湊谷ー郡司ー西田ー關ー湯澤です。
    鬼塚選手を敢えて外しているのは、関東インカレで入賞しているものの今シーズン苦しんでいるので、箱根に集中して仕上げてもらえたら。
    あとは皆さんの予想オーダーを参考にさせてもらうと、長距離区間の7、8区はスピード型とスタミナ型を1名ずつ配置した方がいいかなと感じています。
    ポイントはもし起用されたら塩澤、小松選手。2選手とも1万メートルの持ちタイムは凄いですが、駅伝の経験値が少ない(塩澤選手は去年全日本走っていますが)ので、ここで箱根に向けてのアピールも込めて。

    最後になりますが、今年は去年の主力の阪口、三上選手やレースには出場しているものの鬼塚選手が万全とは言い難いだけに、このあたりの不在の不安を吹き飛ばす駅伝を期待します。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      私も似た理由で鬼塚選手は入れてないのですよね。急ピッチで2本仕上げるより、箱根で爆発してほしいという思いがあったり…。小松選手もそろそろメンバー入ってほしいのですが、記録会など安定感もう少しなのかなぁ…。それでも選手層は他の大学よりかなり厚いですので、今回走るメンバーはそのまま箱根に繋がると思って、好走を願いたいですね。

  6. たび より:

    1番短い区間は館澤!ということで
    館澤-西川-小松-塩澤-郡司-西田-湊谷-湯澤
    にしてみました。關と鬼塚は万全で箱根に合わせるよう敢えて外しました。
    比較的走りやすいスピード区間に小松・塩澤を当て、5区以降は管理人さんと同じです。
    これで良い勝負できれば箱根も面白そう!

    • hakonankit より:

      >たびさん
      1区館澤選手の予想も結構多いですね。9.5㎞の区間というと今は館澤選手の印象でしょうかね。コース特徴も似ているかな。主力スピードランナーが外れるのであれば、小松・塩澤選手に3区4区頑張ってほしいですね。

  7. YK より:

    出雲駅伝の個人的総評です。
    西川 トップから20秒差では、1区の役割を果たしていない。
    館澤 アジア大会を踏まえると良く走ってくれた。
    中島 完全に期待外れ。平地区間だと起用しづらい。
    關  9月の日体大で13分台通りの走りだけど、本来はこの区間を走る選手ではない。
    郡司 持ちタイムを考えると、区間賞を取ってもらいたかった。
    湯澤 タスキの渡った位置を考えると妥当な区間順位
    となると、全日本は1区で先頭に立つことが大事ですが、阪口がエントリーされていないので、1区候補が難しいですね。西川は出雲の経験を活かして秒差でつないでもらうという期待を込めた1区起用もありかもしれません。

    • hakonankit より:

      >YKさん
      西川選手も相手が、橋詰・相澤選手では厳しかったかもしれませんね。今回の1区の重要度からすると、もう一度1区起用もありだと思います。個人的には箱根も1区走ってもらえれば助かると思っていて、頑張ってほしいような。

  8. アリストテレス より:

    出雲と比べメンバーは戻ってきたもののまだ読めない部分が多いですね今回は1区で先行していきたい。
    館澤-塩澤-西田-西川-關-郡司-湊谷-湯澤
     出雲は1区で流れを失って優勝争いに絡めなかったので今回は館澤選手を1区に起用してでも前につけたいと考えこの配置に、塩澤選手も走るならスピード区間、2区で耐えてほしいところ。西田選手にはデビュー戦が前半の流れの激しい区間になりますがやれるのではないかと思います。西川・關選手は少し負担の少ない区間でスピードを生かした走りを。後半3区間は順序はともかくこの3人かなと思っています。
     6区までにトップか限りなくトップに近い位置で来たいので攻めるところは攻め凌ぐところは凌いでチャンスを伺いモノにしたいですね。

    • hakonankit より:

      >アリストテレスさん
      確かに、出雲で唯一2強と互角に戦った館澤選手を1区起用して優位に立つというのは一つの作戦かもしれませんね。2区以降は湊谷・湯澤選手を除いて、とにかく好調なランナーを順番に投入していく形はありそうです。西田選手はコース的に4区の方があるかもしれません。

  9. 袖野諒平 より:

    7区、8区は湯澤選手、西田選手。松尾選手、鬼塚選手は温存と予想します。關選手、舘澤選手はそれぞれ、1区から6区を走りたいと早い段階で言ってた映像があったので、この2人は少なくとも7区、8区は無いと思います。

    • hakonankit より:

      >袖野諒平さん
      西田選手アンカーもありえますよね。一番好調な気がします。關・館澤選手はやはりスピードを生かしていく形でしょうか。