スポンサーリンク

2018.6.23結果【第68回平成国際大学長距離競技会】

シェアする

夏前に行われる記録会ですね。

全日本予選の1週間前なのでエントリー少なめですが、

シード校でエントリーがあるチームもあります。

なお、雨で気温も23度、風は3m程の予報なので、

自己ベストを出すにはうってつけの天気かもしれません。

スポンサーリンク

第68回平成国際大学長距離競技会

日程・エントリー(http://www2.hiu.ac.jp/~rikujo/KIROKUKAI/H30/68th-program.pdf)

結果速報サイト(http://hiukirokukai.web.fc2.com/2018/0623/top.html)

・実業団
3000m障害
三木啓貴(GMOアスリーツ)9分02秒92

3000m
前田将太(日立物流)8分23秒64(全体トップ)

5000m
キプロノ シトニック(ケニア)13分39秒49(全体トップ)
ドミニク ランガット(コニカミノルタ)13分47秒06
サムエル ムワンギ(コニカミノルタ)13分53秒10
西池和人(コニカミノルタ)14分04秒20(日本人トップ)
的場亮太(小森コーポレーション)14分06秒41
10000m
三田眞司(埼玉医科大AC)29分13秒54(全体トップ)
上野 渉(Honda)29分15秒69
鴇澤駿介(埼玉医科大AC)29分33秒45
高橋光晃(コモディイイダ)29分37秒07

3000m障害は三木選手が挑戦中。別の種目にチャレンジし極めるのも面白いのかもしれません。3000mは日立物流に進んだ前田選手が全体トップ!復活しスピードに磨きをかけていくでしょうか。

長い距離では5000mはシトニック選手が強かった。日本にいる留学生にも勝ちました。日本人は西池選手が復活途上でのレース。いい感じだったのでは?中堅の的場選手も良かったです。

10000mはNY駅伝活躍のHonda上野選手を、埼玉医科大AC新人の三田選手が破りました!これは久々に彼の持っているポテンシャルを発揮したのではないでしょうかね?医科大ACは全体的に調子がよくこれから楽しみなチームです。

・高校生
3000m
工藤 翼(花咲徳栄)8分27秒60
石田洸介(東農大第二)8分27秒87

・早稲田大学
3000m
太田智樹③8分28秒00
遠藤宏夢③8分28秒62
千明龍之佑①8分33秒55
太田直希①8分33秒70
5000m
10組
吉田 匠②14分21秒09
千明龍之佑①14分21秒21
太田智樹③14分21秒73
遠藤宏夢③14分31秒68
太田直希①14分31秒89

一部の主力選手が出場しましたね。太田兄弟・千明・遠藤選手ともに良かったですね。トラックの記録から考えると遠藤選手が健闘です!また、関東IC3障入賞している吉田選手がしっかり走りました。

・東海大学
5000m
10組
須崎乃亥①14分23秒78★
生駒大和④14分31秒76
長田駿佑①14分32秒83

日本学生個人選手権3障優勝で、売り出し中の須崎選手が出場!しっかり自己ベストを出して、平地走力の成長もしっかりありましたね!また次のレースでもベストでるかな?

・城西大学
3000m障害
山本 嵐①9分00秒03(全体トップ)
宮下璃久①9分09秒81

3000m障害に出場した1年山本・宮下選手がいい記録ですね。2人とも予選落ちでしたが、そこからあげています。来年に繋がるはずです。

・法政大学
5000m
9組
糟谷勇輝②14分37秒92
河野祥哉①14分46秒09
矢嶋謙悟④14分46秒77
土屋勇樹③14分46秒86
清家 陸①14分47秒29
10組
守角 隼①14分34秒89
田上鷹弥③14分40秒89
11組
強矢涼太③14分23秒98
久納 碧①14分33秒53

強矢選手が久々にいいレース。ベストまで数秒で今後さらに成長しそう。他、1年生の守角・久納選手もまずまずまとめています。

・中央学院大学
9組
長山瑞季③14分50秒32
10組
山本大貴④14分30秒49
廣中拓磨①14分44秒15
打越晃汰③14分48秒38
大津吉信③14分50秒50
11組
光武 洋④14分11秒96★
川﨑耕平②14分33秒12
樋口 陸④14分34秒56
杉谷駿輔④14分45秒00
10000m
4組
小野一貴①29分39秒09★
青柳達也①29分55秒11★
栗原啓吾①29分56秒60★
日東寺毅②29分57秒25★
石原圭祐③30分14秒93
加瀬蒼一郎①30分18秒59★
大濱 輝③30分20秒60
吉田光汰①30分23秒96★
杉山拓郎③30分54秒52
坂田隼人①30分59秒77
實政瑛久④31分00秒32
畝 歩夢②31分01秒59
玉沢良太④31分07秒13

上位校で一番収穫があったのは中央学院大ですね。5000m最終組では関東ICにも出場した光武選手が出場。ICでは悔しい結果でしたが、自己ベストで成長しているところを見せました。

10000mでは記録ラッシュでしたね!しかも1年生が29分台を複数出しています!小野選手が29分39秒と夏を超えれば主力入りできるのではという成績!青柳・栗原選手も29分台をマーク。2年日東寺選手も急成長中です。また中学大の育成の凄みを見た感じがします!

スポンサーリンク

・神奈川大学
11組
多和田涼介④14分04秒84★
北﨑拓矢②14分13秒38★
杉本康平②14分30秒50
小町悠人②14分37秒70
原塚友貴②14分54秒79

育成してきていますね!多和田選手が勢いが戻ってきて5000mでベスト!さらに、ロード型と思われた北崎選手が5000mでも大健闘の14分13秒。少しずつ選手層が厚くなってきます。

・中央大学
1500
川崎新太郎②3分57秒49

10000m
4組
三須健乃介②29分53秒90★
二井康介③30分06秒90
岩原智昭②30分33秒54
矢野郁人②30分51秒17
岸 俊樹③31分00秒41
岩佐快斗③31分15秒93
佐々木遼太③31分20秒82

一部全日本予選エントリーメンバーも出場!そしてそのメンバーの三須選手が29分台の自己ベストをマーク!予選1週間前なのでおそらく予選への出場は無いでしょうが、これはメンバーにもいい刺激が入るのでは?

更に1年時に1万m28分台をマークしてから、パタリと走れなくなっていた二井選手が、先日の5000mに続き好走を見せました!ようやく長いトンネルを抜け出せるかもしれません。

・東京国際大学
3000m
渡邉正紀①8分33秒58

8組
小林峻也①14分54秒16
加藤希続①14分55秒07
菅原拓海②14分56秒17
9組
牧野光留③14分40秒10
中村 黎③14分44秒26
宇田川魁斗③14分51秒87
宮村翔馬②14分55秒72
三浦瞭太郎①14分56秒28
10組
伊藤千裕③14分38秒12
濱添大地④14分49秒21

9組3年生の中では実績の高い牧野選手が14分40秒、少しずつ戻してきていますかね。10組で上回った伊藤選手も今後伸びるでしょうか。

スポンサーリンク

・日本薬科大学
1500m
宮平健太郎④3分54秒77(全体トップ)
千葉勇輝②3分58秒21

1500mで活躍中の宮平選手が全体トップ。しっかりと強さを見せましたね。

・亜細亜大学
1500
北本 巧②3分57秒69

5000m
9組
脇山隼斗①14分47秒02★

脇山選手がまた自己ベストですね!記録を更新しています。

・平成国際大学
1500
佐藤駿也②3分59秒88

・駿河台大学
5000m
9組
高倉 渉②14分50秒81
10組
屋富祖光佑①14分31秒66★
河合拓巳②14分50秒58
流田直希③14分56秒77
高橋将平④14分59秒57
11組
吉里 駿②14分27秒37
西沢晃佑④14分30秒30★
内宮寛文④14分55秒45★

駿河台大がこれだけ同時に14分台を出したのは初めてでは?10組で屋富祖選手が大幅ベストの14分31秒、11組では吉里選手が復調、更にハーフで好調のの西澤選手も続きました。やはり陸マガで特集されるだけのことはあるチームなんだなと認識しました。

・関東学院大学
10000m
3組
安達 駿③30分49秒57
小野元也③31分15秒68
河本英樹④31分17秒38
4組
寺本大希②31分01秒95★
関口大樹③31分02秒29

10000mに上級生中心に出場。3組の安達選手が一番良かったですかね。また、寺本選手がベストです。

・武蔵野学院大学
10組
高岡朝日④14分46秒90

・東京経済大学
5000m
8組
関 颯介①14分54秒17
10000m
3組
小西竜也②31分04秒66★
原川 凌①31分19秒93★
4組
元川嵩大④30分31秒35★
宮田共也②30分32秒07★
市川繁貴①30分53秒49★
小山大輝③31分02秒10★

自己ベストという面では一番収穫があったかもしれないのが東経大ですね。5000mで1年関選手がベストに近い数値を出すと、10000mでは元川・宮田選手が30分半ばを出すと、1年市川選手も30分台、31分前半で多くのランナーが続きました。

・関東その他
5000m
10組
竹澤想大(北里大④)14分55秒30★
10000m
3組
二階堂真大(東京情報大)31分24秒28★

北里大の竹澤選手がついに14分台!医療系ということもあり箱根予選にも中々出れない大学でこれは凄いと思います。

10000mでは東京情報大の二階堂選手が頑張りました。

スポンサーリンク

フォローする