スポンサーリンク

【組エントリー予想】全日本駅伝予選2018-日体大&日大-~次回箱根出場校の意地を!~

シェアする

第50回全日本大学駅伝関東予選2018の組エントリー予想を行っています。

続いて、次回の箱根出場決定校の中ではやや厳しいとみられている日本体育大・日本大となります。

スポンサーリンク

日本体育大学

昨年はエントリーチーム持ちタイムトップも4年生の大半が欠場し、次点で予選落ち。ただ、出場の出雲&箱根はは大健闘の3位4位、存在感を示しました。

今年は多くの卒業生が抜け、チームは生まれ変わりの時期。関東ICでは、箱根復路で健闘していた山口・中川・室伏選手が、粘ったものの上位に顔を見せることはできませんでした。ただ、山口・中川選手は昨年の全日本予選では健闘していただけに調整できれば面白い存在。

それから最近の日体大記録会1万mで健闘していた3年濱田、2年岩室・池田選手も序盤の組で食らいつく走力はありそう。関東IC3000m障害で入賞した小松選手も気になる存在だ。まだ主要大会での実績は少ないものの、走力はついてきている模様。

また記録会にエントリーがなかった4年生もひとまずエントリー。室伏選手他、最近復調傾向にある宮崎選手、冬のロードで高い安定感があった山口選手もここにエントリー。ここ数年見せている高い育成力で虎視眈々と2年ぶりつの通過を狙っているようだ。

組エントリー予想
4組:山口和也③29分05秒39、室伏穂高④29分14秒84
3組:中川翔太③28分59秒46、岩室天輝②30分02秒12
2組:濵田 諒③29分27秒67、宮﨑勇将④29分11秒16
1組:白永智彦③29分34秒62、池田耀平②30分00秒92
補欠、森田諒太③29分18秒75、山口晟弥④29分27秒77、小松力歩③29分50秒91
冨田真佑③30分02秒44、島袋太佑①30分05秒62

日体大はまず4年生をどうするかですかね。昨年は教育実習と被っていたということで多くは出場させませんでしたが…。ただ、今年は昨年よりは日程が1週間遅いのですよね。ひとまず、エントリーに入れて予想します。

まず4組は昨年と同じ山口・室伏選手にします。順位的には18位と36位でしたかね。昨年のこの時点では山口選手は3障が得意な選手(関東IC入賞)のイメージが強かっただけに、ここで29分10秒きりしたのはびっくり!もう一度ピークが合うか。室伏選手も持ち前の粘りで昨年より成績アップさせたい。

中川選手は3組へ。最終組に入れようかとも思いましたが、最近の記録会をみて下げました。まあ、関東ICは安定していたのでそんなに心配いらないかもですが。順調であれば、片方は新戦力いきましょう。昨年の経験者で最近の記録会で好走している岩室選手をここに抜擢。暑い中30分10秒なら29分台の走力はあるでしょう。ここで粘れれば今後に向けて大きい。

2組は最近の記録会30分19秒で走っていて29分半ば経験のある濱田選手と4年宮崎選手。宮崎選手は昨年も2組出走で中位で走り切っています。トラックが得意な選手なのでまずこちらから結果を。濱田選手もボーダーに食らいつきたい。

1組は記録会で30分20秒の池田選手と、関東ICハーフでチーム最上位の白永選手の2人で予想。池田選手は伸び境利の勢い、白永選手は粘りである程度食らいつけるかなと。

あとは、山口、小松選手ら序盤の組で戦う力のある選手は複数人いる感じがします。昨年も主力がいない中、ボーダー付近に食いついていました。特に序盤の組で少しずつ貯金を作れるでしょうし、そうできれば通過する可能性は充分あると思います。ブレーキなく食いついていき、総合力を見せたいところだ。

日本大学
昨年は全体的に速くなったペースに全くついていけず予選落ち。箱根も出場できませんでした。その中で『関東インカレ枠』という今までに例のない形で次回の箱根出場が決まっています。

それ自体はプレスに捉えられるものの、もし全日本予選で落選になれば主要大会で他校と闘う機会がほとんどないまま箱根を迎えることになる。それは避けたいところ。

エントリーとしてはおそらく全日本予選出場チームの全ランナーで最強のワンブイ選手がしっかりエントリー。学生連合出走のエース格3年阿部選手、主力となってほしい2年野田・武田選手あたりが主力でしょうか。

更に4年間コツコツ積み上げた佐藤選手、主要大会経験している松木・小坂・金子選手、そして怪我で中々出てこれないがポテンシャルは非常に高い加藤選手もここにエントリーしてきた。出番はあるか。

また1年生に有力選手が多く入学していますが、北野・天野・山本・大池選手がエントリー。勢いある彼らに出番が回ってくるかもしれない。とにかく、最良のオーダーを組んで突破を狙いたい。

組エントリー予想
4組:P.M.ワンブイ④27分49秒96、阿部 涼③29分38秒52
3組:野田啓太②29分33秒31、武田悠太郎②29分35秒74
2組:加藤拓海④29分03秒68、佐藤玲偉④30分00秒02
1組:松木之衣③29分37秒48、金子智哉③29分42秒20
他、北野太翔①29分51秒84、小坂太我③30分03秒70、天野竜汰①30分22秒66、山本起弘①30分26秒28
、大池竜紀①31分08秒45

4組は片方はまずワンブイ選手でしょう。これまでの記録会からすると28分20秒前後は計算が立ちます。ひとまず彼一人で1分前後はひっくり返せるでしょうかね。

問題は相方でしょうか。正直2番手の選手はかなり差が離れていると思います。そして戦うというのもまだ少し…かと。色々考えたうえ、阿部選手にしました。学生連合・故障明けの関東ICハーフの成績を見ると、1万m以上の長い距離には一定の安定感があるのは彼かなぁと。29分台でまとめることできればと。

そして3組にこれから主力になってほしい2年野田・武田選手で予想。野田選手は関東IC10000m経験してますね。30分半ばオーバーでしたが、3組であればもっとつけるかもしれません。武田選手も同学年の意地で食いついてほしいです。

2組は4年生にしています。3年になってから長い距離を中心にじわじわ浮上してきた佐藤選手。関東ICでの好走は嬉しかったですね。ここでも粘りを発揮できるか。あとは、ここに合わせているという加藤選手、何とかこの組なら上位に行きたいですがどうでしょうか。

1組は迷いました。5人いる1年生誰も起用していないし誰か起用したいですが、松木・小坂選手あたりも浮上のきっかけをつかみかけていますし…。

ひとまず2本走った10日の5000mでどちらもまとめたのは松木・小坂・金子選手に、1年山本選手なんですよねぇ。まずまず走った松木選手に、2年連続2組20位台でまとめている金子選手で予想します。とにかく今走れている8人はこんな感じかなぁ。

他にもいろんな作戦はありますかね。1組に野田・武田選手を持ってきて、加藤選手が走れるなら3組を走ってもらってもいいですし(そうなった方が通過可能性高い?)。箱根出場決定校となってからの初戦、しっかり戦い抜きたい。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    日体大は不安があるとすれば1組目でしょうか。ちょっと劣勢の中で2組目以降を迎えることになりそうなので、個人的には以前2組で1位になった室伏選手と宮崎選手を入れ替えて、2組で貯金を作る戦術もありかなと。
    4組で大きくタイムを稼ぐことが難しいぶん、何とか3組までにボーダーラインをある程度上回ることが突破への最大のポイントでしょうか。

    日大はワンブイ以外の7人次第でしょう。加藤キャプテンの2組目は私も賛成です。4組で出ても勝負にならないですし、むしろ1組目の展開次第で自分の役割を全うする方がチームにとってもプラスだと考えます。
    ただし、いくらワンブイがタイムを稼いでも、それ以外の選手が管理人さんが前述したチーム(中央、明治、順天堂、法政、帝京、城西)やまだ出てきていない拓殖、山梨学院、國學院、国士舘等の2番手以降と比較すると劣ることは避けられないので、まずはきちんと学生のレベルアップに取り組んでもらいたいものです。

  2. シセン より:

    日体大は選手層が厚くなく主力がごっそり抜けたのはかなり心配ですが粘れる選手はいるかなと。突破するためには誰かが稼がないといけないですが・・・山口選手とかいけませんかね?

    日大は日本人が戦えそうにないのでさすがに厳しいかなと。留学生と食らいつける主力候補がいる大学は他にもあるので。