スポンサーリンク

【組エントリー予想】全日本駅伝予選2018-創価大&拓殖大-~エースに繋いで、前年のリベンジを!~

シェアする

第50回全日本大学駅伝関東予選2018の組エントリー予想を行っています。

続いて、昨年はエースがいるも出場に繋げず…今年こそ粘って4組にバトンを…創価大・拓殖大ととなります。

スポンサーリンク

創価大学
激しい大学駅伝界の流れの中にある中、常連校への定着にもがいているのが創価大だ。昨年の全日本予選はエースの好走も初出場へ届かず、通過する力があるとみられていた箱根予選は作戦ミスもあり予選落ち。初の連続出場にはならなかった。

その後記録会で爆発して持ちタイム平均は一気に上昇、その時の勢いを再現できるかが注目される。エースのムイル選手は、春先から好調だった中、関東ICはエントリー無し。おそらく全日本予選に専念するための作戦とみられていますが調子はどうでしょうか?万全なら27分台の走力が爆発するはず。

2~4番手あたりが他校に比べ弱いのがチームとしての課題でしたが、ここにきて戦えそうな選手が出てきている。高校時代5千15分台の雑草の存在から1万28分台にまで育った4年作田選手、2年前の箱根で光った3年米満選手は総合力がついていきて、長い距離に強い上田選手も徐々に状態を上げてきている。

また、有名選手獲得は少ないにも関わらず、2年1年の選手も台頭してきている。2年鈴木・右田選手が初の関東ICの舞台で崩れることなく戦い切り、1年生も嶋津・梅木選手あたりが主力に食らいつく走りを見せている。3年越しの初出場は可能な範囲のはずだ。

組オーダー予想
4組:ムソニ ムイル③27分38秒05、作田将希④28分44秒76
3組:米満 怜③29分04秒93、鈴木大海②29分23秒57
2組:上田結也③29分26秒38、嶋津雄大①29分48秒94
1組:右田綺羅②30分01秒39、石津佳晃②29分52秒29
他、福田悠一②29分50秒30、棚橋建太④29分57秒49、郷 龍輔④30分13秒84
梅木 海①30分20秒94、永井大育①31分01秒00 

万全なら間違いなくムイル選手は4組のはず。昨年は28分30秒を切るところで走っていますし、もう少し上積みがあるはず。今回もその爆発力に期待したい。

それでもそこまでボーダーラインにくらいつている必要がある。4組の相方はどうしても分が悪いと思う。作田・米満選手で非常に迷いましたが、やはり28分台の作田選手で。関東IC1万mは30分かかりましたが、非常に暑い中ハイペースを経験しています。約1か月間での修正力に期待したい。

そして3組に関東IC5000mで奮闘した米満・鈴木選手。長い距離のイメージの米満選手ですが実は昨年も3組で29分37秒で21位、早いペースにも耐える力はある。今年は更に上位に行けるはず。そして2年鈴木選手も関東ICでは先輩に食らいついた。全日本予選でもやれる自信がついているとみる。

序盤の組、まずは関東ICハーフ出場した上田・右田選手をそれぞれ2組1組。上田選手は1500mにも出場しちょっとびっくりしたのですが、これは終盤じわりと浮上する力になれば。右田選手は昨年の箱根予選時にはまだ名前がなかったのですが、ここ半年の急成長から抜擢。気後れはしないとみる。

あともう2人誰にするか。ここはやや選手層厳しいところ、状態を慎重に見て決めるだろうか。5月記録会で組で最上位だった2年石津選手は出番がありそうか。3年目の2年生として続きたい。他、それに続いた1年梅木選手やハーフ出場の郷選手。また、5月試合出場が見られないが、持ちタイムで上回る嶋津・福田選手はどうなのか…。ひとまず4月安定していた嶋津選手にしておきます。

まだ大舞台での結果は少ないとはいえ、勢いが出てきている選手は複数出てきています。エースの登場までにボーダーラインに食い下がれる可能性は出てきたかなぁ。そして…例年の創価大の通り、暑くなった方がいいチームのように思います。

スポンサーリンク

拓殖大学
昨年は2年連続の通過を狙うも、2年前と違い全体的に速いペースになった影響もあり、予選通過はならなかった。一方で箱根駅伝では往路4位の突進を見せ、総合力の高さを見せた。

2年ぶりの出場を狙う中、エースが頼もしい。デレセ主将が1万ベストを更新し、関東ICでも上位入賞を果たした。主将での大変さもあるかもですが、ここまでは走りが良くなっているイメージだ。続くのが馬場選手、スピードもスタミナもしっかりある選手で拓大の中ではトラックで戦える選手だ。

続くのが箱根往路を担った戸部・赤崎選手。箱根予選で非常に力になった。関東ICハーフでその2名を上回った中井選手も面白い存在になっている。入賞まであと一歩に迫り、主力の一角となっている。

それから、箱根6区で躍進、5000mで14分一桁を出した硴野選手、それから1500mで出場した石川・清水選手といったところもトラックで密かに期待できる選手たちだ。箱根シード校に返り咲いた中、総合力で全日本予選も突破したいところだ。

組オーダー予想
4組:W.D.タソ④28分14秒49、馬場祐輔④28分43秒72
3組:戸部凌佑④29分34秒46、石川佳樹②29分22秒57
2組:赤﨑 暁③29分16秒04、中井槙吾③29分48秒91
1組:硴野魁星④29分40秒61、吉原遼太郎②29分43秒70
他、清水崚汰②29分44秒01、楠本幸太郎③29分55秒58、五十嵐大己④30分19秒39
藤井拓実③30分31秒60、吉田皓紀②30分45秒47

4組はもう迷わなくていいだろう。デレセ主将と馬場選手の一択でしょう。デレセ選手は基本的には他の留学生と勝負しに行くことになるのでしょうかね。役目は大変ですが何とか粘り切りたい。馬場選手は昨年は3組を中盤過ぎまで引っ張った実績もありますので、4組でも勝負できるはずです。

ここから慎重に組んでいきたい。トラックでの勝負レースは、暑くなった時以外は中々結果が出ていないのだ。ある程度計算が立つ4組までにボーダーとの差が離れすぎないようにするにはどうすればいいか…。

まずは総合力のある選手とスピードのある選手ということで戸部選手と石川選手。戸部選手はやや波があるものの、爆発した時にはかなり期待できる選手。4年生ですし満を持して配置したい。石川選手は拓大にしては珍しくトラックから台頭した選手で箱根7区でしっかり走切りる勝負強さもある。3組でいいと思います。

2組にスタミナ自慢の赤崎・中井選手。赤崎選手は箱根3区でも戦うスピードも備えているので調子さえ合えばいけるはず。中井選手はトラックは目立ちませんが絶好調です。その粘りを見せたい。

1組はトラックで一気に記録が伸びた硴野選手をまず入れたい。関東IC5000mは失敗したが、修正したい。もう一人は2年吉原選手でいいかな。関東IC10000mの代表選手で出走しています。さすがに上位は入れませんでしたが経験を1組で力に変えてほしい。

あとは、昨年当時1年ながら3組を務めた清水選手がスーパーサブで控える…という形にできればと思いますかね。ここ数年主力の力は上がっていると思います。シード校になって箱根予選も免除になっていますので、三大駅伝全て復帰と行きたいところです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    拓殖は1、4組は管理人さんの予測が理想的だと思います。強いていえば、2組の赤崎選手と3組の戸部選手を逆にするのも1つの作戦としてありかなと。毎年2組目は1組目と比較的してスローペースになる傾向が強く、スタミナ型の戸部選手なら貯金を作ることが可能では。3組は赤崎選手なら中位で対応できると思うので、最大のキーマンは石川選手かなと。
    4組はある程度安心して見ることかできると思うので、1組目でずっこけなければ最終組まで勝負できる展開は十分可能と感じています。

    創価は天候次第で展開が全く変わるので読めない部分が大きいです。個人的には4組で米満選手が、他の大学のエース級とどこまで戦えるか見たい気持ちもあります。
    悪条件のレースには強いチームですが、常連校になるためにも、高速レースに対応できるように選手がレベルアップすることも期待します。