スポンサーリンク

【組エントリー予想】全日本駅伝予選2018-帝京大&城西大-~上昇中の箱根シード校!~

シェアする

第50回全日本大学駅伝関東予選2018の組エントリー予想を行っています。

続いて、箱根シード校に返り咲き、いまなお上り調子にある帝京大・城西大ととなります。

スポンサーリンク

帝京大学
予選校の中では有数の高い総合力を誇っていますよね。昨年の全日本本戦では8位に入り過去最強クラスのチームになっていることを証明しましたが、そのほとんどが残っています。箱根が消化不良に終わったことも、今年が勝負の年になるのに拍車をかけています。

育成型と言われていますが、今年はバランスがいいですね。4年生は絶対的エースといえる畔上選手がいます。箱根2区を務め、関東ICハーフでも表彰台に挙がりました。更にユートリティープレイヤー横井選手も力強さを付けてきて表彰台続き、競り合いに強い竹下選手も健在で、やはり中心の学年だ。

勢いある選手が多いのは3年で、今季トラックで5千14分一けたのベスト、1万mも暑い中29分20秒切りして絶好調の島貫選手が最近は中心か。長い距離に強い平田・吉野選手も堅実に推移。最近ちょっと結果が出てませんがマラソン走れるほどスタミナがある岩佐選手があがってくれば盤石。

若い学年も選手が出てきていて、今季いよいよ主力に入りそうな勢いのある2年星・小野寺選手、更にルーキー遠藤選手までそこに割って入ってきそうな感じで各学年盛り上がりを見せています。本格的なチーム戦初戦となる全日本予選での戦いがとても楽しみになってくる。

組エントリー予想
4組:畔上和弥④28分41秒68、横井裕仁④29分09秒65
3組:星  岳②29分12秒09、島貫温太③29分14秒35
2組:竹下 凱④29分09秒66、遠藤大地①29分32秒11
1組:岩佐壱誠③29分11秒41、小野寺悠②29分24秒86

他、平田幸四郎③29分13秒11、吉野貴大③29分17秒30
田村岳士③29分42秒13、濱川 駿④29分47秒81、鳥飼悠生②30分11秒74

4組はもうこの2人でいいでしょう。エース畔上選手と関東ICハーフで食らいついた横井選手で大役務めるかなと。両者ろもロードの方が得意でしょうが、一定の安定感はありますので、畔上選手は上位、横井選手も中位の集団に絡んでいけるかなと思います。頼れる存在かと。

なので、その手前の3組をこれから主力になりうる選手を配置しました。星選手と島貫選手。星選手は昨年当時1年ながら3組で役目を果たしていてその成長ぶりが楽しみ。島貫選手は昨年2組で一けた順位の好走。ステップアップしてみてどうなるか見てみたいです。もし不安なら今年は状態がいい竹下選手をここに配してもいいかも。

その竹下選手は2組へ。集団走が得意な選手なのでここでトップに近い位置でいって流れを引き寄せたい。相方には、1年生の遠藤選手を抜擢。記録会も関東ICもしっかり戦っている印象です。結構楽しみにしているのでどこかで起用してほしい選手。

1組はどうしようか迷った岩佐選手。本来なら4組でもいいのですが、安全にここ。そしてもう一人の主力候補の小野寺選手を1組にして盤石の態勢に。中々贅沢かな?

変えとなると多いですね。堅実の平田・吉野選手、濱川選手も状態が上がれば面白い。鳥飼選手もある程度対応できるでしょう。中々の競争になると思います。全体的にはロードに力を入れているチームですが、かなり上位で通過してもおかしくない戦力です。

城西大学
昨年の全日本予選で最後の枠に滑り込みサプライズ通過、そこから一気にチームに勢いがつき箱根のシード権まで獲得した城西大。

その勢いは健在だ。チームで一番安定感のある4年金子選手が強さを増してきた。暑かった関東ICハーフで表彰台に立つなどタフな条件に強い。同学年の大石選手も堅実に積み上げてきていて面白い存在。

更に3年西嶋選手も関東IC5000mで入賞し、スピードに磨きがかかってきた。4年中島選手も得意のトラックで健在だ。この4人がまずチームの中心だ。

中堅層も着々と育ってきており、山登りで光った服部選手は平地でもまずまずのタイム、箱根出走以降もまずまずキープの荻久保・中原選手、更に4年になってついに戦力として加わってきそうな鈴木選手もポイント選手だろう。

基本的に育成で積み上げていくだけに上級生中心だが、若手も2年大里、野上、雲井選手が時折存在感を見せるようになってきている。今年も個性豊かなランナーの総合力で見せ場を作っていきそう。

組エントリー予想
4組:西嶋雄伸③28分44秒15、金子元気④29分10秒04
3組:中島公平④28分51秒95、大石 巧④29分11秒03
2組:服部潤哉④29分26秒39、鈴木勝彦④29分33秒29
1組:荻久保寛也③29分40秒27、大里凌央②30分05秒39

他、野上亮祐②29分46秒69、中原佑仁③29分47秒48、宮沢真太③29分52秒06、佐藤忠俊③29分59秒22、雲井崚太②30分08秒89

4組3組はスピード型・スタミナ型選手それぞれを配置してくるかなぁと思っています。スタミナ型は金子選手4組で、大石選手3組。金子選手は昨年も4組で戦い抜いて通過に繋げていますのでいけるかなと。大石選手も3組のスピードならつけるかと。

スピード型の方は、昨年は中島選手が4組、そして西嶋選手は昨年はエントリー漏れしていたのですよね。少し迷いましたが、やはり関東ICでより上位に来た西嶋選手4組でいいかなと。

中島選手は3組で流れを引き寄せる役割を担ってほしいです。2組1組は爆発力がある選手が少ないので基本ボーダーライン上と思われる。なので3組でぐっと通過ボーダーライン内で入っておきたいところ、ここは大事なポイントと考えます。

その2組1組は、まずは上級生で固めています。関東ICでトラックの主要大会の経験を積んだ服部選手、更に鈴木・荻久保選手あたりで固めました。最近の記録会で31分台出した中原選手だけは外して予想し、大里選手を入れてあります。

箱根シード獲得に貢献したランナーが多く残っていますし、各組しっかり戦える形は見えていますね。2年連続通過して、しっかり継続させていきたいところです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    1位通過筆頭の帝京ですが日体大記録会で粘った島貫選手をどこで使うかがカギになると思います。兵庫リレーカーニバルでの走りを加味した際に最終組に竹下・横井という2人もありだとは思います。そして1組に島貫選手で大逃して選手層で逃げ切るパターンも考えられます。
    畔上選手の武器はスパートの切れ味とタイミング。ならばスローペースになりやすい2組起用もありとは思います。3組でもいいとは思いますがその場合相方は遠藤選手が適任じゃないでしょうか。

    城西は金子選手が最終組は確定しているでしょうからどのように組み立てるか…
    あと全日本予選のスペシャリスト大石選手がどの組に入るか…3組に荻久保選手が入るなら大石選手を1組に持って行き好スタートを図るのもあり。
    また、前半には恐らく鈴木選手や服部選手が入るでしょうから彼らがどれだけ耐えれるかで出場が決まるでしょう。あとは上級生が目立ちすぎるので下級生の台頭も見たいところ。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      島貫選手は自分もどこかでキーになると思います。スピードが魅力の選手ですし、おっしゃる通り、2組当たりで一気に流れに乗せる作戦はありと思います。

      城西大はしっかり育成しているのでしょうけど、2年生はもっと早くから台頭すると思っていましたし、全日本予選で活躍する姿を見たいところです。

  2. シセン より:

    帝京大はどう選手を配置するかポジティブな理由で迷いますね。ただ1.2.3組でどのようにレースを組み立てていくかは気になるところで竹下選手や島貫選手がペースアップや飛び出しはあると思っています。

    城西大は関東インカレで主力の調子もよく、トラックで戦える選手が割といるので大丈夫そうかなと。3位は狙えると思います。

    • hakonankit より:

      >シセンさん
      そうですね。確かに帝京大選手がレース全体を組み立てる可能性はあるかなと思います。序盤の組で稼ぎに来るかも…
      城西大はトラックに強い選手多いですので、ミスなくいければ面白いです。

  3. アリストテレス より:

    帝京大学の予想には同意です。この編成が良いと思います。その中で当日の天候は晴れて気温がかなり高い状態(二年前と似た状況)になると予報されています。この予報通りであれば、私は少し捻くれて考えてみたいと思います。
    1組:平田・小野寺  2組:畔上・横井  3組:星・遠藤  4組:竹下・島貫(敬称略)
     最終組の時間帯も25度はあると思うので、畔上・横井選手に走ってもらうのが一番良いのは当然なのですが、この大会で3番手以降の選手のさらなる成長を期待して組んでみました。日体大記録会での島貫選手の走りを見て暑ければ4組でも通用するとみています。また、竹下選手は二年前の全日本予選、そして今年の関東インカレを考え、基本的に暑さには強い選手なのではないかと。同様に3組には記録会上位の星選手と遠藤選手に。遠藤選手は日体大で外国人選手に4000Mまで付いていくなど突っ込みすぎる危うさはありますが、今回は日本人大学生が相手なので前回と比べ相手関係は楽になるので3組でも・・・と、
     そして満を持して2組で畔上・横井選手に他大学をぶっ放して後続を楽にできればと思いますがどうでしょうか?  岩佐選手は万全なら上位組で走ってほしいのですが、日体大で思った以上に悪かったので今回予想から外しています。

    城西大学は天候を考えても、これがベストなのではと思います。ひねくれる必要もないと思いますし。鍵は勝負レースをほぼ外さない大石選手と日体大で最終組でまとめた鈴木選手でしょうか。上級生の層が厚いので下級生の台頭も見たいですね。

    (帝京大学の予想が長いのは、私が帝京大学ファンだからです)(笑)

    • hakonankit より:

      >アリストテレスさん
      予想ありがとうございます。2組に2人エース起用予想にしても、3組4組が普通に組めるのが帝京大の凄いところですね。起用されれば自分も遠藤選手には注目すると思います。怖いも無しでガンガン挑戦しているなら、3組のほうがよいのかもしれませんね。
      またエントリー発表の日が楽しみです。