スポンサーリンク

2018.6.7-10結果・速報【第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会】

シェアする

参照サイト:http://www.jaaf.or.jp/ajac/18/

2018年6月7日~6月10日まで、

岐阜県の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で

【第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会】が行われます。

当サイトは箱根駅伝系統のブログなので、長距離を中心に取り扱いつつ、

全競技の1位選手の記録と日本選手の結果を記載していきます。

スポンサーリンク

エントリー・結果

タイムテーブル

結果速報サイト

優勝者が日本人の場合は ★優勝★マーク

スポンサーリンク

男子

・100m(決勝:追い風0.6m)
1位ゾフリ ラル ムハンマド(インドネシア)10秒27
2位宮本大輔(東洋大)10秒35
4位福島 聖(富山大)10秒49

・200m
1位魏泰陞(台湾)21秒05
3位塚本ジャスティン惇平(城西大付属城西高)21秒09

・400m
1位シンガプラゲ アルナ ダルシャナ(スリランカ)45秒79
3位森 周志(北海道栄高)47秒08
6位松尾脩平(筑波大)47秒58
井本佳伸(東海大) 欠場

・800m
1位アヌ クマール(インド)1分54秒11
3位鳥居風樹(中京大付属中京高)1分54秒55 予選通過

・1500m
1位サイフェルディン ムハンド ハミス A サイフェ(カタール)3分49秒30
2位半澤黎斗(早稲田大)3分49秒66

・5000m
1位クマール アジート(インド)14分15秒24
2位田澤 廉(青森山田高)14分17秒26
4位鈴木聖人(明治大)14分26秒03

・10000m
1位索朗才仁(中国)30分01秒51
2位中谷雄飛(早稲田大)30分04秒24
4位三浦拓朗(中央大)30分55秒80

・110mH
1位盧浩華(台湾)13秒61
2位樋口陸人(法政大)13秒71 予選突破

・400mH:
1位白尾悠祐(順天堂大)50秒52 ★優勝★

2位ヘメイダ バセム モハメド アワド(カタール)50秒55

・3000mSC
1位サイフェルディン ムハンド ハミス A サイフェ(カタール)8分51秒97
2位吉田 匠(早稲田大)8分52秒79
4位山本 嵐(城西大)9分02秒41

・400mリレー
1位日本(高木/宮本/福島/塚本)39秒65
2位台湾39秒72

・1600mリレー
1位スリランカ3分08秒70
4位日本(森/白尾/鳥居/松尾)3分10秒01

・10000mW
1位豪(中国)42分47秒98
2位坂崎 翔(平成国際大)42分53秒56

・走り高跳び:板東琉太(立教大)

・棒高跳び
1位友利響平(環太平洋大)2m16 ★優勝★
2位アンドゥ ヌフ アブドルカディル I(カタール)2m14

・棒高跳び
1位尾崎駿翔(日本体育大)5m20 ★優勝★
2位リチサン イダン ファウザン(インドネシア)5m15
3位石橋和也(清和大)5m00
6位石川祐介(筑波大)4m90

・走り幅跳び
1位酒井由吾(慶應義塾大)7m61 ★優勝★
2位周科奇(中国)7m54
5位小田大雅(福岡大)7m40

・三段跳び
1位カナガラジ カマルラジ(インド)15m75
3位泉谷駿介(順天堂大)15m47

・砲丸投げ
1位イブラヒム モアーズ モハメド S M(カタール)18m57
5位稻福 颯(岐阜市立岐阜商業高)18m10
7位松田貫汰(咲くやこの花高)17m01

・円盤投げ
1位ラスーリ ホセイン(イラン)62m29
3位山下航生(岐阜市立岐阜商業高)56m51
5位阿部敏明(日本大)55m68

・ハンマー投げ
1位ジャカル アシシュ(インド)76m86
3位服部優允(中京大)69m34
4位中村美史(中京大)67m70

・やり投げ
1位(中国)70m53
2位畦地将史(慶応義塾大)68m76
3位中村健太郎(清風南海高)65m36

・十種競技
1位王晨佑(台湾)7200点
3位原口 凛(国士舘大)6693点
5位山下朋紀(金光学園高)6560点

スポンサーリンク

女子

・100m
1位(中国)11秒68
3位兒玉芽生(福岡大)11秒98
齋藤愛美(大阪成蹊大) 決勝欠場

・200m
1位陶男(中国)24秒01
4位山田美来(日本体育大)24秒52

・400m
1位マテウジスナ(インド)53秒26
5位奥村ユリ(青山学院大)55秒94

・800m
1位川田朱夏(東大阪大)2分04秒14 ★優勝★
2位塩見綾乃(立命館大)2分04秒50
3位K G ディシ M S クマラシンゲ(スリランカ)2分04秒53

・1500m
1位廣中璃梨佳(長崎商業高)4分17秒62 ★優勝★
2位髙松智美ムセンビ(名城大)4分21秒65
3位デオレ ドゥルガ プラモド(インド)4分24秒56

・3000m
1位田中希実(ND28AC)9分04秒36 ★優勝★
2位和田有菜(名城大)9分14秒13
3位芳(中国)9分35秒69

・5000m
1位矢田みくに(デンソー)16分31秒65 ★優勝★
2位牛(中国)16分55秒54
加世田梨花(名城大) 欠場

・3000mSC
1位カルマラカラゲ パラミ ワサンティ マリステラ(スリランカ)10分21秒54
3位野末侑花(北九州市立高)10分38秒30

・100mH
1位吉田唯莉(筑波大)13秒45 ★優勝★
2位林雨薇(中国)13秒55

・400mH
1位吉田佳純(駿河台大)58秒43
2位楊睿萱(台湾)59秒89
3位村上夏美(早稲田大)58秒92
5位関本萌香(早稲田大)60秒17

・400mリレー
1位中国45秒06
2位日本(吉田/山田/奥村/兒玉)45秒94

・1600mリレー
1位日本(塩見/吉田/村上/川田)3分38秒20
2位インド3分41秒11

・10000mW
1位(中国)45分20秒59
2位藤井菜々子(エディオン)45分24秒35
4位薮田みのり(西宮高)50分56秒50

・走り高跳び
1位アブドレラ アリアム アブドルハミード(イラク)1m80
8位高橋 渚(日本大)1m65

・棒高跳び
1位作城(中国)4m00
NM山地里奈(観音寺第一高)
NM田中伶奈(観音寺第一高)

・走り幅跳び
1位高良彩花(園田学園高)6m44(6m27) ★優勝★
2位嘉未(中国)6m44(6m26)
3位吉岡美玲(筑波大)5m92
4位北田莉亜(摂津高)5m83

・三段跳び
1位ブティゴクハ(ベトナム)13m22
5位中村紗華(順天堂大)12m53

・砲丸投げ
1位林茹(中国)16m05
2位尾山和華(福岡大)15m54
4位大野史佳(西武台高)14m54

・円盤投げ
1位(中国)51m53
6位城間歩和(中部商業高)40m91

・ハンマー投げ

1位周梦(中国)64m81
4位菊池美緒(福岡大)55m16

・やり投げ
1位李慧君(台湾)55m36
2位武本紗栄(大阪体育大)54m16
4位兵藤秋穂(筑波大)51m10
6位長 麻尋(国士舘大)48m99

・七種競技
1位大玉華鈴(日本体育大)5133点 ★優勝★
2位陳彩娟(台湾)4925点

男子長距離コメント

1500mと10000m、そして3000m障害と早大勢が頑張りましたね。1500m半澤選手・10000m中谷選手、3000m障害吉田選手ともに2位!関東ICでは2選手とも目立てなかったのですが、こちらではやりましたね。1500mの半澤選手は3分49秒の好タイムでの2位ですので、悪くなかったと思います。

中谷選手は2位だったのですが。関東IC前に故障、しかも当日は脱水症状にもなるなど不運続きだったのですが、その中で粘り切りました。なお、優勝者はクロカンジュニアでも中谷選手に勝った選手だった模様。こういうところでのライバル関係も面白いかな?

吉田選手は関東ICでも入賞していましたし、今回も8分50秒台のタイムで2位、逞しくなってきていますよね。これから面白い存在になってくるかもしれません。

5000mでは男子長距離で唯一高校生だった田澤選手が2位の健闘!高校時代から頼もしいですね。明大の鈴木選手が4位に入りました。また、10000mは中大・三浦選手も出場していた4位でしたがちょっと消化不良のタイムでしょうか?ここ両者は全日本予選が続き、大変ですが何とか調子を上げていってほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. やす より:

    男子砲丸投げと円盤投げの2選手 岐阜商業高とありますが 岐阜市立ですね。岐阜県立と2校あるので間違いやすいですね。