スポンサーリンク

第97回関東インカレ2018/2部陸上長距離まとめその2【東国大・中学大・東農大・上武大・國學院】

シェアする

今年2018年の関東インカレの長距離5種目の大学別まとめをしていっています。

今度は2部の長距離でのポイント獲得6位~10位の大学です。

スポンサーリンク

6位東京国際大学13点

1500m予選:1組1位前川優月②3分53秒59 Q 3組5位杉山恭汰③3分52秒28 q
1500m決勝:3位前川優月②3分51秒47 +6点
10000m:20位相沢悠斗③30分20秒16、34位真船恭輔③30分51秒93
3000m予選:1組3位鈴木天大②9分08秒80 Q 1組15位芳賀宏太郎①9分39秒92 2組4位原田和輝②9分17秒35 Q
3000m障害:4位鈴木天大②8分57秒20 +5点 7位原田和輝②9分04秒71 +2点
ハーフ:20位河野 歩④66分27秒 23位堤 完一④66分31秒 44位浦馬場裕也④68分37秒
5000m:24位伊藤達彦③14分48秒00 37位中島哲平②15分37秒33

今回は留学生のエントリーが無かった東国大ですが、その中で13得点重ねることが出来たのは一つチームとして前進したかもしれませんね。個人的に得点の可能性が高いとみていた1500mでは、昨年も決勝に進んでいる前川選手が成長を見せる3位表彰台!事前の記録会から3分50秒切を連発していましたが、更に調子をあげましたね。

3000m障害では、これまた前回決勝進出していた鈴木選手が4位とジャンプアップ!更に、事前の記録会で9分10秒切りしていた原田選手が7位に食い込みます!この2種目で13得点獲得していますね!

これからの主要大会を戦う上で重要な5000m以上では得点できなかったのは課題でしょうかね。今年は得点できそうと思った伊藤選手が10000mは欠場、5000mは出場するも上位に入れなかったので何か状態が合わなかったのもありますか。

そんな中10000mで相澤選手、ハーフで河野選手が粘れたのは収穫でしょうか。堤・浦馬場選手はまた箱根予選に合わせる感じかな?その前の全日本予選の陣容もきになるところです。

7位中央学院大学12点

1500m予選:3組12位青柳達也①3分56秒84
1500m決勝:
10000m:21位福岡海統④30分21秒67、27位石綿宏人②30分36秒20、33位廣 佳樹④30分46秒38
3000m予選:1組1位髙橋翔也②9分07秒80 Q 2組4位吉田光汰①9分09秒08 Q 2組8位加瀬蒼一郎①9分31秒14
3000m障害:2位吉田光汰①8分55秒38 +7点 5位髙橋翔也②9分00秒44 +4点
ハーフ:8位有馬圭哉③65分27秒 +1点 18位市山 翼④66分21秒
5000m:21位栗原啓吾①14分41秒70 25位光武 洋④14分51秒89

多くの主要選手が卒業した中ですが、二ケタ得点を重ねてきましたね。得点できそうと思っていた3障はかなり稼ぎましたね。しかも前回3位で、今やエース級の髙橋選手が5位にとどまる中、1年吉田選手が2位表彰台に!3障は大学に入ってから初めて経験していて、この決勝が3障3回目!そして8分55秒をマークするのですから中々のセンスの持ち主です。中学大は、3障から伸びてくる選手が多いだけに今後要チェックでしょうか!?

また、ハーフは前回入賞の市山選手が苦戦する中、駅伝で安定感があった有馬選手が大接戦の中8位に食い込み、得点ゲット!また中学大らしい選手が出てきましたね。得点としてはここにとどまりました。

1万mは復調気味の福岡選手の21位が最高、新戦力の石綿選手などは振るいませんでした。5000mは事前の記録会からするとルーキーの栗原選手が健闘の成績。これから上がってきて、レギュラー争いに加わってくれればチームとして盛り上がっていくかなと思います。

8位東京農業大学11点

1500m予選:1組9位森 柊斗④4分01秒52
1500m決勝:
10000m:5位小山直城④29分24秒01 +4点、36位加藤大地④30分59秒85
3000m予選:1組13位村田享之③9分34秒13 2組3位盛田和輝①9分17秒28 Q
3000m障害:10位盛田和輝①9分12秒31
ハーフ:17位鈴木開登④66分17秒 29位瀬戸口凌④67分12秒 46位金子 鷹④68分46秒
5000m:2位小山直城④14分01秒23 +7点 22位工藤 颯②14分45秒40

いやはや、エース小山選手がここまで強くなっていたとは…。なんと11得点も一人で獲得したということなんですよね。10000mでは勝負所でしっかり浮上してくると5位入賞へ、昨年入賞している5000mは中盤から5位争いの位置を確立すると、残り1000mを切ってから猛スパート!いつの間にか2位まで浮上して、なんと日本人トップの成績に!農大・小山選手、ここにあり!という活躍を見せました。4年間確実に階段を上り続けているのは凄いです。

得点はここだけでしたが、健闘した種目もありますね。3障は1年生の盛田選手が決勝に進み10位に食い込んでいます。ハーフでは、焼津ハーフで65分台の好走を見せていた鈴木選手がここでも17位でまずまずの走り。長いロードで安定感がありますね。

あとは瀬戸口・金子・工藤・加藤選手ら主力も出場はできました。彼らが調子を上げれば、2年ぶりとなる全日本予選はある程度戦えるかもしれません。

9位上武大学10点

1500m予選:2組1位齋藤 優③3分56秒91 Q
1500m決勝:4位齋藤 優③3分52秒02 +5点
10000m:38位太田黒卓④31分14秒40
3000m予選:1組12位渡辺大智③9分34秒11
3000m障害:
ハーフ:4位大森 樹④64分59秒 +5点 13位坂本貫登②65分55秒 34位淵 喜輝④67分35秒
5000m:29位岡山 翼③14分59秒57

エントリーの数を見ていると少なくて少し寂しい感じがしていましたが、10得点も獲得したのは予想以上の活躍でしたね。まず、1500mでは斎藤選手が大健闘!事前の記録会の成績から決勝に行けるかどうか際どいところと言われていましたが、2組トップ成績で予選を通過すると、決勝では4位に食い込みます!ここで5得点できたのは良かったですね。

そして、ハーフでは主力の大森選手が激走!終盤に上位争いに加わり、接戦の4位争いを制します!チームのエース選手がいい成績を残すとチームも盛り上がりますね。また、2年生の坂本選手が13位と粘ったのは今後に向けて大きな収穫!太田黒選手や、箱根予選出走している淵選手ら、これを機に上昇していければいいですよね。

スポンサーリンク

10位國學院大學9点

1500m予選:2組3位添田知宏③3分57秒21 Q 3組4位河上雄哉②3分52秒09 q
1500m決勝:10位河上雄哉②3分54秒31 11位添田知宏③3分55秒36
10000m:6位土方英和③29分25秒22 +3点、29位小中駿祐④30分37秒72、32位江島崚太④30分39秒74
3000m予選:2組7位菅家希来④9分24秒66
3000m障害:
ハーフ:21位茂原大悟③66分28秒 25位中山貴裕④66分49秒 27位稲毛暉斗③67分02秒
5000m:3位浦野雄平③14分04秒51 +6点 14位臼井健太②14分30秒08 26位青木祐人③14分52秒57

かつては箱根予選での選手層…と思われた國學院大がトラックで点数を獲得するようになりましたね。しっかりチームのエースになった土方&浦野選手はやはり点数を獲得してきましたね。10000mに出場した土方選手は終始安定した位置をキープし、6位に入賞!箱根で見せた粘りの走りは本物でした!

そして最終日に登場した浦野選手も成長を見せました!前回同様、留学生の選手に食いついていく走りは見ていて盛り上がりました!昨年はここから9位に落ちてしまいましたが、今回は離れてからも上位をキープ。最終的に3位表彰台に入りました!花型種目での表彰台は嬉しいですね。

他にも1500mで河上・添田選手が2人とも決勝に進出する収穫がありました。いつもと違う印象です。全日本予選に向けては、主力に続く選手、江島&青木選手がうまく合わせられなかったところがちょっと気になるかなぁ。彼らが続けば十分に通過するチーム力が付きます。

他、臼井選手が勝負できたこと、新戦力発掘が気になったハーフで茂原選手がまずまずだったことが良かったかな。少しずつチームが形になってきています。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    中央学院は、やはり強い4年生が卒業した穴は大きいというのが第一印象です。去年はハーフでトリプル入賞と結果を残した反面、今年は有馬選手のみ。3千障害は吉田、髙橋選手がダブル入賞するも、5千、1万メートルは入賞争いに絡めずなど、ちょっと残念な結果でした。

    高砂、横川選手が万全でないなかで、現状では中堅層はかなり厚いですが、今一つカラを破れていない状況と感じています。シード権を持っているため勝負レースがない状況(全日本予選、箱根予選など)で、駅伝シーズンまでにいかにエースを育てあげるか。
    去年の1、5区(大森、細谷)がかなり大きい存在だっただけに、何とか5年連続の箱根シード権だけでなく3年連続の全日本大学駅伝のシード権も目指してもらいたいです。